2013年6月 のアーカイブ

2013年6月30日
靴屋さんへゆく(上越市 なとりや)

ふと見ると、ツレが「布団と布団の間」にはまって寝ています。

胸の上に「裏返しにした枕」を載せて、微笑みながら眠っています。

ですが、このまま寝かせておいたら買い物にでかけられないので、「家の中に虫がいる!どうにかしてください!」と騒いで起こします。

さて、ツレ起床後、昨日は新潟県上越市へ行ってきました。

「海、目当てか?」、「親戚か?」とお尋ねされた場合、答えはNO。

靴です。

ツレの「通勤靴探しの旅」です。

靴に関しては、下手にケチると「なめられる原因・自分を安く見せる原因」になると思っているので、投資もOKと思っています。

いいモノを買ってお手入れすれば、長く使えることが分かりきっているアイテムですし、サイズさえ確かならば元は取れます。

「いつかはオールデンが欲しい。」とツレが常々言うので、「買うんだったら、少しでも早いほうが良い。定年間近になってから買っても、もったいないよ。革が重い靴ならなおさら。」とそそのかしておでかけです。

上越市内にツレ好みの靴屋さんがあるようなので、上越を目指します。

長野市から、高速利用で90分ほどです。

途中、高速のトンネル内で隣車線を走行していた柏のわナンバー車に無謀な車線変更&進路妨害をされて、正直、気持ち的には死にかけましたが、無事、当たることなく回避・・・(苦笑)。

ツレの反射神経と、足回りのしっかりした車に投資したことが、生死を分けた気がします。

「ぅわっぁあ~~~~~~」と叫びつつ、しっかり前車のナンバープレートをチェックした自分の冷静さが、わが事ながらおそろしい。

とは言え、「後方未確認のまま、高速で車線変更しちゃう人」のほうがもっとおそろしい・・・。

さて、お店は上越市内の直江津郵便局近辺なのですが、空き屋が多く、飲み屋街も閉店状態のお店が多くて、「さびれた感」は否定できない町に所在していました。(←誤解のないように付記しますが、私、新潟出身ですので悪意はなく、純粋な印象です。)

来店前に昼食を済ませる予定もあり、直江津駅前に車を駐車して歩いていったのですが、さびれた町並みにちょっと不安を覚えます(笑)。

お店に到着。

なとりや」 上越市中央2-5-5

こちらのお店ですが、入った瞬間に笑いがこみ上げます。

在り得ない。

なぜここに、このクオリティーのお店が・・・。

びっくりしますよ・・・。

新潟市でいえば、古町にあってもおかしくない。

東京でいえば、青山辺りにあってもおかしくない(笑)。

メインはAlden(オールデン)のお店。

言い切るには根拠があり、私達がいる間に、オールデンの靴が3足ほど売れていました。ちなみに、1足10万円くらい。

そして「来店する男性全員」が、店内一番奥にある「オールデンの棚」に直行していました。

ほかのブランドの靴(レッドウィングなど)ほとんどにホコリが積もっていましたので(笑)、オールデン対応で超忙しいのでしょう。

とにかく、オールデンの品揃えが豊富。

店主さんいわく、「Vチップは40年前から取り扱っています。流行がこんなに変わらないとは思いもよりませんでした。いいものはいいということでしょうか。Vチップは完成型と言えるのかもしれません。」だそうです。

他の男性店員さんは、「このモデルは2年前からオーダーしていて、届いたばかりのものです」と、他のお客さんに対してオールデンの棚前で接客しています。

最近の流行に乗った「付け焼刃のオールデン取り扱いショップ」とは、格が違う印象(笑)。

店主さんは白髪のおしゃれな初老の男性ですが、たとえるなら、「靴大好き~。三度のメシより靴が好き~。」的なオーラ全開。

ツレが「コードバンが雨に濡れてしまった場合、手入れってどうしたらいいですか?」とお聞きしたところ、店主さん「濡れたら、すぐにティッシュやタオルでふき取ることが大事です。私の場合、思いもよらず雨が降ってきてしまったら、近くのお店でビニール袋をもらって履き、輪ゴムで止めて靴カバーにします。ちょっと格好悪いけど、靴が濡れるよりマシです。」と、ちょっと恥ずかしそう?におっしゃっていました。

