2014年1月 のアーカイブ

2014年1月31日
デジタルカメラの話

ツレが、おまじないのように「ボージン ボーテキ ボージン ボーテキ」とつぶやいています。

フルサイズがどうたらこ~たら・・・とも言っています。

なんのことか、お分かりの方もいらっしゃるでしょう。

そう、カメラです。

ツレの趣味はカメラ遊び。

撮影ではなくて、カメラやレンズの作例やレビューを検討して買い物すること。

忙しすぎて撮影しているヒマがないので、買い物で終わります。

つい先日もオールドレンズを取り寄せていたようです。

帰宅後、畳の部屋であぐらをかき「ねえ、どう思う?格好いいよね!」と言いながら、購入したレンズを満足げに眺めています(←この段階ですでに日付は変わっており、数時間後にはまた出勤・・・)

来月にフジフィルムから新しいカメラが出るようで、それの購入も検討している様子。

私のカメラも一緒に買い換えようと、いろいろ探しているようです。

1年ほど前に、外出用カメラとしてフジのX10を買ってくれたのですが、私との相性がイマイチなのか、どうにも思うように使いこなせないのです。

撮影時に本体で確認した際の画像と、パソコンに取り込んだとき・プリントしたときの色の差があまりにも大きすぎて、どうにも使いづらい。

別のメーカーのカメラですと、困るほどに大きな差がつかなかったのですが、我が家の機器との相性で、X10の場合は「プリントしたい写真は、この位。」「ブログアップする写真は、この位。」と明るさやホワイトバランスを相当見越して撮影しないといけないので、なんだか面倒・・・。(*撮影後、大きな画像処理はしない派です)

ツレは私が面倒がっているのを知っているため、「買い換えてあげよう!」ということらしい。

まあ、X10で足りているので断っていますが・・・。

ちなみに教室の生徒さんから、「デジカメの購入を検討しているんですが、どこのカメラがおすすめですか?」とお尋ねいただくことがあります。

複数の方から聞かれますが、分かりません(笑)。

パキっとクリアに撮影したいならココ、懐かしい色合いで表現したいならココ、人の肌を美しく再現するならココなどと、大雑把で感覚的なことであれば説明できるかもしれませんが、人によっては、将来的なレンズ展開で本体を選んでいるようです。

正直なところ、「どこのカメラであっても、人に尋ねるよりも、自分で使い慣れるが勝ち。」という気がします。

初期のころは勝手が分からず、200枚程度撮影していたのに、慣れてくれば5~10枚程度でイメージしたものが撮れるようになったりします。

毎日、同じカメラでひたすら撮影訓練し続けた場合、「このカメラなら、この角度でこれ位の光を入れれば、こう撮影される」という塩梅が、ある程度は予測できるようになると言いますか・・・。

熟達の主婦が、目分量で「我が家の味」を決められるようになるのと似ているかも(笑)。

同じ条件下の被写体でも、「このカメラならナナメ。こっちのカメラは完全な逆光。」などと立ち位置も変えたりしています。

携帯のカメラ機能が進化してしまったことで、カメラ業界は苦労されているのかもしれませんが、カメラ道って深いですよね。

こんなことを書いて、X10がイマイチなどと誤解を与えてはいけないので、X10の作例をいくつか掲載して終わりましょう(笑)。

 

 

 

 

 

シチュエーション別に、分かりやすそうなものを適当に載せました。

上記したように画像処理ソフトで加工はしていませんので、多少の+-調整以外は、まんまX10の画像です。

どことなく、懐かしいようなふわ~っとした雰囲気があると思うのですが・・・。

私の勝手な印象ですが、光が十分に取りこめる景色・建物は美しく撮影できるような気がします。

食べ物とか、比較的暗くて距離が近いものは、私の実力ではうまくいかないです。

パールネックレス(プラスチック製)を使って、かなり室内撮りは研究したのですが・・・。

 

2014年1月30日
ドレスコーディネート(ネリネのグリーンブーケ)

今日はアーティフィシャル製のレンタルブーケ最新作をドレスコーディネートしてみました。

以前のブログで、白いドレスとの相性を写真つきでご紹介しています(平成26年1月10日付けブログ)。

今回はベージュ色のドレスとの相性です。

レンタルブーケ(ネリネのグリーンブーケ)

操作を間違って、サイズが大きくなってしまいましたが、まあいいや・・・。

ということで、バラがピンクベージュっぽい色なので、ベージュドレスとの相性も良いです。

真っ白、ベージュ、両方に違和感なく似合う白系ブーケは少ないので、ご自身のドレスが白系なのかベージュ系なのかがちょっと判断つかないな・・・という方やニュアンスカラーがお好みな方にもおすすめですよ。

