2013年8月 のアーカイブ

2013年8月30日
Usedネックレスのプレゼント

使わなくなったものプレゼント」のご案内です。

前回プレゼントと間があいてしまって、すみません。

今回はネックレスです。

いつものように、無料でお譲りします!

 

お譲りするもの

ネックレス1個

■ agete

■ 定価はわかりません。

 

ネックレスの状態

■ 経年・使用感はありますが、破損はありませんので、使用に困ることはありません。

 

写真

 

 

白いトップスとのコーディネート

ちょっとアンティーク調。

トップが2個に分かれる変わったデザインです。

チェーン部分に淡水パールがついています。

 

【お譲りする条件】

① お渡し方法は、「レッスン時のお渡し」のみ。

② Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」より、引き取り希望の旨をご連絡いただき、「1ヶ月以内のレッスン時」にお引取りください。次回レッスンを同時にご予約ください。

③ ご連絡後や実物を見た後のキャンセルはうけたまわれません。

④ 「Used品に対するお問い合わせ」はご遠慮ください。無償譲渡ですのでご理解ください。

⑤ お申し出の先着順。

このプレゼントは「入会特典の一つ」ですので、生徒さんに限定しています。

お申込み時に未入会の方であってもOKですが、お受取日までにご入会とレッスンのお申し込みが必要になります。ご入会を決めている方・入会されている方のみご連絡ください。

 

Posted in PRESENT
2013年8月29日
資格取得のご案内

最近ですが、教室にお越しになる方のほとんどが「将来的に自宅で教室を開きたいので、その準備をしたい」とお話されるのです。

数年前まえでは、「現実逃避したいので、没頭系の趣味を始めたい」という方ばかりだったのですが・・・。

世相を反映している?のでしょうか・・・。

将来的に教室を開きたいという方へのプチアドバイスですが、「思いついたら、さっさと行動を起こすこと(笑)」でしょうか・・・。

女性の場合、結婚したら一度活動が止まります。

お子さんを望んだ場合は、相当期間、停止します。

要は「結婚前」か「子育てが済んだとき」にしか、活動時間が取れる保証がありません。

子育てが済んだときに介護が始まってしまったら、限りなく難しくなりそう・・・。

思いついたものの費用面を惜しんで、二の足を踏んでいる方が多いのかも?

大きな協会で講師免許を取得しようとすると、スタートからつまづきなく昇段していっても、3~4年かかったりしますし、交通費や花代なども計算すれば、総費用が200万円かかるところもあります。

金額や年数は取得しようとする資格次第です。

私の場合、いけばなは2人の先生に師事しました。

アレンジメントは先生1人。

ブーケは2人。

カラーコーディネートは1人。

インテリアコーディネーターの資格はテキストを見て独学で取得したので、先生は0人。

カメラに関しては、東京のプロカメラマンに師事することも検討しましたが、費用がかかりすぎるので諦めて独学にしました。

さっさと動かないと費用が回収できません・・・(←私の場合、最初から回収は諦めていますが・・・笑)。

先生になること自体は「お年を召したほうが有利に働く場合」もありますので、年齢が上がることは問題ありませんが、その分余命が短くなるので、数百万もかけたとしても、まったく回収できないままで人生が・・・。

当教室では「私が学んだこと&経験したことの上澄み部分」だけを抽出して、資格取得カリキュラムを組んでいます。

余計な部分は省いた「おいしいとこ取り」で、色やアレンジメント、ブーケについて総合的に学んでいただけますので、私の経験と比較すれば、確実に費用は激安(笑)。

上記のようにばらばらに通学していたら、披露宴が数回主催できてしまう額になりますから・・・(苦笑)。

当教室はフリータイム制のため、講師になるため4年は通学が必要・・・などという制限もなく、レッスン日時・ペースは生徒さん次第で自由に組んでいただけます。(例:隔週の水曜日通学等)

