2019年1月21日
小布施さんぽ ~黄緑色の温泉に浸かってきました~

確定申告の季節ですね。

確定申告と言えば2月15日~と記憶されている方も多いと思いますが、還付申告は1月から申告可能ということで、今日、ご近所の税務署では駐車場は満車。

道路上には7台ほど、空車待ちの車が連なっていました。

還付申告なら、さっさとやってしまうってものですね。

さて、小布施さんぽの続きです。

常日頃から思っていたのです。

「入浴剤って、蛍光色みたいな黄緑色のものがあるけれど、そんな温泉、現実にはないよね?どうして入浴剤は黄緑色なんだろう・・・。」と不思議だったのです。

そこらへんの事情というか、開発初期の話が知りたいと思っていました。

そして、先日、私のそんな考えがすべて誤りだったということが判明。

黄緑色の温泉、実在しました。

しかも長野県内に・・・。

長野県は温泉の数が多いのですが、これまで私が入浴した経験がある色は、「無色透明」、「無色透明で炭酸(発泡しているお湯」、「白濁」、「泥みたいな色」、「錆みたいな色」、「うっすら茶褐色」でした。

小布施で私が入浴したお湯、内湯が「黄緑色」で、外湯が「よくみるとうっすら緑がかった白濁」でした。

内湯は「緑青を大量に投入して、お湯に溶いた感じの色」に見えました。

「黄緑色の温泉、あるんだ・・・。」ということで、この年になって勉強させていただきました。

この温泉、日によって色が変わるそうです。

透明、緑色、白濁のどれかだそうです。

お湯はすごくいいです。

昨年末から、ず~っと右手のぱっくり割れ5箇所に悩まされていたのですが、入浴当日に4個ふさがり、残り1個は右手の親指だったので時間がかかりましたが、入浴の翌々日にふさがりました。

