2012年6月 のアーカイブ

2012年6月30日
キャッシュフローを作ってみる

昨晩は、ツレの夕飯作りが不要だったので、空き時間を利用して、ライフイベント表とキャッシュフローを作ってみました。

ファイナンシャルプランナーのまねごとをしてみます。

キャッシュフロー等は、家やお子さんが欲しい方はすでに制作済みかもしれませんが、我が家は一度も計算をしたことがなかったので、この機会にやってみます。

エクセルで、いたって適当に作ります。

期間は、ツレが65歳を過ぎるまでとします。

明けた今日、ツレに、「老後資金の計算をしてみました。この調子で、あと〇〇年働いてもらえば、「カツカツし過ぎない老後の資金」が貯まりますよ~。年金は、2ヶ月ごとに合計12万円支給という未来予想にしました。定年の年齢は変更されている可能性が高いけれど、60歳で退職した場合で計算しましたから!60歳からの25年間の生活費ってことです。あ、車の買い替え費用も計算に入ってますよ~?」と言ってみます。

するとツレ、「もう死にたい・・・。」とへこみ、自分の殻にこもります。

ツレは「生死、老後といった現実的なテーマ」をもっとも苦手としますので、会話にならないのはいつものこと。

現実的テーマ&将来の見越しを得意とする私は、「まだ無駄があるのではないか?」と疑問を持ち、とりあえず、携帯電話の料金を見直すことに。

思いつけば行動は早いので、すぐさま、近くのショップにでかけ、受付の方にプラン変更の相談をします。

利用状況を検索してもらい、判断してもらいました。

受付のお姉さん「今のプランがベストですね!」

私「・・・。そうですか・・・。あの~、インターネットと固定電話をこちらに乗り換えた場合の料金も教えて頂けますか?」

今、支払っている料金を伝えてみたところ、

お姉さん「え?安いですね?それって、段階をおって安くなったんですか?プロバイダーはどこですか?」

と逆に質問される始末・・・。

乗り換えても月6000円かかって、今よりも高くなってしまうので、検討に値しないことが判明。

見直し不要の太鼓判を押された形で、おとなしく帰宅しました(笑)。

今回、キャッシュフローを作ってみて、思いのほか安心しました。

収入を厳しく設定した上で表にしてみれば、将来に対する漠然とした不安が少なくなりますし、思わぬ出費があったとしても、目でみて収支がわかるので、その後の軌道修正も計画しやすい。

「無計画&無謀な買い物・行動」に、のちのち後悔することも、少なくなるはずです(笑)。

表のとおり、ことが進むはずはありませんが、日々を穏やかに健やかに過ごすためにも、面倒くさがらずに、計算してみるってものですね。 

 

 

Posted in 雑記
2012年6月29日
桃のリキュール

今日の長野市も、良いお天気です。

夏のボーナス日でしたので、銀行にでかけたのですが、混んでいました。

ATMも列ができており、ボーナスに絡む出入金目当てと思われましたが、シアワセそうな顔をしている人がちっとも見当たらず、子連れのお母さんなどは険しい表情で通帳を見つめており、オーラがちょっと怖い・・・。(←3歳くらいのお子さんが、2,3歩後ろで「母の背中」を眺めていた。)

日本経済の動向を肌で感じたいなら、給料日、年金日のATMに行ってマンウォッチングしてみれば、けっこう、感じることも多いですよね。

さて、今日は、最近お気に入りの飲み物について。

桃のリキュールです。

普通にスーパーに売っています。

これは200mlの小瓶ですが、大瓶も存在します。

我が家の飲み方は、リキュールを炭酸とレモンで割ります。

炭酸は、甘くないもの。

レモンは、〇ッカレモンなどの製品であって、フレッシュレモンではありません。

リキュール1に対して、炭酸3。

そこにお好みで、レモン汁を数滴垂らします。(←レモンを入れないと、まったくおいしくないです。)

