‘コーディネート例’ カテゴリーのアーカイブ

2014年5月13日
レース襟(NO.053)

お久しぶりですが、レース襟のご紹介です。

黒いレース襟のリクエストを頂戴しましたので、新しいものをアップさせていただきますね。

いつものとおり、ブルージュレースのヴィンテージ品。

今日ご紹介するのは、黒とベージュのレース襟なのですが、ちょっと形が変わっています。

「どんな風に使ったら素敵かなあ・・・。」と思案しつつ、とりあえず、メンズライクなリネンジャケットに置いてみます。

現代の目からすれば、奇抜なレース襟になりかねないのですが、どういうことか、ジャケットの色とレースの色がぴったりだったので、なじんでいます。

おしゃれな中世貴族のイメージ・・・。

完全に縫い付けることなく、部分部分で止めて、ある程度、風にヒラヒラさせておくのも素敵ですね。

全体はこんな感じ。(*スケールの長さは50cm)

アップ。

いつもどおり、未使用です。

汚損破損はなく、良いコンディション。

この襟もお譲りできます。

型違いのレース襟(NO.038)もありますので、ご参考になさってください。

気に入られた方がいらっしゃいましたらお譲りさせていただきますので、ブログのレース襟Q&Aをご一読いただいた後、Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

なお、個人の譲渡ですので消費税は頂戴しておらず、お品代と送料をご負担いただいており、生徒さん以外の方にもお譲りできます。

2014年3月18日
レース襟のコーディネート

今日は久しぶりにレース襟をご紹介いたします。

ちょっと変り種なレース襟です。

ほかのブルージュレース襟と見比べて頂ければお分かりになるように、このレース、少しモダンなのです。

ほかのレースはいかにも伝統的な雰囲気。

糸も極細で、フワフワと風にゆれるような優しい感じがありますが、この襟はかなりしっかりしています。

すでにテープもつけてありますので、裁縫が苦手な方や飾り方を工夫するのがちょっと面倒・・・という方にはおすすめ。

レース自体に張りがあるので、デイリーユーズするならこの襟は扱いやすくておすすめです。

黒いワンピースを選びます。

レースを合わせると、こうなりました。

ブルージュレース襟

こちらは「レース襟No.026」です。

過去ブログに紹介ページがあります。

合わせるお洋服がシンプルであればあるほど、レースは真価を発揮しますね。

教室にはブルージュレース襟のコレクションがたくさんあります。

ブログの「ブルージュレース襟(カタログ)」のカテゴリーから入っていただければ、コレクションをご覧いただけます。

もし、お気に入りのものがあれば、ブログにアップしているものはすべてお譲り可能です。

お問い合わせはContactページ下欄のお問い合わせフォームよりお待ちしています。

なお、お問い合わせ前に、必ずブログ「レース襟のご購入(Q&A)」をご一読ください。

教室でのご見学も可能ですので、事前にご予約をお取りいただき、似合わせたいお洋服をご持参くださいね。

 

2013年7月20日
レース襟(No.051)

ブルージュレースの襟をご紹介いたします。

色はベージュ。

クラシックなイメージの襟ですので、お洋服もそれに似合わせた感じでチョイス。

襟元に縁取りがほどこされているお洋服なのですが、その縁取りの模様と似た柄の襟です。

どのお洋服に、どの襟を組み合わせるか・・・というのは悩みどころだと思いますが、コツとして、装飾があるお洋服であれば、そのイメージや模様が似通った襟を選ぶと、しっくりくることが多いですよ。

職人さんにオーダーメイドの発注でもしない限り、襟のカーブがお洋服と完全一致することはそもそも在り得ませんので、襟のサイズよりも、柄やイメージのコーディネートが重要かと。

可愛すぎない、大人のレースのお楽しみ・・・といった雰囲気になりました。

黄色みのあるベージュと紫紺はお互いを引き立て、やはり相性がいいですね~。

サイズ感は、こんな感じです。

定規の1メモリは1cm。

いつもどおり、未使用品です。

汚損破損はなく、良いコンディション。

この襟もお譲りできます。

気に入られた方がいらっしゃいましたらお譲りいたしますので、ブログのレース襟Q&Aをご一読いただいた後、Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

