2010年7月 のアーカイブ

2010年7月30日
バッグブーケ

昨日は、あさいちから東京でした。

朝の5時台に家を出て、高速バスで新宿へ。

平日だし、木曜日だし、とタカをくくっていたら、東京へ入るなり、道路が大渋滞・・・。理由はなんだろう。夏休みに入ったから?でしょうか。

バスは40分遅れで到着。

平日の朝に40分も遅れるとは予想しておらず、乗客の皆さんも、方々へ遅刻に対するおわびの電話を入れています。

四谷三丁目の東京堂で、造花などの買い物を超特急ですませた後、目黒の「ブライズ」にて、レッスンです。

バッグブーケを作りました。

丸くラインを描くように、花をいれていくのがポイントですが、どうも、こういう工作めいたデザインは苦手です・・・。

土台を作っている間に、テンションがダウンしてしまうため、仕上がりにも影響します。

とにかく「形重視」なブーケです。

以前のブログで、アート(造花)のクレセントブーケを紹介したのですが、ブライズでは、今後、アートのブーケコースを開始するそうです。

お教室には、たくさんの造花がありました。

私が東京堂へ行ったのも、造花を購入するためでした。

クレセントブーケを遊びで作ってみたらできがよかったため(以前、ブログでご紹介した作品です)、もっと遊ぼうと思ったためです。

来る生徒さん全員に、「これ、造花ですか???」と聞かれたくらいです。

私の教室では、特にアート(造花)コースを開始する予定はありませんが、ご興味のある方は、お問い合わせください。

生のお花が、造花に変わるだけなので、レッスンは十分に可能です!

造花のいいところは、「枯れないこと」「軽く、持ち運びが楽なこと」です。

お値段ですが、生花より少し高いくらいです。できがよくなるに比例して、高額になります。けれども、プリザーブドよりは安価と思います。

デメリットは、光を反射したり、透過したりしないため、陰影が生まれないので、写真うつりがあまりよくない点だと思われます。

もちろん、天然の香りはありませんし。

造花のブーケは、花材を厳選しないと素敵なものができないので(「見た目チープ」に陥るということです)、ご自分の目で、購入する造花を選んで確認してから制作しないと、仕上がりにがっかりすることもあるかも・・・。

それにしても、今回の東京行きは疲れました。40分押しだったため、お昼も食べられず、朝ごはんも抜いていたため、ふ~らふら。

涼しい日でよかったです。

2010年7月28日
生徒さん作品(フレンチインテリア)

今日は、フレンチインテリアの生徒さん作品をご紹介いたします。

花材は、ヒマワリ、バラ(ショコラ、ハロウィン、エクストリウム)、ブラックベリー、モカラ、ドラセナコンパクター、秋色あじさいです。

フレンチスタイルインテリアのお花は、東京仕入れなので、長野では珍しいお花も手に入ります。ブラックベリーは、長野市内のお花屋さんでは見かけません。バラも、この種類はめったにみかけません。

さて、テーマは、「三角形にアレンジする」でした。

「三角、難しい・・・。マルがいいです、マルが。」とおっしゃっていましたが、バラが美しく、間隔を置いて流れるように入っていますよ!

三角のてっぺんも、軽やかです。

そして、この生徒さんの驚くべき才能が発揮!

完成後、お持ち帰り用の袋に作品を納める際、なんと、作品と、袋のサイズがジャスト!

お持ち帰りや、お部屋の飾る場所のことを考えて、「ちょっとコンパクト三角」というテーマでアレンジを開始されたのですが、ぴったり~。別に、袋の長さを測って、アレンジを始めたわけじゃないですよ、カンです、カン。

これって、すごくないですか???

