2010年12月 のアーカイブ

2010年12月30日
裁縫熱に罹患する

どういうわけかここ二日ほど、裁縫ばかりしていました。

自分のポーチを、パッチワーク風に作ってみようと思い立ち、家にあった布を組み合わせて縫い始めます。もちろん手縫い。ミシンは持ってない。

ちょうどそのとき見ていたテレビ番組で、「お年玉の相場」というのを特集しており、姪っ子&甥っ子に、お年玉を準備しておこうと思い立ちました。

「さて、かわいいぽち袋がない・・・。買いにでかけるか?」

「いや、待てよ?探しにいったところで、そうそうかわいいものなんか、見つからないぞ。」

「そもそも、ぽち袋というものは、すぐさま捨てられる運命だ。歴代のぽち袋をコレクションしている子供なんて、そうそういないだろう。なんて市民権(←意味不明)の低いことよ・・・。そういえば、この前、通販のカタログの中に、おまけでぽち袋が入っていたな。そんな「間に合わせ」のものでいいということか?お年玉の出費だけでも痛いのに、ましてや、ぽち袋にお金なんかかける必要はないという考え方が、一般的には横行しているのか?そんな近視眼的な考え方ではいかん!」

「そもそも、甥っ子や、姪っ子などにお年玉を渡すという行為は、ダーウィンの血縁淘汰の理論からすれば・・・。」

などと、ぽち袋一つに、ひどく『壮大な憂いの気持ち』が湧き上がり・・・。

そう、ぽち袋を作ることにしたのです。

だからと言って、和紙で作ってみたところで、そんな「ワビサビ」を解してくれる相手ではない。(彼らは未就学児です。)

思いつけば、行動は早い。

手芸屋さんへ行き、子供受けする(かもしれない)単純なパターンの切れ端生地を購入。

自分のポーチは後回しにして、縫い始めます。

完成。

姪っ子の分は、裏地がイチゴ。

甥っ子の分は、ゾウさん。

甥っ子の分を、意識的に地味にしました。

かわいくすると、姉(姪っ子)に「こっちのほうがいい」と、電光石火の早業で奪われてしまう可能性があるためです。(そして、奪われた弟は、なんだか知らないが「自分が迫害」されたことだけは分かるらしく、しばし、その場で固まる・・・)

少しは、ぽち袋に市民権を与えられたでしょうか。さて?

追記:姪っ子&甥っ子に、お年玉を渡してみた。姪っ子「いらない!」、周囲の親族「もらったときは、『ありがとう』って素直に言いなさい!いらないなら、おばあちゃんがもらうわ!」姪っ子「ヤダ!」、親族「じゃあ、ちゃんとありがとうって言いなさい!」、姪っ子「イラナイ!」、親族「じゃあ、一緒にありがとうって言おうね。」、姪っ子「・・・。だって、はじゅかしいんだモン・・・。」姪っ子、若干4歳にして、「ツンデレ」のキャラ作りに成功している模様。末恐ろしい子である・・・。そして、まだ日本語を解さない甥っ子は、壁に向かってかわいく正座をし、「バリバリ」音を立てながら、無心に爪を研いでいる。その様は、猫?

Posted in 雑貨の話
2010年12月29日
ハタチになってるよね?

「ねえ、もうハタチ、過ぎてるんだよね?」

「ハタチ越えてるんだよね?」

と、石川遼くんに確認を取ったことが、過去2回、あります。

夢の中で。

こんな夢を見た方、きっといますね?私以外にも。

2回も見た人はいないかもしれませんけど。

っていうか、初夢もこれだったらどうしよう・・・。

年末、テレビに出すぎだよ。

そして、どうしたって、19歳には見えない。

ちなみに遼くんは、来年9月をもってハタチになるらしいです。

誕生日過ぎたら、ウィスキーなんかのムーディーなコマーシャルやればいいのに。

きっと、しっくりくると思う。(また若干の妄想癖が・・・。)

なぜ、今日のブログは石川遼くんネタかというと、年末に近づいたら、遼くん出演番組が増えたせいです。

「エビゾウ」、「不倫問題」、「復縁」の各種芸能ネタにはうんざり。

遼くんと、遼くんパパのエピソードのほうが、ずっといい。

私「ねえ、遼くんのお父さん、小さいころの遼くんをゴルフ場に連れて行くたびに、知らないグループに、遼くんを頼み込んで入れてもらって、一緒にゴルフするように仕向けてたんだって。社交性とか、礼儀とか、経験値を上げるためだね!自分は車の中で、ラウンドが終わるのを待っていたんだって。」

ツレ「それってさ、ただ、自分がまわる費用を節約してたんでしょ。」

私「うん、まあ、それもあるだろうけど、さ・・・。まあ、今の遼くんがいい意味おっさんなのは、ゴルフ場のオジサマ達に揉まれたおかげだよ、きっと・・・。」

Posted in 雑記
2010年12月28日
松阪牛が来た!