レンタルブーケは色別に分けて、ブログでご紹介中。

ほかにも色々ありますので、よかったらご覧くださいね。

なお、消費税増税に際し、今後、レンタル代を表記を変更させていただきます。

4月以降のレンタルに備え、早めに表記変更していこうと思っています。

ご希望のお受取日によってレンタル代が変わってきますので、お問い合わせいただいた際にレンタル代はあらためてご案内させていただきます。

2014年1月29日
リサイクルショップを開拓する

最近、長野市内で新たにリサイクルショップを開拓しました。

そのお店、存在自体は前々から知っていたのですが、日常的に歩いていこうと思える距離にはないので、今まで足を運んだことがなく・・・。

しかも、ちょっと怪しげな雰囲気なので(笑)。

今回、のぞいてみたのですが、おもしろい。

品揃え、ぐちゃぐちゃです(笑)。

リサイクルショップというと、店によっては「これはお買取できない」などと行って、モノによっては買い取りを拒否することもありますが、ここのお店、なんでもあります。

いわゆる骨董と言われるような日本の古道具もありますし、海外のブランドバッグもある。

とは言え、特徴的なのは「飲食店が閉店する際に処分したと思われる備品」が多いということ。

同じ柄の皿であったり、業務用のキッチン用品などがいっぱいありました。

業務用メインかと思えば、ウエッジウッドのカップ&ソーサーなんかも置いてある。

そして気になったのは、歌川豊国の浮世絵(3枚画)。

額に入った状態で35000円の値段がついていました。

「さてさて、これは本物かね?」と思いつつ、帰宅して色々調べ、後日、出直してみたのですが、どうやら三代目豊国っぽい。

浮世絵はいまのところ趣味ではないし、特に熱い視線を注いでいるわけでもありませんが、以前、浮世絵は見たことがあります。

箱根の骨董商の方とおしゃべりした際に、国芳だと言って、奥から浮世絵を出して見せてくれました。

3枚画の1枚だけが入手できたそうで、1枚で5万円だそうです。

人物のおなかの白抜き部分に目立つシミが出ている浮世絵でしたが、それでも5万円。

すごい差ですよね。

絵師によって時代の流行り廃りがあり、それによって市場価格が変動するので、「値段はあってないようなもの」と骨董商の方がお話されていました。

最近は国芳が人気だそう。

もちろん、三代目豊国も国芳も、どっちも手を出していませんよ(笑)。

浮世絵は不勉強につき、手を出すレベルではありません。

真贋も分からないし、適正価格がどうかも判断できませんから。

そもそも2つとも、好みの絵ではなかった。

浮世絵に手を出したくなったら、神田の古本屋街にでも行ってみたいと思います。

Posted in 雑記
2014年1月28日
幸福のチョコレート

今月末くらいから、バレンタインのチョコ商戦、本格的に始まるタイミングでしょうか。

ツレに「これ、最近の愛読書なんだ~。」と言って、1冊の冊子を披露します。

するとツレ、顔色を明らかに変えます。

はて?と思い、見守っていると、

ツレ「・・・・・・・・・・・。びっくりした~~~。宗教かと思った!宗教なんかにはまったら、離縁するからね!」

私「いやだな~。商売としての宗教なんかに、はまる理由がないよ~。」

私が持っていたのは宗教ではなく「チョコレートの通販カタログ」なのですが、言われてみれば布教活動で新聞受けにポスティングされている宗教冊子とサイズが一緒。

タイトルは「幸福のチョコレート」。

「チョコレート」の文字が私の手で隠されていたようです(笑)。

ちなみにこのカタログ、申込み期限はとっくに切れているのに、まだ捨ててない。

チョコレートって、ある意味、宗教的かもしれませんね?