2010年7月27日
生徒さん作品(体験レッスン)

今日は、素敵な体験レッスン作品に出会えたので、ご紹介いたします。

まず、花材は、バラ(サルタナ)、アンスリウム(ピスタッチュ)、ドラセナ(カプチーノ)、アイビー、カーネーションです。

デザインは、オールラウンド(四方正面)です。

バラゾーンです。ドラセナの巻き巻きが素敵です。

今回が、フレッシュのアレンジメント初体験だったそうです。以前にプリザの飾り物を、1回、製作されたご経験有り。

さくさくっと迷いのない手つきで、アレンジをされているご様子は、まるで、直球をテンポよく投げるピッチャーのようで、実に気持ちいい・・・。爽快。

さて、四方正面のアレンジは、いつも、どの写真を掲載するかに、ひどく悩むのです。

今回もデータを見比べてみたのですが、悩み疲れたので、いろいろ載せちゃえ。(←悩めって?手を抜くなって?)

カーネーションゾーン。

アイビーが素敵に入ったアンスリウムゾーン。

このアイビーの入り方、絶妙ですね。

今までの体験レッスンは、すべて四方正面で、まったく同じ手順をご提案しているのですが、なぜか、みなさん、仕上がりがまったく違います。

不思議なことです。個性ってのは、こういうことなのですね。

体験レッスン、楽しいなあ~。私が!

もちろん、生徒さんに楽しんで頂けるのが一番ですけど。

今回も、大満足していただけたそうなので、うれしい限りです。

今日は、ほかの生徒さんの、フレンチインテリアの作品も素敵に仕上がっていましたので、日を改めて、ご紹介させていただきます。

それにしても、私の花写真は、どうにも上達しない。どうにかしないと、撮られるアレンジがかわいそうだ・・・。

2010年7月26日
八幡屋デザイン

今日は、お花の仕入れなどで外出したのですが、その際、善光寺近くの八幡屋磯五郎まで足を伸ばしました。

東京からお客さんがお見えになるので、その方へのおみやげを購入するためです。

七味唐辛子だったら、長野のスーパーでも、主な駅のお土産屋さんでも買えるのですが、せっかくなので、八幡屋さんの袋に入ったものが欲しくて、わざわざ大門店まででかけました。

以前、知人から八幡屋のマカロンをいただいた際、パッケージがかわいかったので、包装に期待してでかけたのです。

この紙袋に商品を入れてくれました。

ミニミニ紙袋です。

おつかいものとお話したら、このビニール袋をつけてくださいました。

かわいい・・・。

デザイン秀逸で満足。近くのスーパーに行けば七味は手に入りますが、プレゼントは、こんなところに、こだわりたいんですよね~。

どこで買っても中身は一緒なのに、無駄なことしてるなあ、と思われる方もいるんだろうなあ・・・。

そのほか、ツレのリクエストで、八幡屋の「ゴマラー油」を購入してきました。

オススメしたくなるような一品でしたら、またおって、ブログに書きたいと思います。

Posted in 雑貨の話
2010年7月25日
ロールケーキの愉しみ

今日は、ひさ~しぶりに、ケーキを購入。

夕方の買い物を終え、車で帰宅途中、ツレが「フルーツロール食べたい、フルーツロール食べたい!」と言い出し、「じゃあ、行こうか、あるか、分からないけどね。」ということで、川中島にある「ぷちろーる」さんへ。

以前は、ちょくちょく通っていたのですが、4月以降、倹約を自らに課したので、ほぼ月イチくらいになりました。

今回は、本当に久しぶりでした。

このときPM6時。土日の午後に行くと、欲しいケーキは売り切れていることが多いので、もう何もないかなあ?と思いつつ、お店に入ります。

予想に反して、いっぱいある・・・。

調子に乗って、4個買いました。買いすぎです。

帰宅後、うれしくなって、写真を撮りました。

手前が「フルーツロール」。フレッシュの果物が入っています。果物がおいしいです。

奥が「キャラメルロール」。ひたすら、キャラメル味です。やめられない。

二種類とも、このお店の「鉄板」と思われます。うちでは、必ず購入します。

土日の午後に買い物に行くと、売り切れていることもある商品。そんなときは、「あ~、フルーツロールない!終わっちゃった~。」と落胆してみせる奥様とか、お店の方に「キャラメルロールはもうないんですか?」などと聞くお父さんもいらっしゃいます。