「ちょっと」どころではなく、「相当に恥ずかしい姿」かと思うのですが、要は「下手な見栄より靴は大事、濡らすなよ!」ってことですね・・・。

店主さんとのトークを楽しんだ後、ツレは予定どおりオールデンのモディファイドラスト、Vチップ購入。

黒が美しかったので、帰宅後、記念撮影。

(注:「買ったばかりなのにシワが入っている」という指摘があるといけないので付記しますが、購入を決めた後、店主さんにお付き合いいただいて、いわく「シワ入れの儀式」を店頭で行ったそうです)

高い買い物ですが、ツレが仕事に対してやる気を起こしたので(笑)、いい買い物でした。

2足目も買ってもらいたいので、「冬のボーナス期まで」は仕事に励む気になったそうです。(←ある意味、家内歩合制。)

履いてみると、とにかく足に馴染むらしいのです。

土踏まずのホールド感が良いらしい。

「雑誌などで評判は知っていたけど、やはり履いてみないと真価は分からない。」とツレは言います。

「買った初日から痛くない靴なんて、人生で初めて~。衝撃的~。これ知ったら、ほかの靴は履けない。大変なことになったよ~。」と有頂天になり、買った日の夕方、川中島のりんご畑~桃畑の間を延々とオールデンで散歩しました(笑)。

店主さんには「歩きやすい靴なので、歩きすぎに注意してください。」とアドバイスされたそうですが、これって店主さんのキャラから推察するに、足の健康に向けた発言ではなく、ひとえに「靴のコンディション維持のため」なんでしょうね・・・(笑)。

なとりやさん、「店主さんとの靴談義」も楽しいお店ですので、靴好きな方にはおすすめです。(レディースの靴もあります)

今日は珍しく、男性読者様に向けたブログ内容となりました。

2013年6月28日
レース襟(No.050)

今日2回目のアップ。

ブルージュレースのレース襟をご紹介いたします。

このレース、「あれ?こんなのあったっけ・・・」という掘り出し物的なポジション。

雰囲気があり、使いやすそうでもあるのに、うっかりご紹介を忘れていたようです。

 

レース襟のカーブが小さいタイプなので、開きが少ないお洋服にフィットします。

こんな使い方も。

 

 

ちなみに合わせたシャツはメンズです。

張りがあるタイプの糸なので、ぴしっと決まりますよ。

ヴィンテージ品。

未使用です。

 

この襟もお譲りできますので、気になる方は「レース襟No.050」で、お問い合わせください。

【お問い合わせ方法:Contactページに移動していただき、画面を下の方にスクロールしていってください。「お問い合わせフォーム」がございますので、そちらからお問い合わせ内容を送信してください。お問い合わせ前に、ブログ内の「レース襟Q&A」をご一読ください。】

【今回から、定規を当てて撮影を始めました。襟の左角が10センチのところに合わせてあります。メモリは1センチ単位。過去にアップしたレース襟で譲受検討中のものがあれば、「定規を当てて撮影してください」とリクエストしてくださいね。】

 

2013年6月28日
夜の帳が下りる頃

昨晩のことです。

19時近くなっても日が沈みきらず、薄暮のころとでも言うのでしょうか。

涼しくなり始める時間帯でもあり、なんとも良い風情です。

 

そして日が暮れ、ジャズをBGMにキャンドルを灯しつつレッスンを開始したころ、窓の外から少年の声が聞こえてきます。

なにかしらの挨拶を練習しているようです。

「今日はあいにくの雨の中・・・」と、声を張っています。

少年が活躍する舞台は、どうやら雨の予報らしい・・・。

その日の生徒さんと、少年の素性につき「生徒会長でしょうか?」「ウチの中で練習するのは恥ずかしいんだね」「思春期ですね~」などと勝手な妄想を膨らませて、ひとしきり遊びました。

それにしても、往来で声を張って練習するなんて、大した心がけです。

「がんばれ少年、好きだぞ少年。」と心の中で応援しつつ、夜は深けていきました。

今年は、すぐそばの小川にホタルが飛んでいるので、少年のランスルーはホタルさんが見守ったことでしょう。

2013年6月27日
レッスン花材

今日は、「アレンジメントのレッスンで使用するお花」をご紹介。

ミックスカラーにしてみました。

クラッチブーケ(花束)のレッスン花材で、花代が一番お安いコースのものです。

アレンジメントコースをお申込みされた場合、カリキュラムに「1回分の束ねるブーケレッスン」が含まれており、ブーケもお作りいただけます。

アレンジメントのプライマリーコースは「花材費を安く抑えたお試しコース」ですので、お花の量は、通常のアレンジメントコース>プライマリーコースになります。

レッスン時間は、通常のアレンジメントコースが120分、プライマリーコースが90分です。

両方のコースにブーケレッスンは含まれているのですが、大きな違いは、通常のアレンジメントコースは、束ねる前段階として「カラーコーディネートレッスン30分」を実施します。