プレゼントのお知らせ:7月末までにレース襟をお求めの方に、カフスレース(ブルージュレース)をプレゼントしています。プレゼント品はブログにて掲載中。なお、29日から31日まで教室は休業です。】

2013年6月11日
レース襟のコーディネート(No.034)

今日はレース襟のコーディネート。

「デイリーユースできるプチプライスの襟が欲しいけど、〇国製のなんちゃってはイヤだ。手ごろな本物が欲しい・・・。」という方におすすめの襟です。

この襟(No.034 2012年2月16日ブログ掲載品)は模様が単純なので、その分、お手頃。

張りのあるレースなので、使いやすくて汎用性は高いですよ。

色はベージュ(きなり)です。

思ったよりも襟ぐりが深かったりして、ちょっとルーズかなあ・・・とお困りのお洋服に、この襟は便利です。

インテリアとして飾っても。

この模様で、型違いの襟を私も愛用しています。

黒いカーディガンに縫い付けて使用していますが、おしゃれ度が格段にアップして重宝していますし、雑に扱っても平気です(笑)。

上記の襟は破損・汚損のない未使用品。ヴィンテージ。

この襟は3500円でお譲りできます。

譲受ご希望の方は、Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

遠方の方でご依頼あれば、自宅にお送りできます。

(*この襟はメールでのコーディネート相談はご容赦ください。教室でのご見学は可能です。事前予約の上でお越しください。)

2013年5月29日
レース襟コーディネート相談について(ご案内)

以下、前回ブログの続き。

お問い合わせ前に「レース襟Q&A」のご一読をお願いする理由です。

お値段をお知らせした方で、「ほぼ100パーセントの方(笑)」から、「手持ちの洋服につけたいので、おすすめの襟を提案・コーディネートしてください」とご依頼を頂戴します。

これらご依頼・ご相談に関し、Q&Aに明記があるのですが、ここで再度、ご案内いたします。

 

① 教室でのご相談・・・「譲り受け未定の方」からもご相談をお受けできます。

② メールでのご相談・・・「譲り受けすることは決めているものの、どの襟にするか絞りかねている方」・「譲り受けを決めたレース襟について、コーディネートの提案を必要とされている方」へのサービスです。よって、【1点以上の譲受を「ご相談開始時点」で確約できる方のみ】にご対応可能。

①、②ともに無料相談。

 

~①の教室相談の手順~

・お値段お問い合わせ後、ご訪問日時をご予約ください。

・お洋服とカメラをご持参ください。写真撮影OKです。

・ネット上で気に入っていた襟がイメージ違いであった場合、お見送りはもちろんOKです。ほかの襟も、ご自由にお試しください。

・クレジットカードは使用できませんので、すべて現金でお願いします。

~②のメール相談の手順~

・お値段のお知らせを受信された後、「具体的に譲り受けの検討する襟(HOLDしたい襟)」をご決定ください。HOLDは最大5点まで。

・レース襟ナンバーをご明記の上で、似合わせたいお洋服の特徴を教えてください。

・似た雰囲気の洋服に襟をコーディネートして写真撮影するなどし、ご相談者さまのメール宛に送信いたします。(*お手持ちのお洋服とレースのカーブ・形が一致するか否かは、メールやりとりでは判断できないため、当方で保証するものではありません。)

・「検討中」とお知らせいただいた襟は、直近のメール送信日から「1週間HOLD」されます。

・HOLD期間中に「1点以上の襟」をご決定・連絡願います。最初のHOLD期間で決定できない場合、HOLD延長は可能です。(*「1週間以内」にお返事をいただける環境・タイミングでご相談メールを送ってください。長期間に渡り返信がなかったり、無連絡キャンセルはご遠慮ください。)

 