そのほか、季節限定商品があったので、そちらも買いました。

手前が「ブルーベリーのミルフィーユ」。奥が「さくらんぼのロールケーキ」。

定番のロールケーキは、見た目が地味なものが多いので、二つとも、ショーケースの中でかなり目を引きます。

私はチェリーのロールケーキを食べました。フレッシュのチェリーの甘さが足りないせいか、甘く煮たチェリーも混ぜ込んであります。

季節を感じる商品ですが、鉄板商品がやはり好きです。

ロールケーキは、450円くらいです。スポンジが、しっとりモチモチなので、気に入っています。

さて、場所は、長野市川中島町今井1526-1。駐車場がそれほど広くなく、小さめの交差点の角なので、車を停めるのに少し苦労します。(3台か、4台)

買い物を終え、店を出る際、入り口横の壁に少し小窓があって、そちらからご主人と思われる男性の声で、「ありがとうございます。」と声をかけられることがあります。そこの壁ぎわには、焼き菓子などが並んでおり、壁に穴が開いていて、厨房とつながっているとは気づきにくいので、「すわ、天の声か?」ときょろきょろしたくなります。

びっくりして、箱を落とさないようにしましょう。

Posted in 雑記
2010年7月24日
すき屋の牛丼

お昼ご飯に、外食をしました。

家でゆっくりしていたら、おかしな時間(3時)になってしまったので、ご飯が食べられるところも限られてきます。

ツレが、「すき屋のうなぎを食べてみたい。」というので、すき屋へ。

入店前に、「私もうなぎを食べてみたいけど、おいしくなかったらがっかりだから、うなぎ以外のものをオーダーするよ。」などと、下向きな意見をしていたのですが、ツレが注文したうな丼(うなぎ2枚+大盛りで880円)は、おいしかった。

私は、これで十分です。うなぎ屋さんへ行かずとも。

ちなみに、並は580円(うなぎ1枚)だそうです。

私がオーダーした牛丼に大根おろしがセットされたものは、並で380円。大根おろしのポン酢がおいしかったです。

厨房では、いかにも「アルバイトです!」って感じの、お兄ちゃん、お姉ちゃんが、おしゃべりをしながらまったりと作業(でも、出てくるのは早い!)していました。

全然、期待していなかっただけに、今日の昼食は、非常~に得した気分です。

Posted in 雑記
2010年7月22日
風の道を作る

数日前、少しでも涼しくなる方法を模索していたところですが、今日は、ほんとうに、実に真剣に、再考したのです。

前回のブログを読んでいただいた方からは、「結局、エアコン取り付けるんだから、エアコンをガンガン使えばいいでしょ。」とつっこまれるかもしれませんが・・・。

ええ、今日が工事日でした。

電器屋さんは、いらっしゃいました。かわいいエアコン1台を車に乗せて。

暑い中、作業していただくので、コーヒーも豆からハンドドリップで落として、アイスにしておきましたよ。ええ。

電器屋のお兄さんのコメントを要約「(壁を見て)これ、取り付けのフックありますけど、使えませんね。ここって、穴、開けてもいい建物ですか?(壁をコンコンと叩いて)ん?薄いなあ・・・。う~ん。これ、ここに取り付けると、エアコンが重さで落ちてくるかもしれませんよ。支えになるものが中にないから。どうします?」

私「・・・。(内心:エアコンのフックとコンセントと穴は、ただのアクセサリーなのか?各部屋にあるのに?)自分の上に落ちてくる分には仕方がないのでいいんですが、お客様用の部屋なんです、ここ。お客様のためにつけたかったので、お客様の上に落ちてくるのはちょっと・・・。他の部屋に取り付けるなら、そもそも、エアコンはいらないんですよね。う~ん。」

