2010年8月 のアーカイブ

2010年8月31日
消防点検に思うこと

今日は、我が家の消防設備点検日。住んでいる建物全戸の同時点検日です。朝9時から一日がかりの恒例行事です。

わが家は、12時台の予定。

点検屋さんがいらっしゃったのは、なんと10時台。いくらなんでも、早すぎ!

朝いちから、せっせとお仕事にかかるメール送信などをしていたので、各部屋、片付けが間に合ってない・・・。

「まあ、いいか。早く終わる分には。」と諦めて、ドアをオープン。点検屋さんをご案内。

どこの家も不在にしているらしく、予定が早まりすぎた模様です。(もしくは在宅している家も、あまりの速さにもっと遅く来るようにとお断りしたか、はたまた、居留守を使ったか・・・。)

そうだよね、平日の点検じゃあ・・・。みんな都合がつかなくて、予備日に変更してるんでしょう。変更続出で、当初予定がないも同然になって、おっそろしく順番が早まってしまうのね。

フルタイムで働いていたときは、各種点検立会いや、修繕立会いが多すぎて、えらく苦労したものです。

我が家は、棟のほぼ真ん中に位置するため、どんな立会いでも、たいてい一日の真ん中の「お昼」になってしまいます。時間が前後することや、自分の通勤時間を考慮すると、丸一日、休暇をとらないと立ち会えなかったのです。

今では、いつでも在宅できるようになり、こんなささいなことでもストレスからの開放を実感~。

異常なしで点検が終了。各住戸の承認のはんこを押すときに、「あれ、うちって、まだ2軒目・・・。」

これってもしかして、そもそもの点検日設定に問題あり?

今日は8月31日。

仮に、私がまだフルタイムで働いていたら、月の最終日に会社は休めないし、休みたくもない。消防点検は人命にかかわることだから大事だろうけど、最終日に休んだことによる様々なデメリットを考慮すると、その日に点検を受ける必要性は感じられない・・・。

さて今日は、「いつでもすべての部屋を、隙なくきれいにしておきましょう!」と、えらく反省した一日でした。目が行き届いていない部屋に、業者さんを案内するのは恥ずかしいのです。

Posted in 雑記
2010年8月30日
ベリーのプチリース

今日は、あまりもので、自宅用のプチリースを制作。

簡単にいうと、「お遊び」です。

材料は、造花で、シンプルなデザインにしました。

花首で、造花をカット。ワイヤーをかけて、テーピングし、土台の円に巻きつけて丸くしているだけなので、やり直しも角度の調整も、超かんたん。

クレセント風(三日月型)にしてみました。

作ってみたものの、飾る場所を考えておらず・・・。

さて、どこに飾りましょうか。

リースを手に、家の中をうろうろします。

2010年8月29日
松本のインテリアショップ探訪

今日は、一日、松本へ。

まず、ランチです。とんかつ屋さんの「かつ玄」へ。

古民家風の立派なお宅で、かつ、しゃぶしゃぶ、ステーキなどがいただけます。

場所は、松本市島内7717番地。

12時少し前に入店したので、すぐに案内されましたが、お昼過ぎると、お待ちになるお客さんもいたようです。盛況です。

私がオーダーしたのは、「とんかつ五重奏(えごま入りのミルフィーユ風)」1800円。

ツレは、「とんかつ四味(ヒレカツ、ロースカツ、エビフライ、ホタテorサーモンフライ、野菜のフライ)」1800円。

とんかつに2000円前後と考えると、お値段は、高いですよね?

けれども、写真以外に、各テーブルにお漬物4種が備え付けられ、食べ放題。きゅうり(みそ付き)、きゅうり・大根・ニンジンのぬか漬け、たくわん、もやしのゆかり和え。下の写真上部に写っている白い容器の中に、お漬物が入っています。

そのほか、デザート(今回は、かぼちゃのプディングみたいなもの)が付き、山盛りのおかわりキャベツ、大根おろし、ご飯&お味噌汁はおかわり自由。

お席も非常に広いし、こまめにお冷のお替りを持ってきてくれるなど、サービスに不満はありませんので、雰囲気のよさを求めつつ、がっつり食べたい方にはいいかもしれません。ちなみに、私達一行は、「雰囲気のよさ」を求めてでかけていったので、お値段に不満はありませんが、『クーラーが入っていない』ので、暑がりな方を冷やすものは、各テーブルに設置されている『うちわ』だけです。夏場は覚悟して、どうぞおでかけください。

