‘長野県’ カテゴリーのアーカイブ

2019年10月16日
ここ数日の長野市

今朝の長野市、最低気温が10度以下になりました。

現状、長野市の暮らしはこんな感じ。

*妙に寒い。

*スーパーではパンが売り切れがち。そして納豆も(←東日本大震災時の主婦のトラウマだと思う・・・)。ホームセンターでは、業者さんが爆買中。主な品物はスコップ、丈夫な軍手、ホース、長靴など。売り切れで買えず、別のホムセンを目指す業者さんも多い。

*下水処理施設の一つが浸水しているらしく、水道使用はできるものの、下水量を減らすように指導されている。

*電気、水道、ガスは台風当初から使えているため、長野市内の浸水してないエリアで暮らす人々はほぼ通常運転。

*今日は晴れ見込みだけれども、これまでは曇りか雨続きで、なかなか地面が乾かない。市街地には白い雲がかかり、山にはグレーの雲が厚くかかっている。山が相当に水分を含んでいるんだな~と想像される。

*JRに不通の区間があるため、長野駅前の高速バス乗り場に長蛇の列ができている。

ということで、「台風以降、妙に寒いんだけど!山が乾かないから、安心して眠れないんだけど!そろそろたまった洗濯物を洗濯したり、お風呂に浸かって温まりたい・・・。」といった感じかと思われます。

洗濯を控えていたので靴下の替えがなくなってしまい、昨日は靴下購入。

いつまでも靴下や下着を増やすわけにはいきませんし、今日は降水確率が0%という貴重な日なので、そろそろ1回くらいは洗濯させてもらおうかな・・・と考えています。

体が冷えているので、明日は温泉に行くつもり。

すでに湧いて貯まっている水を使わせてもらう分にはよろしいかと。

あと番外編?としては、可燃ゴミの日、ゴミ捨て場のゴミ量が増えた気がします。

「川の水に浸されて、重くなって捨てるのが大変になるならば、(この機会に)いらないものは手放してしまおう。」という心理が働いたのかもしれません。

 

【以下、追記】

本日の長野市はネコ日和でした!

7匹のネコちゃんに遭遇(*猫だまりにネコ5匹、白ミケ1匹、白ベージュ1匹)。

みんな日向ぼっこ中でした。

台風以降、猫も寒さを我慢していたってことで・・・。

私の茶飲み友達?の白ベージュさんも外にいて、私が「ニャア」と声をかけたらそばに来てくれたので、一緒に日向ぼっこしてきました~。

定位置は私の膝の下か、お尻の下です。

今日も風は冷たいものの、お日様は出ています。

帰宅後は我慢して窓を全開にしています。

室温18度で寒いですが、湿度は48%台までになったので、もう少し、頑張ります。

どこもかしこも全体的に湿っているので、少しでも乾燥させないとカビが生えそうです・・・。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年10月15日
避難グッズで「コレ、便利だな~」と思ったもの

自主避難から家に戻った後、パソコンのメールボックスをチェックしました。

未読で40通も着信しており、「ウィルスにでも感染した?」と思ったところ、すべて長野市からの防災メールでした。

内容は全部異なります。

市長からのメッセージであったり、千曲川の越水情報だったりします。

1日~1晩で40通ほど発信されたわけですから、被害甚大のほどが推察していただけるかと思いますけれど、同時に分かったことがあるのです。

「パニックって、そうそう簡単には起こらない」ってことです。

長野市がメール40通を連打する一方(笑)、長野市内にいる人間はいたって平静。

正常性バイアスがかかっているとか、情報が不足していて危機を知らないとか、そういった単純すぎる話ではなさそうに感じました。

考えることが多いので、別のブログで書きますが。

台風以降、家の周囲に水気のほか土の気配が漂っていたので、土砂災害がまだ心配。

朝から夕方まで、周囲に山がない県立図書館で過ごしていました。

机に突っ伏している人もいたので、みなさん寝不足のようです。

ツレのように、有事に際してグ~グ~できる人は多くない。

さて、生死を分かつようなテーマですと、読む方も疲れると思います。

今日は軽めで、実用的?な話にします。

関東の台風被害をニュースで見て、「どうしよう。あんなことが自分にも起こったら・・・。」と不安になっている方もいらっしゃると思います。

不安な気持ちのまま、食料品を買い込んだり、避難グッズを見直しされているかもしれません。

今回、避難をしてみて、「これを持ってきてよかった!」と思ったものと、「持ってくればよかった・・・。」と後悔したものがありました。

長野はすでに寒いので、「冬の避難」にお役立ちの話かも?