「メール相談」は、複数回のメールやりとりでご希望をお伺いし、お好みに合わせて襟を選定したり、コーディネートして撮影&メール送信したり・・・と、1回の返信に数時間を要しています。

そのため、「譲り受け未定」であったり、「見送りの可能性が残る方」からは、メールでのコーディネート相談はお受けしていません。

譲り受け未定の方は、お手数でもご自身でブログ記事をご覧いただいてご検討いただくか、教室をご訪問願います。

なお、メール相談を開始された場合、複数回のメールやりとりを経てから「やっぱり今回は見送ります。今までのやりとりは、すべてなかったことに・・・」という、「自己都合キャンセル(お見送り)」はご遠慮願います。

レース襟は個人のコレクションの譲渡のため、いわゆる儲けや消費税を乗せておりませんし、教室仕事の傍らにご対応させていただいています。

メール相談開始後の自己都合キャンセルは、当方の業務に負担になることをご理解願います。

なお、価格をお問い合わせいただいた際、ご予算と折り合わないことは当然ありますので、「メール相談開始前のお見送り」はまったく問題ございません。

ご予算がある方は「番号をご指定の上で、気になる襟について価格の問い合わせ」を最初になさっていただき、価格が理由で取引に難があると判断された場合、コーディネート等の相談を始めることなく、即お断りの意思表示をお願いします。

 

~ご注意ください~

「NO.○○○の使い方をいろいろ教えてください」、「NO.○○○のブログに似た感じのものが好きなので、おすすめの襟をほかにも選んでください」といった、個別にコーディネートのアドバイスを求める内容であったり、全レースの中からおすすめ品のピックアップを依頼される内容ですと、その方のご要望に応じて選別作業をしたり、コーディネート撮影が必要になるため、当方は「1点以上のお取引前提のご相談」として承ります

取引未定の方は、「番号を必ず指定された上で、お値段とサイズの問い合わせ」だけに留めてください。

 

2013年5月15日
レース襟 (No.049)

リクエストを頂戴いたしまして、1点、新しい襟をご紹介いたします。

コートに装着してみました。

あこがれのチュールレースタイプで、かなり細工が細かいです。

この襟は「白」です。

張りが弱いタイプですので、涼しい季節にも。

ヴィンテージ品。

未使用です。

この襟もお譲りできますので、気になる方は「レース襟No.049」で、お問い合わせください。

Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

 

2013年4月19日
レース襟(No.048)

今日はブルージュレースのレース襟コーディネート。

初めてご紹介するレースです。

色はベージュ。

ひと結びして、ピンで留めてみました。

大きめのゴージャスな襟も、ちょっとくしゅくしゅさせれば、自然にデイリーユーズできます。

シンプルなお洋服も、いつもとは違った印象に。

「ブルージュレースにピンで穴を開けるなんて!」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。

デザイン上、もともと開いている穴(隙間)の部分に刺し込んでいますので、レース襟自体にダメージはありませんよ~。

全体写真

直径7㎜のスナップが、前身ごろに4箇所縫い付けてありますので、この状態のままでお譲りいたします。

工房で取り付けたものと思われますが、簡単に縫いとめてあるだけですので、必要のない場合は外して頂くことも可能です。

ヴィンテージ品。

未使用です。

この襟もお譲りできますので、気になる方は「レース襟No.048」で、お問い合わせください。

Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。(お問い合わせ前に「レース襟Q&A」をご一読ください。)

 

2012年8月14日
レース襟(No.044)

今朝は雨音で目を覚ましました。

時刻は4時過ぎ。

お盆を迎え、天気が雨模様とくれば、もう夏物のお洋服のセールに興味はない。

ということで、今日は秋モノの着まわしの話です。

「しっかりデコラティブ」なレース襟をご紹介いたします。

ブルージュレースをお探しの方は、けっこう、「がっつり系」のレース襟をお求めですので、ご満足いただけるかも?