足指がしもやけっぽくてお風呂の中で毎晩もみもみしていたのに、この温泉1回で気にならなくなりました。

私の体質に合っていたというか、欠乏していた部分を補ってくれたのだと思います。

メインの成分は硫黄と塩なので温まります。

硫黄の匂いはかなりしますが、「入浴後に着用した下着に匂いが移って、2~3回洗濯してもとれない」というほどの強力な硫黄臭ではありません。

入浴後、「自分の体が硫黄くさい・・・」といった程度です。

「冷え性の女性が冬に入る温泉」としておすすめできそう。

で、温泉の場所ですが、「あけびの湯」です。

お湯はいいので、だからこそ注文をつけます。

脱衣所、掃除してください・・・。

床掃除をこまめにして、脱衣のロッカー全体を外も中も拭いてください。

私、掃除してあげようかと思って掃除用具を探したくらいです(笑)。

日帰り入浴施設だと、「御自由にお使いください。」と書いた掃除機とかを置いてあるところもあるので。

若い女性はトイレと施設が衛生的じゃないと寄り付きません。

もったいない。

非常~にもったいないです。

「この掃除具合だと、視力が悪くなりつつあるシニアの方しか来ないよ・・・。視力が普通だと、汚れが目につきすぎる。」と思ったのですが、実際、シニアの方ばかりでした。

当然のなりゆきだと思います。

私、お湯が良いのでリピートしますが、「すぐに洗濯したい服」しか着て行かないことにしました。

洋服を着る際に他の方の髪の毛が靴下以外にも付着するので、それがイヤです。

家に第三者の髪の毛を持ち帰ることになりますので。

ちなみに、「帰宅後に速攻着替えた日帰り温泉」はここだけ。

洋服はコロコロして付着した髪の毛をとりのぞき、洗濯しました。

浴槽は綺麗でしたので、お願いですから、脱衣所もこまめにお掃除してください。

お湯の成分が強いので、たいがいの菌は殺すと思いますけれど(笑)、そういう問題じゃない。

ここは「こまめに掃除するだけ」でお客さんは増えると思います。

本当に心からお願いします。

いろいろ事情は推察できるのです。

お湯が強力なので、配管や設備などを日常的に傷めてしまい、メンテナンスに費用や手間がかかるはずです。

設備の老化が早送り状態になって、全体的にシャビーな雰囲気になるのはお湯からして当然と思います。

ですが、日々の掃除は別。

どうしても掃除の人員が割けないなら、脱衣所にクイックルワイパーかコードレスの掃除機を置いてください。

私が掃除するので(笑)。

古い設備を綺麗に使っていれば、ポジティブな良い雰囲気が生まれると思います。

人気の温泉施設はたいがい衛生的で、かつ、お湯に特徴があるかと。

シニアの方々は「その下の世代の方(娘もしくは息子)」が車に乗せて連れてきているように見えたので、しっかり掃除を続ければ、その世代の方から「最近、綺麗だよ?」と口コミは広がると思います。

リピートするからこそ、熱心にお願いしています。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年1月19日
小布施さんぽ ~小布施ワイナリーにいってきた~

定休日ですが、ブログアップ。

小布施ワイナリー、気になっていましたが、小布施駅から遠いため、行ったことがありませんでした。

ツレが車で連れて行ってくれるというので、今回、初訪問。

マスコミの取材お断りで、通販もやっていない小さなワイナリーにつき、入手のハードル高めとして、長野では知れていると思います。

試飲して、その後は事前の予想価格として3000~4000円くらいのワイン1本購入してくる予定でした。

来店前に小布施のツルヤでチーズを2種類購入し、きのこのマリネも作るべく、材料も買い揃えました。

ワイナリーの建物は小布施町の住宅街の中にあり、駐車場は60mほど離れたところにあって、8台前後は停められるように見えました。

ワイナリーの建物に到着し、ドアを開けます。

ぜひ、この「ドアを開けて、第一歩目」に全神経・五感を集中させてください。

すごくいい香りがします。

試飲後、「あの1歩がこのワイナリーの真髄だったな・・・。」と感じる程度には、印象的な香りと内装が目に入ります。

私、まったく「感動屋さん」ではないのですが、「わ~、いい香り~。」と自然に声が出ました。

ストーブ前の席に陣取って、3種類、試飲しました。

白→赤→ロゼのスパークリング。

合計1100円。

結果、1本も買わずに帰宅しました・・・。

え~、以下は個人的な感想で、とても香りが良いワインです。

長野県内のワイナリーで試飲を繰り返していますが、カベルネソーヴィニヨン、ダントツに良い香りでした。

香りが7で、お店の雰囲気3といった印象を受けました。

で、結果として、私、シャトレーゼの生ワイン(赤)でいいです・・・。

「これだからシロウトは~。」とののしられてもかまわない(笑)。

いろいろ試してみた結果であって、自分が飲むワインですから。

小布施ワイナリーをディスっているわけでもないことは、「購入するために小布施まででかけていったのであって、観光でも冷やかしでもない」+「事前につまみも購入した」+「白→赤→スパークリングの3種類を試飲して、辛口も甘口も試して私にしては粘った」+「1100円を支払ってきた」ということから、ご理解いただけると嬉しいです。

実際、いち主婦が「試飲したけど買わなかった」と書いた程度で、積み上げてきたワイナリーの評価が変わるはずもありませんので。

私に限っては、あのドアを開けた瞬間で「おなかいっぱい。ご馳走様~。」ということで。

ちなみに農閑期に作っている日本酒は今月末出荷だそうです。

ワイナリーには日本酒用の蔵が存在しないため、手元に留めず、すべて出荷するそう。

ワイナリーに行っても、日本酒はないので買えません。

長野市内では2店舗の酒店で取り扱っています。

以上は試飲の際にワイナリーの方から仕入れた情報なので、確かな話です。

白ワインを飲んでみて、「・・・・・もしかして、日本酒のほうが(我が家的には)美味しいんじゃないの?」と直感したので、2月になったら買ってみます。

なんだか微妙な内容になりましたが、1杯目でこのように思ったのに、2杯目、3杯目と粘ってみた点を評価してもらいたいなあ・・・。

試飲だけで、ワインを購入してこないワイナリー話が多いですが、私としては「買いに行っている」のですから、実現せずに残念なのです。

あと、小布施ワイナリーは16時まで。

リンゴジュースやブドウジュースは造っていませんので、ノンアルコールの試飲や購入はできず、ドライバーは手持ち無沙汰。

どこのワイナリー・醸造所に行ってもノンアルコール飲料の用意があったので、ここはレアかと。

内部撮影は禁止。

ワイナリーに限らず、小布施は「日暮れとともに、どこも商売を終える町」ですので、お早目の行動を。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年1月18日
コスパ最強の暖房器具は? ②