お会計のとき、担当のお兄さんにポイントカードを勧められたのですが、お店が遠いので、いらないと思いお断りしたら、「そうですか・・・。」とひどく気落ちされました。あってもいいと思われる方は、ぜひ、もらってあげてください!あんなにへこまれるとは、思いもしませんでした(反省)。

さて、次にでかけたのは、家具屋さん「ビクトリアンクラフト」。

場所は、松本市宮渕1-1-6。イギリスのアンティーク家具を扱うお店です。

店内は予想に反して、とても綺麗でした。

以前、でかけたことのある「グローブ」という三軒茶屋駅近くのアンティーク家具のお店は、「これは、ほんとに売り物ですか?マジで?!」と思うくらい、汚れて壊れた家具を平気な顔?で(ものによっては十数万円の値札をつけて)置いていたので、こちらの店内の美しさにびっくりしました。ただ、「グローブ」より、扱っている品物が、若干、若そうです。(なお、グローブの名誉のために付記しますと、お値段はメンテナンス費用込みなのです。購入後、オーナーの希望により、いろいろと修理・加工してくれるお店です)

「ビクトリアンクラフト」の2階には、ステンドグラスの部屋があり、あれほどたくさんのステンドグラスは見たことがなかったので、手ごろなステンドグラスを探している方には、おすすめしたいお店です。グラスのお値段は13000円くらいからありました。細工の細かさや、サイズ、年代によって、お値段が決まっているようです。

けれども、外国の納屋から、壊れて埃をかぶった椅子を引っ張り出して、そのままトラックに載せて、輸入してきて、ごちゃっと店頭に並べた感じの「グローブ」のほうが、より商品に対して、トキメキを感じてしまうのはなぜだろう。

次に、「スタンダードスタイル」。これも家具屋さんです。場所は、松本市平田東。http://www.standardstyle.co.jp/

こちらは現代物の家具・雑貨のお店です。店内にカフェもあります。

ハーマンミラーの最新高機能チェアである「エンボディチェア」に座ってきました。フィット感が最高~。欲しいけど、25万円。

ツレが無言でエンボディチェアに座って、ゆらゆら上体を揺らしています。いままさに、この25万円の椅子は、ツレの体重の85パーセントの重みに耐えています。

気が気ではありません。ツレをせかして、はい、さようなら~。

このお店は、いざというときに、使えそうです。知っておいてよかった。

冷やかしで店内を覗いた後、近くのジェラート屋さん「ジェラテリアチャオ」へ。http://www.ciao-go.to/

初めて行くお店です。今日は、サービスデー。ダブル400円で、トリプルが食べられます。

お店は混雑して、駐車場もいっぱい。お客さんのほぼ全員が、ダブルを注文しています。

私が食べた中で、おすすめしたいのは「紅茶」。甘さ控えめで、香りも自然でおいしかったです。

ツレは、「ミルク」と「塩キャラメル」がおいしかったと言っていました。

ジェラートのオーダーを受けてくれるスタッフの方が3~4人くらいいて、中にお一人だけ、歴然と「量が少ない」方がいます。(笑)

誰が一番気前がいいかは不明ですが、損をしたくない方には、「この人はちょっと・・・」とアドバイスできそうです。ここでは書きませんので、おでかけ予定がある方は、個人的にお尋ねください。たぶん、常連さんはそれを承知していて、その人にはオーダーしていないと思われます(笑)。それくらい量が違います。

ジェラートの種類が、本当に多いお店です。インターネットのホームページで、その日に販売されているジェラートを確認できるので、近くに住んでいたら通ってしまいそうです。(よかった、近くなくて。)

その後、霧が峰あたりをドライブして、しっとりした空気を堪能して帰宅。

お昼ごはんの量が多すぎたせいで、いつまでも、おなかがすきません・・・。

Posted in 旅行記, 長野県
2010年8月28日
黄色のバラリース(造花)

