‘草花日記’ カテゴリーのアーカイブ

2017年6月23日
睡蓮鉢日記 ~孵る季節が到来~

睡蓮鉢のメダカさん、ここ数日で孵化のラッシュです。

今週は大町市で育てているライチョウさんも卵が孵ったらしいので、そういう時期なんですね。

数日前は鴨のヒナを観察しようと思って、うきうきで近所の生息地(池)にでかけました。

ヒナを楽しみにしていて、昨年のうちにロケハン?済みだった場所です。

ところが・・・。

岸に散乱する割れた卵達を発見。

そばには一匹の青大将が!

が~~~ん。

犯人は特定できませんし、ヒナの安否も確認できませんでしたが、ひどくへこんで帰宅しました。

思えばここ数日、家の周辺では毎日のようにトビを目撃します。

ビル3階の高さとか、時には車の車高くらいまで、高度もぎりぎりまで下げています。

「トビは死体を好むんだよ。」とツレが教えてくれたので、生と死が交錯する季節ってことなんでしょうね。

我が家では、生まれた子メダカさん達が水深を変えてちょこまかと動くようになり、点呼(数の確認)が難しくなってきました。

自然と数が減るから大丈夫だとツレは言いますが、私は増えすぎが心配・・・。

ツレは、起床すると真っ直ぐに「メダカさ~ん」と言って、睡蓮鉢を確認。

帰宅すると真っ直ぐに「メダカさ~ん」と言って、睡蓮鉢を確認。

自分の半そでシャツを突っ張り棒にひっかけて、帆のようにして、鉢の一部に西日対策の陰を作っているくらいです。

「メダカのキモチ」を考えたお世話をしているように見えるので、そんな簡単に数が減るのかなあ・・・。

メダカさんと毎日過ごしていると、「一つの世界」を俯瞰することになるので、色々と考えてしまいます。

つらつら考えて、人生の目標?みたいなものがうっすら見えてきました。

いまのところ、二つほどあります。

*「自分の背後に気を回せる人間になろう」

*「地球を汚さない生き物でいよう」

前者ですが、「後ろから切りつけられないように常に背後に気をつけよう」といった意味ではありません。

人は前に目がついているので、前を見ることはそれほど難しくはないでしょう。

後ろは振り返らないと見えないし、「振り返って確認しよう」という気持ちがなければ見ることができない。

例えば、自分が何かを使ったとき、知らず知らずのうちに思いきりその場を汚したかもしれない。

立ち去る前に振り返って全体を確認さえすれば、「あ、汚しちゃった・・・」と気付いて、後に使う人のためにケアもできます。

雨の日に長い傘を持ち歩いていたとして、後ろに人がいることに気付いてさえいれば、傘の先を他人に向けて振り歩くこともないでしょう。

コミュニケーションにだって言えますよね。

例えば、ドタキャンやno showのような無連絡キャンセル。

自分の行いを振り返ることができる人であれば、一方的な無礼になると気付けるはず。

後ろを確認する習慣がない人は、粗相や無礼をしていても気付いてすらいない、ってことでなんとも救いが・・・。

数日前、お友達に会った際も「自分が知らないことであったり、気付いていないことがとても多いってことには、気付いていたいよね。物を知らないなりに・・・。」とのことで、まったく同感。

そして後者。

地球を汚さない生き物でいたいと思います。

自分だけの用事でしたら、季節問わず、ひたすら自分の二足で移動して靴底をすり減らしていますので、地球を汚したり、温暖化させることに積極的な加担はしていないと言い切れます。

4~5年ほど前に沖縄に旅行にでかけ、海底の珊瑚を見たのですが、その傷み具合に「ああ、もうダメだ。安定の足場は崩れていて、あとは落ちるだけだ。これは止まらない・・・。」と感じてしまいました。