今晩、松阪牛(切り落とし)約1キロが、我が家に来訪されました。

ボランティア精神では、松阪牛は訪れてくれない。

かと言って、こちらからご招待するすべもない。

エコポイント、ですよ。

数日前にアイスクリームが来たのですが、おって、松阪牛が到着。

どきどきしながら、ダンボールを開封いたします。

シールを見ると、「賞味期限 2010.12.30」とあります。

・・・・・・。生肉・・・。

今、28日の夜。

どうしよう~。

今晩は仕事納めの飲み会があるため、ツレの夕飯は不要です。

私は手抜き夕飯でいいや~と思い、パスタですませました。

ここにきて、松阪牛というVIPの来訪に、右往左往し始めます。

「米、なし」、「塩、なし」な我が家に、よりにもよって、予告なしに牛肉が~。

米がないことには気づいていたのですが、荷物持ちがいる明日に買おうと思い、買ってこなかったのです。

塩は、目に見えるところにはないけれど、きっと目に見えないところにあるだろうとタカをくくっていたものの、いざ探してみたら、どこにもない。

ど~しよ、ど~しよ、と、アタフタする私の目に、商品と同封されていたパンフレットが目に入ります。

おお~、お肉の保存方法が書いてある~。

どうやら、松阪牛に対して右往左往する清貧な人間は、私だけではないようです。親切なことだ。

とりあえず、明日は、定番のすき焼き~。

その前に、肉を少し取り分けて、パンフレットに従い、冷凍しておこうと思います。

そして、牛丼などに形を変え、年明けに、嫁の「豪華なお一人様ランチ」となるのです。

追記:すき焼き食べました。あまりのウマさに感動。そして、食後、ツレはなぜか拍手していた。「ブラボ」ってことか。

Posted in 雑記
2010年12月27日
襟を作ってみた

レース編みで、洋服の襟を編んでみました。

シンプルな洋服が好きなので、たんすの中は、同じようなデザイン、アースカラーの服ばっかり。

少しは違いを出してみようと、レース編みで襟を作ることに。

ベルト風にも使えそうなデザインにします。

完成。

糸は、私が大好きな100均・・・。

制作に4日ほどかかったでしょうか。

得た教訓は、「焦っては、ことを仕損じる・・・」

終わりが見えてきたころ、喜び勇んで、モチーフを2枚も編み間違え、しかも、編むたびに確認するということをしなかったので、ほぼ完成してから間違いに気づく始末。

13枚編めばよかったのに、結果的に15枚編むことになり、いろいろやり直しをしました。

Posted in 手作りの話
2010年12月26日
アイスクリームが来た。

アイスクリーム12個が、我が家に届きました。

年末にアイスクリームをゲットするのは、2回目です。

一回目は、抽選で当たったハーゲンダッツ。何年前か覚えていないくらい、昔です。

大晦日に到着したため、「今年一年の運は、最後の日にやってキタ~」と盛り上がったことを、今でも覚えています。

そして2回目の今日、北海道の「ノルディックファーム」というところから届きました。

これは、当たったわけではありません。

エコポイントです。

エコポイントですが、申請された方で、「いったいいつになったら、交換商品が届くんだ?」と疑問に思っている方もいらっしゃいますでしょう。

参考ですが、このアイスは、9月に二種類の商品につき交換申請したうちの一つ目です。

ということで、申請から手元に届くまでに、約3ヶ月半、かかっています。

ちなみに、こういう「申請もの」には慣れているので、書類の不備などは、一切なかったと思われます。

猛暑のエアコン需要のため、夏、秋の申請は混んでいたんでしょうね。

届いたアイスです。

生乳バニラ、クリームチーズ、生チョコ、ラムレーズン、山いちご、絞りたて牛乳の6種類。

おいしいかどうか、わかりません。まだ、食べていません。

今年、北海道旅行をした際に、ノルディックファームの生キャラメルがおいしかったので、試しに食べてみたい気分になったものです。

おいしかったら、ご報告します。(特筆すべき点がなければ、書きません。)