気合を入れてかよっていただければ、資格を取得するまで2年もかからないはずです。

「最短距離を行きたいので、手を引いて~」という方は、一度、相談にお越しくださいね。

本気の方、大歓迎です。

資格取得カリキュラムは「趣味・遊びとは異なるレッスン」ですので、心構えであったり、レッスン時間・費用に対する準備ができていない方、生活の中で優先順位を低く設定している方は不向きです。

余った時間で通学しようとか、金銭的に余裕がある月だけ通おうなどと考えると、まず続かないはずです。

ステップアップするコースごとのお申込み&お支払いですので、初回一括契約ではありません。

気が変わって途中で退会していただくことはできますが、「すでにお申込み書を提出されたコース」については、自己都合で契約破棄はできず、返金や支払い免除のお申し出は一切できませんのでご了承願います。

初回レッスンまでにカリキュラム表をお渡ししますので、それをもとに検討して、計画的にお越しください。

ちなみにご案内するカリキュラムは「資格取得に向けてステップアップしていただく順番」で、かつ「認定校資格を取得するのに必須科目」で構成されています。

「お好きなレッスンコースだけを受講して資格取得する」ことや「受講の順序を入れ替える・スキップする」ことはできません。

カリキュラム表のご用意はありますので、チェレンジしたい方はお問い合わせください。

2013年8月28日
長野県の名産品

昨晩帰宅したツレ、「今日も終電ころの帰宅であろう・・・」と勝手に帰宅予測していたのですが、意外と早いご帰宅。

玄関に入るなり、「エクリュ、忘れた~。」と通勤カバン片手にメソメソする。

昨日、ツレの出張先は松本市内であったため、松本市内のパン屋さん「エクリュ」にでかけて、アンバタやカレーパンを購入してくるのだけを楽しみに出張したのであった。

それなのに、肝心のパンを買い忘れて帰宅してきてしまったという・・・。

お昼休みにも買うチャンスはあったそうですが、グルメな同僚から「お昼に買うと、パンがかさついちゃいません?」とアドバイスされて、購入を夕方に引き伸ばしたらしい。

ちなみに、以前、伊那に出張した際は、「かぼちゃパイの店、休みだった。」と玄関で嘆き、飯田に出張した際は「ひふみやが臨時休業だった。なんのために飯田まで行ったのか・・・(注:高速バスで片道3時間の距離)」とひどく気落ちしていた。

ちなみに、エクリュのパンですが、私が推察するに「材料をけちっていないため、シンプルにおいしい」のだと思われます。

お店の方曰く、バターはよつばを使っていると言っていたので、これも意見が合う。

長野県は面積が大きく、普通なら2県に分かれるサイズ感なので、ときに出張が苦痛なのです。

隣県くらい距離が離れているのに、県内だというだけで時に日帰りを強要されてしまうこともあるので、楽しいことばかりではない。

各地の名物が慰めです。

Posted in 旅行記, 長野県
2013年8月27日
レッスン花材

今日は、体験レッスンのレッスン花材をご紹介。

体験レッスンには、

■ アレンジメント(生花)

■ ラウンドブーケ(生花)

■ ハート型ブーケ(プリザーブド)・・・経験者さま向け

があり、今日、ご紹介するのは「アレンジメント(生花)」のレッスン花材です。

各レッスンの違いについては、ブログに掲載記事がありますので、ブログの「レッスンQ&A」も含め、そちらをチェックなさってくださいね。

さて、8月というと、お花のコンディションが一年でも悪い季節(暑くて生育不良でサイズが小さい、持ちが悪い、出回っている種類が少ない、高騰しがち)ですが、季節のお花を仕入れることによってカバーしています。

私はバラ好きですが、8月は仕入れません。

1日中、窓を閉め切ってお留守にするお宅の場合、1日程度で枯れてしまうので。

以前からブログで何度もお伝えしているのですが、8月はお花の持ちが悪くなるので、お花のおけいこをお休みされることを推奨しております。

そのためレッスン日の設定も少なくなっており、下旬に数回だけ実施しています。

お仕事の都合等で、どうしても8月にレッスンに来ざるを得ない・・・という方は、そんな事情をあらかじめご了承ください。

個人的には、お花の種類が多くて持ちも良い、2~4月、9~10月のレッスンがおすすめ!