少なくても、缶チューハイの桃系よりはおいしいと思うので、ぜひお試しください。

ツレに与えてみたところ、3日連続で欲しがり、「甘いシュワシュワ」と命名されています。

飲みきってしまったので、今日、また1本買ってきたところです。

そのほか、オレンジジュースで割ってファジーネーブルも試してみたのですが、こちらは甘すぎて、どうにもなりません・・・。

Posted in 料理レシピ
2012年6月28日
アーティフィシャルのプチブーケ

ほとんど「遊び」ですが、アーティフィシャルフラワーで小さなブーケを作ってみました。

レンタルのブライダルブーケを制作するときの材料より安価なものではありますが、かわいくできたような気がします。

組んだ後に、ブリキのボックスに入れます。

周囲には、ベルギーのブルージュレースを置いて、雰囲気作りします。

 制作してみて思ったのですが、アーティフィシャルって、ウェルカムボードの飾りに適していますね。

生花ですと、前日に製作しなくてはいけませんし、水切れの心配や、運送時の傷みも気にしなくてはいけません。

アーティフィシャルでしたら、挙式の何日前であっても製作できるし、傷まない。

ボードの周りに、小さなアレンジメントやブーケをセットするだけで、おしゃれなウェルカムボードができそうです。

オアシスに挿してアレンジメントにしてもよし、今回のようにブーケにして、ボックスに挿すのもアリ。

ブーケの場合は、披露宴時、お客様へのプレゼントにもできそうです。

教室では、ブライダルブーケのほかに、

■ ヘアドレス(髪飾りのお花)

■ ウェルカムボード

■ トスブーケなどの花束

のレッスンも実施することができます。

レッスン代は、1回2,100円~。

手作りウェディングを目指している方は、お問い合わせください。

 

2012年6月27日
空海のことば

図書館で借りた本を読んでいたところ、自分の気持ちにぴったりな言葉を見つけたので、覚書です。

空海の言葉は美しい。

ちなみに空海と言えども、私の中で、「宗教色」を出そうという意図はまったくありません。

「先人の教え」、「美しい日本語」といったポジションで、在り難がってみました。

以下引用。

空海「自心の迷うが故に、六道の波鼓動し、心原を悟るが故に、一大の水、澄静なり。

澄静の水、影、万像を落し(うつし)、一心の仏、諸法を鑑知す。」

正しい訳は知りませんが、「心に迷いがあるからこそ、ありとあらゆる事に不平や不満、不安を抱き、まるで湖面が波立つかのような状態に陥ってしまい、治まるところがない。心を落ち着かせて、その置き所を深く探れば波は治まり、穏やかな水面のように静かな心境で、日々過ごせるようになる。澄んだ水は鏡のように万物を映し出し、自身の目を開くための手助けとなる」ということであると、「勝手に」解釈しています。

私も過去のブログで、似たような内容の文章を書いています。

「心の風景」というタイトルでアップされていますので、よかったら、読んでみてください。

駄文と比較すれば、空海の言葉の美しさをさらに実感できます(笑)。

そのほか、ちょっとおかしみも感じられて、納得の言葉があったので、それも覚書。

空海「大きに笑い、大きに喜び、極めて怒り、極めて哀しむ。

此(かく)の如きの類、各々損ずる所多し。」

適当で、私的な訳によりますと、「喜怒哀楽の触れ幅が大きい人生。こういう生き方は、結局のところ、いろいろと損したり、方々に差しさわりが出てきたりするってものだ・・・」

この原文、なんだか冗談めいているようで、おかしみがありますよね。

空海が能書家とされるのは、ただ書が上手だったということだけではなくて、その内容や読み下したときの語呂が良かったりして、なおさら在り難いものとして評価されたのかもしれない・・・と、これまた勝手に思いました。