年明け直後、和室の照明が切れてしまい、器具と電球を入れ替えた話を書きました。

古い器具と蛍光灯の処分も終ったところです。

ところがその直後、今度はキッチンの蛍光灯が切れ・・・。

キッチンには2つ照明があって、「こっちの照明は蛍光灯が長いタイプだから、交換が面倒だな。使わないでおこう。」と決心して、入居当初からできるだけ使用を避けていたものです。

うっかりスイッチオンしてしまう瞬間はありましたが、1年も経たないうちに切れました・・・。

思えば入居1ヶ月以内でトイレの電気も切れ、検討してLEDにしました。

心の中で「私は照明屋か!」と突っ込みながら、蛍光灯(120cm)の交換です。

うちは省エネ家庭なので、入居1年未満であちこち電球が切れるほど使っておらず・・・。

いままでの人生経験で「だいたい2年で、1~2箇所の電球が切れる」という印象を持っていたので、「寒冷地の真冬に頻発する機械トラブル」を考慮しても、今回はモヤモヤが残ります。

ということで、キッチンの蛍光灯代はケチケチしたかったし(笑)、サイズが長いため実店舗購入を避けて、ネットで取り寄せました。

古い蛍光灯は市役所の支所まで捨てに行ってきました。

「120cmの蛍光灯をわしづかみして、国道沿いを歩く人」って、長野県内にどれくらい存在しているのだろう・・・。

もう本当に切れないで欲しいです。

さて、暖房費の話、2話目。

各種暖房器具のメリットデメリットや、効果的な使い方などを書いて行こうかと思うのですけれど、その前に「ご自宅の1日の電力消費量もしくは電気代」をご存知でしょうか?

ご存知の方は、このままお読みいただければと思います。

「知らな~い。」という方は、このブログを一度閉じていただいて、お手数であっても、契約している電力会社のサイトにアクセスして、サービスに登録されることをおすすめ。

お客様番号とかが必要ですが、検針票がお手元にあれば、登録自体は難しくないです。

私がこれからしようとしているのは、「ブログの最終話の最終行だけ読んで、それでOK~。結論だけ知ればいいや。」という、一足飛びの話ではありません。

暖房費の倹約には、「その方のライフスタイルにぴったりな暖房器具をいくつか選び、それを時間帯や場所に合わせて効果的に併用すること。その後の使用状況を見守ること。」が必要だと思うから。

現在お使いの暖房器具が、日々、どれだけ電気料を食べているのか?を知らずして、ライフスタイルにぴったりのものかどうかなんて、判断できるはずもありません。

もっと言えば、「時間ごと」の消費量が分かるほうがベスト。

お手持ちの暖房器具を最高出力で1時間運転した場合、電気料がいくらになるのか「見える化」してあったほうが、話がスマートになって、判断もしやすくなります。

大局を言えば、「感覚だけで暖房器具を選んだり処分したりするのは資源がもったいないから、この機会にもう止めませんか?電気代を減らせばエコでもありますし。」という意味です。

ということで、お宅にぴったりフィットするように、これからの話をアレンジして運用していただければと思います。

そういう方向で、私も書いていきます。

「電気料金のサイト登録、するのが面倒だな・・・。」という方は、もちろんそのままで良いかと。

面倒が先に立つということは「暖房費節減に迫られていない状況」かもしれず、そもそも思い悩む必要がないというか、お悩みの優先順位が低いので読み飛ばしていただければ。

いちいちすべてに反応して、悩むことはありませんよね。

私が書こうとしているのは、「いま、悩んでいる方向け」のお話。

2019年1月18日
レンタルブーケ(ミックスカラーのインテリアブーケ)

レンタルブーケのドレスコーディネートを撮影する際、近くにあったインテリアブーケも手に取り、ついでに撮影してみたのですが、なかなかに良い雰囲気。

レンタルご希望の方、いらっしゃいますか?

