2010年10月 のアーカイブ

2010年10月31日
新そば解禁

今日は、おそばの話。

みゆきというところに、おそばを食べにでかけました。

場所は、長野県飯山方面。県道96号線沿いで、ほとんど飯綱町です。湧井地区というらしいのですが。

山を登った峠にあります。

お店の作りは、普通の民家風。玄関で靴をぬいで、奥の座敷に上がります。家族経営な感じです。

注文したのは、ざるそば(650円)、おおざる(800円)、天ぷら2~3人前(500円)です。

待っている間中、お部屋から見える庭を眺めながら、「ハチが飛んでいる、大きな巣があるのかな。」だの、黄色い菊を指差しながら、「あれっぽいのが食べられるんだよ」と、新潟の菊のおひたしカキノモトについて、ツレに説明。

おそば、おいしゅうございました。

天ぷら、家庭のお味です。

自宅の畑で取れた野菜をお出ししている感じです。

ピーマン、菊、いも、かぼちゃ、えのき。庭で見た黄色い菊も揚げられて出てきました(笑)。やっぱり食べられるようです。

食事を終えて、お店から出る際、玄関に、「ようやく許しが出たので、新そば、お出しできます」的な、達筆で書かれた張り紙を発見。

許し???誰から?天の恵みってこと?

いわく、民法、刑法、憲法にも、ある意味勝るという「地方のオリジナルルール」を、ほんの少し垣間見たかのような、意味ありげで深読みさせる張り紙ですが、天からの許しってことですかね?

その後、車に乗り込もうとした際、ツレと一緒にハチが1匹、車内に入ってこようとし、ツレの腕に止まったりして、じゃれついています。

お庭に周遊していたハチでしょうか?

「そんなにこだわらないで、出て行って。」とツレが話しかけると、ハチはぷ~んと飛んでいきました。

私「あのハチ、なに?」

ツレ「黒スズメバチかな?まあ、刺すハチ。なにもしなければ、向こうも何もしない。」

私「・・・。」

普通、手にハチが乗ったら、大騒ぎしたくなるってものでしょう。

ハチを見送りつつ駐車場から出る際に、京都ナンバーのポルシェが停まっているのを発見。

新そば、食べにきたのかしら・・・。

ポルシェに乗って、京都から?

さて、その後、帰り道で野尻湖に立ち寄りました。

人が少ないせいか、静かな湖です。風に湖面がゆれています。

シーズンになると、バス釣りしたり、水遊びしたりするところみたいです。

湖岸をドライブしながら、紅葉を眺めつつ、帰宅しました。

Posted in 長野県
2010年10月30日
モロッコな気分

洋服は、古着しか購入しないというマイルールを破り、最近、新しい服を購入しました。

モロッコのブラウスです。

ほとんど、「美術品(観賞用)」として、購入したようなものです。

薄紫の生地に、ピンクのリボンワークと刺繍。ネット購入なので、多少のイメージ違いは覚悟の上での購入です。

写真では、全体的に青みを帯びた色彩で撮影されているので、ピンクが控えめに見えるでしょう。が、実際は、発光せんばかりのビビッドなピンクで、紫はもっとくすんだ薄紫なのです。