はまるとなかなか抜け出せないし、抜ける必要性も感じない。

信仰(嗜好)していれば、とりあえず、その日はシアワセです。

チョコの詰め合わせをいただくことがありますが、毎日大事に1個ずつ食べるので、1ヶ月はホクホクで過ごせます。

そういえば、毎日箱に手を合わせてから、食しているかも・・・(笑)。

チョコレート取締法が存在しなくて良かった。

Posted in 雑記
2014年1月27日
会合に参加してみた

週の初めはどうでもいいようなことをネタにしているので、以下、「どうでもいい話」。

昨晩、町内会の会合に参加してみました。

以前のブログでも書いた気がしますが、町内会の役員当番だった方が途中で転居されてしまい、欠員が出ました。

義務がないのに町内会仕事を立候補する人がいるはずなく、ツレが残りの任期分の役員をボランティア精神でやっているのです。

普段はツレが会合に参加していますが、あいにくと本日は休日出勤中・・・。

2日連続の休日出勤にも関わらず、会合の時間までに仕事が終わらないと連絡が入ります。

仕事を中断して会合に参加し、夜間、勤務先へ戻るという・・・。

無給→義務ナシ町内会→無給という、そんなナイナイ尽くし(笑)の中で、本来、休日の日に右往左往するのもおかしな話です。

無理が祟り過ぎれば、正規の勤務時間中、パフォーマンスに影響が出ます。

「会合は私が参加する。」と宣言して、でかけてきました。

結論から言いますと、最初からツレに参加させることはなかった。

ゆるいです(笑)。

遅刻してくる方も3名ほどいらっしゃいましたし、「ダル、ウザ・・・。」というオーラをまったく隠さない方もいらっしゃいました。

ツレよりも、私が参加したほうが場の空気にマッチしていますし、会合は1時間ほどに渡りますので、1時間もあるなら睡眠を取らせてあげたい。

夜の12時近くに帰宅したツレに「残りの会は全部私が参加する。」と言い切って一日が終わりました。

 

Posted in 雑記
2014年1月26日
モモンガに夢中になった

以前、長野市内の某ペットショップでフクロモモンガを見たのです。

大変にかわいらしかったのですが、ゲージの中にウジャウジャいて迫力でした(笑)。

最近になり図書館にてモモンガの飼育本を見つけ、自宅で熟読します。

飼いたい・・・(飼わないけど。)。

そもそも飼える住環境にないので、絶対に飼うことはありえないのですが、モモンガ、可愛さと反比例して、いろいろと手間がかかるようです。

*夜行性なので、夜に起きて活動しだし、子犬のような声で仲間を呼んで、夜間にかなり騒がしい。

集合住宅であれば、この時点でNG確定なのですが、まあ、以下も続けます。

*グルメ・偏食で、メニューば多種多様にせざるをえない。

*珍しい動物の種類にはまるので、診てくれる獣医師さんが少ない。

*夏は冷房、冬は暖房がフル活動。

*いたるところで排泄して、そもそも体臭が臭いらしい。

*好物は昆虫で硬い部分は残す

ということらしいです。

しかも寂しがりやさんで、夜中に数時間も遊んであげないと心の病になるおそれが・・・。

我が家は現段階であっても、慢性的に睡眠時間が少ない生活を送っているので、明らかにムリ。

すっぱりきっぱり諦めたのですが、本にたびたび明記してあった「逃亡のおそれ」という部分には疑問が残りました。

以前、ツレが某動物園にて「飼育員の1日体験」をしてきたのです。

これは動物園のイベントで、入場料を動物園に納めた上での無料イベントだったような気がするので、報酬などはもちろん発生しません。

ツレは「クマさんのご飯準備・・・カモシカの檻の中に入り込んで、生息区域内に植わっている木からドングリを収集する。」とか、「コノハズクのご飯準備・・・冷凍のエサ用ヒヨコを・・・・・・・(←引く方もいらっしゃると思うので自主規制)」などの仕事をしてきたそうです。

その際に、飼育員さんから「起きたムササビを散歩に連れ出す」という仕事を与えられ、一緒に園内を歩いてきたそうなのですが、ムササビはツレの肩と頭の間をチョロチョロ移動するだけで、逃亡の気配なんてなかったそうです。

赤ちゃんの頃から飼育員さんの手で育てられた個体だそうです。

プロが育てたしつけのある個体で多少寝ぼけていれば、逃亡のおそれなんてないのかな?

それにしても動物園の引継書を読んでみたい。興味津々。

 

Posted in 雑記
2014年1月25日
2013年に美味しかったお茶

1月もそろそろ終わりです。

今日は完全に備忘録。

2013年に美味しかったと思えたお茶の覚書。

茶園シーヨク(ダージリン)の夏摘み・・・マスカット風味

茶園キャッスルトン(ダージリン)の春摘み・・・コゴミを茹でたような香り(笑)