今回は夏の終わりということで、お花のコンディションが一番難しい時期ですが(笑)、元気いっぱいでこんな感じ・・・。

 

超季節限定なユウギリソウ(後ろの方に写っている白い小さな花)も手に入りました。

咲いてくると、ひょろひょろっと細い糸みたいなものが伸びてくる花です。

画像には写っていませんが、このほかにアイビーなどのグリーンがつきます。

長野市内は夜が涼しく(時には肌寒く・・・)なってきましたので、涼感を残しつつも、オレンジっぽい赤をグラデーションさせて、秋を先取りしてみました。

今回は体験レッスン用花材なので、「体験レッスン用の挿し方・デザイン」にあわせてお花をチョイスしました。

以下は、お花の教室をお探しの方で、「どこに通おう・・・」とお悩みの方にほんのちょっとアドバイス。

先生の選ぶ花が好きかどうか」が基準になると思います。(注:いけばなの場合は、お花屋さんが予算に応じてお花を組み、おけいこ日に教室へ一括配達している場合が多いので、先生のセンスは関係ないことがあります)

お花のおけいこ代は、その大部分が「材料費=お花代、器代など」ですので、センスが合うかどうかが重要ポイント。

「自宅からの距離=通いやすさ」で教室を選んだとしても、先生の選ぶ花が好みでなかった場合、次第にやる気がなくなって足が遠のく可能性がありますので、もったいない(笑)。

逆に、好みに合っていればセンスを学ぶ目的も加わるため、経済的に交通費の負担が受け入れ可能であれば、遠くても通います。

お花のレッスン代には時間に応じて標準額がありますので、どの教室も大きな差はないはずです。(注:雑誌に掲載されるような著名な先生だと話が別というか、ほとんど異次元らしいです・笑)

あとは「少人数クラスor個人レッスン(レッスン代が比較的高い)でマイペース好みか、集団クラス(レッスン代は標準)で競い合うのが好きか・・・」という点、「自分でレッスン日時を選べるフリータイム制か、その月のレッスン日が決まっている定刻開始レッスンなのか」くらいだと思います。

教室選びの参考になさってください。

明日のブログでは、「2名様以上で同時入会されたときの割引キャンペーン」についてお知らせいたします。

1年に1度の不定期企画です。

かなりお得ですし、10月にレッスン開始していただくと3月までに修了できるコースもあるので、ご入会を検討中の方はお見逃しなく!

 

2013年8月26日
使い捨てコンタクトレンズを買う

今日のブログは「どうでもいい話」。

ブログのネタ的にはこのような話を好む方もけっこういらっしゃるようなので、そういうことに・・・。

最近、使い捨てコンタクトレンズを買いました。

普段は眼鏡派なので、コンタクトレンズの使用目的はレジャーです。

私は目が悪いので、はじめて行く場所では危険すぎて裸眼になれない。

特にホテルや旅館の大浴場で困る。

安全のため、眼鏡を持って大浴場にでかけるのですが、硫黄成分が強い温泉だと蒸気だけで眼鏡の塗装を損なってしまうので、長居ができなかったのです。

今年、夏の旅行が実現すれば海辺へでかける可能性が非常に高いので、ハードレンズや眼鏡では海に入れない。

ということで、無くしても泣かずに済む1DAYの使い捨てレンズを作ることにしました。

まず、長野駅に向かいます。

駅前のレンズ屋さんで受付を済ませ、提携している近所の眼科(長野駅前の大型書店が入っているビル内)で視力検査・処方。

そして、処方箋を持って、レンズ屋さんに戻ります。

装着方法を教えてもらい、「眼球をレンズ越しに掴んで押して、レンズをはずすワザ(←おそろしい表現・・・)」を教えていただきました。

装着練習用に1セット、おまけ1セットがもらえたのですが、購入したのは右目用30日分、左目用30日分。

合計4000円未満でした。

診療報酬は1400円くらい。

最近は使い捨てレンズでも乱視用があるのですね。

私の場合、片目は乱視+近視なのですが、あえて乱視矯正をせずに、安い近視用レンズですませました。(←乱視用は1500~1800円ほど高額になります)

