‘雑記’ カテゴリーのアーカイブ

2018年6月21日
高いなあ・・・

W杯をやっていますが、私、サッカーに関わらずスポーツ全般に興味がないのでひとごとです。

週末であれば午前3時まで私が起きていて、ゲームを見たいツレを起こしてから布団に入ることもありますが、私は観戦しません。

日本戦も見ていません。

ツレに「W杯って、なにが面白いの?奇抜なヘアスタイルを競う世界大会?」などと話を振って、その機微を解説してもらいます。

一生懸命、いろいろな角度から説明してくれます。

私 「ふ~~~~ん。メッシさんとかロナウドさんって親戚が多そうで大変だね。サッカー以外でも心にかかることは多いだろうに、よくやってる。」

ツレ、微妙な顔をしています・・・。

W杯、そういうことじゃないらしい。

さて、今年も台湾烏龍茶の春摘みが発売される季節になったので、お値段を調べてみました。

50g900円でした。

私が購入を始めた頃は50g700円でした。

例年、購入し続けていたのですが、ほぼ毎年値上がりで今年は900円。

購入を迷っています。

次第に人気が出て、お値段が高くなっているのかもしれません。

こうなると「お値段の上昇にどこまでついていくか?」という話なのですが、私が飲み始めたのは「お手ごろで美味しい」からでした。

お手ごろ感が薄くなってしまったし、値上げ傾向は止まらない様子なので、「それそろ手を出すのはやめようかな・・・」と思っています。

いつもそうなのですが、気に入った飲食店も「ほぼ無名の穴場」の頃は足げく通うものの、いったん人気が出てしまうと、とたんに冷めて足が遠のきます(笑)。

台湾烏龍茶はそろそろお別れして、別のお茶に移ろうかな・・・。

ちなみに今、熱心に飲んでいるのはルイボスティーです。

いろいろ試しましたが、レモン系のブレンドが良。

Posted in 雑記
2018年6月20日
雨の日はこんなふうに

今朝の長野市、朝から梅雨の雨です。

雨音とウグイスの鳴き声で目が覚めて、お米を研ぎ、浸水させます。

続けてトイレ掃除、花瓶の水を交換して、朝食とお弁当を作り、雨の合間を縫ってゴミを捨てにでかけます。

通勤時間帯に至って本降りになり、ツレは「休みたくなってきた」、「休みたい・・・」、「休んでいいかなあ~」、「休んでいい気がしてきた」、「おうちでコロコロしていたい。だって雨が。」などなど、「休みたい」の様々なバリエーションを披露してくれます。