インテリアとして飾って楽しむブーケですので、当初、持ち歩くことは想定していなかったのですが、構造的にはお持ち歩きももちろんできます。

そのため、ブートニアもお作りしましたので、セットレンタルが可能。

持つ角度によって雰囲気が変わってくるブーケなので、白ドレス・カラードレスに合わせるブーケが1個で済んで、結果、お得かもしれません。

写真をいくつか掲載しますね。

白く、草っぽい面から。

挙式時に、この面を正面にすれば良いですね。

あとは、カラードレスの色に合わせて、お好みの面を正面になさってください。

オレンジ~紫。

最後に、紫~青。

最近は、ちょっとベージュがかったレトロ系ドレス(挙式用)も多くなってきましたから、こちらのブーケは色的にもお似合いです。

白ドレスに合うことは言うまでもなく・・・。

レンタル料は、お問い合わせ・お申し込みがあった際に、個別にご案内させていただきますが、

■ 作品展の出展作であること

■ 製作期間が通常よりも長いこと

■ メインにプリザーブドフラワーを使用し、花材の種類が多いこと

など特別仕様ななブーケであるため、レンタル料は通常商品よりもお高くなります。

ただし、「レンタルブーケの意義=花嫁さまの身支度倹約を応援する」という設定はブレませんので、「標準的な生花のブーケ・ブートニアをセット購入するよりは手ごろな額」でレンタルのご提供をさせていただきます。

1週間からのレンタル。

contactページ下欄のお問い合わせフォームから、お問い合わせ願います。

 

このブーケのレンタルに関してのお願い~

このブーケはプリザーブドフラワーを使用しているため、誤って、ご家族さまや挙式会場の方が一回でも霧吹き等で水をかけてしまった場合、プリザはすべて新しく入れ替えた上で、ブーケは再製作となるため、お買い上げいただくか、補修費用の実費は花嫁様ご負担となります。(プリザは湿気、水気、直射日光がNG)

万が一の際、補修代金のお支払いが心配な方は、アートフィシャルのレンタルブーケでお願いします。

 

【追記:メンテナンス後の再アップです。】

2019年1月18日
レンタルブーケ(ミックスカラーのハートブーケ)

【商品番号】 NO.008

【ブーケ写真】

【アップ写真】

【ブートニア写真】

【レンタル料金】 9,500円/1週間・税別

【レンタル送料】 レンタルブーケQ&A(ブログ)を参照してください。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです。

■ 素材は、上質なアートフラワー(造花)を使用しています。

■ 花材は、バラ2種、サーモンピンクのスプレーバラ、スプレーカーネーション、ベリー、スターフラワー。

■ ブーケの直径 最大幅 横約21センチ、縦約16センチ

■ ブーケリボン、持ち手のリボンともに、色はサーモン(薄いオレンジピンク)です。

■ サーモンピンクのスプレーバラを中心とした暖色系のハートブーケです。花色をミックスさせていますので、様々な色のドレスになじみます。クリーム、ベージュ系の白ドレス、黄色、オレンジのカラードレスなど。中間色のドレス(サーモンピンクなど)をお選びになって、ブーケ選びに困っている方に特にお勧めのブーケです。ドレスのお召しかえをせずに白ドレス1着で披露宴も・・・という花嫁様は、サイズが小さめのハートブーケですので、白ドレスにアクセサリー感覚でご利用いただけると思います。また、披露宴後の二次会でもご利用になれるデザインです。

■ 持ち手部分のリボンはレンタルごとに交換しますので、毎回新品です。

■ レンタルお申し込みは、コンタクトページの「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

■ メンテナンス後の再アップ

■ お申込み・お問い合わせ時、まずはブログの「レンタルブーケQ&A」をご一読ください。

2019年1月18日
レンタルリース(黄色ミニバラのリース)

【商品番号】 NO.005

【リース写真】

【アップ写真】

 

 

【レンタル料金】 7,000円/1週間・税別

【レンタル送料】 レンタルブーケQ&A(ブログ)を参照してください。

【商品詳細】

■ 「花輪・リース」です。

■ 素材は、アーティフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、精巧な造花)