昔でしたら、「どうせ買うなら、多少高くなっても、自分にぴったりのものを!」という選択をしたはずですが、いまではドライに「費用対効果」を考えることができるので(笑)、間に合わせでOK。

海、温泉で乱視矯正が必要だとは思われません。

コンタクトレンズ屋さんの店員さんに、「慣れてくると、けっこう使うかもしれませんよ~、2~3ヶ月分、まとめ買いしませんか?」と営業されましたが、「1ヶ月でいいです。」とお断り(笑)。

無事に使い捨てレンズデビューを果たしました。

あとはおまけの話。

レンズ屋さん提携の眼科に行った際、「先生の態度の悪さ」が、「ブラボー」と3回ほど連呼して、手を叩きたいくらい突き抜けていました(笑)。

ちなみに、実際に私がスタンディングオベーションしたのは、「ヨーヨー・マさんのチェロ演奏」だけです。

会社勤めしていた際に長野県内で7回ほど引越した経験があるため、長野市、上田市、松本市のお医者さんにお世話になりましたが、私が受診した全市、全科の中では「ダントツ、ナンバー1」。

「こっちは忙しくて右から左でやってるから、口を開かず、さっさと診察室を出て行ってくれよ。」というオーラー全開で、実際、患者に見向きもしない(笑)。

最初から最後までコミュニケーション・説明が一切なく、医師の発言は「はい、結構です」の一言だけで、あとは出て行けとばかりにそっぽを向いてしまったので、なにを「診察」されたのか・・・(笑)。

2時間近く待って、医師と対面していたのは40秒ほどでしたが、40秒であそこまで悪印象を与えられるのは、何かの才能だと思われます。

悪印象以前に、そもそも検査・診療に対する説明義務を一切果たしていないので、なにか法律か規則に抵触してそう・・・。

ちなみに誤解があるといけませんので付記しますが、医師という職業は背負ってるものが重すぎるし、ハードワークでまともな精神状態をキープするのは困難でしょうから、「不機嫌なのが常態・標準」だと認識しています。

愛想笑いやサービスは、はなから求めていません。

大学病院で勉強して医療に専心していれば、腕と政治力は磨けても、人間味を深める時間なんてそもそもなさそうです。

ただ、人を癒す仕事を選んだのに、患者に毒と不安を撒き散らしては本末転倒かと・・・。

「お医者さんという職業の不思議」だと思うのですが、人徳を高められる人は、まるで悟りを開いたかのようにどこまでも登っていき、落ちる人は底なし沼(笑)。

昔、某国立大学の医師とお話しさせていただく機会がありました。(←診察ではありません)

超お忙しい身分であるのに関わらず、下準備ばっちりの状態で懇切丁寧に噛み砕いてお話をしていただき、しかも腰が低く、熱心。

コーヒーがないと生きていけないご様子で(笑)、あっという間に空になった自分のコーヒーカップ片手に「コーヒー、お替りどうですか?」などと言って、自らすすめてくれます。

先生にとって面倒くさい話のはずだったのに、「面倒くさい雰囲気」はまったく醸していませんでした。

ハードワークをこなしつつ、どうやったらこのように穏やかでいられるのかと、不思議に思った経験でした。

さて、当教室では不思議なことに「生徒さんの半数以上が医療関係者」という比率にあります。

「日々がストレスなので、現実を忘れて没頭する時間を持ちたい。」という理由でお越しいただいている様子ですが、そのストレスって、もしかして「自分のところの先生」が出所の方もいらっしゃるのかなと、勝手に推察しています。