ただし、これが「2014年も同じ味わいか」と言われれば、そうでもないんだなあ~。

台湾ウーロン茶が好きで、毎年、毎シーズンごとのお茶を購入して、季節ごとの変化を楽しんでいるのですが、正直、2013年の早春茶はまったく満足できなかった。

自然のものなので、年によって味わいが異なります。

2013年は①のシーヨク夏摘みが極上においしかったのですが、現在はなくなってしまい、カラーレッスンや自宅開業レッスン時にはご提供できません。

今年も購入しようと思っていますので、夏摘みを狙うなら「2014年9~10月ころ」の受講がおすすめです。

春摘みなら「2014年5~6月ころ」。

講義型のレッスン(花を使った作業がないレッスン)でご提供しますが、特上品はグラム数が少なく、すぐになくなるので、先着順となります。

そのほかには、2012年に生徒さんのお一人から「ルピシアのラ・バニーユをミルクティーにすると美味しいですよ。」とおすすめいただき、約1年後の発売を待って購入してみたのですが、確かにミルクティーにするとおいしいです。

ストレートで飲むとイマイチだったのですが、チャイみたいに牛乳で煮出して、シナモンと生姜のすりおろしと砂糖を足してみたら、格別においしくいただけました。

バニラのスティック入りなので、飲み終わった葉は天日干ししてトイレの芳香剤にも使えます(笑)。

ちなみに、その方からルピシアお好きですか?と聞かれたのですが、色々なお茶が選べるのが利点でしょう。

フレーバードティーの良さはいまだに分かりませんし、アールグレイに関しては、私の感覚ですと英国の某老舗が圧倒的に勝っているかと・・・。

当教室では、お茶ワンポットが付いているレッスンがあり、毎回異なる茶葉をご提供します。

お茶好きな方には、レッスン以外にも、いろいろお楽しみいただけますよ。

お茶は台湾烏龍茶や、ジャスミン茶、中国茶、世界各国の紅茶、コーヒー等、いろいろあり、事前にリクエストいただければお抹茶も出せますが、上記のように一般のカフェでは提供していない特上の茶葉もご用意あります。

特上茶葉をカフェで提供しようとしたら、1ポット2000円くらい?もっとかな?

まあ、私の道楽なので・・・。

2014年1月24日
美術館情報(2014年 春)

長野は冬真っ只中ですが、すでに春の展覧会について調べています。

すでに見に行くことを決めているのは、こちら。

開山・栄西禅師 800年遠忌 特別展「栄西と建仁寺」

場所: 国立博物館(平成館 特別展示室)

会期:   2014年3月25日(火) ~ 2014年5月18日(日)

前々から、国宝の風神雷神図屏風  俵屋宗達筆が見たかったのです。

国宝ですので、そうそうカンタンには展示されない。

展示に名分が必要なのでしょうが、「栄西禅師 800年遠忌」って、800年記念ってあまりにも壮大(笑)。

数年前から展示される機会をうかがっていたので、見逃すはずがありません。

会期前半に朝駆けします。

そのほかには、茶の湯の道具を拝見したいのです。

東の京へ行くべきか、西の京へ行くべきか。

長野からですと、東京へ行くにも、京都へ行くにも、距離的にはさほど変わりありません。

どちらも1泊の宿さえ取れれば、思いつきででかけられる距離です。

東京ならば、

*畠山記念館

*静嘉堂文庫美術館

*三井記念美術館

*出光美術館

京都は

*北村美術館

*樂美術館

*野村美術館

*細見美術館

どちらに行くか全然決めていませんので、各美術館の展示内容も調べていません。

あくまでも、この中から絞るということで。

私のリサーチが不十分なのはわかっていますが、今年の春は、いまのところピンとくる特別展が見つからない・・・。

その分、2014年の秋は期待できるのでしょうか。

鋭意情報収集します。

 

Posted in 旅行記, , 西
2014年1月24日
「困った人」の見分け方

お付き合いというのはそれなりに深めていかないと、その方の個性であったり、相性は判断できないですよね。

とは言え、深入りしない前に身を引きたい「困った人・・・」というのは必ずいらっしゃいます(笑)。

それは、相性とか、好き嫌いの問題とは別次元。

いろいろな方面で被害を被る前に積極的に距離を取りたい、推定心の病の方・・・。

できれば初対面の際に「対応に用心してかかるべきか否か」くらいは判断できるといいのですが。

そうすればお付き合いの方向性を早いうちから探ることができますし、付きまといや依存等の被害も防ぎやすくなりそうです。

思うに「病」に関して自身に責任の一端もなく、初対面時からすでに罹患されていた人であれば、同情心からお付き合いを継続する必要はないと考えます。

他人の同情一つで回復するほど浅くも甘くもないはずで、無責任な関わり方は傷を深くしたり、お互いのためにならないと思うわけです。

この「困った人」の見分け方に関して、一つ、法則を見つけました。

「初対面の人に対して、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・人」、これがアウト。【注:今後のためにネタバレできないので自主規制。】

