‘雑記’ カテゴリーのアーカイブ

2018年9月13日
衣替えの季節ですね

昨日はブログで白いスニーカーを白くする話を書きました。

スニーカー問題が解決して気分を良くしていたのですが、「寒くなってきたから、アウターとしてコレを羽織ろう。」と久しぶりに白い前開きワンピースに手を伸ばしたら、よくボタンを留める部分の前身頃、薄汚れているような気がします・・・。

じっと見ます。

汚れています・・・。

速攻で洗いました。

衣替えの準備も始めているので、その日は3度目のお洗濯になりました。

そして、「季節が切り替わったから、コレをそろそろ使おう。」と思って掴んだ茶色の革リュックサック、傷だらけで退色し、補色が必要です・・・。

補色には1週間ほどかかりますし、最近は雨がちなので補色には適さない日も多く、しばらくは使えないでしょう。

う~~~~ん。

お手入れは好きなので、それは問題ないです。

問題ないですが、モノを1点1点管理するって真面目にやると大変だよなってことで・・・。

夏物と冬物は片付ける際にしっかりメンテナンスするものの、春&秋はオールシーズン使えるものが多いせいか、メンテナンスしないまま、ずるずると時が経過してしまって、秋の始まりに傷みに気付くことが多いです。

そしてケアに忙しくなる。

白い洋服をやめれば、もっと自由になれるのかもしれない(*トップスは白ばっかりなので、白くしておくのが大変)。

茶色い革バッグをやめれば、もっと自由になれるのかもしれない。

「でも、待てよ?面倒だから手間がかかるからと言って、自分を煩わせるものすべてを手放すの???楽であれば、要はなんでもいいってこと?私らしさはどこに?」という話になってしまいます。

着ていこうと思ったシャツがシワシワで、アイロンかけする時間もなくて、「アイロン不要のトップスを着てでかけた。結局、いつも同じ服・・・。」という経験、多くの方にあるのではないでしょうか?

回避するために、「アイロン不要のトップスしか、持っていない。」という方もいらっしゃいますよね?

「アイロンがけが面倒だからハンカチを持っていない」、「洗うのが面倒だからハンドタオルは持ち歩かないで、外出先のドライタオルや使い捨てのペーパーを使う」、「折りたたみ傘は重いから持ち歩く習慣がない。雨が降ったらビニール傘を買えばいい」などなど・・・。

最寄りのコンビニに車でおでかけする人もいるわけで、「楽」を求めようとする人間の欲求に限りはありません。

午前1時過ぎに退社して、午前8時過ぎには出勤するような生活をしていれば、楽を求めるのは当然ですが・・・。

ただ気になっているのは、「楽(ラク)」ばっかりを選びつつ人生を送ると、人間が緩くなる気がします。

自分に甘いという意味で。

手間や面倒には「経験値のアップ」だったり、「倹約・エコ」が伴うことも多い。

ここ数年、そのバランスというか兼ね合いを考えることが多くなりました。

何を持って、何を持たないのか。

どこにこだわって、どこにこだわらないのか。

家具屋さんとインテリアの話をしていた際、家具屋さんは私のライフスタイルを「遊牧民」と表現されました(笑)。

「少ない荷物をパタっと折りたたんで、さらっと移動する」という意味で。

どっちに偏ることもなく、「自分にとって、ちょうどいい塩梅」を見つけたいなと思っています。

 

Posted in 雑記
2018年9月12日
白いスニーカーを丸洗いする

今朝の長野市、風が強いです。

ずっと西南西の風。

「西南西?台風由来の風なの?」と思って調べてみると、日本のはるか南に22号が。

この台風、ルートを想像するに、フィリピン~台湾を通過して大陸に上陸しそうな気配を感じますが、どうにも勢力が強すぎるんじゃないかと心配・・・。

香港とかベトナムとか、人の予測を上回ってきそうな気がしてモヤモヤするなあ・・・。

さて、昨日の長野市は久しぶりに晴れ間があり、白いスニーカーを洗ってみました。

晴れと曇りの繰り返しで、1日では乾きませんでしたけど。

白のコンバースを愛用しています。

「これからの人生で、1種類しか靴を所有できません。選びなさい。」と言われたら、この靴にするか、もう1足にするか悩むレベルで気に入っています。

オールホワイトなので(*アッパーとゴムはもちろん、底まで白い。赤だの黒だのラインもなし。)、とにかく白くしたい。

前回、洗った際に防水スプレーをしなかったので、全体的にグレーっぽい感じになってしまいました。

「白スニーカーを白くする」と言葉で言ってしまえば簡単ですが、実行するのはけっこう難しいですよね?