患者さんに見えるところで、看護師さんのスローペースや読みの悪さを罵倒・叱責する医師もいたりします。

そんな場面に遭遇すると、「それってパワハラ・八つ当たりだよ~。」と突っ込みたくなります。

お仕事のストレスでど~にもむしゃくしゃしたら教室にお越しください。

手をしっかり動かしつつ、口も動かして、リセット後、また1ヶ月間のお仕事に臨んでいただければと思います。

「看護師さんがくれる笑顔・優しい気遣い」は、患者さんにとって即効性があります。

医師の処方箋は、そのままではなにも効果はありません。(←薬が当たっていれば、そのうち効いてくるという・・・・)

「勤務先の先生にはずれたな~(苦笑)」と思っている看護師さん・助手さんは、くれぐれも道を見失わずに。

あなたに救われている患者さんはきっといます。

最後に上記眼科の名誉のために付記しますが、「ブラボーな医師」は院長先生ではなかったようです。

「今日の医師」のプレートを見る限り、医院の名前と異なっていましたので、代打医師と思われます。

ブログを読んでくれる生徒さんは「レッスン時の答え合わせ」がお好きなのです。

今までの正答率から言うと、ほぼ100パーセント「あれって、〇〇〇〇眼科のことですよね?」と正解してしまうはずなので(笑)、一応、申し添えます。

 

Posted in 雑記
2013年8月24日
ネットの調子が悪いです

23日の22時以降、「メールで問い合わせ・申し込みをしたのに、翌営業日を過ぎても連絡がこない・・・」という方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、教室にお電話いただくか、再度、送信してみてください。

金曜日の夜、突然にネット回線が切れてしまいました。

そんなときは、パソコンの電源を落とし、NTTルーターの電源を落とし、無線LANも落として10分ほど放置して、再度電源を入れていけば、大抵の場合、解決していたのです。

今回はそれをやっても繋がらない。

「今度はパソコンか?NTTルーターか?無線LANルーターか?」とやっきになって故障原因を探っていたところ、数時間後に突然回復。

意味不明です(苦笑)。

前回はNTTルーターが「原因不明で初期化」されたのが原因で、「本来、突然初期化することはないのですが・・・」などとNTTの歯切れも悪かった(笑)。

そして、「このまま使ってみていただけます?」とお願いされた(笑)。

今回はパソコンを疑っていろいろといじってみた後、「いや待て、この展開なら無線のほうか?」と思って無線の設定をやり直そうとしたら、突然に回復した模様。

ですが、以前と様子が違うので、完全復活と言えないかも・・・。

またいつ切れるか分かりません。

そういうわけで、「メール送信したのに、翌々営業日になっても返信がない!」という場合は、当方で受信できていない可能性がありますので、お手数でも営業時間中にお電話でご確認ください。

大抵の場合、「翌営業日返信」を励行しています。

現在、8月24日午前1時33分。

いまのところ、つながってます(苦笑)。

 

Posted in 雑記
2013年8月22日
特に上質な造花を使っています

教室では、アーティフィシャルフラワー(精巧な造花)で作ったブライダルブーケをレンタルしています。

生花のブーケとブートニアが標準的に35000円前後することを考えれば、激安価格で1週間からご利用いただけます(笑)。

中には、ご興味がおありでも「造花って、ありえないでしょ?」とその品質に不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。

100円均一やインテリアショップで販売されている造花とはまったくの別物ですので、その点はご安心ください。

花材は東京の専門店から取り寄せしており、その中でも特に上質なものだけを選びとって使用しています。

一番簡単に品質を確認していただける方法は、教室にてご見学いただくことです。

教室のお越しいただき、その場でご契約していただいた方は送料無料(2013年1月5日付けブログ参照)となりますので、事前にご予約の上でご訪問ください。(注:お気に入りのブーケがある際は、そのブーケが「訪問日に在庫しているか」もご確認ください)