Posted in 雑記
2012年6月26日
手作りブーケをおすすめする理由②

では、昨日のブログの続きです。

■ 費用面について

①オーダーした場合

ブライダルブーケ(生花)の参考価格ですが、会場提携の花屋さんにオーダーすると、標準ブーケ30000円+ブートニア5000円で、35000円(消費税別)ってところが多いようです。

ただ、これは、あくまでも長野市内の披露宴会場(ホテルクラス)における参考価格ですし、高級花材を指定すれば、その分だけ高額に。

もっと安い価格で引き受けてくれる花屋さんもあると思いますが、その場合、なんだかんだで、結局「おまかせブーケ」となるでしょうから、当日、どんなものが手渡されるのか、かなり不安です(笑)。

軽井沢など、ブランディングされている地域、物価が高い地域では、もっと高いと思います。

軽井沢の場合、ブーケだけで40000円~45000円メインで作られたブーケパンフレットを見たことがあります。

②当スクールで、手作りされる場合

どのような花材を希望されるかによって、材料費が大きく変わってきます。

あくまでも参考価格ですが、「プリザのラウンドブーケ+ブートニア」を手作りされた方は、標準的に5000円~6000円でおさまる材料をお選びです。

上記の材料費は、いわゆる「定価」ではありません。

安く(定価の半額程度)お譲りできるレッスンシステムにしています。

ここに、当スクールのレッスン代を足した額が総費用となります。

③比較

「生花のラウンドブーケ+ブートニアを花屋さんにオーダーした場合」と、「プリザのラウンドブーケ+ブートニアを教室で手作りした場合」を比較すると、プリザの手作りブーケの方が、標準的にずっと安くなります。

ちなみに、材料費のお値段は、アーティフィシャル<生花<プリザの順で高額になります。

生花よりも、プリザの方が高価ではありますが、「生花は枯れてしまうからNG。プリザでブーケを作りたい方」が安く材料費をゲットできるように、レッスンを工夫しているため、材料費は、生花よりも相対的に安くご用意することができます。

「費用を抑えたい」という方は、やはり「ヒトを動かさずに自分が動く」(笑)という、地道な手作りブーケが一番ですね。

反面、「忙しいから、自分で作る時間がもったいない。費用がかかっても、信頼のおけるお花屋さんにおまかせして楽したい。」という方であれば、オーダーが一番だと思います。

オーダーの際は、「信頼がおけて、センスが合う花屋さん」を、事前に発見しておくことが大事ではないでしょうか。

■ 時間&手間について

①オーダーした場合

数分間、お花屋さんとお話して打ち合わせすれば、挙式当日、会場にブーケが届いていますので楽々です。

ただ、花嫁様によっては、この「数分間の打ち合わせ」があまりにもざっくりしすぎていて、不安になる可能性も否定できません。

②手作りされる場合

手作りされる場合、時間的には、プリザブーケであれば、1回2時間30分のレッスンを2~3回受講されて、ブートニア&ブーケが完成。お忙しい方は1DAYも可能です。

経験の有無にかかわらず、「プリザ+アーティフィシャルブーケの1DAYレッスン」が、当スクールでは一番人気。

プリザ、アーティフィシャルのブーケ材料をご自身で選びたい方は、半日、資材店で材料探しのレッスンを受講していただきます。

生花ブーケの場合、挙式日前日の1DAYレッスンのみ。

生花は教室仕入れとなりますので、材料仕入れに同行していただく必要はございません。

プリザ、アーティフィシャルにすれば、時間があるときに製作できますので、お忙しい花嫁様には特におすすめ。

■ レッスンのご相談に関して

実際のところ、花嫁様に自作をオススメすると、「私なんかが、立派な会場で使うブーケなんて作れない!」と口にされる方もいらっしゃいますが、心配はいりません。

長野のメトロポリタン、軽井沢のブレストンコートなどの大きなホテル会場で披露宴された方も、ブーケを自作されています。

当スクールでも、本番用ブーケを自作される方、3人に2人が、「まったくブーケを作ったこともないっていうか、そもそも、お花を習ったことがない。」という方ですが、教室貸切のプライベートレッスンですので、ご経験に合わせて作業していただけますし、最初から最後まで、講師もお手伝いいたします。