玄関ドアに飾ろうと思って、リースを作りました。

リースは、オアシス面が多いので、お花の量がたくさん必要で、また、制作に時間もかかります。

「せっかく作ったのに、夏の暑さですぐ枯れてしまうのは寂しすぎる・・・」と思い、今回は造花で作りました。

材料は、東京・四谷三丁目にある「東京堂」から仕入れました。

テーマは、ミントグリーンの玄関ドアに似合う色あいで、色の明度を明るく揃えて、ナチュラル&ふんわり。

こんな感じになりました。

造花の花首だけをカットして、一本ずつワイヤーをかけて、フローラテープで巻き上げます。

ドライ用のリース土台に、一本ずつさしていきました。

コツは、「これ、あまっちゃう?」って思うくらい、材料を多めに準備することや、土台を隠すために、面積の大きなグリーンか土台隠しだけを目的にしたもの(コケとか、綿)を用意すると作るのが楽であることなど、その他もろもろ。

玄関のドアをしっかり拭き掃除して、玄関周辺も掃除して、準備万端。折を見て、飾ろうと思います。

毎日かけると飽きるし、すぐ汚れそうなので、時折飾りたいです。

2010年8月27日
表参道へ行く、ついでに原宿も。

昨日、東京へ行きました。目黒のあとに向かったのは、表参道。

表参道へおでかけした際のお食事は、たいてい、表参道駅構内にある「スープストックトーキョー」。

スープストックトーキョーは、店舗のサイズが小さい店ばかりなので、満席で入れないことも多いのですが、このお店と、六本木ヒルズ内のお店は、比較的席数が多いので、ほぼ毎回、座れます。上野や目黒、大崎、丸の内など、至るところにお店があります。

表参道のお店は、ほとんどが女性の一人客です。お買い物ついでのお食事でしょう。

今回の東京行きでも、まともな時間に昼食がとれず、お店には、午後4時入店。

今回オーダーしたのは、選べるスープ&白ゴマご飯かパンで、760円

スープは、東京ボルシチを選びました。リピートしています。

少ないように見えますか?

これが、食べ始めると、けっこう量が多いのです。

ゴロっとしたじゃがいも、にんじん、牛肉2かけが入っています。

玉ねぎも入っているのですが、ソテーされてスープと一体になっています。

食べ応えがあるので、好きなのですが、終わりころ、玉ねぎソテー攻めに飽きてきます・・・。

そうか、このために、カットレモンが添えられてあるのね。

長野にもスープ専門店がありますが、スープストックを知っていると、行く気になれません。一度、試しに言ったことがあるのですが、長野のとあるお店については、コメントも、そこでの食事も、私は差し控えようと思います・・・。

さて、次に向かったのは、表参道ヒルズ。

安藤忠雄さん建築で、有名な所です。

建物が好き~。

建物のを中心地で、天井を見上げながらひたすらふらふらしている若い男性もいます。建築物見学の来館でしょうか。

今回は時間がなかったので、アマダナとアンティーク時計の専門店ケアーズ http://www.antiquewatch-carese.com/ をチラ見して、原宿へ移動、しようとして、地下にあるリサイクルショップ「パスザバトン」に寄り道。丸の内にあるお店より、表参道のこっちのお店の方が、色々なものをぐちゃぐちゃ置いていて、おもしろそうです。