 

① 持ってきてよかったと思ったモノ

*アウトドア用のレインスーツ上下・・・高級品ではありますが、蒸れない造りのもので。蒸れたら不快すぎて使えず、安物買いの銭失い!自然災害=究極のアウトドア。現場は突風なこともあるので、傘が役に立たない可能性もあってレインスーツは必須。私の場合、避難バッグに入れて保管していますが、日常的に出し入れして着ています。

*カシミヤの大きめストール(薄手)・・・軽いので非常時の携行が可能。薄くて温かいので、女性は持参すべき。フワフワの肌触りがなぐさめにもなります。持っていない場合、いますぐの購入をおすすめ。普段から使えるため、買っても損はない。使いなれた品のほうがいざという時に安心できますよ。

*ありったけの現金・・・想像よりも現金を使います。食料のほか、家族が下着の替えなどを欲しがることも。停電していればカードが使えませんし。

*マスキングテープ・・・パンなどを購入した場合、食べ切れなくて保管しておきたい瞬間があります。

*厚手のニット帽・・・当初はヘルメット替わりのつもりでした。台風翌日は風が冷えるので頭がすごく寒いですし、環境の変化に敏感な方は頭痛もあると思うので、あると安心。台風一過の長野は、女性であれば指先がかじかむほど寒いです。

*携帯と充電器・・・自分がピンチのとき、友や別居の家族も漏れなくピンチです。最低限、安否確認はしないと不安が無駄に増します。

*ヘッドライトと電池・・・懐中電灯ではなく、ヘッドライトで。寝るときに枕元に置いておくだけでお守りみたいで安心。

 

② 持ってくればよかった~と後悔したモノ

*薄手の腹巻・・・環境の変化によって防寒が不十分になるため、寝ているときなどにおなかが冷えます。本気ですごく後悔しました。

*歯間ブラシ・・・歯のお手入れが習慣になっているので、「ない!」と気付いて焦りました。習慣すぎるほどに習慣になっていて、かつ健康維持に絡む話であれば、それに関わるグッズは必要かと。

 

③ あれば便利かも?と思ったもの

*赤ちゃんのお尻拭き・・・ウェットティッシュは2つほど携行していましたが、「断水していた場合、思ったよりも使いそう。数日でなくなりそう・・・」と思ったので。避難時は知らない人との距離が必然的に近くなるので、衛生を求める気持ちも強くなります。

*無印良品の白いクルーネックTシャツ2枚組(男性用の薄手コットン)・・・男性が避難する場合、下着にも、パジャマにも、洋服にも使えて便利。2枚で990円なので、避難時にも買いやすい。

 

といった感じです。

走るためには重量を最低限にしたいので、あれもこれも~というわけには行きませんよね。

初動でなにを持っていくかは悩みどころですが、上記は「お役立ち感」を感じたので、頑張って携行しても悪くないかもしれません。

今回、我が家の自主避難費用は「ホテル2泊で2万円+食費や駐車費用等のそのほか1万円=合計で約3万円」でした。

「安全と思わせてくれる場所」に避難所が存在してくれていれば、こんな出費は必要ないのですが・・・。

土地が低い場所であったり、川の近くに1~2階建ての避難所があっても行く気になれません・・・。

ということで、命と現金さえあれば解決する問題もあると思いますけれど、今回実践してみて、「消費増税がじわじわ来るなあ~、お金のかからない避難がしたいな・・・。いままで積み重ねた節約が無駄に・・・。」としみじみ。

税率にまだ慣れていないというか、避難時まで10%の消費税を払ったことがなかったので、思ったよりも請求額が高い・・・と感じ、「あれ?ほんとうに?」と思うことが何度かありました。

渋い顔をする私に、ツレが「安全と時間はお金で買うものやで~。」と一言。

三年寝太郎が起きたときの言葉は重い。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年10月14日
24時間が長かった・・・