経験の有り無しに関しては、まったくご心配無用。

休校日である土日もレッスンできますので、「忙しすぎて、レッスンに通えるかなあ?」とご心配の方も、お気軽にご相談ください。

雑誌の切り抜きなどを教室にご持参いただいて、「こんなブーケ、自分で作れますか?」というご相談だけでもOK。

まずはお気軽にお問い合わせください。

2012年6月25日
手作りブーケをおすすめする理由①

常々、「挙式、披露宴用のブライダルブーケの手作り」をオススメしています。

このブログの読者さまや、教室にお通いの生徒さんは、おおむね「お花への関心が強めな方」と思われるからです。

たとえば、「披露宴会場提携の花屋さん」にブーケを作ってもらう場合、お打ち合わせはこんな感じです。

お花屋さん「ブーケはどんな形がいいですか?白ブーケですか?メインのお花は?バラですか?ご予算は?では、〇万円で、ブートニアは別途5000円でうけたまわります。では、次にテーブル装花ですが・・・」

私が披露宴の準備をした時期は仕事が忙しかったため、披露宴用ブーケとウェルカムボードだけ手作りし、挙式用は花屋さんにオーダーしました。

上記は、その際の会話というか、聞き取り調査(笑)の実話です。

全国展開の大手の花屋さんでしたが、上記トークは誇張ではありませんよ?

ドレス写真を見せたところで、「これだったら、なんでも合いますね。」で終了~(笑)。

披露宴準備の数ある打ち合わせの中でも、「ブーケの打ち合わせは、超短く&簡単」。

「予算だけ守ってもらって、あとは花屋さんにおまかせでいいや~、考えるのは面倒だし~。」となれば、これほど楽な展開はありません(笑)。

ただ、このような打ち合わせに、不安・不満を感じる花嫁さまも多いと思います。

こだわり派の方が、上記のような展開にご満足するはずがないと思いますので、それであれば、「最初から自作がオススメ」とお話しているわけです。

実際、「花屋さんと打ち合わせしたんだけど、あまりにざっくりしすぎ&高価すぎて・・・。やっぱり手作りしたい。」と、急遽、レッスンをお申込みされる花嫁様もいらっしゃいます。

そのほかの方法として、「前から好きだったお花屋さん・デザイナーに直接オーダーし、それを会場に持ち込む」というワザもありますが、持ち込み料がかかったり、花屋さんまで出向いて、事前に打ち合わせ・注文・支払いする必要もあります。

その手間を考えるならば、自分好みのブーケを自作して、費用を安く上げたほうが、「納得いくものをお得にゲット」できるのではないかと思います。

また、手作りブーケには思い入れができるので、挙式→披露宴→二次会と、そのブーケ1個だけを持ち続け、結果的に「2個目のブーケがなくても大満足!」で、現実問題、出費も抑えられます。