雑技団みたいで、派手なのです。

はっきり言って、たんすの肥やしなのですが、見ていると気分がよいブラウスです。

いつかは着てみようと思い、コーディネートを考えましたが、たった2パターンしか、思いついていません。

キャメルと相性がよいということと、襟元にチラ見せ程度に濃い色(濃い紫、黒など)の洋服をアンダーに着るとよいみたいです。白を合わせると、かわいすぎ。

袖口も刺繍&リボンワークで派手派手なので、ロールアップして、隠してみたり。

いつもは、自分にあった色の洋服しか選ばないですし、コーディネートも、色彩学の色彩調和まかせで、らくらく&マンネリ。

たまには、こんな起爆剤的な洋服も、「考える」きっかけになるので、いいのかもしれません。

ちなみに、ブラウスの右にある筒状のものは、モロッコのティーグラスです。

これは、インテリア用。

10センチ程度の小さなグラスです。色違いや、デザイン違いもたくさんあるのですが、試しに1個だけ購入。

予想通り、グラスの色付けは全体的にムラで雑。日本製なら、商品として市場に出回れないレベルと思われます(笑)。

けれども、雰囲気はあるグラスなので、ムラが目立ちすぎるところは裏にして、飾りには使えます。

最近、他で倹約しても、インテリアには凝りたい衝動にかられて大変です。

でも、生徒さんに喜んでもらえるから、まあいいか~。

Posted in 雑貨の話
2010年10月29日
スーパーナチュラル

今日は、最近、好きな海外ドラマのお話です。

「スーパーナチュラル」。アメリカのドラマです。

好きな方は、「今ごろ~?」と突っ込まれるでしょうが、今までいろいろ忙しくて、海外ドラマに手が回り始めたのは、ここ半年くらいなのです。

さて、スーパーナチュラルですが、悪霊にお母さんを殺された兄弟二人が、悪霊退散?を目標にかかげて、超常現象が起こっているアメリカ各地を、ゴーストバスターしながら旅して回るお話です。

お兄さんは、猪突猛進系のイケメンです。直感をたよりに行動します。

家業(ゴーストバスターズ)の遂行に熱心で、家長であるお父さんの命令に忠実です。

必殺技は、「銀の玉で悪霊を打ち抜く&死体を焼く」です。毎回、この方法で、各種悪霊を退散させます。どうやら、これしか技がないようです。

常に携帯している電磁波の感知装置でもって、霊の存在を確認して歩くという「素人ぶり」を、毎回、いかんなく発揮。

弟は、霊感持ちの文系のイケメンです。

兄と違い、総じてやる気がなく、ただ、霊感があるために家業には向いているようです。

その土地の歴史・霊の生前の生活歴を調べることによって、悪霊となってしまった因縁を紐解き、根本的解決を図る方法を得意とします。

1話完結ですので、途中からでも楽しめますし、そんなに怖い作りではありません。

兄弟が違うタイプのイケメンであることが、この作品の人気の秘訣らしいです。

のんびりと、シーズン1を見ているのですが、どうやらシーズン5まであるらしく。先が長いなあ。

追記:このブログに、生徒さん作品をご紹介させていただくことがあるのですが、掲載された生徒さんには、大変喜んでいただけている様子で、「親戚じゅうに、ホームページを見るように連絡した」などと後日談を語っていただけたり、お礼のメールを頂戴することがよくあります。そんな中すみません、今日はどうにも「イケメン兄弟」な気分だったもので・・・。

Posted in 雑記
2010年10月28日
壁掛けミニアレンジ

お友達へのお祝いの品を何にしようかと考えているのですが、贈り物の「おまけの品」として、言葉どおり花を添えようと思いつき、アートフラワーでミニミニアレンジを制作。

ミニであればあるほど、アレンジに時間がかかるというのは、いったい、どういうことだろう・・・。

試行錯誤して、完成。

遠くから見ても、雰囲気のあるアレンジを作りたかったということと、かつ、インテリア系の贈り物なので、できるだけクセがなく目障りにならないものに仕上げようとしたのですが、いろいろ考え始めると、あ~でもない、こ~でもないという迷路にはまり込みます。

ツレに「○○ちゃん宅に贈るアレンジなんだけど、何色がいい?」と事前にお伺いを立てたところ、

ツレ「紫!」

私 (仕上がった試作品を見せる)

ツレ「なんだか、色が・・・。地味?」

私「いや、紫って、落ち着いた仕上がりになるものだって!自分が紫って言ったんじゃない!」

ツレ「・・・。品があって、いいと思いマス・・・。」

という会話を経て、急遽、色を増やして方向転換したアレンジです。

壁にかけても、机の上に置いてもかわいいように、角度を微調整したミニミニアレンジです。

さて、いつお渡しできることやら?

