2015年3月 のアーカイブ

2015年3月31日
花束レッスンについて

昨日ですが、飯田市(県の南部)で桜が開花したようです。

長野県にもいよいよ桜前線が到達。

長野市は北にありますので、まだまだです。

ちなみに善光寺には回向柱(ご開帳のための柱)が到着したそうです。

長野市松代から人力で引っ張ってくるのです。

上人様が「グルメとかに興味がある方が多いようですが、仏様を拝みに来るといった気持ちでお越しくださいね」といった趣旨でコメントされていましたよ。

確かに春の旅行気分が先立って、「長野市内のおいしい蕎麦店」とか「おやきって何?」とか最初に調べてしまいそう(笑)。

さて今日はレッスン案内。

「季節のアレンジメントコース」をお申込みいただいた場合、6回のうち1回は花束を作るレッスンを取り入れています。

通常、5回目か6回目です。

お花屋さんのように花束を作ります。

このレッスン、花を束ねるだけでなく、「お花を選ぶところ」から始めていただきます。

通常、お花のレッスンというと、「講師が選んだ花材」をそっくりご利用いただく形が多いかと思いますが、この回は「ご自身でお花を選び、組み合わせていただくところ」から始まります。

とは言え、いきなり「さあ、選んでください」と話を振られても困るはずですので、まずはカラーレッスンから。

最初の30分で組み合わせ方に関してレクチャーし、講師が組み合わせ方法をいくつか実演します。

その後、ご自身でお好きなようにお花を組み合わせ。

選んでいただいたお花をもとに、講師が花束の作り方を実演します。

花束を組む練習を何度かしていただき、満足いった花束をラッピングし、レッスンは終了です。

この回は、お一人当たり15種類ほど花材をご用意して、お花屋さんのように並べています(*材料費につき追加料金は発生しません)。

ほとんどの方が「花束を組むのは初」ですが、最初はうまく束ねられなくても、練習すれば確実にうまくなれます。

花の組み合わせ方法も学べますし、ほとんどの生徒さんが「これで、お花屋さんでバイトができますね~」と喜んで帰られるので、この回のレッスンは人気です。

長年教室に通っても、花の組み合わせ理論についてレクチャーを受けない限り、お花屋さんへ行っても自力で選べなくて困るんですよね・・・。

全6回という、かなり初歩段階でお花の組み合わせ方法も勉強できますので、「季節のアレンジメントコース」は総合的にお花を勉強されたい方におすすめです。

ちなみに同じくアレンジメントをお勉強できる「プライマリーコース」は入会金なしのお試しコースにつき、花の組み合わせ指導はカリキュラムに含まれておりません。

レッスン時間も短く、指導内容は「アレンジメント技法のみ」です。

また、材料費を一番抑えたコースですので、お花は使い切る量をご用意するため、「季節のアレンジメントコース」の生徒さんが行っている「余った分のお持ち帰り」もありません。

詳しくはブログの「レッスン案内」に記載がありますので、ニーズに合わせてお選びください。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。半額サービスご希望の方は、本年3月19日付けのブログの説明をご一読ください。4月に入会手続きのためにご訪問いただいたり、体験レッスンの受講を希望される場合、希望日時がお決まりでしたら、お早めのご予約がおすすめです。