台風19号が襲来した10月12日の話です。

住んでいるエリアは千曲川の支流で、超水や浸水は免れましたが、自主的に避難していました。

その経緯です。

 

① 9:30

立ちくらみがして車酔いみたいな状態になったので、「この台風、気持ち悪い台風だな~」と思っていました。

前日のうちに、非常持ち出し袋は家族分を用意済みなので、このときは静観です。

念のため、おにぎりとサンドイッチを作ります。

 

② 12:00

12時少し前から昼ごはんを食べ始めました。

食卓からベランダを眺めていたところ、12時の時報と同時に雨風が強くなったことに気付きました。

ギアが数段階、一気に上がった感じです。

「荒天が今日の夜12時まで続くとした場合、このギアの上がり方で12時間も雨が続くの???」と不安になります。

長野市の地図や雨の降り方をチェックしたところ、千曲川の支流(上流方向)にある信濃町で大量に雨が降っていることに気付きました。

その雨はいずれ、我が家付近の川に落ち込み、やがて千曲川に合流します。

県庁横の雨量計の数字を確認したりして、「夜の12時まで千曲川はおそらくもたない・・・。無理っぽい。千曲川がオーバーフローしたら、上流側とは言え、支流の川はどうなるんだろう?それに加えて、上流のダムで夜中に放流したら???」とますます不安に。

長野市で比較的安全な場所は善光寺周辺と長野駅周辺だろうと勝手に想像し、「気持ち悪いくらいに大きい台風だから、地震を誘発するかもしれない。となると、断層がある善光寺付近はNGだし、長野駅前の新しいホテル一択!」という結論に達します。

 

③ 12:30

立体駐車場のあるホテルに空室(ふたりで1万円未満)を見つけ、ツレに「長野駅前のホテルに行こう。」と話をすると、「行かないよ~。行きたいなら、一人で行って。俺はここにいる。」とつっぱねられます。

ツレは「自分が失敗したこと」から学ぶタイプです。

他人のアドバイスは基本的スルーなので、「これは説得ムリだな。」と一度は諦めますが・・・。

 

④ 13:30

「自分の考え方が過剰反応なのかな?気のせいなのかな?」と思って、いろいろ再検討。

検討しなおしても、「千曲川がやばい。」という直感に変わりありません。

河川の数字をチェックし直しますが、HPがつながりにくくなってきました。

「正確な数字が取れるのは平和なときだけ・・・。これ、時間が経つにつれて、人間では予測できなくなるケースかも?」と気付きます。

雨脚が強くなり始めていますが、今ならまだ安全に橋を渡って、長野駅方向に逃げることができます。

ふたたびツレに「長野駅前のホテルに行こう。」と持ちかけます。

「しつこい!俺は長生きしたいとは思っていない。ここで(私が作りおきしておいた)おでんを食べる!」と意味不明に怒られます(笑)。

ツレを置いていくのもナンなので、いざというときは仕方ないから一緒に死のうと思い(笑)、避難を諦めます。

 

⑤ 14:00

「死ぬ前にシャワーを浴びておこう。死体を片付けてくれる人への礼儀ってものだ。」という気になってシャワーします。

 

⑥ 14:30

私を静かに怒らせたことに気付いたツレ、「ホテル、予約して。」と言い出します。

イライラしながら急いで髪を乾かし、戸締りして、水の逆流を防ぐ手配をします。

避難持ち出し袋は作ってありましたが、シャワーを浴びてしまったことなどにより、このあと家を出るまでに30分くらいかかりました。

ベランダの植木鉢や物干し竿は前日のうちに取り込み済み。

作っておいたおにぎりとサンドイッチ、ありったけの現金、携帯と充電器を袋に突っ込み、コンビニにも立ち寄って、夕飯を買い込みます。

雨風は強いですが困らない程度で、橋も普通に渡れました。

 

⑦ 15:30

ホテルに到着し、チェックインしている最中、周囲で一斉に携帯が鳴ります。

長野市に特別警報(レベル5)が出ました。

ホテルの方とやりとりしている真っ最中でしたが、「うるさいので止めますね。」と断って、自分の携帯の音をストップさせます。

 