2010年10月27日
簡単味噌漬け

今日は寒い一日でした。

自転車で移動していると、手がかじかんできます。

帰宅後、冷えてヒザが痛い。お年寄りな感じ・・・。

そんな寒い中、おでかけしたごほうびなのか、えらく久しぶりに、「モモラー(桃屋のラー油)」をスーパー店頭にて発見・購入しました。およそ、数ヶ月ぶりです。

ツレが、ほかのメーカーのものはおいしくない、と言い切るので、やはりモモラーが一番のようです。

さて、今日は、鮭の味噌漬けを作りました。

スーパーでは、生鮭がお安い季節です。ただ、ムニエルや、ホイル焼きなどでは飽きてします。そんなわけで、味噌漬けに。

味噌漬け材料:味噌200g、砂糖25g、みりん2分の1カップ、酒4分の1。

混ぜて、弱火で20分程度、くつくつ煮る。焦がさないように、時折混ぜる。

とろみがでたら冷まして、味噌漬けに使う分(1切れに対して、大さじ1くらい)だけに砂糖を気持ち混ぜて、甘みを強くする。

塩を振って10分放置したお魚の水気を拭いて、ラップに味噌漬け用味噌をのばして、お魚をくるんで、冷蔵庫へ。

残りの味噌は、他の料理に使いましょう~。

夕方の5時ころにつけて、翌日の朝ごはんの漬かり具合が、塩辛くもなく、上品でよろしいかと。

Posted in 料理レシピ
2010年10月26日
2010 クリスマスレッスンのお知らせ

2010年 クリスマスレッスンのお知らせです!

今回のレッスンのポイントは、

①既製品を購入しようとするとやけに高いリース(笑)を、「安く手作り」する。

②どなたにでもお手軽に作れる!

③ナチュラル、カントリー、クラシック、モダン、和風、どのタイプのお宅にもなじむ、シンプルデザイン。

そんなわけで、作例です。

レッスンでは、お好みに応じてお花を配置してください。

     ~noel 2010~

【お申込み締切日】 11月22日締切りです。(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

【レッスン日時】 ①11月29日 13時開始 ②12月2日 13時開始 (ただし、2名以上で「グループレッスン」としてお申込みいただければ、左記以外でもご希望の日時にレッスンいたします。お問い合わせください。)

【レッスン時間】 約2時間

【レッスン費用】 4,200円(材料費・税込み)

【お持ち物】 お持ち帰り用の袋、クラフトバサミ(ワイヤーがカットできるハサミ)

お申込みは、「コンタクト」ページのお申込みフォームからお願いします。3営業日以内に「お申込み完了メール」を返信いたしますので、ご確認ください。

初めての方も、お気軽にお問い合わせ・お申込みください。1回限りの特別レッスンですので、入会金はありませんよ~。

レッスン後はラッピングもご案内しますので、クリスマスプレゼントにも!

追記:ほかの色々なスクールに比べると、このクリスマスリースのレッスン費用、破格の安値(笑)のようです。クリスマスリースレッスンの価格帯は、6000円~8000円くらい。お教室からの「クリスマスプレゼント」と思っていただいて、どしどしお申込みくださいませ。超・お得なレッスンです!(この価格でご案内できるのは、今年限り?)

2010年10月25日
バラ図鑑(ヴィンテージパール)

好きな花はたくさんあれど、最近、特に好きなのが、ヴィンテージパール。

スプレーバラです。直径は3センチくらいで、桜色です。

1本に4輪程度、お花がつきます。

咲き方が比較的スローで、満開に近くなると、ほのかに桜餅のような、淡くて甘い香りがします。

写真はほぼ実物大。

バラに顔を近づけると、桜餅の香りがします。

ジャンティーヌというスプレーバラも好きなのですが、新潟の花屋さんで見たっきり、長野では見かけないなあ・・・。

さて今日は、クリスマスの特別レッスンのクリスマスリース見本を作ってみました。

ツルのリースに、白系の花をメインに飾り、茶色&白&うすいグリーンの色合いで、プチまつぼっくりを飾っています。

ヨーヨーマさん(チェリスト)のバッハを聞きながら作ったせいか、やけに静かなたたずまいのシックなリースになりました。

普通、クリスマスの飾りって「THAT`s クリスマス!」みたいな、にぎやかなものになるはずなのですが、まあ、いいか~。

レッスン日時や、レッスン費用などの詳細は近日中にブログやニュースでお知らせします。

「いろんな意味でお手軽。だけど、おしゃれ~。」を目標にかかげた特別レッスンですので、気軽にお楽しみいただけると思います。

2010年10月24日
お風呂の香り

お風呂の香り付けに、アロマオイルを使っています。

以前は、天然オイルが配合されたWELEDAのバスミルクを使っていたのですが、いかんせん、高価・・・。(ラベンダーと、森の香りがおすすめ。バスミルクのミニボトルセットもあり、ちょっとしたプレゼントや、香りのお試しにおすすめです。)