色相環を眺めつつ、カラーの勉強をして、その後、束ねるお花をご自身で組み合わせていただき、90分で花束の練習。

プライマリーコースは時間を短縮したコースなので、「私がご用意したお花を、そのまま束ねて頂くレッスン」で、カラーレッスンはありません。

そんなことで、「ふたつのコースの差」について、ほんの一例をご案内しました。

迷っている方は、お気軽にご相談ください。

 

教室からのお知らせ:7月レッスンにお越しの方に、台湾烏龍茶1パックを期間限定でプレゼント!2013年の新茶です。詳しくは、「6月26日付けブログ」をご参照ください。なお、7月最終週のレッスンはお休みです。毎月レッスン受講中の方は「予約しないままで、7月のレッスン日が終わっちゃった・・・」などということがないように、ご予約・受講はお早めに~。】

 

2013年6月26日
今日は雨。

玄関チャイムが鳴り応答してみたところ、見知らぬ女性の声で、「いま、聖書をお配りしているんです。イエ、宗教の話じゃないんですけどね。」と言われました。

いったいぜんたい、何の話だったのでしょう。

一切、聞きませんでしたが。

ちなみに、宗教・販売にかかわらず、「本来の目的を隠して執拗にドアを開けさせようとする迷惑行為=ドア前の長逗留」を行う法律違反者には、リビングで転がったままのツレが吠えかかることがあります。

ドアの向こうに、声は届いていることでしょう(笑)。

我が家に対して、迂闊な営業はオススメできませんというか、やめておいたほうがいいです。

さて、本日の長野市。

梅雨らしい一日です。

アジサイのアナベルがきれいだったので撮影。

ちょこっと飾っておくだけで、雰囲気のある素敵な空間ができあがり~。

お部屋のテイストも選ばないはずですよ。

今の季節、おすすめのお花。

2013年6月26日
台湾烏龍茶のプレゼント

今日は、「生徒さんへのプレゼントのお知らせ」というか、「プチお中元」だと思ってください。

7月1日~11日までの間、レッスンにお越しいただいた方に「LUPICIA 台湾烏龍茶50g」をプレゼント。

限定数3個。

季節限定品のため、現在は販売されていない貴重なお茶です。

今年の新茶で、夏のプレゼント用にまとめ買いして保存していたものです。

オススメの飲み方は水出し。

以下、「水出し茶の作り方」。

①お茶パックに10gの烏龍茶を入れる

②水出し用のポットに1リットルの水をそそいで、お茶パックを入れ、冷蔵庫へ

③一晩待つ。(10時間は浸けて置きたいところです)

完成です。

繊細な香りなので、水道水は避けたほうが良いです。

水道水を使う場合は、浄水して、さっさと飲みきるのがベスト。

差し上げるのは若いお茶(早春茶)ですので、完成後、お茶パックを取り除かずにそのまま放置しておいても、渋くなりません。

私の場合、飲みきるまで、ポットの中に入れたままにしています。

お茶の販売元は、「完成後はお茶を取り除くこと」と、「24時間以内に飲みきること」を推奨していますが・・・。

「春の台湾烏龍茶を試してみたことがない」という方は、この機会にぜひお試しください。

人生の楽しみが、またひとつ、増えます(笑)。

1パック50gですので、すべてを水出しにした場合は5回も楽しめます。(お湯で出した場合は、8~10回分)

なお、お中元は、「ご入会いただいている生徒さん」に限らせていただきます。

夏の楽しみが増えるはずですので、ぜひ、ゲットしてくださいね~。

 

*限定数に達し次第終了。

*未入会の方・体験レッスンの方は対象外。ただし「お越しいただいた当日に、ご入会とレッスンのお申込み手続きが完了された方」は、プレゼント対象となります。

2013年6月25日
古着屋さんに思うこと

今日は古着の話。

最近、とくに思うのですが、「古着の適正価格」ってなんでしょう?