2015年3月30日
ベージュリップを探した話

今日は男性読者様には「まったく共感いただけない話題」にしましょう。

リップ(口紅)の話です。

世の中には数多くのリップが存在しますが、今現在、自分に似合うリップは1本しか見つけられていません。

昨年、苦労して探しました。

本当に大変でした。

そもそも美容費にお金をかけない生活を送っているので、化粧品に関して「失敗・お蔵入りの買い物」はしたくないわけです。

テスターしまくって、ようやく見つけました。

男性からすれば、「どれも一緒じゃないの?」って感じかもしれませんが、まったくもって「一緒ではない」です。

ベージュであっても、ピンクよりの色だったり、オレンジよりであったり、微妙に色は違います。

その方の肌色によって、馴染む色、似合う色は異なりますし、あえて言うならば、ファッションや流行にもよります。

パール成分が入っている場合、金色系のパールを入れるのか、それとも別の色のパールを混ぜるのかでも印象は違います。

体質によっては、パールが入っていると唇がぴりぴりして受け付けない方も存在します。

世の女性というのは、あの膨大な量の商品の中から「自分に似合う色や成分を見つける作業」を予算に応じてこなしているのです。

私は1本しか使っていないため、いい加減、2本目を探そうと思い立ち、ヌーディーなベージュを探すことにしました。

肌色っぽいベージュって、「探そうと思い立ったことがある」という方はけっこういらっしゃると思います。

そして、途中で挫折した経験もあるのでは?(笑)

あの系統、顔色が悪くなるんですよね・・・。

そもそもオレンジ寄りでもなく、ピンク寄りでもないヌーディーカラーのベージュって、扱っているメーカーがそれほど多くないので見つけるのも難しい。

ドラッグストアや○ンズなど、美容部員さんが存在しない売り場でまずは探しましたが、ヌーディーカラーのベージュって少ないですし、あっても顔色が悪くなりました。

あとは対面販売。

私は百貨店の化粧品売り場が苦手です。

他人にアドバイスを求めるのも時に大切ですが、私の経験上、見極めのセンスがよく、メイクの腕も良いと思えた美容部員さんは、某ブランドで一人しかお会いしたことがありません。

微妙なアドバイスをもらいつつ渡り歩くことはしたくなかったので、「私が欲しいものを売っていそうなブランド」を絞ります。

ルナソルの看板商品であるスキモデの色みからして、あそこならベージュが充実してそう。

昨日の話ですが、駅前に行く用事があったので、ついでに見てきました。

予想どおり、ベージュが充実。

3本、タッチアップしていただいて、23番に決めました。

ちなみに23番はポスターモデルがつけている色だそうで、タッチアップしてもらっている最中に、「あのポスターの色、綺麗ですね。」と話を振ったら、「今お試しの色がそうですよ、これです。」と言われました。

パールなどが入っていないマットな肌色ベージュなのですが、顔色が悪くならないのです。

私がつけた場合、ポスターほどにオレンジ寄りにはならず、肌色っぽくシックになりました。

このほかに、ほんのり桜色寄りとか、赤寄りとかいろいろあったので、ベージュ目当てでお店を渡り歩きたくない方には、ルナソルのリップがおすすめできそう。

ここでオチなのですが、私が購入を決めた23番、お店は在庫を切らしてしまったそうです(笑)。

正直なところ「土日に在庫切らしたら、化粧品売り場は商売にならないでしょ!?」と突っ込みたいくらいですが、金曜の夜に飛ぶように売れたのかもしれず仕方なし(笑)。

とは言え、このときまで切れていることに全く気づいていなかった様子で、やはり手落ちだったらしい。

「すぐに発注します。お取り置きさせていただきますね。すみません。」と焦っておっしゃるので、「急ぐものではありませんので大丈夫です、また来ます。ただ、次にいつ来られるかはわかりません。」と言って、お店を出てきました。

化粧品をフルライン使いする方って、きっと「探すのが面倒」なのでしょうね?

ブランドの垣根を越えたら、商品数は膨大です。

同じブランドであれば色味が統一されているので、色選びもカンタンですし。

ああ、探すの面倒だった。

本気で面倒だった。

駅前まで取りに行くのも面倒なので、また、なにかの「ついで」にしたいと思います。

リップ1本のために、駅前まで出て行くほどの情熱はありません。

化粧品選びを楽しめる方はいいですね。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。半額サービスご希望の方は、本年3月19日付けのブログの説明をご一読ください。4月に入会手続きのためにご訪問いただいたり、体験レッスンの受講を希望される場合、ご予約は3月中からお受けできます。希望日時がお決まりでしたら、お早めのご予約がおすすめです。