⑧ 21時過ぎ・・・

ホテルのベッドの上で千曲川の決壊などを知ります。

我が家周辺に避難勧告が出たのも21時過ぎでした。

私たちが避難したかった「橋を渡った方向の避難所」は、そもそもエリア違い?なのか、開設されなかったようです。

テレビのニュースで川の決壊などが次々に報道される中、ツレがベッドの上で「カフェラテ飲みたい。新鮮なリンゴが食べたい。」と言い出し、困りました。

 

ということで、これが12日の時系列です。

人生初の避難でした。

この日、長野市の雨量は、これまでの観測史上で1位だったらしい。

長野市では過去に経験したことがない雨ということで、想定も予想もなにもない・・・。

そもそも自主避難したのには理由があります。

我が家から最寄の避難所(橋を渡らない方向)は土地が低くて、どう考えても危ない場所。

立地からして避難するにふさわしくありませんし、周囲には3階建て以上の公共の建物や商業施設もありません。

この点は、行政の対策に改善の余地があるかと思われ、避難所の適正についても治水とセットで検討してはいかがでしょう・・・。

橋を渡って長野駅方向に逃げることは前から決めてありました。

「どうしてお昼の12時時点で、千曲川の危険を察知できたのか?」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

昨年、周囲の川について自分なりに研究していたので、これはキャパを超えてくるだろうなと・・・(*2018年7月11日付けのブログをご参照ください)。

温暖化対策で車を使わない生活をしてるので、毎日、町を歩き、地理や川を眺めていて、実際の器を目で知っていますし。

私は敏感なタチで、台風のパワーに当てられていまも頭が痛いです。

ツレは身体的にも気持ち的にも骨太なので、私の横でグ~グ~言って昼寝しています。

ホテルでは野球やラグビー観戦を楽しみつつ、その後はグ~グ~眠っていました(注:このとき自身も両親も避難中)。

「ツレを動かすこと」が私にとってはとても大仕事・・・。

疲れたので、ちょっと休みます。

 

Posted in 旅行記, 長野県
2019年10月14日
生きてます

生きてます、いまのところ・・・。

台風発生日(10月12日)のブログ、時系列で書こうと思っていたのですが、お昼の12時ぴったりに「千曲川、ムリっぽい・・・?」と直感が来たので、避難所が開設される前にホテルへ自主避難し、ブログは尻切れトンボ状態でした。

自主避難であっても疲れるものですね。

東京の親友は多摩川沿いに住んでいて、洗面所で夜を明かしました。

義理の父母は千曲川沿いに住んでいて、避難所で一夜を明かし、家はぎりぎりセーフで畑は水に浸かりました。

自分がホテルの7階にいても、心配事のタネならいくらでもあるというわけで・・・。

さきほど自宅に戻ってきて、浸水被害はありませんが、土砂災害に備え、また避難が必要かどうか様子見しています。

雨が降り始めているので・・・。

これからデータを集めて、いろいろな方向から考えます。

ほんとか嘘か知りませんけれど、今回の台風で長野市史上1位の雨量を観測したとか・・・。

台風前々日の早朝、雲が消え失せた青い空があまりにも美しく、ほとんど不吉を感じたのですが、こういう勘はどうにもはずれないようで・・・。

台風が過ぎて長野市は気温が下がり、土壌が水気を帯びていることもあって、体感気温が低いです。

いまは自宅内ですが、タートルネック+カシミヤセーター+ユニクロのライトダウンを着て、カシミヤストールをひざ掛けにしているくらいです。

避難してわかりました。

セーター類は高くてもカシミヤに投資すべきです。

薄くて軽くて温かいので、避難先に携行できて役立ちます。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年10月12日
今日の長野市

① 午前9:30

雨は降っていますが、外は明るいです。

風は強くありません。

小鳥もさえずっていますし、睡蓮鉢のメダカさん達もいまのところご機嫌らしい。

周囲から小鳥の気配がなくなったらヤバイ、という合図だと思うので、河川砂防情報ステーションの数字をチェックしつつ、耳をそばだてて警戒しています。

朝食の洗い物を終えた後、「停電すると悪いから、おにぎりを作っておこう。」と台所に立つ私に、「おにぎり食べる。今!」というツレ。

「食べるの?いま?」

「いま!」

保存食にならない。

しまいには「○ニクロに行こうかな。だってただの雨じゃん。」などと言い出す始末。

今日の夕方、ツレは歯医者の予約があったのですが、説得して日時変更してもらいました。

私は9:30頃に立ちくらみ?のような瞬間があり、その後、息苦しさも感じ始めているので、「あ~、気圧が一気に下がってきた~。」などと環境の変化を察知してるのですが、ツレは悠々自適というか泰然自若。