どうしても落ちきれない汚れだったり、全体的なくすみがあるので。

ということで、「白のキャンバススニーカーを白くする方法」をご紹介。

① 紐をはずし、洗面台やバケツに水をためてシューズを漬け込みます。

② ウタマロ石鹸を手にとって、シューズに石鹸を刷りこみます。緑青みたいな色がつくくらいしっかりと。

③ 歯ブラシでこすります。

④ 水を何度か変えてすすぎます。

⑤ 50度くらいのお湯にして、過炭酸ナトリウムを適量入れます(*濃度が濃すぎないように)。

⑥ 紐と靴を30分ほど漬け込みます。

⑦ 液体を捨てて、ぬるめのお湯で何回かすすぎます。このとき、紐は石鹸をつけて洗います。

⑧ 直射日光の当たるベランダで靴を干します。

⑨ 防水スプレーをかけてから履き始めます。

この方法でやると、「ほぼ真っ白」になります。

一番汚れがひどい部分はグレーっぽく線が色残りする程度。

お手入れのコツとしましては、「漂白剤を正しく使用する」。

NGは「お湯の温度が低すぎ・・・効果なしというか、やるだけ無駄」とか、「漬け込みすぎ・・・モノが傷む」。

漂白剤を使用しないでウタマロだけで洗った場合、アッパーの布は綺麗になりますが、ゴムの黄ばみは取れません。

今回、すこ~しゴムに黄ばみを感じたので、漂白剤で元に戻しました。

漂白剤の漬け込み時間は、販売元が勧めるのは「おおむね1時間」。

ですが、あえて30分に留めました。

漂白って、けっこうモノが傷むので・・・。

ちなみに過炭酸ナトリウムは小さめのスーパーなどには売っていませんが、大きめのところの洗剤売り場には置いてあります。

そして、次のコツは「防水スプレーは絶対にかけよう!」です。

白いスニーカーを購入されたとき、ご自宅に防水スプレーがある方はかけるかもしれませんけれど、「あ~、ストックがないな~」って方は、買いに出ることをしないで、そのまま履き始めてしまいません?

私、最初に洗ったときはストックを切らしていて、そのまま履いてしまいました。

雨の日には1回も履いていませんが、ホコリや砂を吸着したようで速攻で白がグレーになりました・・・。

防水スプレーをした場合としない場合、汚れの進行具合がまったく違います。

個人的な印象ですと、スプレーしなかったときは、1~2ヶ月で洗いたくなりました。

スプレーしたときは、半年は気になりませんでした。

防水スプレーをわざわざ買ってきてでも、「新品を履き始める前」と「洗濯後」にはスプレーはすべきと思います。

Posted in 古着の話, 雑記
2018年8月24日
もう暑くない・・・

我が家のマンションをナワバリにしているネコちゃんがいました。

花教室の生徒さんもご存知の、あのまるまるっとしたネコちゃんです。

22日に亡くなりました。

たぶん、深夜~明け方のことです。

当日はゴミの収集日だったので、7時過ぎにゴミを持って出たところ、ゴミステーションのドア横で亡くなっていました。

このネコちゃん、餌付けはしていませんでしたが、我が家の換気扇の下などをリラックススペースにしていたため、遭遇することが多いネコちゃんでした。

我が家の外壁の向こう側で寝起きしているらしく、「飼っていないけど、ほとんど一緒に生活している気分」になっていました。

8月20日、午前中の短時間のうちに3回も換気扇の下にやってきたので、「おかしいな。具合が悪いのかな?」と心配になり始め・・・。

キッチンでは桃ジャムを煮ていたのですが、その香りが気持ちよかったのか、換気扇の下で横たわって眠り始めました。

いままで寝姿を見たことのないネコちゃんです。

「もしかして、このまま死んじゃうの?」と不安に・・・。

物置と建物の隙間に入り込んでいるので、家の中の窓越しで見ることしかできません。

何回か窓越しに見に行ってみると、ちょうど起き上がって伸びをしていました。

死んでなかったと安心しつつも、不安は消えませんでした。

この手の予感って、はずれないので・・・。

そして、22日の朝に死んでいるのを見つけました。

この前日、長野市の気温は37度台まで上がりました。

暑すぎて、今年の夏を越せなかったのだと思います。

我が家の周囲でリラックスする動物がいろいろといるので、エアコンは使わないようにしていました。

室外機から熱風が出ますので。

夕方、ベランダには打ち水していました。

そんなことをしたって焼け石に水と分かっていますが、自分は楽をしてエアコンで涼み、そのツケを他者に押し付ける・・・というのは違うと思ったので、できるだけエアコンは使わずに、家の周囲も冷やしたいわけです。