Posted in 雑貨の話
2015年3月28日
久しぶりにテレビをちゃんと見た

ツレと一緒に、某国で開催された世界フィギュアをテレビ視聴しました。

○づる君が滑り始めると、ツレ「見てられない・・・。」

ツレは興味がなさそうに見えて○づる君寄り。

会場の歓声がスゴイです。

極端な話、腕ひとつ上げただけで歓声が上がりそうな勢い(笑)。

私「なにがエライって、このファンの多さだよね。大量のぷーさんが投げ込まれるよ、見ててご覧。」

演技終了。

大陸からの愛を込めて、リンクが黄色く染まります。

ぬいぐるみの数は多く、中にはご本人にも「ハグして!」の勢いでぶつけられます(笑)。

私「確実にぷーさんの売り上げに貢献してるよね。」

ツレ「ニセモノ臭いよね。」

私「(笑)あんなに大量のぷーさん、どうするんだろう?あ、今、会場の人が黒いビニール袋に端から詰めてた!(得点を待つ間)それにしたって顔色がますます悪いなあ・・・。ムリを重ねないで休めばいいのに・・・。日本の企業はずいぶんスポンサーについてるね。これ、○づる君が出ないってことになったら・・・。」

ということで、好き勝手言いながら視聴を終えました。

ツレのイビキが聞こえてきます。

○づる君が終ったら、速攻で寝始めたようです(笑)。

Posted in 雑記
2015年3月27日
コインロッカーの場所(長野駅付近)

ツレが「○○の壁が白すぎたかも・・・。」と自分の仕事を顧みているようです。

建物に関わらずなにかを新設する際、色や素材、サイズを決める作業があり、いろいろ検討しても、「印象」など実際に出来上がってみないと分からないこともある。

ツレには「どうせ雨風で汚れるから、白すぎても問題ないよ。」とフォローしましたが、「その白さ」に心を砕くのは、ここ1世紀では白鷺城の監督さんや発注担当者さんの上を行く人は存在しえないでしょう。

修繕完了おめでとうございます。

電車内から実物を拝見しましたが、本気でがっつり白く、美しいですね。

さて、用事があって長野駅まで行ってきましたので、コインロッカーの場所を追記しようと思うのですが、その前に長野駅の話。

混雑していてちょっとストレス感じました・・・。

人が少ないのが「長野のいいところ」なのに、いたるところで列ができています。

10時開店のびゅうに9:40に行ったら、すでに6番目くらいだったので、1巡に入れずに開店後も30分ほど待ちました。

別のお客さんは「ここって、いつ来ても1時間は順番を待ってるわ。」とおっしゃっています。

「長野のびゅうでは、ひたすら待つ」ということが一般常識として浸透してきたのか(笑)、みなさん、開店前もかなり早い時間からお越しのようです。

開店時には、ぱっと見で15組ほど列ができていました。

隣のみどりの窓口はすでに開いていましたが、敷地内からも人が溢れて、外の通路に列ができていました。

みどりの窓口を尻目に金券ショップに向かったところ、後から来たサラリーマン達が「みどりの窓口に行ったら人が並びすぎていて、全然ダメ。」と言いながら、金券ショップでチケットを購入されていました。

みどりの窓口はびゅうと違って回転はいいのですが、窓口が4つしかないのです。

トラブルによって1つが停滞したり、一時的にクローズすると、残りは3つだけ・・・。

駅の規模に対して窓口が少なすぎで、この状況は自明の理。

リニューアル当初、「え?窓口の数、これが最大???本気?」と思い、お隣にある「びゅう」との壁の施工具合をチェックしたくらいです(笑)。

JRは利用者数を見越した上で窓口の数を設定したはずなので、敷地面積の割り振りとか営業戦略とか、裏事情を知らない私にはなんとも言えませんが・・・。

さて本題のコインロッカーの話。

まずもって、改札を出て右側が善光寺口(正面口)。

左に出ると東口(裏口)です。

コインロッカーは善光寺口にある駅前交番の左横(駅ビル1階の中)に1箇所あります。(4月8日追記:交番の右横に臨時ロッカーが設置されていました)