気に入っていたので、使用頻度が高く、すぐなくなります。きっぱり止めました。

今は、ベースになる入浴剤に、日替わりで、アロマオイルを1滴、2滴、足しています。

ローズウッド、オレンジ、ユーカリ。

最初から、お風呂の香り付けとしか考えていなかったので、お手ごろなオイルをセット購入。

そのときの気分で使い分けます。

どれが一番気に入っているかと言えば・・・。

最愛は、この三本の中にはなく、以前、ブログでも書いた生活の木の「ラベンダーティートゥリー」。

お客様がある日に、玄関に香らせています。

それなら、お風呂にもそれを使えば、この三本はいらないんじゃ?ということにはならないのです。

いくら好きでも、使いすぎたら飽きてしまいます。

使いすぎないことが、長く愛用するためのコツではないでしょうか。

追記:後日、ヒノキオイル・オンリーが一番だと気づきました。

Posted in 雑貨の話
2010年10月22日
生徒さん作品(挙式用ブーケ)

今日は、挙式用の生花ブーケ作品をご紹介。

花嫁様のお姉さまが、白いキャスケードブーケを妹さんにプレゼントします。

ブーケイメージのご希望は、いろんなバラが入った白~ピンクのキャスケードブーケ。

白ドレスはAラインのプリンセス系で、ティアラも正統派お姫様っぽかったので、ご相談して「お姫様風ブーケ」に決定。

私のイメージでは、「童話に出てきそうなかわいい系のお姫様ブーケ」ということで、花材を揃えました。

花材は、ブルゴーニュ、ティネケ、スイートオールド、ヴィンテージフラール、ヴィンテージパール、ユーカリポポラス、アイビー、スマイラックス。

チャペルが、ほんとうに真っ白の会場なので、ピンクが浮きすぎないように色みの異なる白バラをベースになじませ、ピンクはグラデーションも意識しました。

事前にキャスケードブーケの練習もされているので、本日は、さっそく制作開始。

ピンク色のバラを入れる分量などを相談しつつ、私の愚痴を聞いていただきつつ(昨日、ツレから「ツレの免許証を私が失くした疑惑」をかけられた。結果として私は無罪で、ツレの短パンポケットから私が免許証を発見した。)、そんなこんなで、3時間半後。

お姫様ブーケ、堂々、完成。

今晩、ご家族のお食事会があるというお話で、時間に間に合ってよかった~。

記念撮影です。

明日の挙式まで、ブーケの美しさを保つためにブーケのお世話に励んでくださいね。今晩は、「ご家族総出」で、がんばってください(笑)。

明日のお式&披露宴では、ご家族総出で泣き笑って、ビッグイベントを楽しんでくださいね!

おめでとうございました!妹さん、どうぞ末永く、お幸せに~。

2010年10月21日
生徒さん作品(体験レッスン)

今日は、お昼からブライダルブーケ用の花の水揚げをしたり、花材の検品もかねて、花を眺めたり。

仕入れたお花は、グリーンを除き、全部バラだったのでバラ三昧。スイートオールド(クリーム色のスプレーバラ)の香り最高、見た目も好き。

お花の受け取りは、午前中指定をしているのですが、東京の卸問屋から取り寄せているので、いつも11時半ころになります。

自分のお昼ご飯は後回しにして、とりあえず、黙々と水揚げ。

この夏の猛暑のせいで、希望の花材が手に入るのかなあと心配したのですが、3週間前に主要な花材は予約購入したおかげか、それとも、少しは市場が正常化してきたのか、希望のものが全部揃いました。

お花のサイズも、小さすぎるということはないようです。

さてさて、今日は体験レッスンの作品をご紹介いたします。

花材は、バラ、アンスリウム、スカビオザ、デンファレ、カーネーションです。

今回のデンファレは国産で、いつも見かける輸入品より繊細・優美な感じがします。

お花の高騰・品薄も、若干、やわらいだ印象がありました。

写真が下手で、ほんとごめんなさい。(と、制作された方に謝ってみる・・・)

夜のレッスンらしく、画面が暗い・・・。

いえ、作品自体は可憐で華があって、素敵だったんですよ。

体験レッスンされた方も「自画自賛!」とおっしゃて、喜んでいただけてましたし。

真上から撮影。

アレンジメントは初めてとおっしゃっていましたが、お花をかわいく見せよう!という気持ちの伝わるアレンジです。

どんどん「自画自賛」しちゃってください。

どこから見ても、素敵です。

アレンジメントを勉強するか、ブーケにするか迷っていらっしゃいましたが、いろいろ考えてみて、最終的には「今、おけいこしたいほう」をお選びいただければいいのではないでしょうか。

なんでもそうでしょうけど、楽しくおけいこすることが継続・上達の秘訣ですよね~。