このネコちゃん、暑い日の午後は物置の陰で腹ばいになって、体を冷やしているのも目撃していました。

今年の夏がこれほど暑くなければ、越冬は無理だったとしても、冬の入り口くらいまでは生きられたかもしれません。

人間のエゴがどんどん動物や植物を殺していますね・・・。

ベランダと玄関先に避暑に来ていたアマガエルさんも、8月に入ってからは見かけなくなりました。

この夏、「鳴き始める前のセミの死骸」が道端にごろごろ落ちていたのは、気付いた方もいらっしゃったはず。

ネコちゃんが亡くなった日の午後、長野市の気温は38.5度まで上がりました。

「もう暑くないから良かったね・・・・・・。」と思いつつ、馴染みのネコちゃんを見送りました。

ご縁があったネコちゃんなので、昨日は善光寺で手を合わせてきました。

警戒心が強めで、前のほうから撮影できた写真はこれ1枚きりです。

Posted in 雑記
2018年8月23日
工夫すれば、エアコンなくても・・・

先月はエアコンの出荷量が過去最大だったとか。

昨日の長野市、最高気温が38.5度。

時流に逆らってなんですが、私、エアコン、使いませんでした。

耐えていたのではなく、いたって普通に過ごしていました。

エアコンを入れたいという気分にはならず、日中はリビングの床掃除をして、雑巾がけもしてました。

「鈍いんじゃない?大丈夫???」と突っ込みを入れられそうですが(笑)、私、おそらく逆だと思います。

体感で気温の数字もだいたい分かるので、人より敏感すぎて「室温を上げないための対策」が早く打てているはず。

風向きにも敏感なので、「あ、これは気温が上がってくる・・・」と予感した瞬間に、その方角の窓を閉めます。

空の具合も確認して、カーテンを締め切ったり、その方角のドアを締め切ることもあります。

再び窓・カーテン・ドアを開けるのは、室温より外気温が下がったことを確認してからです。

日中は締め切っていますが、朝の涼しい室温がちょっとずつ上がってくる程度ですし、玄関先で木の香りの精油を香らせて扇風機を回しているので、家の中はけっこう快適です。

誰だって、室温が上がってしまったら、エアコンを入れたくなってしまって当然。

上げないために、朝から色々やっています。

まあ、年を重ねれば感覚もだんだん鈍るわけで過信はしませんし、ヒト様に気安くおすすめできる方法ではありませんけれど・・・。

Posted in 雑記
2018年8月9日
8月は読書月間

レッスンをお休みしている月なので、時間があります。

いつも以上に読書しています。

1日3冊は読み、休日は読まないとしても、8月で60冊~くらい???

本をたくさん購入することはできませんし、所有物を増やしたくないので、基本的に図書館利用。

とは言え、ときどき本屋さんものぞいてみます。

本屋さんに行くたびに、「本って、世の中にたくさんあるんだなあ。私よりも読書量が少なそうな文章もちらほら・・・。書くのに忙しくて、作家さん達は読書していないのかな。」などと思ったり。

同じジャンルの本を一気読みすれば、「この本は、こっちの本を参考にして書かれたわけだね・・・。この分野ではこれが原典・・・。」と気付いてしまい、「内容をコピーして出版するくらいなら、紙ゴミを増やすだけじゃないか。」などと、本に囲まれつつ、あまりの手抜きっぷりに時には呆れてしまうことも・・・。

年を重ね、読みたい本も限られてきました。

イラっとしたくなくて、自然、古典などを選ぶようになってしまいます。

そんな中、読み始めてすぐに「これは読書量、完全に負けてるわ・・・。」と白旗をあげた本がありました。

タイトルは「美」で、著者は福原義春さん。

著作時、御年82歳とか。

私が本棚に納めている本は10冊に満たないのですが、そのうちの5冊が作中に引用されていたので、興味がある方向もほぼ一緒のようです。

こういった本との出会いは本当にレア。

レアであっても確実に存在しているということが分かったので、諦めずにどんどん読書していこうと思えました。

それにしても売れている本って、けっこう先達の本をベースにして書かれていますよねえ?