ベランダの窓を開けたところ、その瞬間に虫が飛んできてカーテンに止まり、焦ってカーテンを振り払って退場していただきました。

雨の勢いがすごくて、虫すら屋内で過ごしたいらしい。

ベランダで雨宿りしてもらう分にはケチケチしませんが、部屋の中は勘弁してもらいたい(*1階なので、日々、さまざまな虫に侵入の機会を伺われています)。

今日は金継ぎの作業をしないで寝かせる日なので(硬化のため)、その分だけ時間に余裕があって色々とできそうです。

室の中は温度23度、湿度79%で、絶好の漆日和。

漆には良い気候でも、油断すると虫やカビがあっという間に増える時期。

お掃除はほぼ毎日です。

もちろん、日々、まめまめしくやっているわけではありません。

例えばの話、昨日は朝から教室の花材仕入を優先したため、朝食は10時過ぎになってしまいました。

そのまま1日の予定がずれ込んでいくので、掃除どころではありません。

和室だけ掃除機をかけて終了です。

1日の予定にあわせ、掃除は「その日のベスト=できる限り」。

この季節に役立つアイテムは、精油と無水エタノール。

梅雨時期はレモングラスとミント、ヒノキをよく使います。

キッチンはミント、押入れはヒノキ、それ以外の掃除スプレーはレモングラスがメインです。

雨がちになり、玄関の空気の濁りというかざらつきが気になったので、今日の玄関はサイプレスを焚いています。

本当はヒバにしたいものの、切らしてしまったので一時的な代用をしてみたのですが、玄関の空気には対向できていないなあ・・・。

サイプレスは、そもそも私の入浴剤としてストックしています。

必要な成分を考えて、足りない部分を補うようにブレンド使いすると、精油はその効果が実感できますが、お手軽に1種類で済ませることも多いです。

今日は図書館に出かけて、その後は掃除したり、押入れの中の除湿アイテムを交換したり・・・と、雨の日らしく過ごす予定。

2018年6月13日
夢のはなし

最近の私の心配事と言えば、「ツレが自転車の前カゴにお友達の可愛いネコちゃんを乗せて、夕方に仲良く帰宅してくるんじゃなかろうか?」ということです。

さて、今日は夢の話にします。

寝ている間にみる「夢」です。

他人の夢なんて「どうでもいい話の極み」ですが、くだらない話は自然と聞き捨てできるので、その手軽さが悪くないかも?

以下、夢の話。

夢の中で私は男性です。

とある組織に属していた際、行方不明になっていた仲間が負傷して戻ってきたのです。

戻ってきたタイミング等からして、「間者か・・・」と思われました。

勘働きには自信がありましたが、負傷者(間者)の扱いに迷ったので、組織の責任者(主従関係)に話を持って行きました。

年は若い主ですが、言葉少なく話しても意図が通じる相手で、無条件の信頼がベースにあるようです。

私 「負傷して戻ってきた時期からして、とても気にかかる者です。看病(監視)のため、誰をつけるかで迷っております。」

主 「武に秀でた者にまかせる必要はありませんし、家中である必要もない。事情を知らぬ者でいいのでは?」

ふ~む・・・・。

事もなげに穏やかに言い切る様子に、「この方は、相変わらず鷹揚というか、構えが大きいというか、どこまで見通しているのか底が見えない御方だなあ・・・。」と思いつつ、その場を辞します。

「ああおっしゃるのだから間違いはない。いっそ、なにも知らない者がいいのだろう。それにしても誰に世話をさせるか・・・。思えば最近、人事に明け暮れてばかり・・・。どんなに悩んでみたところで、すべては瑣末か?いや、この積み重ねが後々・・・。」などと、ひたすら悶々。

悶々としたまま、目が覚めました。

この手の夢、1回や2回ではありません。

先代の法要時に荒廃した善光寺の裏手で家中が仲間割れしている夢や、宴席の夢なども見ました。

時系列ではありませんが、世界観・設定は一緒で(日本の戦国時代)、断片的に出来事を拾っている感じです。

今回の夢で、主従関係の機微が少しだけわかったような気がしました。

いままではまったく理解不能でしたが、「大地に水が浸み込む感じ」とでも言いますか・・・。

「ある意味、主がいるのって楽だな~。骨の髄まで浸みているのであれば・・・。」と感じました。

ちなみにこの夢を見た日、ツレは「今日、夢の中で、拳銃を極秘に回収・処理する秘密部署にいたの~。秘密部署だよ~、スゴイでしょ~~~。」と得意げに言っていました。

夫婦そろって夢がおかしい。

Posted in 雑記
2018年5月10日
2匹目に遭遇した

ご近所のネコちゃん、2匹目にご挨拶できました。

ツレが帰宅してきた際、「そこに茶トラさんがいた!」というので、パジャマ姿のままコートを羽織り、ツレと一緒に「チャトラさん、チャトラさ~ん。」と言いつつ現場までダッシュです。

この界隈に茶トラのネコが生活していることは、ツレから聞いて知っていました。

「私も実物を見てみたい・・・」などと、この日の朝、ツレに話してあったのです。

チャトラさん、塀の上にいました。

二人で「ニャアニャア。」言いながらチャトラさんにそ~っと近づき、無事にご挨拶できました。

白い部分が皆無のパーフェクトな茶トラさん。

若いネコで格好よかったので、おそらくオス。

このチャトラさん、ツレが前に発見した茶トラさんとは別のネコだったそうで、ほかに「尾が短くて、ボス顔の茶トラさん」が界隈にいるらしい。

ツレ 「あの茶トラさん、人待ち顔してたね。あそこで誰かを待っているんだよ。」

ネコの気持ちが分かるらしい・・・。

ちなみにこの日、ツレは帰宅途中に3匹のネコちゃんと遭遇したそうです。

長野市民の方に話をすれば、「そんなにネコ、どこにいるの???」と不思議がるかもしれませんが、ツレはネコウケというか、動物全般からのウケがいいので、遭遇率はどこへ行っても高め。