とあるショップで3000円で売っていたワンピースが、別の店では2400円で販売されていました。

双方ともに状態は良好で、買取販売のお店です。

「お客さんが買ってくれそうな価格」かどうか、なんでしょうか。

古着屋巡りも板についてきたので、ときどき、「お客をなめたような価格設定(笑)」にしている店に出会うと、本当にあきれてしまうのです。

現行品・量産品の古着に、新品定価よりも高値をつけている店があったりして、「どんだけ価格調査に不真面目で、しかも店員さんに目利きもいないの?」と不思議になります。

古物を扱う業者としてどうなの?って・・・。

古着流行で、足元を見失って迷走中なのでしょうか(笑)。

お客持ち込みによる買取店で、店で受け取って(ものによっては洗濯して)並べるだけなのに、やけに値段設定が高い店にも疑問です。

セレクトしたわけでもなく、買い付けにでかけたわけでもなく、補修作業をしたわけでもないでしょうに、なぜに強気設定・・・。

セレクト系のお店で、「あそこに行けば、おしゃれで状態のいいものが見つかる」という期待感を持たせてくれるなら、少々お値段が高くたって、センスや経費に対する当然の対価ですので、ありがたいお店と言えるのですが・・・。

まあ、おかしな買取&販売価格設定のお店は、冷静な消費者から自然淘汰されてしまうので、セール時期以外のお店はガラガラです。

色々と物申す意味もなさそうです。

ちなみに、最近のお買い物はこちら。

リネン混合の七分丈カーディガンです。

状態がよく、試着してみたら似合ったし、着回しも色々と思い浮かんだので即決購入しました。

丸襟とも、Vネックともつかない中間の襟具合がお気に入り。

500円でした。

飽きたらブルージュレースの襟でもくっつけて、リメイクして着ます。

一部のおかしな古着屋さんには、「これが古着の楽しみってものでしょ?」って、ドヤ顔で言いたい(笑)。

Posted in 古着の話
2013年6月24日
眼鏡屋へゆく

眼鏡を新調しました。

度が合わなくなったわけでもなく、眼鏡を破損したわけでもなかったのですが、古くなって塗装がはげてきて美観が悪い。

私は気にしていなかったのですが、ツレが「嫁にめがねも買ってやれないと思われたくない。新しいの、買いなさい・・・。」というので、新調することに(笑)。

手っ取り早く、近所の眼鏡屋さんに出向きます。

ありがちな、全品5250、7350、9450円のお店です。

といっても、私は超薄型レンズを必要とするため、この価格で納まるはずがないことは知っていますが・・・。

お店に入って物色していると、店員のお兄さんが近づいてきます。

オススメと言って、赤ぶちの眼鏡を差し出してくれますが、まあこれは、「その人が現在かけている眼鏡に形状が近いもので、売りたいもの」を薦めてくれるんだろうなあ・・・などと思いつつ、かけてみたりします。

現在は赤ぶち眼鏡なのです。

気分転換に黒か茶色にしようかなあと思って、いろいろと試してみますが、お兄さんは「赤が似合うと思うなあ・・・。」と私の横でつぶやいています。

お兄さん、どうにも「赤推し」らしい。

自分の顔なんて朝晩の2回しか見ませんので、自分の好みより、ツレが受ける印象のほうが重要だと思い、4点ほど候補を絞るにとどめて、その日は帰宅。

2回目の来訪時、ツレに決めてもらいます。

ツレも「赤がいい」というので、フレームを決めて取り置きし、この日は帰宅。

3回目は平日の午前中に一人ででかけて、作ってもらいました。

混んでいたため、50分かかって完成。(通常は30分と宣伝しているお店)

結局、レンズは前のものと同じ度数で、フレームも似た印象のものにしたため、「フレームがきれいになっただけ」なのですが、ありがたく使用させてもらいましょう。

ちなみに、超薄型レンズは6300円プラスでした。

オプション加工をしなかったので、12000円くらいで済みました。

今までは2万円オーバーだったので、それに比べれば安く済んだものです。

眼鏡って、こだわって選ぼうとすると、いろいろと難しいですよね。

今回はただひたすら安く仕上げたかったので、買い物も簡単でした。

Posted in 雑貨の話
2013年6月23日
シャーロックホームズの話

最近、シャーロック・ホームズのドラマを観ました。

シャーロック・ホームズといえば、グラナダTV制作のドラマ(1990年代)。

学生のころ、NHKで放送されていたのを観ていたので、懐かしく思って視聴してみたのですが・・・。

ホームズって、本当にイヤなヤツですね。

性格が悪いというか、なっていない。

依頼人に対する態度も悪いし、依頼人の屋敷において、依頼人奥さんのへそくりを発見して、それを「自分の上着のポケット」に入れたようにも見えたのですが(笑)、あのお金はどうしたのだろう・・・。