直感的に「止まらない」と感じたのだから、もう何をやっても無駄かもしれませんが、自分一人だけであっても、落下速度を速めるようなことはしたくないのです。

気付いてしまったのだから仕方ない。

死ぬときは墓石すら残したくない。

いたか、いなかったか、それすら分からないような還り方が望ましいと思っています。

Posted in 草花日記, 雑記
2017年6月20日
睡蓮鉢日記 ~子メダカがかえった話~

久しぶりの睡蓮鉢日記です。

土曜日に1匹、子メダカが孵りました。

ホテイアオイに卵が産み付けられていたので、分離して、発泡スチロール箱に避難させていました。

なかなかあとが続かないので、「受精卵でなかったかな・・・」と心配していたら、今日の12:30~13:00に6匹が生まれました。

生まれた直後はほとんど動かず「ホテイアオイの傍に浮いているだけ」ですが、時間が経つにつれ、日向に移動して、仲間と集合しています。

少しずつ泳ぐスピードも早くなり、長距離移動を始めたり、数日後にはちょっと潜るようにもなります。

親の鉢にもホテイアオイは残してあり、そちらにも卵は産み付けられています。

見た感じ、子メダカは浮いていません。

「み~んな、アナタ達が口の中に入れてしまうのね・・・。」と思いつつ、しゃがみこんで親メダカを見つめます。

「エサの時間?」と思って、みんな寄って来ます。

「さっきあげたでしょ。」とそれを無視し、ホテイアオイをじっと観察。

すぐにでも孵りそうな卵が2個は確認できます。

ほどよく温かいし、風も弱い日だったので、「これも孵るかもしれない・・・。」と思い、じっと見つめます。

と思ったら、そのすぐそばに子メダカ1匹発見。

親メダカの鉢にいる子メダカは天に運をまかせようと思ったのですが、帰宅したツレが、親メダカ鉢のホテイアオイも分離すると言う。

今では、ツレも私もオスメスの区別が正しくつけられます。

ツレはヒレから見分けます。

私は全体の印象というか、真上から見たフォルムで見分けています。

Posted in 草花日記
2017年3月30日
花が咲き始めました

ベランダに球根を植えています。

ここ数日でヒヤシンスが開花しました。

秋ころに植えて、ひたすら春を待つわけですが、春になり、まったく芽が出てくれなかったとか、途中で腐ったとかで、すべてが期待どおりにはいきません。

そして、ちょっとしたサプライズになるのが「色違い」。

同じ品種でも色によって生育スピードが違いますので、咲いてみないと分からないことも多い。

昨年の秋、ヒヤシンスの3色入りのパックを買ったのです。

1色2個ずつで、合計6個のパックでした。

それなのに・・・。

開花してみると紫が3輪ありました。

どうみても紫・・・。

その他は生育が遅く、まだ開花していませんので推測もできません。

何が咲くのか分からないというのも面白いですね。

風が春めいてきたので、桜の木の下を通る際、つぼみの具合を確認するようになりました。

長野市に住んでいたころは、ベランダのチューリップと桜の開花は同時で分かりやすかったのですが、松本も同じでしょうか。

だとしたら、まだまだ先のはずです。

我が家のチューリップ、まだ花は葉っぱの中にあって、茎も伸びていません。

春は、待つ楽しみがありますね。

Posted in 草花日記
2015年9月29日
球根を植える 2015

ここ数日中に球根を植えます。

今年はチューリップがいっぱい。

*ファイナルスター(ピンク)

*アンジェリケ(ピンク)

*バックパッカー(紫)

*スプリンググリーン(白~緑)

*オレンジレディー(オレンジ)

*バレリーナ(オレンジ)

*マウントタコマ(白)

スイセン(ミノウ) 3球

ラナンキュラス(黄色と白) 各3球

フリージア(黄色) 5球

となりました。

フリージアだけ一足早く植えました。

トラブルが少なくて開花率がいいのはチューリップなので、今年はチューリップ多め。

昨年はラナンキュラスに苦労したので、ラナン少なめ。

ときどき生徒さんからベランダガーデニングについてご質問いただくのですが、私の場合、ガーデニングの勉強はしていません。

すべて「毎年の経験=実践」によるものです。

「このやり方だとうまくいった。」、「こうやったら、生育不良でダメだった。」という話だけでしたら、おしゃべりの範囲でできます。

歴が10年を越えたら、ベランダガーデニングレッスンとして開講するかもしれません。

ただ現時点でも言い切れることは、場所や鉢のサイズをケチるとダメです。

ベランダガーデニングの場合、面積が限られるので、たくさんの種類を植えたくて詰め込んでしまうこともあるかもしれませんが、混み過ぎで日光不足になったり、虫が付いたりして、花が咲いたとしても大輪にはなりません。

浅く植えるのも、いろいろな事情からダメです(←記載省略)。

場所を広く取ってVIP待遇をしてあげると、市販の花に劣らない美しさ(場合によっては、それ以上)で開花してくれますよ。

ベランダの場合、少数精鋭で大輪の花を育てるのがおすすめ。

Posted in 草花日記
2015年8月10日
睡蓮鉢日記

お盆の週を迎えましたね。

出勤する人が少ないようで、静かな朝です。

昨晩~今朝はようやく風が吹いてくれたので、とても快適に過ごせました。

長野というとイメージが先行して、長野=涼しいと思われがちですが、山梨、群馬、さいたまという夏の最高気温がニュースになるほどの県と隣接しているポジションですので、標高が高くない地点は別に涼しくありません。