休日なので、外出したくてたまらないらしい。

黒い子猫(←最近、ツレのお友達になった地域ネコ。ツレになでられるとゴロゴロ言って、後をついてくるようになった)を自宅にご招待しない限り、ツレを大人しく在宅させるのは難しいようで・・・。

それにしても気持ち悪い台風ですね。

近づくにつれて、「乗り物酔い」みたいな気分に。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年10月1日
消費税増税の1日

国外にお住まいの方もブログをお読みいただいているので補足しますが、今日の日本、消費税が8%から10%になりました。

持ち帰りの食品は8%で据え置きです。

今朝ほど、オリーブオイルと牛乳がなくなったので、それぞれ買いにでかけました。

ついでに豆乳も。

① スーパー

売り場に人がいない・・・。

奥まで進むと、おじいさん2名を発見。

レジ前でおばさま2名を発見。

閑散。

② ホームセンター

日用品売り場、0人です。

結界というか、見えないバリアーが売り場に張られているよう。

食料品だけ買いに来ている方はいらっしゃいました。

③ ドラッグストア

サラリーマン姿の男性2名。

奥の食料品売り場に女性2名。

店内、やけに広いなあ・・・。

 

全体的に言えることは「街から人が消えた。とくに女性が消えた。」

女性が激減しているので、男性の姿が目立ちます。

論より証拠。

長野市内の某公園。

周囲にホームセンター、スーパー、大学、図書館などがあるので、晴れている日はベンチでランチしている人であったり、ご近所のママ友達が芝生でお子さんを遊ばせておいて、井戸端会議するメイン会場でもあります。

お仕事がお休みのパパさん達がお子さんにボール遊びを教えていたり、犬の飼い主さん達が犬を介してコミュニケーションしていたり。

スペースが広いので混み混みにはなりませんが、広範囲に人が散らばっている場所です。

本気で誰もいない。

ちなみに図書館は開館日でしたので、図書館が休みだったから人の気配がなかったわけではありません。

いまなら「青空なのに、人がいない公園」を楽しめます。

お弁当でも持って、ランチしにでかけようかな?

広大な芝生を独り占め・・・。

私の目から見る限り、増税によるシステムトラブルは発生していないようです。

人がいないのだから、トラブルになりようがない(笑)。

「民意」や「民衆の総意」などといった言葉を聞くと、「それってどうやって計るの?国民投票でも無理でしょ?参加しない人は、どんな意見を持っていても参加しないから。」などと思いますが、少なくとも今日1日だけは、「総意」まで行かなくても、「意思の大部分(けっこう強固)」は知りえた気がします。

ということで、10月1日、日本国内の「一部」の状況でした~。

こういった反応は、地方によって反応やその強度に違いがあると思われたので、「一部」と書きあらわしています。

長野市は倹約思考が強いというか、倹約は美徳と捉えている人も多そうなので、断言はできませんが反応は激しいほうかも。

まあ、実際、公園に人がいないわけですし・・・。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年9月9日
くずついている程度です

今朝の長野市、ちょっとだけ雨っぽいですが、風も強くないどころか、ほとんどありません。

旅行や出張などでお越しになる場合、まったく問題ありませんので御安心を。

ただし、長野市にしては蒸し暑いと思います。

昨日は一日中、台風由来の西南西の風でした。

気温は34度台。

ツレも私も西南西の風が吹くとひどく弱るので、「頭、いたい。」などと言いつつ、外出もせずに、コロコロして終ってしまいました。

目に見える影響がない地域はお気楽なものだ・・・と思われてしまうかもしれません。

ツレ 「なんだか具合が悪い。」

私 「この台風、パワーが強力なのかもね。」

などとおとといの夜に話していたので、目で見えなくても体では気付いています。

まあ、長野県民をほかのエリアの台風真っ只中に移動させてみれば、慣れていない分、きっと一睡もできないだろうなと想像されますけど・・・。

どのエリアも被害最小限でありますように。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年9月4日
長野市内のカフェ ~マルベリーデリカテッセン&カフェ~