表参道ヒルズを出て、大通りを原宿方面に向かいます。明らかに、向こうは黒山の人だかり。「祭りか?」と思うくらいです。近寄りたくない・・・。

目的地は、ユナイテッドアローズ原宿本店。探し物があって、仕方なく原宿にでかけました。

人(特に若人)が多いので、原宿や渋谷へは行かないようにしていました。原宿は、ほぼ「初」です。

多少迷いつつ、ユナイテッドアローズに到着したものの、さて、帰り道がまったく分からない・・・。

原宿駅に行きたいだけなのですが、なぜか、外苑前駅に着いてしまいました・・・。

途中で、道を間違っていることに気づいたのですが、土地勘ゼロなので、修正方法も分からない。

同じく土地勘のない方に説明すると、ユナイテッドアローズが、時計でいう2時の位置にあったとすれば、原宿駅は11時。

2時から11時方面へ向かえばいいだけだったのに、ほぼ7時方向の外苑前駅にぐるっと回って行ってしまったということです。たいした「帰り道方向音痴」だ。

原宿には、もう行かない。

無駄な時間を原宿周辺で過ごしてしまったため、お土産を買う時間もなく、ぎりぎり高速バスの時間に間に合い、長野に戻ってきました。

ああ、疲れた。

Posted in 旅行記,
2010年8月27日
デンファレのキャスケード

昨日、東京・目黒のブライズにて、キャスケードブーケを制作してきました。

花材は、バラ、デンファレ、モカラ、トルコキキョウ、利久草、スマイラックスです。

色味は紫。

デンファレの花向きなどがポイントです。

非常~に涼しげです。

ホワイトのブーケも、きっと素敵ですね。

いつも思うのですが、東京でブーケを作ってくると、お持ち帰りに苦労します。

夕方の山手線に乗って、新宿まで出てくるので、ブーケをつぶさないように苦労します。(ときどきつぶれます・・・)

2010年8月26日
疲れたので、寝ます。

今日は、東京へ行って来ました。

いつもの高速バス+日帰りの、ひどく疲れる旅行です。

予定が詰まりすぎているので、今日のお昼ごはんは午後4時ころ。夜ご飯23時半ころ。

とりあえず、今日は寝ます。

表参道ヒルズなどをふらついてきたのですが、その模様は、また明日、ブログに書きます。

おやすみなさい。

Posted in 雑記
2010年8月25日
セミオーダーと通販

今日は、男性にはつまらない話題でございます。

靴のお話です。足に合う靴が、なかなか見つけられません。

標準サイズより足が細く、甲が薄く、指が長いため、何を履いてもカパカパしてしまうのです。

それゆえ、私の人生において、パンプスの出番はほとんどありません。スニーカーで、年がら年中過ごします。

スニーカーでムリがあるところに行くときは、足に合わない靴を我慢して履きます。特に、旅行に行くときに困ります。

指の長さに合わせると、たいてい靴が脱げてしまうので、小さめのサイズを無理やり履くか、もしくはストラップがついているデザインのものを、靴ずれを起こしながら履きます。

数ヶ月前に、足になじむデザイン秀逸な茶色の革靴(マジックテープでとめられるストラップ付き)を新潟でゲットし、小躍りしたものですが、その靴のブランドは、新しいブランドに移行するとかで、もう無くなってしまいました。

茶色の革靴だけでは寂しいので、もう一足、違う色の靴が欲しいと思い始め・・・。

ずいぶん前からの懸案事項であった「銀座のかねまつへ行って、靴をセミオーダーする」というリッチすぎる思いつきを実行するか否か、真剣に考え始めたのです。

靴1足に約30000円~35000円を出費するのです。大決断です。

よって、最終決断の前に、だめもとで、通販のDワイズの靴をオーダーしてみました。

Dワイズというのは、標準より細身のサイズのことです。

結論。銀座かねまつへ行かなくてよかったです。。。

なんとかなりました。千趣会の通販で済みました~。

Dワイズの靴を探している方、千趣会のべネビスの靴をお試しになったらいかがでしょう。

多少、返品交換を繰り返すかもしれませんが、セミオーダーより安いし、靴ずれ人生を送ることに比べたら、お試しになってみたほうがいいですよ!

この「リボンパンプス」は人気商品らしく、品切れになっているサイズがずいぶんありました。私が購入したのは「ピンク」ですが、実物はほとんど「あずき色」です。上の写真は、色みが正確に撮影できているので、このままの色です。

通販だと、たいてい、実物よりも明るく撮影されていることが多いので、そこは「たぶん、実物はもっとくすんでいるはず。えいやあ!」で購入するしかないですね。ネットでみたときは、実物よりも明るい色で撮影されており、ピンクっぽく撮影されていました。

黒はほとんどのサイズが完売。(ただし、再入荷すれば、また購入できますね)