ただし、朝晩にぐっと気温が下がるため、日中の暑さを我慢さえすれば夜に体が休まる・・・というのがパターンでしたが、今年はパターンからハズレています。

朝晩になるとパタッと風が止んでしまって、ずっと寝苦しい日々でした。

ようやく体が休まりました。

さて今日のブログは久しぶりに睡蓮鉢日記。

現在、めだかさん7匹、エビの数は不明です。

めだかさんは3匹が越冬してくれたのですが、今年の夏に1匹が亡くなりました。

最近、5匹を買い足した計算です。

めだかさんを観察していて思ったのですが、戦国時代と同じような様相を見せています。

スタート時点は5匹であって、一番からだの大きいメダガが傍若無人でした。

ほかのメダカを蹴散らし、エサを独り占めしようとしていました。

ノブナガと名づけました。

ある朝、突然死しました。

調子が悪そうな感じもありませんでした。

たいていの場合、ご飯を食べなくなったり、鉢の端っこでじっとしたり、軽い波におあられるようになるので、死期は予測できるのですが・・・。

そのほかにメダカ達から追い掛け回されている体の小さなメダカがいました。

ちびちゃんと呼んでいました。

追い掛け回されすぎてエサが食べられないので、ほかのメダカがおなかいっぱいになった頃、睡蓮の陰から出てきて、ちょこちょこと残り物をつまんでいました。

生き残り、元気なメダガになって、今ではほかのメダカさんを追い掛け回しています。

1匹だけ、黒いメダカがいました。

体も大きかったのですが、なわばり争いにはまったく参戦しないマイペースなメダカでした。

ほかのメダカを追い掛け回すこともなく、追い回されることもなく、朝も遅いです。

いま、一番からだの大きなメダカになりました。

メダカにも個性があるようで、ちびちゃんはさながら家康のようです。

歴史は繰り返すというか、葉陰で耐えて長生きさえすれば勢力の順番は回ってくるようです。

そして、黒いメダカのようにマイペースを維持できるものは迫害も受けないし、迫害することもないようです。

睡蓮鉢っておもしろい。

教室からのお知らせ:今週はお盆ですが、教室のメール返信やご予約受付は実施しております。レンタルブーケのご見学やご入会申し込みも可能ですので、ご希望日の前々日までに訪問日時をご予約ください。】

 

Posted in 草花日記
2015年7月30日
桃の季節到来 2015

今季初の桃、近所の直売所でゲットしました。

山梨の桃などはとっくにスーパーで流通していますが、長野市周辺はようやく収穫が始まりました。

個人的に、桃の出回り開始を関知する方法があります。

早朝、窓辺で深呼吸します。

大気にバラのような甘い芳香が混じっていたら、その日が川中島白鳳の流通開始日です。

毎年、この方法で直売所通いの初日を決めています。

今年のサインは微弱でした。

例年はあきらかに「今朝から売りに出始めたよ。買いに来てね~。」という桃からの積極的なメッセージを感じるのですが、今年はかすか。

桜がおかしな咲き方をしましたので、桃の流通も早まって、判断が難しくなるだろうとは思っていましたが・・・。

今朝、ツレに「かすかにバラの香りがしていますので、直売所に行ってみます。」と告げたところ、「あかつきはいらないから。」と言う。

我が家は「川中島白鳳」と「黄金桃」狙いで、それ以外はあまり興味がない。

主要な桃の出回りは、あかつき→川中島白鳳→川中島白桃の順番です(*お盆休みや端境期で入手できない期間も存在します)。

我が家が今季初で購入した桃は、川中島白鳳の中~大玉が10個1500円(箱売り/税込)でした。

高いです。

都会の方ですと、1個150円なら安いでしょ?と思われるかもしれません。

最盛期になれば、大玉の白鳳であっても1個あたり100円くらいにまで値が落ちますので(*品種によっては1個50円くらいの桃もあり)、明らかに高い。

今朝のお客さん、白鳳は眺めるだけで私以外に買っている人は見かけませんでしたので、「まだ高すぎ」って判断だと思います。

我が家はハツモノへのご祝儀の気持ちで買っていますし、ツレが白鳳LOVEなので、リビングにハツモノ10個を並べてあげたかっただけ。

例年、実に幸せそうに「食べ頃の順番」で桃を並べ替えています。

ちなみに短い桃のシーズン中、桃を40個くらい食べるので、スタートの10個くらいはなんてことないです。

2014年10月9日
球根を植える 2014

我慢できずに、コーヒー豆を注文してしまいました。

我が家のコーヒーはハウスブレンドしていたのですが(←好みのコーヒー豆をビニール袋の中でシャカシャカとブレンドするだけ)、メインとなる豆が切れてしまい、取り寄せしていたコーヒー店で人気のあるゴールデンブレンドを買ってみたのです。