これって、普通に相手を引かせる行為だと思っているのですが、私が言いたいのは「気持ち的に引く」以上に、「本気で大変なことになるから、さっさと距離を置いたほうが良い」ということです。

間違っても「壁がなく正直な人」などと、好意的に解釈してはなりませぬ(笑)。

ちなみに、その際の相手のテンションは判断基準にはならないようです。

明るく笑っていようが、暗くうつむいていようが、どっちも同じくデンジャラスです。

私の観察によると、今までに「この法則にぴったり当てはまる方」はお二人いらっしゃって、お一人はおそらく被害妄想気味で、更年期障害も絡んで極めて情緒不安定な状態にあったと推定。

もうお一人は後日の言動からも総合的に判断して、人格障害というか、いわゆる虚言癖をお持ちの方でした。

おそらく「嘘を重ねているうちに、虚実が自分でも分からなくなっている本物」と思われました。

双方ともに、対人関係でなにかしらのトラブルが発生した場合、「自分に非がある」などとは思いもつかないのではないでしょうか。

前者の方は、事の成り行きや他人の行為すべてを悪意にとらえたりして、トラブルの本質を見つめることもなく、「なぜ、自分ばかりがこんな目に遭うの?」などと解釈されるのでは?

後者の方は、そもそも空想世界を愛しているので、「自分にとって都合が悪い現実」を突きつけられると「聞いていない」、「知らない」、「自分の理解が及ばない」、「やってない」、「言ってない」などと支離滅裂な状態になって、話題をすり替えようとしたり、最終的には得意の虚言を弄して相手を貶めるはずです(笑)。

双方ともに正常な関係を結べる状態にありませんし、後者の方は虚言よりももっと深い病かもしれませんので、そもそも行為能力や責任能力があるのかどうか素人判断できません。

被害妄想の方はすぐに分かったのですが、虚言癖の方は見抜くタイミングを数回逸してしまい、後顧の憂いを取り除くため虚言の証拠を複数手元に残した上で、安全・友好的に距離を取るべく下準備して実行しました。

虚言については「初対面から見抜けていればよかった・・・」とかなり反省しましたが、それにより今回の法則を得ることができたので、勉強にもなりました。

前者にしろ後者にしろ、ご縁を結んで継続していくには「お互いの信頼・信用」がベースになりそうですね。

精神についてはまったく詳しくないので、これ以上は書けませんし内容の正しさも保証できません。

あくまでも私の備忘録です。

ただし上記は、法則というか、経験則みたいなものなので、あながちハズレでもない気がしています。

自主規制した「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」の部分については、レッスンにお越しの生徒さんにしか話しません(笑)。

気になる方はレッスンの際にお尋ねください。

バラしてしまったら法則として今後活用できなくなる恐れがあるので、ブログでは伏せます。

 

Posted in 雑記
2014年1月23日
【2013年 ランキング】 レンタルブーケのお貸し出し回数

通勤前、ツレが「(シゴトが)苦痛だ・・・。もう旅に出ようか?」と言い出します。

旅に出るとは「旅行」のことではなくて、「放浪」のことを意味します。

放浪なのに嫁を連れて行く気なんだね?と思いましたが、島のような暖かい地に行きたいようです。

長野の冬は長い・・・。

さて、1月も終わろうとしているので、「2013年1月~12月 レンタルブーケのお貸し出しランキング」をお送りしようとしていたのです。

その原稿書きの準備として、レンタル回数を調べてみたのですが・・・。

ランキングが作れません。

なぜなら、複数のブーケがすべて1回ずつレンタルされてしまい、言うなれば、何種類かが全部1位なのです。

どうしよう、ランキングにならない・・・。

ということで、一部の写真を掲載して終わりにします。

レンタルブーケ(ミックスカラーのハートブーケ)

 

レンタルブーケ(赤バラ白バラのキャスケードブーケ)

レンタルブーケ(アジサイの青いキャスケードブーケ)

レンタルブーケ(白ユリバラのオーバルブーケ)

ということで、2013年のお貸し出しランキング?でした。

2013年は「レンタルブーケの見学会」も1回実施しました。今年も実施するかもしれません。

レンタルブーケですが、教室へのご入会はしなくて大丈夫です。未入会のままご利用いただけます。

1週間からのレンタルでブートニア付き。日数の延長もできます。

ご希望日の指定で宅急便配送していますが、当方では念のため1日早く荷物を出荷していて、伝票上の受取日はご希望日時にしています。

レンタル詳細は、ブログの「レンタルブーケQ&A」および各ブーケの商品ページをご確認くださいませ。

お問い合わせ・お申込みは、上記Q&Aをご一読いただき、コンタクトページ下欄の「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。