自宅のパソコンの前で用事が済んでしまい、「通販礼賛!」な気分に拍車がかかっております。

Posted in 雑記
2010年8月24日
人間工学と椅子

少し前から、インテリアの勉強を始めました。

今日は、人間工学に興味が湧いたので、ネットで色々調べているうちに、ハーマンミラーのアーロンチェアに行き着きました。http://www.hermanmiller.co.jp

小説家の方が、仕事場で使っているような椅子です。

背もたれがメッシュで、モダンな感じの事務椅子。

「高価であるが、いい買い物である。座り心地や、長持ちな点を考慮すると、安いとも言える。」という口コミばかりなので、買うことはないけど、座ってみたいと思い、取り扱い店を調べたところ・・・。

長野県内は、松本市平田東にある「スタンダードスタイル」という家具屋さんにあるようです。 http://www.standardstyle.co.jp/

ちょっと遠いなあ・・・。

「スタンダードスタイル」の記載部分の上に、実家のある新潟県内の取り扱い店も紹介されていました。

インテリアのお店「アパートメント」 http://www.apartment.ne.jp/ に取り扱いがあるようです。このお店は実家のご近所なので、何度かでかけたことがあるのですが、そのときはハーマンミラーに興味はなかったので、椅子に気づきませんでした。

「アパートメント」は家具屋さんですが、おしゃれで機能的な自転車がたくさん置いてあるお店です。

お店の中では、ピニチュアピンシャーが2匹飼われていて、始終、ちょろちょろしています。

お店の外では、欧米人の男性が、ご自身の名前を冠したと思われる手作りパイ(←名前は忘れたが、彼がジムさんであると仮定したら、ジムズ・パイ)を売っていて、横を通ると、「こにちは~」とフレンドリーにご挨拶してくれるお店です。

えらく近いけど、今は遠いなあ・・・。

こんなことを思案しながら、「そういえば東京へ行くんだった。」と思いつき、東京のお店を調べてみました。

でかける予定の青山に、「エスコルテ青山」という取り扱い店があるので、そちらを覗いてきたいと思います。

ただ、ショップ内の画像を見ると、有名デザイナーの椅子たちが、白い壁際に整然と並んでいます。美術館のようです。「椅子のデザイン歴史」が語れそうです。

とっても冷やかしで座れる雰囲気ではありません。

まあ、実物を見るだけでも・・・。

さて、ここからは追記です。数日前にブログで書いた桃の件です。近所の「桃の無人直売所」で購入した桃2個を、日をずらして食べてみました。それほど甘くはありませんでしたが、香りの高さに驚きました。実は固く、水分がたくさん含まれています。その歯ざわりから、「いかにも、木から生成された物をいただきました。」という印象を受けました。(←当たり前。桃なんだから。)実が固い&水分多めは、川中島白桃の特徴らしいです。直売所の場所が知りたい方は、個人的に私にお尋ねください。川中島の桃畑に存在します。たいていの方は、普通、気づきません。

Posted in 雑記
2010年8月23日
ビオリーブスのコロン

前回、東京へでかけた際に、コロンを衝動買いしてきました。

bio Leaves(ビオリーブス)のポケットレメディー(ラベンダーミックス)です。

天然ハーブエッセンスからできているもので、手首や首筋につけます。

どこだったか忘れてしまったお店で(←思い出そうという気もない)、試しにつけてみたところ、くどくなく、やさしい香りだったので、お買い上げ。

ラベンダー、マツ、ベルガモットなどがミックスされているそうです。

夏の高速道路がひどく混雑していて、高速バスに乗ることに嫌気がさしていたので、帰りのバスの中で自分をなぐさめようと思い、購入しました。

アルコールフリーで、天然オイルのせいか、香りはあっという間に(つける量が少ないと、1分くらいで香りがなくなります・・・)飛んでしまいます。

本当に、自分ひとりで、楽しむだけのコロンです。

昨日、書店で立ち読みした雑誌に、ビオリーブス商品が掲載されていましたので、興味を覚えて、ネットで調査。ビオリーブスはイタリアの製品で、収益の一部はセーブザチルドレンに寄付されるらしいです。

今週末、また高速バスに乗って東京へでかけるので、一人でくんくんして、楽しもうと思います。

でも、高速道路の渋滞はイヤだな・・・。

でも、新幹線には乗れないな・・・。

Posted in 雑記