そして、東口に向かう途中(改札と同じ階=2階)に1箇所ありました。

このほかに、善光寺口から駅ビルミドリの地下へ下りる階段を下りきったところ(無印良品の店舗に繋がる階段)にも1箇所ありますが、ここは規模が小さすぎて、すぐにいっぱいになってしまうはずです。

ここがいっぱいだった場合、そのまま地下通路に入り込み、ながの電鉄(地下鉄)の改札前まで来れば、改札正面に1箇所あります。

一番の穴場はここだと思います。

ガラガラでした。

やはり穴場ロッカーというのは地下に存在しますよね。

ということで、改札から徒歩5分以内の距離にあるロッカーで、本日気づいた分はこれだけです。

春に長野観光にお越しいただく場合、本当に混雑すると思いますよ。

どこでも並ぶと思います。

以前もブログに書きましたが、客も店員もみんながのんびりしているので、本気で回転が悪いです(笑)。

都会であれば、混雑に対応するための体制が整っていますし、お客も店員も回転率の向上に協力しあうことも場所によってはありえますが、そんな力は働かないと思ったほうがいいかも・・・。

チケットとか、事前購入できるものは、購入してからお越しいただいたほうがいいと思います。

この春、長野市民が顔を合わせると言い合うネタの一つですが、駅周辺の混雑に対して、「これ、4月になったらどうなるの?(意味:4月5日になって善光寺のご開帳が始まったら、人が増えてどうなっちゃうんだろう?)」。

そこはかとな~く「ひとごと感」が漂うコメント(笑)。

【4月8日 追記:臨時のコインロッカーが設置されていました。場所は長野駅前交番の右横です。左横がトイレで、トイレのさらに左横が駅ビルの入り口になっていて、入り口を入った右手に正規のコインロッカーがあります。】

 

Posted in 旅行記, 長野県
2015年3月27日
ウィスキー談義②

JAPANウィスキーの人気が高まっているそうで、サントリーやニッカの一部商品が品薄のようですね。

先月、近所のお店5店舗ほどへ出向き、ウィスキーの価格調査をしたのですが、山崎700mlは1店舗で在庫2本しか見かけませんでした。

今となっては、そちらにも在庫はないはずです。

どこも見かけないので、出荷できる分が一時的に終わってしまったんでしょうね・・・。

4月から白州、山崎、マッカランなどが値上がりすることは、先月のブログに書きました。

価格調査した際、偶然にも山崎12年を長野市内の酒屋で発見したので、ツレを喜ばせるために買いました。

これも品薄のようで、ネットで調べると10000円を超えているお店も・・・。

私、6170円で買いましたけど・・・。

まさに「足で稼いだ」という形。

安かったですが、ボトルも間違っていませんよ。

以前から山崎は飲んでいるので間違えない。

バニラから始まって時間の経過とともに香りが次々と移り変わっていったので、普通に本物と思います(笑)。

ツレと「バニラだ!」「ホワイトチョコ。」「ナッツ。」「こんどはキャラメルだ!」「全体的に安息香とかココナッツ?」などと言いながら楽しみました。

ベランダでミントも育て始めたので、値上がりする前に白州も買いました。

2~3月にウィスキーをまとめ買いしたので、今年に関しては、もう1本も買いません。

ツレには「フロムザバレル」を通常の2~3倍に薄めて飲んでもらい、ときどき山崎12年とか、夏になれば白州のミント入りハイボールにしようと思います。

この前、山崎12年をケチケチシングルでツレに提供してみたところ、「・・・・・・・・・・。いくらなんでも、もうちょっと入れてくれませんか・・・。」と言われました(笑)。