遠方過ぎて見学に行けない場合、以下、生徒さんとのやりとりですので、ご参考になさってください。

生徒さん「その青いブーケ、素敵ですね~」

私「最新作の造花ブーケですよ。」

生徒さん「え?それも造花?(近くに行って、造花のアジサイを触ってみる)あ、本当だ。本物に見えるんですけど・・・・・・・。」

ほぼ全員の生徒さん・体験レッスンにお越しいただいた方としている会話です。

レンタルブーケをご利用になった複数の花嫁様からも、「言わなければ、誰も造花だとは気づいてませんでした(笑)」と感想を頂戴しています。

教室のレンタルブーケは「人の目に、生花のように映る組み合わせ」を意識して作っています。

ご検討中の方で、「気になるレンタルブーケがあるので、アップ画像が欲しい」などのリクエストはどうぞお気軽に。

10月挙式の花嫁様は、2個目が半額でご利用いただけます。(*お申込み期限がありますので、ひとつ前のブログをご覧ください。)

お問い合わせ・お申込みは、Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

 

2013年8月21日
【10月の花嫁様限定】 レンタルブーケ2個目半額

毎年恒例の【10月の花嫁様へのブーケ半額サービス】をご案内します。

10月1日~31日の間に挙式される花嫁様は、「ブーケ2点目につき、半額レンタル」を実施中。

ブライダルのトップシーズンに挙式される花嫁様への応援企画です!

生花ブーケ2個を購入される場合に比べ、4分の1程度の予算で「アーティフィシャルフラワーのブーケ2個」をレンタルしていただけますので、とてもお得なサービスです。

お申込み・お問い合わせをお待ちしております。

 

■■ お申込み期限 ■■ 

「本日~25年9月9日」のご成約分まで

 

*上記期限までにお申込み・お支払い手続きが完了するように、「お見積もりのご依頼」、「お問い合わせ」をお願いいたします。

*ブーケはすべて「1点もの」。

*レンタルは先着順。

*「ブーケ2個を同時注文いただいた場合」がサービス対象。(注:追加注文は2個とも定額)

*延長料金分はサービス対象外。

*ブーケ2個は自由に組み合わせ可能。ブーケ2個のレンタル料が異なる場合、より高額なブーケを1個目としてお見積もりいたします。

*お申込み前にブログ掲載の「レンタルブーケQ&A」をご一読ください。

Contactページ下欄の「問い合わせフォーム」より、お問い合わせ・お申込みください。

 

2013年8月20日
レッスン代を銀行振込される方へ(お願い)

今日は【レッスン代を銀行振込される方】にお願いです。

ご入金期限をご案内させていただくと、「期限当日に銀行に向かわれる方」がかなり多いご様子ですが、メールでご案内するとおり、銀行振込は【遅くても、期限前日の夜までのお手続き】をお願いします。

お知らせの期限は「当方口座への着金期限=教室が最終的に入金確認する日」ですので、期限の朝9時には入金済みの状態になっているようにお手続きください。

なお、ご事情により「期限当日」にしか振込ができない方は、必ず事前に「振込予定時間」を教室に電話連絡をお願いいたします。

 

■ レッスンまでの流れ 

 「お客様のお申込み→お申込み内容の確認メール&初期費用のお振込口座のお知らせ→お客様のご入金(お申込みから1週間以内)→入金確認&お持ち物のご連絡→レッスン当日」となります。

体験レッスンやその他のレッスンお申込みに関しては、「お申込みを頂戴した翌営業日」にはお振込口座のお知らせメールを送信しています。

 

■ お支払い期限 ■

入会金やレッスン費用は「お申込みから1週間以内」に指定口座にお振込ください。

初回レッスンがかなり先である場合は、1週間以上の期限でメール案内させていただくこともありますが、その場合も1週間後には一度入金確認させていただきます。

その際に未入金の方には「期限が迫っています。至急、お振込ください。」といったリマインドメールを送信いたします。

 