旅行を計画していて、弘前市内の居酒屋に予約の電話をしました。

店主さんと思われる男性が電話に出てくれました。

青森弁の響きを耳にして、「すっごい引力。2~3分話しただけで、イントネーションがうつりそう・・・。青森の場合、よそものかどうかって、会話が始まった瞬間で判断できるね・・・。」と思いました。

ツレも「(一見の詐欺師にはネイティブの発音ができないから)オレオレ詐欺が少なそう。」と言う。

ディープな青森、期待大。

新幹線で日本列島の半分を北上する旅なので、たどり着く場所がディープじゃなきゃ困ります。

海あり県の繁華街へ旅行した場合、エコノミーホテルにチェックインして、居酒屋で散財することにしています。

列島各地を旅していますが、いままでは盛岡市内の居酒屋が魚の鮮度においてダントツ。

「ご主人が開店前に釣ってきた?」と思うくらいでした。

青森にも期待したい。

さて、普段の私、あまり外食しませんし、特に長野県内でカフェには立ち寄りません。

家に帰ってお茶をいれればいいからです。

そんな私が珍しく、長野市内のカフェでランチしました。

その日、健康診断の再検査を受けました

健康診断から2週間後のこの日、まったく異常が見られず、「健康診断と間逆の診断」を別病院の専門医から受けました。

それどころか、「(検体が)綺麗ですよ。」とお褒めの言葉?を頂きました。

この件はおってブログに書くため割愛しますが、健康診断を受けた病院のミスジャッジ?が原因で無駄に再検査を受けている疑惑が湧き、もやもやしていました(笑)。

間逆すぎたので、念のため、日を変えて再々検査を行うことにして、この日は病院を出ました(*本日現在、検査はすべて終了。「シロですね。」と健康体であることを宣告されました)。

再検査のあと、お昼に差し掛かっていたので、おなかが空きました。

予約せずにランチできる店、というのも知っておいて損はない。

初めての店に入ってみました。

長野市にある「マルベリーデリカテッセン&カフェ」。

こちら、デリなのです。

デリであり、カフェであり、夜はバーらしい。

「惣菜のお持ち帰りができるのは悪くない。一人分の夕ご飯作りが面倒な日にいいかも・・・。」と思い、試してみることにしました。

ランチはいろいろありましたが、ケースの中からデリ3種を選び、パンかご飯を選び、ドリンクを選ぶセットにしました。

グダグダをすっ飛ばして結論から言いますと、「長野市の飲食店なのに、手の込んだデリを提供してくれるんだね?」です。

仕込みに時間がかかっていそうで、正直なところ、素人がカフェの厨房に立っている長野市クオリティーからすれば、よく出来すぎ。

料理の勉強をした人が厨房にいるのだと思われました。

デリは美味しかったので、「自分でご飯作りするのが面倒だけど、今日はしっかり栄養をとりたい」と思う日には良いと思います。

で、パンですが、想像よりも量が多く(4種類)、デリ含め、すべてを食べきるのに苦労しましたが食べきって、お味は・・・。

私の場合、このパンだけを狙って来店することはありません。

次回があればパンは避けて、ライスにします。

締めはコーヒーにしました。

コーヒー、飲みきれませんでした・・・。

健康診断の再検査の直後だったので、口に合わないコーヒーを我慢してまで体に入れる気持ちになれず、申し訳ないですが残しました。

ちなみにコーヒーを残すのは、めったにないことです。

お店の方から「おなかいっぱい?(コーヒーが)お口に合いませんでした?」とお会計のときにリサーチされてきたのでお茶を濁して返事をしましたが、「え?もしかして、その自覚があるの?自覚があるならば、テコ入れしたほうが・・・。」と思ってしまいました。