シャツ&ワンピースに合わせてみました。 

ちょっと黄みのあるシャツに合わせてみたので、ほどよく浮いているかと思います。

シャツを替えてみます。

 こちらの方が、襟の細工はよく分かりますね。

ワンピースを替えてみます。 

若干クールです。

ブログでご紹介しているレース襟は、1枚1枚ファイルに保存しているため、日焼けはありませんし、すべて未使用品ですので、状態はすこぶる良いです。

美品すぎて新品に見えてしまうくらいですが、製作されてから、短く見積もっても四半世紀は経過しているヴィンテージです。

「しっかりデコラティブ」なレース襟をお探しの方はいかがでしょうか。

この襟も、お譲りできますので、お問い合わせください。

2012年5月9日
レース襟のコーディネート

シンプルなベージュのカーディガンの肩口に、2枚組のレース襟をセット。

カーディガンの下にシンプルな服を着てしまうと、少しつまらなくなるので、春らしく、華を添える目的です。

まず1枚目。

白いレース(レース襟No.037)にします。

ガーリーですね。

遠目から見て、印象的です。

アップ写真。

お次はベージュ(レース襟No.036)のレースです。

白よりも、オトナっぽく、クールです。

お食事会など、「近距離で印象的な上半身のおしゃれ」が必要なときに、向いているかもしれませんね。

お洋服を新調する必要がないし・・・。

選ぶ襟の色、形によって、甘さ、辛さを調節できますので、そこはお好みで。

ブログカテゴリーの「ブルージュレース(カタログ)」にお譲りできるものをアップしていますので、ご参考になさってください。

在庫がなくなってしまったものは、その都度、そのページのブログを更新して「SOLD」表記していますので、表記がないものは、まだ在庫があると思っていただいて大丈夫ですが、1点モノですので、タッチの差でSOLD~というときはご容赦ください。

そのほか、見学も大歓迎です!

長野でブルージュレースのレース襟を扱っているお店を見たことがないので、興味がある方、近郊にお住まいの方は、お気軽に見学にお越しください。

お越しになる前に、日時のご予約をお願いいたします(平日13時~20時)。

似合わせたいお洋服がある方はご持参ください。

教室でコーディネートについてご相談をお受けした場合、お好みや予算に合わない場合はお見送りしていただいて大丈夫です。

2012年5月1日
レース襟のコーディネート

今日は、どのお宅にもありがちな、スタンダードな洋服にレース襟を合わせてみました。

青・白のストライプシャツと、黒のベストです。

かっちりしていて端正ですが、おもしろみには欠けます。

ある程度の硬さが求められる企業の制服みたい。

ここに、若干くどい(笑)お花柄のレース襟を合わせます。

ストライプシャツがおしゃれにこなれて見えてくる、この不思議・・・。

ベージュのカーゴパンツを履いて、足元をロールアップしてもかわいいかも。

「シンプルすぎて、つまらない服(通勤着など)が多い・・・」という方に、レース襟はおすすめです。

1枚持っているだけで、いろいろと着回し可能。

「甘・辛」の調整は、手持ちのお洋服と相談しつつ、皆様の感性・お好みでお楽しみください。

こうやって、ブログで紹介させていただいていると、手持ちのお洋服をメールでご説明してくださって、「これに合うようなものを提案してください!」というリクエストを頂戴することがあります。

その場合、おすすめの襟を数枚ご提案させていただいて、その中からご購入に至っているのですが、そのお洋服を私が見て確認したわけではありませんので、想像というか、ほとんど空想です・・・。

今のところ、「襟を受け取って大満足!」という趣旨のお返事を頂戴していますが、イメージと少しずれたり、襟のカーブに合わないことは当然起こりうる話です。

ノークレーム、ノーリターンをお願いしています。

メール相談の場合は、「1点以上の譲受が前提」でお受けしていますので、ご了承いただける方がメールにてご相談くださいね。

譲り受け未定だけど相談したい・・・という方は、お手数でもご予約の上で教室までお越しください。

今回、ご紹介したレース襟は、いつもどおり、ブルージュレースの未使用品。

ヴィンテージ品です。

レース襟No.017でお問い合わせください。