電器屋さんのお兄さん「それなら、キャンセルできますよ?他の部屋も、壁が薄いんですよね。(←ただしくは、一部屋だけ、壁がしっかりしていて、おそらく取り付けられる部屋がある)この辺の団地、けっこう工事に来て、いろいろ建物の中に入ってるんで、知ってます。壁、たぶん、これっくらいしかないですよ。(指で厚さを示す)」

私「ええ、私も、ここの壁の薄さは知ってます。前に、上の階の水管から水が漏れて、その関係で、うちの部屋の壁を壊して修理したことがあるんです。そのときと同じ厚さであれば、薄いですね。せっかく来ていただいたのに申し訳ないんですが、キャンセル、お願いできますか?」

電器屋のお兄さん「建物の構造の問題ですから、大丈夫ですよ。こっちも、何かあったらって思うと、取り付けるの不安ですし。」

ということで、エアコンは泣く泣くキャンセル・・・。さようなら、文明の利器よ。

自分の生活は、けっこうアナログであるという自覚はあるのですが、私にだけ、その原因があるわけではないのです。

その部屋は、窓エアコンも向かないそう。

冷風機も検討しましたが、もともと湿気の多い部屋なので、冷風機は向かないだろうと考え、やめました。

そこで、「風の道を作る」「少しでも室温を下げる」ことに、真剣となりました。

北側の涼しい風を取り込んで、反対側の窓に逃がすテクニック。

冷房を使わずに、室温を下げる原始的テクニック。

研究しました。そのせいか、いい感じに風が通ります。なんでも、原理を知ることが大切なのですね。

ああ、それにしても、エアコン。。。がんばって、選んだんだけどな。がっかり。(売り場のおしゃべりなおじさんから、全メーカーの特徴を聴取した。)

Posted in 雑記
2010年7月21日
バナナも暑くてとろけそうです。

今日も、暑かったですね。

それなのに、オーブンを使ってしまいました・・・。自ら、室温を高めるという愚行。

黒いスポットの浮いたバナナを眺めていると、どうしても、バナナケーキを作らなくてはいけないような気分になってしまったのです。

焼いているときの、あま~い匂い。

食べたいというよりも、「焼きたい」のかもしれません。

完熟バナナ1本、砂糖25g、油50cc、卵1個、ホットケーキミックス100g。これは、チョコチップ入り。

ただひたすら混ぜるだけ。オーブン180度で、今日は暑すぎたので、25分。

もう何回、作ったことか。

明日の自分の朝ごはんがわりにしよう、と思いつつ、どんどん減っていく。

熟れ熟れバナナが、あと1本。どうしよう・・・。この暑さに、とけてしまいそう。

そういえば、今日のニュースで見たのですが、環境省が、来年の5月からとして、知床五湖の入場制限を発表したようですね。

原因は、観光客の増加、無知・モラル欠如による自然破壊と、ヒグマ対策らしいです。

ヒグマが活発に活動する7月はガイドさん必須になり、そのほかの期間も、入場料が徴収され、入場者数を制限するなどの対策を発表した模様。

つい最近、知床に行ってみた観光客としては、「そりゃそうでしょ?」って印象でした。

知床五湖には行っていませんが、羅臼湖までの道でも、ガイドさんはお菓子のゴミなどを拾って歩いていましたし、ブログ(北海道旅行4日目)に書いた「あっぱれなご夫婦」もいましたし・・・。