蛇足ですが、ネコが多い松本市であれば、1時間未満で15匹くらいに遭遇します(*角を曲がれば「いる状態」)。

ということで、ご近所の猫たちと顔見知りになるべく、ネコ探しをしています。

ネコ達と知り合いになったほうが、毎日が楽しくなるから。

小道や屋根の上をキョロキョロしつつ移動しています。

挙動不審者ではあるものの、こんな二人でもお巡りさんに疑われたことはありません。

職務質問、人生で1回も受けたことがありません。

二人で飲んだ帰り道、前方からお巡りさん2名がやってきたので、「お、二人組だし、職質だな!?人生初だ~。」と内心で喜んでいたら、笑顔全開で「こんばんわ~。」と声をかけられて、そのまま行ってしまいました。

あまりにフレンドリーだったので、思わずツレに「・・・・・・知り合い?」と尋ねてしまったくらい。

スマイル0円な感じ。

Posted in 雑記
2018年5月3日
ご挨拶できました

定休日ですが、ブログだけアップ。

数日前のブログにて、「6週間ほど家の前を通過するネコへの張り込みを続け、ようやく遭遇できた」と書きました。

本日、またしても会えました。

今度は正面からご挨拶もできました。

午前8時ころです。

ベランダ前を通過したことに気付いたので、換気扇の下に来るかなと思い、そちらの窓辺へ移動しました。

いました。

足先&おなかに加え、お口の周りも白で、鼻のピンク色が際立っています。

丸々としていて、とてつもなく可愛いネコちゃん。

こちらを見上げ、「ご飯、くれる?」と目で探っています。

私 「このうちは、『かわいい、かわいい~』と言いながら、ご飯をくれない理不尽なおうちなんだよ~。ごめんね。」と内心で返事したところ、立ち去っていきました。

どう見ても、複数のお宅からご飯をもらっている風情。

あの目で人を見上げれば、ご飯ゲットに成功することが分かっているのでしょう。

それくらい丸々。

ツヤツヤ。

我が家近辺は、8時と18時にお散歩していることがわかりました。

前回はいわしの煮付け。

このときは、新玉ねぎ・新じゃが・新にんじん・ジャムで煮込んだ甘口カレーを温めている最中でした。

ツレと「それにしても可愛かったね・・・。」と言いつつ、勝手に名前もつけました(笑)。

Posted in 雑記
2018年5月1日
ついに現れた!

昨日、逃走した受刑者を逮捕したとか言うニュースを見ましたが、時、同じくして、私も「とあるミッション」に成功したのです。

3月中旬から鋭意捜索中の件で、「寝ている時間以外」はそのミッションに集中していました。

1ヶ月と2週間かかりましたから、達成感が胸に熱い・・・。

何に成功したのかと言うと・・・。

自宅前を通過するネコちゃんをひたすら張り込んでいて、昨日、ついに現認しました!

引越し初日、夜の駐車場でネコ1匹を目撃。

暗闇すぎて、どんなネコが判別不可能でした。

我が家のベランダ前では、何回も同じ場所にフンが転がっていたのです。

ツレと「これは犬の糞じゃない。ここをナワバリにしているネコがマーキングした形跡に違いない。」と話していました。

となれば、実物を見てみたい。

ぜひ見てみたい。

自分好みのネコちゃんかもしれませんので。

普通に暮らしていても遭遇できる自信がなかったので(*フンは夜間に出現)、昼間のチャンスを最大限に生かすべく、張り込み体制を整えました。

その名も「ネコちゃんシステムズ(←ツレ命名)」。

リビングのカーテンを上方につるし上げ、窓辺に椅子を置いただけですが(笑)。

これでベランダ前を通行するネコちゃんを見逃しません。

料理中もキッチンから見張っていました。

読書中もリビングから目を配っていました。

外出中も、「家の周囲をうろつく猫」を探していたのですが、残念ながら初日の夜以来、1匹も見当たりませんでした。

そんなこんなで迎えた4月30日。

18時ころ、足早に右から左へ通行するネコちゃんを発見!