ところが、残念ながら口に合わない・・・。

コーヒーって、本当に好みに差がありますね。

あんなにレビューがたくさんあって褒める内容ばかりなのに、私にはそのおいしさが分からず、ツレに飲ませても反応はイマイチです。

口に合わないと思いつつ、それでも1ヶ月+1週間は飲み続けました。

気が向かないのか、やはり簡単にはなくなりません。

我慢して今後数ヶ月は飲み続けるのか、それとも諦めて買いなおすか葛藤していたのですが、コーヒーが口に合わないと毎日が楽しくないので、もったいないと思いながら買いなおすことにしました。

自分でブレンドすると、豆を3種類そろえないといけないので、最初からブレンド豆を買ったほうが経済的だと思ったのです。

逆に無駄をしてしまいました・・・。

さて最近ですが、なんとなく忙しいのです、季節の事柄で。

ツレが「大町市の○○地区の新そば解禁日を調べて。店は○○が良い。」とか言い出します。

私は私で、りんご関係の用事があります(←自宅用の秋映をベストな時期にゲットするとか、贈答用の大玉りんごを予約でキープするとか)。

その時期を逃したらアウトなので、どんどん予定が詰まってきます。

今日は球根を植える日です。

本当は先週辺りに植えてもよかったのですが、台風が来ていたので止めました。

数日前から、長野は寒くなりましたよ。

さて、今回植えるのは、

*ヒヤシンス(ピンクパール、デルフトブルー、ジャンボス・・・4月上旬見ごろ)

*ラナンキュラス(エリザベスピンク6球、ソロモンイエロー6球・・・4月上旬見ごろ)

*チューリップ(アンジェリケ2、バックパッカー2、フラッシュポイント2、サンラバー1、ブラックヒーロー5)

(追記:ブラックヒーロー・バックパッカー開花しました。翌年4月20日ころ見ごろ)

ブラックヒーロー

バックパッカー

(追記:フラッシュポイント(八重の赤チューリップ)も綺麗で一番最初に咲きましたが、丈が短すぎて使いづらかった。)

事前準備としてプランターを洗って乾燥させたり、ラナンキュラスに水を吸わせています(*コットン+キッチンペーパーで一晩水を吸わせた状態)。

いざ、植えようと算段してみると、やはり白いラナンキュラスも欲しい気がする。昨年の花がとても綺麗だったのです。

結局、追加でラナンキュラスのホワイトを購入。

ムスカリも欲しいのですが、きりがないので諦めました。(←そうと言いつつ、あとで買い足して、隅っこに植えるかも)

植えるコツですが、適当(笑)。

間隔広めに深い鉢で植えてあげると、1本1本が充実するようです。

広さに限界はあるものの、レッスン花材には立派に育ってもらいたいため、贅沢なスペースをご用意します。

花が咲くまでは細心の注意を払って見守り、おかしな球根(芽が出てこないなど)があれば、速攻で間引きます。

自分の趣味として育てる分は、妥協する部分もある。

ちなみに、ヒヤシンスとチューリップは長野であっても戸外放置で越冬可能ですが、ラナンキュラスはダメです。

真冬や早春の霜が下りるころは、寒い室内に取り込まないと凍結します。

ラナンキュラスは室内に避難させることがあるので、他の球根とは同じ鉢に植えず、一種だけで植えます。

それくらいです。

午前中から作業したのですが、いろいろやっていたら、今日のお昼ご飯は15時ころになりました。

Posted in 草花日記
2014年9月28日
睡蓮日記

睡蓮鉢のメダカさん、今日もゆるゆるです。

午前9時過ぎ、エサをあげようと様子を見にいくと、1匹のメダカさんが睡蓮の根元で横たわっています。

ヒレも尻尾も動いておらず、ぴくりともしません。

ツレを呼び寄せて、「メダカさん、死んじゃったみたい・・・。」と話を振ると、ツレも「・・・・・そうだね。」と言って、いったん、部屋に戻ります。

私「何がいけなかったんだろう。」

ツレ「メダカにも寿命はある。1~2年ってところだろう。」

その後、30分ほどしてベランダに行くと、メダカさんが横たわっていた場所にメダカさんがいない。

見ると、トップスピードで泳ぎ回っています。

なんだ、死んだように寝てただけか・・・。

朝が来たことに気づかないほどに熟睡していたのか、日が昇ってきて、二度寝が気持ちよかったのでしょうか。

ツレは「最近、寒くなってきたから、メダカさん達も朝が遅いんだよ。」と言いますが、それにしたって、ステージ(睡蓮が植わっている部分の浅瀬)で横たわるように眠るのは、いくらなんでもユル過ぎます。