お会計の頃には、「私以外にホットコーヒーを注文している人が一人もいないこと」にも気付いていたので・・・。

とにかくデリは美味しかったです。

2階席もあるし、混雑具合からして予約不要だと思います。

アルバイトさんだと思われますが、店員さんも一生懸命サービスしてくれて好印象。

そして、ランチの客層は100%女性でした。

お食事しつつ気付いたのですが、デリ3種類を選ぶとき、ほかのお客さんはなかなか決められない。

時間がかかるというよりも、ショーケースの前でウダウダしている感じで(笑)、お店の責任者らしき方が店員さんに「味見をさせてあげて。」と指示している声が耳に入りました。

私、ぱっと見で即決。

「竹を割ったような性格で、さっぱりしていて気持ちいい。」とか、「女子会、無理でしょ?」などと人に評されることがありますが、惣菜選びひとつにしても「標準的な女子との温度差」を感じてしまいました。

みんな違ってみんないい、ということで。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年8月30日
「コトリの湯」へ行ってみた

長野市松代に「コトリの湯」という温泉がありまして、行ってみました。

平日のフリータイム950円、土日は1000円です。

温泉だけと考えるとお値段が高いですが、そこにプラス@で本1万冊が置いてあり、読み放題なのです。

ツレが有給を取得したので、本日の午前11時過ぎにでかけました(*10時オープンです)。

結論から言いますと、スーパー銭湯+フリータイムのマンキツ(*ドリンクはコーヒーのみ)でした。

温泉は松代エリアの温泉をブレンドしているらしいですが、「長野県の温泉」というカテゴリーで評価すると印象が薄いです。

長野県はいろいろな温泉が自噴しています。

こちらは循環式で薄いお湯。

塩素の臭いもします。

長野県内の温泉としてみれば、「ほかにも良い温泉があるんだし、わざわざここを選ばなくても・・・。」となるはず。

我が家は源泉掛け流しが好きで、気になる泉質があれば北海道でも秋田でも面倒くさがらずに出かけていくので、そうでない温泉の評価は低くなります。

実際、施設を利用してみて温泉はどの時間帯もガラガラでした。

ツレも私も同意見なのですが、「読書して冷房で体が冷えたら、温まるためにお風呂に入る感じだよね。露天風呂の石が立派すぎ。」。

露天風呂に巨石がいくつもゴロゴロしているのです。

人間がすっぽり隠れるサイズ。

温泉よりも石のほうがパワー持っているはず(笑)。

ツレは「石が立派すぎるから、土建屋が経営しているんじゃないの?」と言い、私は「海津城の跡地周辺で回収してきたのかな?」です(笑)。

それくらい、露天風呂の石が立派で一見の価値はあります。

冗談抜きで、ここの石はすごいと思います。

そして蔵書のコーナーですが、「漫画本なんて読まないよ。」という方であっても楽しめます。

私、雑誌のアンドプレミアムのバックナンバーを一気読みしてきました。

有名どころの雑誌ならば、最新刊&バックナンバーで網羅されています。

料理本や旅行本などもあります。

小説もあります。

本のチョイスもよろしくて、「これ、宿の蔵書を選書するプロの仕事かな?プロじゃなかったとしたら、かなりの読書家・・・。」というレベルに感じました。

本の品揃えからするに、狙っている客層は20~40代の男女ではないでしょうか?

ちなみに無料コーヒーはブレンドとアメリカンがあって、両方飲んでみましたが、「あれ、どっちも同じ豆じゃないの?希釈が違うだけじゃない?」と感じましたが(笑)、香りがしっかりあって、普通に美味しかったです。

「ランチコーヒーが美味しくないカフェ」より、ずっと美味しかったです。

お昼ご飯も食べてみました。

どのメニューもだいたい1000円。

お食事1回分を施設で取ると、客単価は2000円になります。

「インスタバエを狙ったおしゃれなカフェご飯」と想像してでかけたのですが、想定よりも量が多かった。

2階の読書スペースを見るに、客層としては一人客の女性と一人客のおじさんが多かったのですが、おじさんが多い理由がわかりました。

おじさんでも、おなかいっぱいになれます。

ということで総括ですが、温泉とマンキツで評価した場合、マンキツ目的のお客さんのほうが多いと思います。

印象として、温泉3:マンキツ7といった印象。

そのため、子連れ客はほとんどお見かけしませんでした(*私が目にしたのは1組のみ)。

50代くらいの女性二人組が本を1冊も読むことなく、3時間くらいず~っとおしゃべりしていました。

「娘はいつまで経っても、どこに行っても娘だけど・・・。」などと、巣立ちされた親の愚痴?らしい、毒を含んだディープな会話に終始。

当然と言えば当然ですが、満席の時間にも関わらず、お隣のソファー席に何時間も人が座らない・・・(笑)。

ああいったスペースでおしゃべりし通し・・・というのは、本も空気も読めていないというか、はなから読む気がないのでしょうから、お店?というか、温泉?のミスチョイスでしょうね。