足は白。

おなかも白。

背中はトラ柄で、私好みの丸々としたネコちゃんでした。

姿が見えたのはほんの1秒ほどのことで、別の部屋の窓辺から確認してみたところ、そこに移動してきたネコちゃんの尻尾がチラ見えしていて、ツレに紹介することもできました。

その時間帯、我が家はキッチンでいわしを煮ていたのですが、その匂いがトラップになったかどうかは分かりません。

ですが、ベランダ前を通過した後、ネコちゃんが換気扇の下にまっすぐ向ったのは事実です。

あんなに可愛いネコちゃんとナワバリを共にしているなんて・・・などと幸せを感じた一日でした。

ツレは「執念が実ったね。イワシトラップ(*イワシの煮付けのこと)、うまいな。1尾50円。」と言いつつ、お蔵入りさせていたウィスキーの白州をお祝いとして開栓してくれました。

「ネコちゃんシステムズ」と複数形で名づけられたことが疑問だったのですが、「作戦が一段構えのはずはない。」というツレの目算だったのでしょうか・・・。

今回の教訓。

人間、確固たる目標があるならば、諦めちゃいけない。

そして、ウィスキーのシングルモルトは美味しいものの、シングルの作戦は上々とは言えずブレンドすべき。

【教室からのお知らせ:母の日レッスン(生花アレンジメント)を5月11日に開催いたします。お申込みはまだ間に合いますので、お早めにご予約ください。レッスンの詳細は4月25日付けブログに掲載中。ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。】

Posted in 雑記
2018年4月27日
そこに桜はなかった・・・

5月11日開催の「母の日レッスン(生花アレンジメント)」ですが、花材は「5月12日~13日頃に美しいもの」を使用しますので、材料について、現時点ではっきりしたことは書けません。

仕入では「その瞬間の鮮度」をすべてに優先させています。

とは言え、ピンク色のアジサイは使う予定でいますので、その点だけは追加でお知らせします。

あとは「当日のお楽しみ」ということで。

レッスン詳細は「4月25日付け」ブログをご覧ください。

お申込み、お待ちしております。

さて、今日は芸能界にからむ話。

以前、長野市に住んでいた際、ご近所で映画の撮影があったのです。

自分のブログで調べてみたところ、2013年10月31日のことでした。

撮影の合間をぬって、カメラの前を通過して買い物にでかけた記憶です。

昨日になって、その映画が無料配信されていました。

自分が住んでいたところがどんな風に描かれていたのか、チェックしてみようと思い立ちました。

2時間越えの映画だったので、「早送りしつつチェックしても、ご近所の場面を見逃すかもな・・・。」と思いつつ。

ところが、見逃しようがありませんでした。

ラストシーンでした。

「え?あの交差点、映画の話では事故現場になってるの?あんな平和な場所で主人公の俳優さんは良く号泣できるね?俳優って凄い職業だねえ~。」とひたすら感心。

桜の場面だったのですが、10月31日に桜は咲いていないし、そもそも、その住宅とその住宅の間に桜の木は生えていないことを私は知っている(笑)。

その近辺には別の種類の木が植わっていますし、アングルからしても、満開の桜は合成だと分かります。

そこに存在しない桜を見上げて、2時間映画の最後を飾る「泣き崩れ」が求められるって、すごい無茶ぶり・・・。

無茶ぶり上等というか、それが日常なのでしょうけど。

現実を知っているだけに、その虚構の程度が推し量れてしまいました。

「芸能界って凄いな・・・。虚の世界の中で、どうやって自分の中の真と折り合いをつけて生きていくんだろう?」などと、変なアングルから深く考え込んでしまったのですが、ツレいわく、「いっぱいお金がもらえるんでしょ?それなら俺だって、いくらだってやるよ。」だそうです・・・。

Posted in 雑記
2018年4月16日
なにもかも儚い・・・

先月、コスパ十分のサンドイッチをブログでご紹介したのですが、ツレも食べてみたいというので買いにでかけました。

なんと30円も値上がりしていました・・・。

「レアで美味しいサンドイッチ」から「普通に美味しいサンドイッチ」になってしまったので、我が家でリピートはしないかも。

そして、その帰り道、ツレが「これ、美味しい~。また買って。」と言っていたセブンイレブンのアイス(*箱入りのアイス。バニラベースでチョコクッキーとチョコが練りこまれているスティックタイプ)をリピートするためにセブンに立ち寄ったところ、期間限定商品だったようで、すでに取り扱いがありませんでした。