小鳥もやってくることがあるので、攫われてしまいます。

安全のため、もうちょっと、気を引き締めて暮らしてほしい。

Posted in 草花日記
2014年9月27日
羽衣ジャスミンの植え替え

本日は定休日ですが、ブログアップ。

朝からガーデニングをしました。

まだ球根植えには早いのですが、数日前、鉢を見ていると、どうにもジャスミンの水揚げが悪いことに気づきます。

旅行に行っていたため、どの鉢もコンディションが悪くなるのは当然ですが、回復の気配がない・・・。

水揚げのペースは秋になって多少は遅くなるものの、それにしたって遅すぎで、土が乾いてきません。

この場合、疑うべきは根腐れか根が鉢に回りきって吸水できなくなっている状態だと思ったので、一回り大きい鉢を持ってきて、晴れた日に植え替えることにしました。

抜こうとしても抜けない・・・。

根が回りきった状態か。

軽く「プチ」っと来てしまったら根腐れ→まもなくご臨終なので、安心しました。

心の中で、「ゴメンよゴメンよ、広いところにお引越ししようね~」と言いつつ、最終的には力づくで土ごと引っこ抜きます。

植え替え完了~。

羽衣ジャスミンは今年初めて育てているのですが、春から植え替えがすでに2回目。

クリスマスローズほどではないものの、あっという間に根が回ります。

秋のガーデニング、再来週くらいからは秋の球根植えを順次開始。

球根は購入済み。

ホームセンターで購入しましたが、同行したツレが「これがいい~!」と言って、18球セットのチューリップを指差します。

「狭いからね、こんなにたくさんは育てられないんだよ~。ラナンキュラスとか、ヒヤシンスも育てるからね。」と言い聞かせて、チューリップは数個購入して帰宅。

妄想だけで、すでに春。

Posted in 草花日記
2014年8月29日
睡蓮日記

久しぶりにメダカさん達の話。

夏の暑さを乗り越えたメダカさん、今日もユルユルです。

8月に入って鉢にアオミドロが発生するようになったので、時々は箸を突っ込んで除去していました。

私が睡蓮鉢の前にしゃがみこむと、メダカさん達が寄ってきます。

箸を突っ込むと、「キャ~」っとばかりに一目散に逃げていきます。

アオミドロをキャッチして捨てていると、またしても寄ってきます。

再度、箸を突っ込むと、「キャ~」の繰り返し。

・・・・遊んでる。

「人間に虐げられるごっこ」でしょうか。

ツレが鉢にホースを突っ込んで水を替えていても、以前は底に逃げていたのに、いまでは水面でホースをよけていたり、時にはドジってホースに吸引されてみたり・・・。

ツレも、「こいつら、ユルユルだな・・・。」

飼いはじめたころは、「警戒心が強いし、外で飼っているのだから、人間に慣れることはないだろう。」などと思っていたのですが、もうユルユルです。

ちなみにミナミヌマエビですが、大人のエビだと「屋外の鉢でスタート」は厳しいようです。

ほとんど亡くなってしまったのですが、亡くなった鉢になぜか「小さいエビ達」が元気に泳いでいます・・・。

どうやらペットショップで購入してきた際の水に、稚エビがたくさん混ざっていて、知らぬ間に生長したらしい。

大人は環境の変化に順応してくれませんが、赤ちゃんはしっかり順応してくれることが判明。

いつのまにか、さらに小さな稚エビも増えています。

ミナミヌマエビの導入時、ツレが「環境に対応できずに亡くなるエビが多いはずだから、多めに飼ってみよう。」と言って、ちょっと多めに購入したのですが、究極、「ペットショップの水=稚エビ」をゲットできれば良いようです。

ちなみにエビさん、上記したアオミドロの「フワフワに堆積した場所」をマイホームにしています。

かまくらみたいに穴を掘ってあり、ときどきそこから顔を出します。

睡蓮の根元やマツモについたアオミドロは除去してますが、エビさんが隠れる場所がない場合、地面などに堆積しているアオミドロの塊は残してあげたほうが良いようです。

Posted in 草花日記