Posted in 雑記
2010年12月24日
聖おにいさん発売日。

今日は、クリスマスイブ。

ディナーやケーキの準備をして、主婦業に非常に熱心な一日だったのですが、あさいちで用事があり、おでかけをいたしました。

これ、買いました。

「聖おにいさん 第6巻」

この表紙、素敵だなあ。

ブッダとイエスが、ケーキ屋さんで、クリスマスケーキを選んでいるようです。

今日が、6巻の発売日でした。

開店したばかりの本屋さんでは、まだ店頭に並んでおらず、通路に山と積んである状態でしたが、そこから1冊とってきて、レジへ。

それにしても、すっごい量を、本屋さんは仕入れるんですね。あれが全部売れるのかと思うと、びっくりしました。

家に帰り、1話読んでは、中断してキッチンへ。

ちょこっと料理しては、1話読むを繰り返し、いつの間にか夜になりました。

お外では、雪が降っています。

ああ、平和な一日だった・・・。

聖おにいさんを読むと、必ずと言ってもいいほど、「平和」を実感します。

Posted in 雑記
2010年12月23日
生徒さん作品(季節のアレンジメント・入門)

やった~。

ついに、ゲージどおりに編めた~!

初回の「ユルユル、ガタガタ」なモチーフとは別の形を手習いしてみたところ、まともなものが完成。

ということで、レース編みの基本はマスターしたようです。

よかった。これで、コースター、買わないで済む(笑)。

いろんなデザインのものを、さくさく編もう。

好きなデザイン・色のものを作るので、できたものに不満はないだろうし。

ちなみに上の写真の糸は100均です。100均でも、雰囲気出るなあ。

また一つ、新たな技を覚え、いい一年の締めくくりです。

さて今日は、生徒さんの作品をご紹介いたします。

昨日のレッスン分ですが、昨日は冬至ネタを書いてしまったので。

アレンジのテーマは、「白」、「お花屋さんとかには売っていない、変り種な形のアレンジ」。

私がクリスマスカラーに飽きてしまったので、白。

器は、カゴ。

このカゴは、ホームセンターとかに売っているポット売りのグリーンを買ってきて、ポットのままセットするだけで見栄えするインテリアになるので、私も重宝しております。

そんなわけで、カゴにあわせて、白+薄ピンク+ブラウン系のアレンジメントです。

このアレンジ、ちょっとだけ、春が来ています。

花材は、スイートピー、ガーベラ、菊、ユーカリ(葉と実)、オンシジウム、スプレーカーネーション、ホワイトスター、サンゴミズキ。

ホワイトスター、かわいいけど、手に持つと臭い・・・とかお話しながらのレッスンでした。

さて、教室のレッスンは、これでレッスン納めとなります。

レッスンブログを愛読していただいた方、ありがとうございました。

これにて、正月休みに入らせていただきます。

メールでのお問い合わせ、ご予約についてはお休みなどありませんので、いつでもご連絡ください。

ブログにつきましては、お休み中も、随時、更新させていただきます。

「レッスンに関係のない話」の方がおもしろいということで、評判がよいことを知っております。

蕎麦屋をやっているのに、「あんたのトコのうどん、うまいよ!」と言われているようで、胸中複雑ではありますが、我が家の年越し・正月事情などを書かせていただきますので、こたつの中で暇をもてあましている方は、どうぞ、ご覧ください。

2010年12月22日
冬至です。

今日は、一年で一番、昼間の時間が短いといわれる冬至でございます。

ゆずを買いました。

一個だけ。

お風呂に浮かべる予定です。今晩のお風呂か、明日の朝風呂にて。

でも、香りが足りないと思われます。一個ですから・・・。

ツレがゆず湯に入りたいと言っていたので買ってきたのですが、ベルガモットのエッセンシャルオイルでも、こっそり湯船に仕込んでおけば、ゆずの香りだと思ってくれるでしょうか。

今晩も夜が長いです。

せっせせっせと、レース編みの練習です。

習作がひとつ完成しました。

10.5センチの完成サイズのはずが、13センチ・・・。どんだけ、「ビヨビヨ・だるだる」なんでしょうか。

まあ、これは手習いと、編み図の読み方の研究成果なので、よしとしましょう。

普段、編み物をしないヒトが適当~に編み出して、なんとか形になっただけで、ちょっとした奇跡です。

ただ、「我流の新しい編み技」が、横行しているやもしれません。本の編み方を見ても、こま編みとか、長編みとか、結局のところ、よくわかんないんですよね~。

脇のハサミは、レース糸が切れなくて、イラッときて、新しく購入した手芸用の「見た目重視なハサミ」。

目に触れることが長い物、もしくは、ただ単に「片付けるのがめんどくさい物」は、ある程度、見た目も重視したいのです。

前のブログでも書いたように、裁縫セットは、持ち歩きのできる救急セットしか持っていない。そんなわけで、近所の手芸屋さんでお安く購入。

このハサミを買ってきてから、「糸がきれいに切れない、ただのハサミだったらどうしよう・・・。安かろう、悪かろう?」とドキドキしたのですが、綺麗にカットできて、手芸用としての役目も、無事、果たしそうです。

ところで、本日のレッスンにて、ブログの愛読者様から、「ブログを読んでいると、雑貨が欲しくなります。雑貨屋に行きたくなるんです。」とコメントをいただきました。

このブログに、販売促進効果が?