私が気に入るものって、すべて儚い・・・。

ホタルの光みたいに、「命が尽きる最後の輝き」を見極める目でも備わっているのでしょうか(笑)。

「そのうちに・・・」なんて言っていると、すべては流れていって掴み損ねてしまいますね。

桜は散りました。

河原の水仙も終りです。

菜の花は見頃。

ちなみに上記2枚の写真、「水仙のお世話をする男性1名」と「菜の花のお世話をする男性1名」がそれぞれに写りこんでいます。

ど~こだ。

確実に写りこんでいるのですが、同化しているのでわからないですよね?

着用されていたジャンパーが水仙の花びらの色や、土の色と同じだったので。

自然を愛する人って、自然、保護色になるようです。

市街地では、はなみずきが開き始めました。

もう5月の風ですね。

お花が綺麗な季節を迎えています。

この季節をお見逃しなく。

私は花を買って、家じゅうに飾り始めました。

この時期はお花も長持ちですし、種類が豊富です。

花を楽しむにはベストシーズンを迎えています。

なんとなく過ごしてしまうと、すぐに夏が来ますよ。

教室からのお知らせ:春の入会キャンペーンを実施中です。「5月31日までのご入会」で全員の方にプレゼントを差し上げています。】

Posted in 雑記
2018年3月29日
引越し話 ~対策編~

長野市って、やっぱり静かですね。

防災無線が1放送につき1回しか原稿が読まれないので、日中はまったく五月蠅くありませんし、よく聞き逃します(笑)。

近隣の建物火災についても消防車の音が聞こえるよりも早く放送してくれるのですが、1回しか放送されないので、どこで火災が発生したのかを聞き逃してしまう。

ちなみに松本市、1回の放送につき同じ内容が2回つづけて読み上げられ(*しかも、1回話すと、こだまのように言葉がリピートされる。機械の設定なのか、北アルプスのこだまなのか不明)、さらに近隣に3つスピーカが設置されていて順番に放送されるので、「まったく同じ内容を計12回」は聞かされていました。

誇張はないです。

しかも、スーツケースを持ってでかけた若者が戻ってこないとか、「それ、ただの旅行か外泊でしょ!携帯がつながらないだけでしょ!」と突っ込みどころ満載。

たびたび行方不明になる男子高校生がいて、「それ、行方不明が問題じゃなくて、その身長でその体重しかないほうが問題でしょ!ご飯、食べないと!」などと、突っ込みどころに事欠かない毎日でした。

とにもかくにもオリジナル。

長野県と松本県と言えるくらい、方向性というか、個性というか、味付けの塩梅が違うんですよね~(*県内異動が引越しを伴うことが多いので、長野県は松本を境にして北と南で分県して良いと口にする長野県民もいる)。