私「バーでオーダーすれば、1杯1200円+チャージ料ですよ。」

ツレは「サントリーの普通のソーダはイヤ。山崎プレミアムソーダかアサヒのウィルキンソンがいい。」と言うので、炭酸水をゲットするのも大変です。

ミントはアップルミントの苗にしたのですが、夏を迎えてから「アップルミントじゃない!香りが違う。去年のミントがいい。」などとツレが言いださないことを祈ります。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。半額サービスご希望の方は、本年3月19日付けのブログの説明をご一読ください。

Posted in 雑記
2015年3月26日
Used パンプスのプレゼント(終了しました)

今日はUsed品プレゼントのお知らせ。

季節柄か、Used品を教室に並べると、すぐに引き取っていただけます。

いつもリユーズにご協力いただいてありがとうございます。

さて今回は、残念ながら私には合わず、着用していない靴(ほぼ新品)があります。

生徒さんにお譲りします。

いつものように無料です。

 

お譲りするもの

パンプス(アイボリー) 1足

 サイズは、普段23センチ前後を履いていらっしゃる方に向いています。

 

状態

■ 目立つ汚損はありません。着用数回ですので、ヒールも磨り減っていません。

■ 素足では一度も履いていません。

■ 箱はないので、持ち帰り用の袋をご持参ください。

写真

履き慣らしの段階で諦めた靴です。

綺麗すぎて古着屋に持ち込むことさえもったいなく感じるので(笑)、どなたか履いていただける方がいらっしゃったらご連絡ください。

お譲りの方法

① お渡し方法は、「レッスン時の手渡し」のみ。

② Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」より、引き取り希望の旨をご連絡いただき、「1ヶ月以内のレッスン時」にお引取りください。お受取日が分かるように、次回レッスンを同時にご予約ください。

③ 「Used品に対するお問い合わせ」、ご連絡後や試着された後の「キャンセル・返品」はご遠慮ください。無償譲渡ですのでご理解ください。

④ お申し出の先着順。

このプレゼントは「入会特典の一つ」ですので、ご入会済みの生徒さんに限定しています。

未入会の方がプレゼントを希望された場合、お断りすることはいたしませんが、入会手続きも同時にお取りいただくことになりますのでご了承願います(注:ご入会は、お申し出後の自己都合キャンセルはできませんのでご注意ください。)

「入会済みの方」もしくは「同時入会を希望される方」のみご連絡ください。

今回は靴ですので、「即決はせず、履いてから判断したい」というご連絡もOKですが、その場合、当日キャンセルの可能性もあると思うので、お取りおきはいたしません。

お越しいただくまでの間になくなった場合、ネット上で「終了しました」と明記するだけで個別連絡はしませんのでご了承ください。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。半額サービスご希望の方は、本年3月19日付けのブログの説明をご一読ください。

2015年3月25日
長野駅から善光寺まで歩くと・・・

善光寺ご開帳が近いので、「長野駅から善光寺まで、歩くと何分かかるか?」を調べてみました。

30分かかるそうです。

正直、「え?そんなにかかる?」って感じ。

私はいつも長野駅から歩いています。

遠く感じてはいませんでしたので、「歩くのが当然」でした。

私より年配者の方と善光寺に行く場合はバス(片道150円)に乗りますが、一人で行くときはいつも徒歩。

昔は片道100円だったので、たま~に一人でもバスを利用することもあったものの、もう乗らない(笑)。

ちなみに長野駅前のバス停から10分程度で最寄バス停(善光寺大門)に到着し、そこから本堂まで歩いて5~6分くらいです(注:ご開帳時には歩行者天国になったり、4月は長野マラソンがあったりするので、一時的にバス停の場所が変わるかもしれません)。