上記の「美」を読んだ頃も、「これは『美』を参考にしてるな・・・」と気付いた別の本があって、それはけっこう売れた様子。

印税収入は「先達からのお恵み」ってことになるわけで(笑)、「いつまでも同じネタで粘り続けることなく、あっさりとその恵みを次世代にバトンタッチして欲しいものだよな~。」と本気で思います。

薄味のまま、出版社を変えて刷りなおしばっかりされても、なんだかなあ・・・。

そういうことを繰り返している人って、結局はネタが尽きてしまい、先達の言葉を堂々と引用しまくって1冊にしていますよね(笑)。

誰の本なんだかわからない。

個人的には、「鉄鉢に明日の米あり夕涼」な気分で日々暮らすのが理想です(*托鉢のお椀には、明日、炊く分のお米が残っているから今日は安心。夕涼みを楽しんでしまおう by 良寛)。

Posted in 雑記
2018年8月3日
夕方なのに涼しい・・・

本日の長野市、16時台で30度台です。

しかも、大好きな北風が吹いています・・・。

こんなに涼しい夕方は久しぶり~。

今日はちょっとご機嫌斜めだったのですが、夕方が涼しいことに気付いて、機嫌を持ち直しました(笑)。

7月は月始めからずっと猛暑日だったので、今晩はゆっくり眠れるかも~(*地震が来なければ・・・)。

今朝、布団カバーなども洗っておいたので、綺麗なお布団に転がるのが楽しみです。

夜はワイン1杯&バケット&チーズ&砂肝炒めでひっかけてから、ネコちゃんを探しにでかけようかな。

さきほど、我が家のベランダ前をネコちゃん1匹が通りかかったのですが、ダッシュ通過だったので、どのネコちゃんなのかは確認できませんでした(*このマンション敷地に住むネコちゃんorときどきナワバリ侵犯してくるチャトラor隣の駐車場までをナワバリにする白黒さん、のどれか)。

ダッシュできるほどに、夕方からは涼しいってこと・・・。

人間にとって「気持ちが良い日」というのは、ネコちゃん達にとってもご機嫌よろしい夜です。

出不精のツレも引っ張ってでかければ、遭遇率が高まります(*ネコウケが良いので)。

前にもブログで書きましたが、長野市街地のネコちゃんは夜型なので、捜し歩くのは夜にすべき。

白い服を着て、夜さんぽです。

Posted in 雑記
2018年8月2日
暑いので、掃除はさぼっています

暑くて家事をやる気がおきません。

一人で在宅しているときはエアコンは使わないので、毎日、料理と洗濯はやっていますが、掃除なんてやらない。

ただし、床掃除はやらないとホコリが風に舞って不快なので毎日やります。

それくらいです。

風をコントロールして夜までに部屋を涼しくするのに忙しいので、それ以外のことは「ほぼ停止」。

「それにしたって、そろそろがっつり掃除をしないとな・・・。」と思い、昨日はエアコンを入れて頑張ってみました。

結果、お風呂場が綺麗になって自己満足。

お風呂場とキッチンは窓がない造りなので、エアコンを入れていないと汗だくになってしまい、長時間の作業はできません。

その後は、図書館で借りてきたお片付け本などを読みました。

お掃除ブログを書いている方の抜粋本。

洗濯機を外してまでパンを掃除したり、お風呂場の排水部品を毎晩分解掃除してみたり、毎週のように冷蔵庫の中を拭きあげてみたりと、日常的にやっていることがスゴイです。

みなさん、朝のルーティンや夜のルーティンもあるらしい。

気付いたこととしては、全17軒中、賃貸は1軒だけだったので、持ち家じゃないと熱心に掃除しないみたいですけれど(笑)。

あとは、1日の工程表に「夫」の文字がほとんどのお宅で出てこない(笑)。

ご自身の予定と、お子さんの予定で埋め尽くされていて、御主人の存在は計算に入っていない雰囲気。

ここまでやるのは、「掃除が趣味だから」、もしくは「持ち家の資産価値をキープしたいから」だと推察されますが、「・・・ここまでやらないとダメなの?『義務』を自分で作り出しちゃってません?お疲れじゃありません?」と純粋に疑問です。

こんなに頑張らないといけない気分になるなら、持ち家はいらないなあ・・・とすら思う。

なんでもかんでも余白好みの私としては、その日の気分で掃除して、その日の気分で花を飾り、ふとしたときに精油を焚いたりしたいわけです。

なにもやらない日があってもいい。

完璧でなくてもいい。

いまのルーティンは、地球を温めることなく、「風の通り道を作る作業」だけで十分です。

2018年7月28日
雨の匂いが・・・

午前8時。

長野市ではポツポツと雨が降り始めています。

雨の匂いは昨晩からすでにしていました。

「台風が接近するのは翌日以降なのに、もう、長野市まで雨の匂いが届くのか・・・。すごい雨雲がやって来そう。」とブルーに。

昨年の台風で、松本市内の樹木がずいぶん折れてしまったことがあったのですが(*朝方にヒマラヤスギまで折れた)、あのときも前日からザワザワ感を感じていたので、あれと一緒です。