とにもかくにも、グラナダTVバージョンしか認めていなかったのですが、今回、BBC制作のドラマ(2010年代)を試しに視聴してみました。

「シャーロック」というタイトルです。

1シーズン3話で、2シーズンまでの全6話。

舞台を「現代のロンドン」に置き換えた話で、数話だけ観たのですが、テンポがよくて、おもしろい。

ホームズは、あいもからわず住居侵入や小さな窃盗を繰り返しています。

ワトソン先生は、請求書の支払いに頭を悩ませたり、日用品の買い物がうまくできない「無職の中年男性の悲哀」をかもし出しており、ホームズに振り回されっぱなしなのに、けなげに後を追います。

ホームズとワトソンの部屋もこだわった感があるし、小道具も美しい。

ホームズ愛用のティーカップも素敵で、英国アンティークかと思い、ちょっと調査してみたのですが、Ali Miller(アリーミラー)というロンドンのキッチンブランドで現行品らしいです。

あまりにアップで長く印象的に写りこんでいるため、私的には、番組との熱いタイアップ関係を疑わざるを得ませんが・・・(笑)。 

私と同様、「ホームズは、ジェレミー・ブレットしか認めていない」という方であっても、物は試しにBBCのドラマはいかがでしょう?

レンタルDVDは、お店によっては旧作料金で借りられますよ。(店によっては準新作)

ちなみに、ちょっと前にあった映画版(ジュード・ロウが出演していたバージョン)に関しては、最初から最後まで見ましたが、ジュード・ロウと絵(風景)が美しかったこと以外はノーコメント・・・。

【追記:シーズン2の第一話まで見終ったのですが、時系列が分からなくなって、戸惑いました。1話ごとに小さな謎を残す演出になっているのですが、「時の流れが複雑すぎて、なにがなんだか分からない・・・。伏線が飛びすぎて、パズルみたいだ。」と思っていたら、シーズン1の1話、2話を見終った後に、誤って「シーズン2の3話」を観て、その後、シーズン2の1話を見たことが判明(苦笑)。シャーロックを観た方なら、この戸惑いが存分に理解していただけるでしょう。シーズン2の1話目の冒頭で「なんで、3人仲良くじゃれあってるの?」って・・・。6本をまとめてレンタルする方はお気をつけください。袋に順番が滅茶苦茶にされて入っていたため、レンタル屋の店員さんにイタズラされた気分です(笑)。もう一度、最初から見直す予定・・・】

Posted in 雑記
2013年6月21日
Usedネックレスのプレゼント

使わなくなったものプレゼント」のご案内です。

前回プレゼントと間があいてしまって、すみません。

今回はネックレスです。

いつものように、無料でお譲りします!

 

お譲りするもの

ネックレス1個

■ ブランド不明です。

■ 定価は覚えていませんが、かなり気に入って使っていました。

■ トップに透明の石がはまっていますが、天然石ではなく、人工物だと思います。

 

ネックレスの状態

■ 経年・使用感はありますが、破損はありませんので、使用に困ることはありません。

 

写真】 

 

白いトップスとのコーディネート

ちょっとアンティーク調。

全体的に、いぶしたような黒味を帯びた加工がしてあるお品なので、チェーンも映えます。

 

【お譲りする条件】

① お渡し方法は、「レッスン時のお渡し」のみ。

② Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」より、引き取り希望の旨をご連絡いただき、「1ヶ月以内のレッスン時」にお引取りください。次回レッスンを同時にご予約ください。

③ ご連絡後や実物を見た後のキャンセルはうけたまわれません。

④ 「Used品に対するお問い合わせ」はご遠慮ください。無償譲渡ですのでご理解ください。

⑤ お申し出の先着順。

このプレゼントは、「当スクールの生徒さん」に限定しています。

お申込み時に未入会の方であってもOKですが、お受取日までにご入会とレッスンのお申し込みが必要になります。ご入会を決めている方のみご連絡ください。

 

次回プレゼント予告:「agete」のネックレス

準備中ですので、しばらくお待ちください。7月下旬までにはアップ予定。