Posted in 雑記
2010年7月20日
風が渡る部屋、求む。

朝から晩まで、暑いですね。みなさま、いかがお過ごしですか。

少しでも、涼しくなる方法について、今日は妄想しておりました。

1 【自分自身が薄着になる。】

 古着屋さんで、夏物は購入済み。この前、大豆島にニューオープンした「ジャンブルストア」という古着屋さんへ行ってみたのですが、「ツモリチサト」の洋服が売っていました!驚きだ。きっと、ツモリチサトファンの方が、持っている洋服に飽きて、買いなおしする前に、シーズンものを一括処分しに来た結果と思うのですが・・・。喜んで1着購入。まさか、自分の人生でツモリチサトの洋服を手にする日がくるとは思わなかった~(古着だけど)。

2 【部屋を涼しくする。】

 ①ベランダに緑のカーテンを作る。(これについては、失敗。数ヶ月前に植えたフウセンカズラが、一つも発芽しませんでした。しかたなく、大きくなったミニトマトを移動させてみる・・・。)

 ②ベランダに打ち水をする。(ジョウロで、暑すぎる時間に実践。)

 ③風鈴を飾って心理的に涼しくなる。(忘れたころに、チリーンと鳴ります。けっこういい感じ。風通しが良すぎるところに配置すると、チリンチリンうるさくて、風情がありません)

 ④テレビをつけない(なんとなく、部屋があったまりそう)

 ⑤耐え切れないときに、扇風機を回す(あくまでも、「もうムリ」と思ったときの手段)

3 【間違っても、外出しない。】

 ただし、エアコンのきいた場所への外出は、特例として許可される。

4 【部屋を涼しくするアイテムを飾る。】

 北海道旅行で撮影した羅臼湖の写真を貼り付けて、パノラマ状態に。いただいた手作り花器に、ベランダのワイヤープランツを浮かべます。ちょっと涼しい。

5 【アイスコーヒーを作る。】

6 【心頭滅却する。】

7 【仏像が特集された番組などを見る。】

こんな感じでしょうか。

我が家には、エアコンはありません。毎年、扇風機で夏を越えています。

でも・・・。おととい、買っちゃった。

ただし、教室の部屋用です。

レッスンのあるときと、お花を冷やしたいときに使うものなので、日常使いはしません。

心頭滅却すれば、エアコンなどいらないのです!!!

エアコン、今週の木曜日の午後に設置されるんです!わくわく。(←使う気か?)

Posted in 雑記
2010年7月19日
北海道旅行(本音)

夢がなくなる可能性がありますから、知床に幻想を抱き続けたい方は、以下は読まずに、この文章は閉じるか、大急ぎで、スクロールしてください。

無意味な風景写真(野付半島)

道端のエゾシカ親子。(ツレ撮影)

この「北海道旅行ネタ」ブログの、風景写真は私が撮影。動物写真は、ツレが撮影。

「知床のウトロ側ってさ、なんか、長野とあんま、変わんなかったね。」

「そうだね、鳥とか、植物とか、おんなじだよね。気候が似てるのかな。」

「ヒグマがいるか、サルがいるかの違いだな。」

「知床は、ヒグマ様様だよ。ヒグマでお客さんを呼んでいるんだよ。」

「特に、ウトロ側って、なんだか観光地然としてて、ちょっとがっかりだ。」

「知床が、『世界自然遺産に認定するには、人の手が入りすぎている』ってことで、認定されるまでのハードルが高かったの、なんだか分かるよね。」

世界自然遺産。北の知床に行くか、南の屋久島へ行くか。

迷う方もいるでしょう。

私見ですが、ここ数年のうちに、両方を旅した者から言わせてもらうと・・・。

よりレジャースポット数が多く、かつ温泉を楽しんで、「遊び回りたい」方には、知床をおススメします。

より人の手が入らない純粋な自然遺産を見て、「心を清浄にしたい」方には、屋久島をおススメします。

長らくおつきあいいただいた北海道旅行記も、これにて終わりを迎えます。

「三連休の暇つぶし」として、楽しんで頂いた方もいらっしゃったようなので、アップを急いでみました。

またどこぞへ旅をした際には、旅行記を書かせていただきます。最後の最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Posted in