さて、引越し話の総集編。

私なりに考えた対策です。

*4月1日前後に引越ししない。3月中旬か4月中旬に引っ越す

*格安の引越し業者を利用して、多少の不便さやリスクは背負う

*誰でも名前を知っているような大手引越し業者は避ける。地元の中小規模の業者にする

*一般窓口に見積もり依頼しても受け付けてもらえないので、法人で割引契約している業者を探し、そちらの専用窓口から見積もり依頼する。

*引越し業者を利用しない場合、大型家電・大型家具は最初から所有しないライフスタイルを選ぶか、引越し前にその都度で処分する

*単身赴任するなら、家具つきのアパートを選び、体&布団一式&着替え1式でとりあえず引越しを済ませる

*将来的に自力引越しの可能性を残すため、低層階に住む

*引越し頻度を少しでも減らせるように、アクセスがいい駅の近くに住む

*入居日・退去日が制限される社宅は利用しない

ということで、我が家の場合、旧宅&新居を二重契約して、3月中旬に引っ越しました。

家賃が無駄にかかってもったいないですが、引越し代と合算しても、例年どおりの出費で納めることができました。

この春を例年どおりで切り抜けられたというのは、ほぼ奇跡だと思っています。

ありがたいことです。

参考までにですが、「すべてを例年どおりにして、なんの手も打たなかった」と仮定すると、松本-長野間の引越し代だけで35万円くらい払う事態になったはずです。

今年はやむなく格安業者を使ったため、トラブルも想定内でしたが、冷蔵庫の取っ手が少し弱くなる程度で済みました。

食器もいくつか割れるだろうと思っていたのですが(笑)、まったく割れていなくて逆にびっくり。

格安業者ですが、他の大手と違ったのは

*リーダーが自己紹介はせず、名刺もない

*みんな、多少、作業着が汚れている

*支社に電話しても、なかなかつながらない

*布団袋の配布がない

*営業さんのスーツ&靴&バッグが、大手業者の営業さんに比べてお手ごろ価格と拝察

といった程度でした。

その他は作業員3名(ドライバー含む)ということで、大手と一緒です。

我が家が引越し慣れしていることもあり、エレベーターなしの5階からトラックへの搬入は1時間30分くらいのタイムでした。

想定タイムは2時間30分と聞いていたので、作業は早かったと思います。

良くない点は「見積もりに4時間遅刻してきた&支社に電話しても1日つながらない&連絡がつかないので信頼感が生まれない」くらいで、大手に増して、人員が足りていないせいだと思います。

「大丈夫なのかな~。本当に来るのかな~。」といった不安を当日の朝までは抱え込むことになりますが(笑)、引越し当日の現金払い契約で、かつ契約者のメンタルが強ければ、実質的にはなにも問題ないです。

当日、遅刻はありませんでしたし、約束どおり、2日前には作業時間のお知らせ電話も来ました。

楽しそうに冗談を言いながら和気藹々と作業してくれたので、大手に比べてカジュアルな雰囲気ですが、不愉快な思いはしませんでした。

総じて悪くなかったですよ。

ただ、見積もり後はほとんど連絡がつかない状態になるので、「引越しが初めてで、業者さんに聞きたいことがある」という方や、段取り・梱包方法を熟知していない方にはおすすめできません。

引越し慣れしている方であれば、選択肢としてアリだと思います。

今年の春にお引越しの方は災難でしたよね。

でも、人生、結局のところは+-ゼロに設定されていると思いますので、ここで苦労した分、その経験は人生レベルで生かされると思いますというか、力づくでも活かしましょう。

Posted in 雑記
2018年3月28日
バターを探して歩きまわりました

教室の生徒さんには、本日、教室のアクセス方法などのご案内メールを送信予定でいます。

引越し荷物が納まるべきところには納まったので、まあ、ひと段落。

消耗品・日用品を揃えています。

使いつけているバターがあるのですが、長野市に引っ越してきて、ずいぶんと探しました。

中規模のスーパーであれば、たいてい、どこでも扱っているメジャーな商品です。

なまじ、駅・県庁に近いところに居を構えてしまったせいか、地価が高く近所には小規模スーパーばっかり。

売り場面積が狭くて取り扱い品目が少ないので、いつもは置いてあるはずのスーパーなのにここには置いていない・・・というわけです。

歩いていける距離のスーパーを6軒ほどハシゴしました(*長野市民の方は「長野駅周辺に6軒もスーパーある?」と不思議に思われたかもしれませんが、私の徒歩圏内は片道1時間)。

ようやく見つかったのですが、いろいろと疲れました。

ここ数日はパンも捜索していたので。

引越しって、こういうのが面倒ですよね・・・。

愛用品を取り扱っている店を探したり、さらに底値の店を探したり。

土地に合わせて使う種類を変更できれば一番良いものの、「いろいろと試した結果でたどり着いた商品」なので、他はNGだと知っているだけに・・・。

まさか、メジャーなバター1個でこんなに苦労するとは(笑)。

いまは長野市から松本市までツレが通勤している都合上、夜は遅く、朝は4~5時台には起きてお弁当を作っているので、睡眠不足+運動しすぎで疲れてしまいました。

要は歩きすぎ。

普段、お昼寝の習慣は皆無なのですが、今日はお昼寝でもしようかな。

Posted in 雑記