■ 入金期限を経過された場合 ■

体験レッスン: 期限までのご入金が確認できなかった場合、やむなく教室判断で「無連絡キャンセル」として承り、教室から確認連絡をとったり、連絡が取れるまでお申込みを保留することはいたしません。仮に「期限経過後の入金となるように、無連絡のままお手続きされた」としても、お申込者様からその旨の事前連絡がない限り、「無連絡キャンセル確定後のご入金=違約金100パーセント」として領収し、後日の返金やレッスンのご提供、お花のお渡しには応じられませんのでご注意ください。

通常レッスン: 期限までにご入金が確認できなかった場合、期限経過を理由に「レッスン代の都度払い」はご選択不可となり、原則どおり「ご契約費用の一括請求」に切り替えさせていただきます。ご予約は一括払い後に可能となります。

 

■ ご入金後の日時変更の可否 ■

期限よりずっと早くにお振込いただいた方でも、日時変更の期限内でお花の仕入れが未了であれば、体験レッスンやレッスン日はお好きな日時に変更していただけます(電話受付のみ)。

入金が済んでいるからと言って日時変更ができなくなるということはありませんので、できるだけお早めにお振込いただき、お持ち物の準備を開始なさってください。

 

 

2013年8月19日
サマーバケーションの話

今週の木曜日から、お花のレッスンを再開します。

といっても、木曜日分はすでに受付終了しています。

来週の火曜日(27日)以降はレッスン受付中。

なお、9月の最終週はレッスンをお休みしますので、9月にお越しになる予定の方は上旬~中旬にお越しくださいね。

そのほか、「9月にブーケのレッスン(体験レッスン含む)を受講されたい方」にお願いです。

お花の仕入先が9月はほとんどお休みになるため、「ブーケレッスンを受講していただける日」がとても少なくなります。

9月のみはお申込者様から日を選んでいただくのではなくて、「こちらから候補日をご案内させていただく形」にならざるを得ませんのでご了承ください。

さて、ブログでまったく触れないせいか、「夏の旅行は?」「どこに行くの?もしかして、海外?」などとお尋ねいただくようになりました。

ツレが忙しく盆休みもなかったので、今のところは未定です。

しかも、夏の臨時収入はツレ用の上質な革小物(靴とか名刺入れなどのビジネスグッズ)に化けたので、今年はお財布に余裕がない。

私の気持ち的には「今年の夏旅行はなくてもいいか・・・仕方ない。」という感じなのですが、旅行を止めると、ツレ的には「仕事に行くために、働いている」といったつまらない状態になってしまうはずなので、旅行省略はできそうもない。

「ウミガメと泳ぐ」とか「ナイトスコープでイリオモテヤマネコを探す」などと南の島への夢を膨らませているようなので、南の島への逃亡計画を立てています。

ちなみに、数年前にも「南の島への逃亡旅行」を計画したのですが、台風2個が沖縄付近に停滞して飛行機が飛びそうもなかったため、取りやめになりました。

その際、キャンセルに絡んだ金銭的な損失は全くなく、旅行中止の判断も早くできたため、「対応がきちんとした旅行会社に申し込んで良かったな・・・」という経験をしました。

「南の島への逃亡旅行」のほかに、「伊勢とか出雲とか、小豆島、直島もいいね!」とツレが言っているので、「中国四国方面巡り案」も作成せねばなりません。(ツレはてんこ盛りが好き。そして、小豆島そうめんの黒帯が好き・・・。)

南の島案は完成したので、中国四国方面も旅程表を作り、比較検討したいと思います。

長野というスタート地は、「多少無理をすれば、北にも西にも、南にも行ける」という実に絶妙(ある意味、微妙)な位置なので、旅行の候補地が乱立しがちです。

ちなみに、旅行計画や荷造りなどの下準備はあまり好きではありません。

面倒です(笑)。

 

【追記:おいしい小豆島そうめんがあったのですが、お店を畳んでしまったらしいです。理由は知りませんが、後取りがいなかったのでしょうか・・・。ああ、残念。】

Posted in 旅行記