予想していたこととは言え憂鬱で、運を天に任すレベルの台風・・・。

長野市はいつの間にか台風が通り過ぎているのが常なので、そのセオリーが今回も果たして通用するのかどうか、自然を観察したいと思っています(*期待はしていません)。

長野県民って台風被害の経験が少ないので、その実力を知らないというか、「北アルプス・南アルプス・中央アルプスのブロックを過信することなく、今回は油断しないように」と言いたいのですが・・・。

どの程度、冷やすべきなのかは地球の判断なので文句はつけられません。

人ができることと言ったら、いままでの生活を反省して、強制的に冷やしてもらった分を温めないように努力するだけですね。

今日明日は家におこもりして雨量に警戒し、必要があれば自己判断で避難もします。

みなさまもお気をつけください。

公安や国土の維持管理が業務でない限り、仕事をしている場合じゃありません。

Posted in 雑記
2018年7月22日
夏の部屋を涼しくする① ~お金をかけず、0.5度、下がりました~

寝室を涼しくする考察、第三回目。

三回目にして、ようやく「実行」してみました。

このとき午前4時半です。

室温29.6度。

ちなみに我が家、テレビを見る習慣はないので、ここまで室温が上がったまま朝を迎えてしまうのは、ひとえに地形、家の構造、冷蔵庫からの放熱が原因です。

寝る前にエアコンを止めれば、窓を開けても室温は下がらず朝になります。

21時過ぎから微風ですので。

「寝室までの風の道」を1本だけ意図的に作り、それ以外の部屋はすべて無視するというか、他に風が逃げないように締め切るという、極端な作戦をとります。

我が家、夜になると風がまったく抜けなくなるので、「家電からの放熱がある部屋」は寝室にはできません。

キッチン(冷蔵庫)からの放熱が大きいので、そっち方面はシャットダウンします。

具体的には

・窓の開け方

・襖の閉め方

・扇風機の位置

この3点だけで、どこまで室温を下げられるかやってみます。

午前4時半から開始して30分後、温度計によると、0.5度、下がりました。

睡眠中のツレも並行して観察したのですが、お地蔵様のような顔でスヤスヤ眠っています。

伸び切っています。

8時過ぎ、「朝ごはん、できたよ。」と言っても、「まだ寝てる~」とにゃむにゃむ言う。

なかば成功・・・。

室温を下げる作戦はこれで完了ではありません。

ここに

・夕方、ベランダへの打ち水

・東側窓からの気温上昇の防止

・風の入り口になる窓への網戸(代用品)設置

をプラスする予定です。

完璧な住宅なんてどこにも存在しません。

賃貸なので、できることに限りはありますが、だからこそ、頭を使わないと夏は越せない・・・。

2018年7月21日
風がない・・・

定休日ですが、備忘録的にブログアップ。

午前3時半。

「どうやったら、この家に風が抜けるようになるのか?」を真っ暗な中で考えていました(笑)。

先週は午前4時半に考えていました。

暑くて目が覚めます。

それもそのはず。

午前7時半で、室温30.2度でした。

1時間、時間を勘違いして行動してしまったくらいで、「ゴミ出し8時半までだから、あと10分。急がなきゃ。」と思ったら、まだ7時半でした・・・。

ちなみに「風が抜けるのか問題」は、今日に限っては考えるだけ無駄だと分かりました。

一晩中、窓が存在しない西風の微風が吹いていたらしいので、室内は無風で当たり前。

エアコンを止めてしまえば、室温が下がる理由がありません。

ということで・・・。

私がどこへ行くのも馬鹿みたいに歩くライフスタイルを選んでいることは、ブログで何度も書いてきました。

図書館の本を持って連続3時間とか日常的に歩きますし、35度でも-10度でも、日傘をさしたり、防寒したりして、場合によっては歩きます。

端から見ると馬鹿な行動もそれなりに理由があった、ということは、今年の夏になって少しはわかっていただけたかなあ・・・。

待ったナシの危機的状況に気付いたのは5年前。

温暖化のおかげで、安定の足場はもはや存在しない。

あとは落ちるだけです。

ゆっくり落ちるか、急いで落ちるかの違いだけ・・・。

Posted in 雑記