次のブログでは、具体的な費用面の比較手作りにかかる時間などをご紹介いたします。

なお、「実際に花嫁様が制作されたブーケ」は、左のブログカテゴリー「挙式・披露宴用ブーケ」からご覧いただけます。

2012年6月24日
モズの巣を発見する

今日の長野市、うす曇で、空気が乾燥しています。

朝一番で、ベランダの植物に水をあげます。

ベランダに、一週間ほど前からカマキリの赤ちゃんが住み着きました。

害虫をお食事してくれるため、今年も首を長~くしてお待ちしていたのでうれしい限りです。

方々のプランターに移動してくれるため、踏まないように気をつけています。

カマキリの赤ちゃんと、大きなクモが住んでくれると、ベランダガーデンの生態系も安定するらしいと、昨年、気づきました。

そして今朝になって、ベランダ前に、鳥の巣ができあがっていることに気づきました。

ツレが、「ヒナが親鳥にエサをねだっているような鳴き声がする・・・」というので、ベランダの窓から、外を確認します。

ツレ「そんな上じゃない、もっと下だ。下のやぶだ。去年もあの辺に巣を作っている。」

しばらくヤブを観察すると、ときおり、枝が大きく揺れています。

「あそこらしい・・・」と見当をつけて見ていると、鳥が1羽、ヤブに入っていきます。

同時にヒナ鳥がけたたましく鳴き始め、しばらくすると、もう一羽の親鳥が別の角度から巣に入り、最初の1羽は飛び立ちました。

巣は見えませんが、あることは間違いない。

私「何の鳥でしょうか?」

ツレ「(親鳥の出入りを待って)モズです。」

ということで、モズが営巣していることが確認できました。

私「鳴き声からして何羽でしょうか?」

ツレ「5羽ってとこだろう。」

というので、5羽のヒナがいると、勝手に確認しました。

ヒナの鳴き声が聞こえるたびに、ひどく和みます・・・。

Posted in 草花日記
2012年6月23日
キャンドルナイトしてみた

本日の我が家、キャンドルナイトです。

キャンドルの明かりでお風呂に入り、リビングもキャンドル2個とソーラー式ライト2個で過ごしています。

江戸時代のように、「お茶漬けでも食べて、さっさと寝よう」という気分になっています。

そんなことで、今日のブログも短めで終わり。

Posted in 雑記
2012年6月22日
針山を縫う

今日は久々に、手作りの話。

そういえば、最近はモノを作っていませんでした。

別に「面倒だった・・・」というわけではないのですが。

今日作ったのは、針山。

過去のブログにも書いていますが、私が持っている裁縫道具は携帯用ソーイングセット+はさみ+マチ針だったため、針山はありませんでした。

いつもは、木箱の蓋を裏返して、そこに針を入れて使っていたのですが、前々から、針山が欲しかった。

買うはずもありませんので、「いつか、そのうちに縫えばいいや~」と思っていたのですが、「いつか」、「そのうちに」という曜日、日付は存在しません・・・。

数ヶ月が経過し、今日に至って、ようやく端切れをあさります。

適当に4種類の布を組み合わせて、ソファーの上でチクチクします。

針が刺さればいいのだから、サイズなんて、どうでもいい・・・。

完成。

サイズを測らなかったのに、なぜか、いつも利用している木箱の蓋にジャスト。

結果オーライってことで。

Posted in 手作りの話
2012年6月22日
入会金の半額サービスについて

お花のレッスンにかかる、お得情報のお知らせです。

お二人以上で、ご入会・レッスンをお申込みされた方々の入会金は、「お二人ともに、入会金半額サービス」させていただきます。

その場合、全員が同じコースをお選びいただく必要はございません。

お一人が「アレンジメントコース」、もうお一人は「ワイヤリングブーケコース」・・・でもOKです。

「お友達やご家族で同じ趣味を始めたい!」という方は、お得な同時入会をおすすめいたします。

半額サービスの期限は、「本年の8月31日入会分まで」とさせていただきます。

ちなみに、過去に、同時入会されたお友達同士の方々は、「最初から最後まで、全レッスン、教室貸切レッスン!」を実現できました。

少人数制&フリータイム制だからこそなせる業・・・(笑)。

「気心が知れた人だけで、リラックスしてお花を楽しみたい。」という方には、ちょっとしたミーティングの場にもなりますので、貸切レッスンをおすすめします。

お飲み物でしたら、持込OKです。

その場合、教室の貸切料金はかからず、受講料は通常どおりです。

ちなみに、入会金がない短期のお試しコース(季節のアレンジメント/プライマリーコース)は、このサービスから除外されますし、他の割引サービスとの併用はできませんので、ご了承ください。

Posted in PRESENT