予期せぬ、効果・・・。

日本経済の景気回復のため、少しはお役に立っていますでしょうか、このブログ。

Posted in 雑記
2010年12月21日
生徒さん作品(季節のアレンジメント・入門)

昨晩、ツレが、お土産を持って帰宅。

ミスドのドーナッツ。

かわいすぎる・・・・。

ツレいわく、この袋を持っているヒトをみて、胸が「きゅんきゅんした」らしく、ミスドへ寄ってくれた模様。

紙袋に汚れやしわをつけないように、手のひらの上に袋&ドーナッツを乗せて、電車に揺られ帰宅したそうです。

そんなわけで、記念撮影。

これで、嫁「あ~、ミスドだ!。ありがとう、ポンデリングだ!ミスド、最大のヒット商品だよ。食べたかったんだ、久しぶり~。(ドーナッツを出して、紙袋をグシャグシャ、ポイ。)」ってしたら、ちょっとした悲劇で、ある意味、おもしろかったやもしれません。

が、私の場合、ツレが玄関で袋を見せるや否や、奪い取り、さっそく写真撮影をしたので、そのような事故は発生しませんでした。

この紙袋に「きゅんきゅん来たひと」は、ミスドへgo!

さて、今日は、アレンジメントの作品をご紹介させていただきます。

三角形のアレンジで、Hさんの作品です。

壁や窓際に飾るアレンジで、一方見です。

器はミントグリーン。

飾る場所の選び方や、インテリアとの相性などについてもお話させていただいた後、レッスン開始。

今回は、小さいほうが置き場所にも悩まず、かわいいということで、プチサイズ&アシンメトリーな三角形です。

とってもビューティフルな三角形!

レッスンが楽しくて仕方がないといった趣旨のことをおっしゃっていましたが、今回が、Hさんのレッスン納め。

年明けのレッスンが待ち遠しいとお話されていました。

正月休みが長くてすみません・・・。

Hさんですが、レッスンで使用しなかったあまったバラなどを置いていってくださいました(たいてい、レッスン花は余るだけの量をご準備しています)ので、明日、レッスンの方、喜んでください。Hさんより、クリスマスプレゼント!

さて、今時分のお花屋さんですが、クリスマス一色でございます。

すみっこに正月花材が並び始めています。

グリーンは、クリスマスアレンジ用のものばかりが並んでいるので、自然、クリスマスな印象になります。

季節柄、重い色合いのものが多くなってしまうのですが、花業界の「クリスマス万歳!」な赤・緑攻めに、少し飽きてきた(笑)ので、年が明けたら、チューリップや、ラナンキュラスなど、ふわふわした春のお花にシフトチェンジしようと思っています。

2010年12月20日
ドイリーを編みたい

レースのコースターが欲しくて、探していました。

ネットショップであったり、お店を見たりしたのですが、ほしい物が見つからない。

仕方がないから、自分で編もうということになり。

まず、図書館で、本を借ります。

そして、近所の手芸屋さんへ、糸を買いにでかけます。

が、見当をつけていた、欲しい糸が売ってない。

そんなとき、目に入ってしまったのが、これ。

色合いが自分好みだったので、飛びついて購入。

リネン100パーセントです。

自宅へ戻り、ふと、我に帰ります。

今まで、棒針でマフラーしか編んだことがない人間が、どうやったら、かぎ針でリネンレースを編めるというのだ?

絶対失敗する。糸がもったいない・・・。

ということで、すぐさま、100均へ。

本を開き、研究を始めます。

そして、まず、「この毛玉、糸の端はどこだ???」、「そもそも、この図面、編み出しはどこだえ?端、じゃないな、真ん中か?」。

「わの作り方?」、「こま編みって何?長編み?」。

この道のりは、相当に遠いらしいです。

幸いにも、リネンのレースドイリーにたどり着いた場合は、ご報告をしたいと思います。

ただ、「ドイリーの完成」=「いろいろなレースグッズが手作りできる技を習得」ということなので、粘り強く、ホフク前進したいと思います。(でも、途中で、レース自体に飽きがきたら、ずりずり引き返すかも・・・)

Posted in 手作りの話