■ 花材は、黄色のミニバラ、オレンジのスプレーカーネーション、クリーム色のミニバラ、うす紫がかった実物、グリーンは、ユーカリなど多種。

■ フックとして、ワイヤーが上部にとりつけてあります。

■ サイズ: 直径 約27センチ

■ 「ドア・壁掛け」、「テーブルの上に置く」、「立てかける」など、インテリア目的にお作りしました。リース土台を使用しています。なお、ブーケとしてはお作りしていませんので、ブライダルブーケとして「持ち歩きのご利用」はおすすめいたしません。(構造上、持ち歩いてひっかける、角にぶつける等とした場合、土台が破損するおそれがあります。)

■ きのこカゴはレンタルに含まれません。

■ フレッシュな印象の薄い黄色の小花のリースです。スモーキーな色味の小花や、多種のグリーンがちりばめられているため、小さな庭を思わせる仕上がりです。ポイントとして、わずかに赤紫のアジサイが隠れています。細工が非常に細かいため、今まではレンタル対象にしていなかった作品ですが、とくに人気が高い作品であったことから、レンタルを開始しました。「特別な日のインテリア」や、「披露宴受付の飾り」などとしてお使いいただけます。

■ ご購入希望の方には、オーダーも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。写真に似せたリースをお作りいたします。

■ リース土台が破損してしまった場合、構造上、補修ができないリースです。お取り扱い時、破損には注意が必要ですので、あらかじめご了承願います。

■ 手作りのレッスンも受講していただけますので、個別にお問い合わせください。

■ メンテナンス後の再アップ。

■ レンタルお申し込み・お問い合わせは、コンタクトページの「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

2019年1月17日
お粥、炊けました

最近、ツレの帰宅が遅いこともあって料理熱が下火だったのですが、昨晩は「豚汁」→「煎り豆腐」→「いわしの梅煮」と立て続けに料理し、休憩中、なぜか「ナポリタン」が作りたくなってナポリタンでフィニッシュ。

メニューがめちゃくちゃですが、どれも美味しかったので、まあいいか・・・。

深夜で日付が変わったにも関わらず、ツレが豚汁を3杯も食べたりして、ちょっと「・・・・・・・・。」となりましたが、まあいいか。

さて、ブログに「気になっている・・・」と書いた諏訪大社の筒粥神事、15日の朝に終わりました。

結果が出て、三分五厘ということで。

この数字、昨年(2018年)と一緒です。

もっと言えば2011年とも同じだったかもしれない(*調べていません、記憶だけで言っています)。

今年の世相に関しては、「昨年よりやや落ちるので注意が必要。災害に気をつけて。」というコメント付き。

「まあ、そうなるよなあ。雲間は感じないし、やっぱりな。」と一人思ってみたり・・・。

ということで、今年も引き続き、気をつけましょう。

でも、気にしすぎないようにもしたいですね。

長く続く話ですから、適応しませんと。

過去最悪とか、記録的とか、いろいろな言葉で表現されますが、過去と比べても無意味な100年。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年1月17日
レンタルブーケ(黄色バラのティアドロップブーケ)

【商品番号】 NO.022

【ブーケ写真】

黄色バラのティアドロップブーケ レンタルブーケ ブライダルブーケ

 

【両サイド】

 

【アップ写真】

 

【リボン】

 

【ブートニア写真】

 

【ご利用のイメージ・・・ベージュ系のドレス】


【レンタル料金】 9,500 円/1週間・税別

【レンタル送料】 「レンタルブーケQ&A」(ブログ掲載中)を参照してください。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです

■ 素材はアートフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、精巧な造花)

■ 花材は、バラ4種、ラナンキュラス、アジサイ、実もの、グリーン。

■ ブーケの持ち手リボンは黄緑。飾りリボンはサーモンピンク。

■ サイズ: 横 約21cm。縦 約37cm。(*グリーンの先端部分をそれぞれ計測)

■ 黄色いバラをメインにビタミンカラーで束ねたティアドロップブーケ。明るい陽光をイメージしてお作りしました。明度の高い色の花を束ねることによって、明るく華やかなブーケに。白いドレスはもちろんのこと、黄色みを帯びたベージュ系のドレスにもお似合いです。黄色いドレスやオレンジ色など暖色系のドレスにおすすめ。このブーケは人目を引きつける色ですので、白ドレス1着で過ごされる方がお色直しとしてブーケを持ち変える場合やガーデンウェディングにも最適です。