読書スペースでは、午前11時台ならそれぞれの読書スペースに空席があったし、ブランケットもあまりがありました。

13時台になると、ほぼ満席(*土管のコーナーだけ、いつでも誰も使ってない)。

15時台になると、ブランケット(チェックのストール)の余りはゼロ。

ぱっと見、女性はほぼ全員がブランケット使用していましたので、女性にはかけるものが必須と言えそう(*私は予想してカシミアストールを持参しましたが、靴下2枚しか履いていかなかったので足が寒かった)。

18時過ぎると、それぞれの読書スペースに4割ほどの空きが出始めました。

今回、初の利用で分かったことと言えば、「平日の13時台に入館しても、読書スペースでは座れる場所がない」という事実です。

ということで、以上は平日の話でした。

混雑具合からして、我が家、土日利用はしません。

読書スペースの場所取りはできないので、「平日に開店と同時にでかけていって、好みの読書スペースを確保し→お昼ご飯はそれぞれが好きなタイミングで食べて→夕ご飯前まで利用」がいちばん効率的かな?と思います。

お支払いの単価を下げたい場合は、「早めのお昼ご飯を済ませてから入館し、11時台までに読書スペースを確保して→夕ご飯前まで滞在」かと思います。

お風呂は成分が薄いので、体か冷えた場合、2~3回は繰り返しで入れそう(*逆を言えば、1回で十分には温まらない・・・)。

我が家はサードプレイスを求めていないので、こちらをたびたび利用することはないと思います。

今回はお試しというか、話の種にでかけました。

「急に有給1日だけが取得できたけど、たまった洗濯しないといけないし、1日だけで旅行には行けないし、だからと言って家の中にこもって有給1日が終るのもイヤ・・・。」というとき、気分転換や暇つぶしにでかけるには良い場所かも。

私も経験あるから分かりますが、仕事が忙しいと家の中を綺麗にしておくなんて余力がなくて無理ですし、休みの日に「綺麗じゃない家=寝てシャワーを浴びるだけの部屋」でじっとしていたくない。

そんなとき、逃避の場所?として役立ちそう。

実際、「読書スペースで、スマホをひたすらいじっているお客さん」もたくさんいて(*半分以上)、「950円をお支払いして、施設を利用しないのかな?それ、家でもできるんじゃない?」などと思ってしまいました・・・。

ちなみに我が家は午前11時~午後6時まで利用しました。

お風呂1時間+マンキツ6時間パック+ランチといったところですね。

マンキツとして考えれば、入会金がいらないのでありがたい話。

設備が立派というか、こじゃれていることもあり、ツレは「客単価2000円でよくやっているよ。土建屋が経営に絡んでいるはず。じゃないとムリ。」と評価してました。

Posted in 旅行記, 長野県
2019年8月24日
2019 長野市の桃情報 

定休日ですが、時事ネタ?なのでブログアップ。

ことし、長野市の桃の出荷は遅れています。

川中島白桃、まだ最盛期を迎えていません。

例年はいっぱい出回っている頃ですが、本日は朝に少し出ただけだそうで、お昼前に直売所に行ったら白桃はないですし、桃自体がほぼない。

桃の端境期ですね。

我が家は少しだけ残っていた川中島白鳳を買ってきました。

まだ白鳳が買えるなんて、今年はどれだけ遅れているんだ・・・という感じです(*普通、川中島白鳳はお盆前に出回りがぴたっと終ります)。

おまけ情報として、長野市内、シャインマスカットも出回りを始めていますが、まだ走り中の走り。

皮が硬くて、皮は酸っぱかったです。

ただし今年、香りは良さそう。

草っぽいハーブの香りがしたので、期待値は高いです。

Posted in 旅行記, 長野県