徒歩の場合、道はまっすぐなので迷子になりようもありません。

外国の方から道を尋ねられても、すでに「徒歩」と心に決めて歩き出している方にであれば、指差して「Go Straight.」で説明が済むレベル。

行きは途中から「登り」になります。帰りは下り。

どうしてこんなことを調べたのかと言いますと、オリンピックの時もそうでしたが、人が増えると、「善光寺までの道のり」を尋ねられることがあるからです。

うっかりと「嘘」を教えてはいけませんので、事前に調べてみたわけです。

私の感覚だと、徒歩20分くらいでした。

片道40分程度であれば、歩いて移動することを厭わないタイプなので、私の心の中でハードルが高く設定されていたようです(笑)。

お荷物がある場合、20分と30分では大違いでしょう。

調べておいてよかった。

ちなみに駅前交番の横に公衆トイレとコインロッカーがありますよ。

荷物が大きすぎて入らない場合とか、ロッカーがいっぱいの場合、駅ビル2階(改札と同じ階)の奥にクロネコヤマトの窓口があり、手荷物預かり1個500円と書いてありました。

このほかに穴場のロッカーも存在するはずですが、本日現在は調べていないので分かりません。

今度、駅前で調べる機会があればブログアップしますね。

穴場ロッカーって、知っておくと本当に便利ですよね。

新宿駅そばに建つビル内で穴場ロッカーを知っていますが、いつ行っても空きがあって安いので、大変重宝しています。

新宿は駅構内が広すぎて、構内のロッカーまで取りに行くのが面倒になるので・・・。

長野の場合、駅前に無料の鍵付きロッカーが存在していて、その位置を知っていますが、明らかに観光客用ではないので場所は伏せます(笑)。

「無料の鍵付きロッカー」などというと、ちょっとダークな匂いすら漂うものの、怪しげなサービスではありません。

某ビルに存在する顧客専用ロッカーということです。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。半額サービスご希望の方は、本年3月19日付けのブログの説明をご一読ください。

2015年3月24日
4月は入会金が半額になります。

もうすぐ新年度ということで、お電話でも入会のお問い合わせを頂戴しております。

「体験レッスンお申込み」や「ご入会手続きのための訪問予約」は「電話申し込み」も可能ですし、「お問い合わせフォームを利用したネット申し込み」も可能です。

お電話で申し込みを希望される場合、ネット申し込みと同様に「お名前」「ご住所」「電話番号」「メールアドレス」「ご希望の来訪日時」「来訪目的」をお知らせくださいね。

営業時間中(平日13~20時)であっても、花の仕入れで外出しているときがありますので、お電話に応答できないことがあります。

ネット申し込みは24時間365日受付ですので、お忙しい方はネット申し込みがおすすめです(*返信は平日のみ実施)。

さて、4月にご入会いただきますと、入会金が半額になるサービスを毎年実施しています。

今年も実施しますので、詳しくは3月19日付けブログをご一読ください。

そちらに半額になる条件など、詳しい説明を書かせていただきました。

このサービスは「4月に教室を初回来訪されて、その場でご入会とレッスンのお申込み&初期費用のお支払いをいただいた方」に対するサービスです。

「お申込み前」にお問い合わせを頂戴した場合は、「3月手続きではなく、4月手続きにすれば入会金が半額になってお得ですよ。」と実際にご案内もしているのですが、3月中にネットや教室でお申し込みいただいた場合、受付を中止することはありえませんので、そのまま「3月受付=入会金は定額」となります。

ブログには「ご入会者さま特典」などいろいろお得情報がありますので、お時間ある際にチェックなさってみてください。

なお、4月の最終週は混みあうことが予想されますので、4月のご訪問やレッスン予約はお早めに。

4月29日は祝日ですので定休日。

翌30日は電話受付・メール返信・ご入会手続きなどの事務は行いますが、定休日の翌日であるため、体験レッスンを含む全レッスンがお休みです。

ご予約前には必ずスケジュールページのカレンダーをご覧いただいて、その月の営業日やレッスン日をお調べいただき、その後にご予約の連絡をお願いいたします。

 