■ 持ち手部分のリボンはレンタルごとに交換しますので、毎回新品です。

■ レンタルお申込みは、事前にブログの「レンタルブーケQ&A」をご一読いただき、コンタクトページ下欄の「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

2019年1月16日
レンタルブーケ(バラとブルーベリーのショートキャスケードブーケ)

【商品番号】 NO.021

【ブーケ写真】

レンタルブーケ

 

【両サイド】

レンタルブーケ

 

レンタルブーケ

 

【アップ写真】

 

アーティフィシャルフラワー(造花)

 

アーティフィシャルフラワー(造花)

 

【リボン】

 

【ブートニア写真】

レンタル ブートニア

 

【レンタル料金】 12,000円/1週間・税別

【レンタル送料】 「レンタルブーケQ&A」(ブログ掲載中)を参照してください。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです

■ 素材はアートフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、精巧な造花)

■ 花材は、バラ3種、ラナンキュラス、モカラ、カーネーション、ブルーベリー、アジサイ、グリーン。

■ ブーケの持ち手リボンはホワイト。飾りリボンは白とレースリボンの2枚重ね。

■ サイズ: 横 約19cm。縦 約30cm。グリーン部分も入れれば、横約29cm、縦約40cm(*先端部分をそれぞれ計測)

■ スモーキーカラーの花を束ねたショートキャスケードブーケ。グリーンはラメ加工されており、光を反射してキラキラと光ります。古い洋館での挙式をイメージしてお作りしました。グレーがかった色をいくつも重ねることによって、落ち着きがありつつも、人目を引く華やかさも持ちあわせた大人のパステルカラーブーケです。白いドレスはもちろんのこと、ベージュ系のドレスにも自然と馴染みます。ミックスカラーのブーケですので、さまざまなカラードレスにお似合いになりますし、白ドレス1着で過ごされる方がお色直しとしてブーケを持ち変える場合にも最適です。最上級花材を贅沢に束ねたレンタルブーケのハイクラスライン。一段上のレンタルブーケをお探しの方に。

■ 持ち手部分のリボンはレンタルごとに交換しますので、毎回新品です。

■ グリーンのみラメ加工されていますので、触れればキラキラが手などに付着することがありますが落ちます。

■ メンテナンス後の再アップ。

■ レンタルお申込みは、事前にブログの「レンタルブーケQ&A」をご一読いただき、コンタクトページ下欄の「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

2019年1月16日
レンタルブーケ(アジサイの青いキャスケードブーケ)

【商品番号】 NO.017

【ブーケ写真】

【アップ】

【ブートニア】

【リボンの色】

【レンタル料金】 9,500円/1週間・税別

【レンタル送料】 詳しくはブログの「レンタルブーケ Q&A」をご参照願います。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです。

■ 素材は、アーティフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、上質な造花)

■ 花材は、紫紺のアジサイ、白いアジサイ、バラ、スプレーバラ、ユーカリ、葡萄のツル、実もの

■ 全長約35センチ、横約18センチ (先端から先端までの直線距離を計測)

■ ブーケリボンは、持ち手は薄い黄緑、飾りリボンはアイボリー。

■ 青紫のアジサイが主役のキャスケードブーケ。涼しく上品な色合いです。夏の挙式におすすめです。白いドレス、ベージュっぽいドレス、双方にお似合いです。左右非対称なキャスケードの流れによって、大人っぽい雰囲気に。様々な形のドレスにマッチします。はっきりした色味ですので、白いウェディングドレス1着のみお召しの方が「お色直し用」として披露宴時にご利用されると、がらっと印象が変わっておすすめです。白いアジサイを混ぜていますので、白ドレスとも違和感なくなじみます。

■ 持ち手リボンはレンタルごとに交換していますので、毎回新品です。

■ メンテナンス後の再アップ。

■ レンタルお申し込みは、Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

■ お申込み時、ブログの「レンタルブーケQ&A」をご一読ください。