2015年3月23日
東京・上野の桜が咲きそうです

今日は日本国外にお住まいの読者様に向けたネタです。

国内では当たり前のことしか書いていませんので、国内在住の方は読み飛ばしていただくのが適当かと思われます。

東京・上野の桜が、今日にも開花しそうな気配らしいです。

朝のニュースでやっていました。

ここで言う「桜」はソメイヨシノのことを指しますし、日本国内で「桜の開花情報」というと、イコール「ソメイヨシノの開花情報」を指すことが多いので、ソメイヨシノ以外の早咲きの桜については、すでに上野恩賜公園で見ごろを迎えている木もあるそうです。

ちなみにソメイヨシノは、ごくごく薄いピンク色の桜であって、花びら一枚だけ見るとほとんど「白」ですが、木全体として見れば薄いピンクの花に見えるといった感じです。

桜は品種によっても開花時期は違いますし、同じ品種であっても木の植わっている位置・地域によっても開花のタイミングは異なります。

お日様が当たる部分から開花していきますので、普段、日陰になっている場所に植わっている木は開花が遅く、日当たりサンサンな木はさっさと咲いて、さっさと散っていきます。

東京の上野恩賜公園では「本日開花か?」などと言われていますが、長野市街地ですと例年4月中旬に開花し、長野市内でも山に登って標高を高くすれば、5月初旬も咲いていたりします。

「開花し始めて、どれくらい経ったら見ごろになるのか?」というのも気になりますよね。

気温とお日様の当たり具合によります。

開花しても、曇天続きで気温が低いと満開まで時間がかかりますし、「明日は満開か?」とワクワクしていても、当日の朝から雨が降って風が強いと、「・・・・・・。いつ、満開だったの?」と突っ込みたくなるくらい、「あっ・・・」という間に散ってしまいます。

この「どうにもならない無常観」がお花見の醍醐味かと思いますので(笑)、満開の桜に出会えた春はラッキー・天の恵みと言えましょう。

国外からお越しになる場合、「せっかく桜目当てで日本旅行を組んだのに、桜の開花が微妙だった・・・」ということも普通にありえますが、地域を変えれば咲いている可能性がありますし、「その日だけの美しさ」はどこにでも存在していると思うので、見方を変えて春を楽しめたらいいですね。

「すでに花が終わっていた。花びらのじゅうたん・・・」だったとしても、日本文化の底に流れている「無常」をさっそく体感したとも言えそう。

ちなみにブログを書いている窓の外では、朝から雪が降っています。

「桜の花吹雪サイズの雪」です。

東京と長野は220キロほど離れていますが、一方では桜が咲き、もう一方では未だ雪が舞います。

こんなことからも、日本旅行で見ごろの桜に出会うのはラッキー・・・という意味がご理解いただけるかと・・・。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。半額サービスご希望の方は、本年3月19日付けのブログの説明をご一読ください。

Posted in 旅行記,
2015年3月21日
春の東京で買い物するプラン

「お花見、どこに行こう?」と具体的な検討を始めました。

すぐに得た結論として、「東京に行くならば宿泊しない。日帰り。」ということです。

桜の季節、金土日はどこもホテルに空きがありません。

かろうじて空いている場所は「法外にお値段が高い」です。

もちろん、すでに埋まっているホテルも「それなりに高い」はずですが、何度も東京で宿泊していて、エリアやホテルのランクごとの相場は分かっているので、この価格帯ならば、バカバカしくてとても出費できない(笑)。

ちなみに昨年は普通に予約が取れましたし、お値段も普通でした。

4月5日から善光寺でご開帳もありますので、長野に続く道は道路も混みそう。

ということで、東京に行くならば「新幹線日帰り」にすることにしました。

高速バスと宿泊は避けます。

プランとしては、長野始発(あさま号)の新幹線に乗り込み→上野下車でお花見散歩→ツレの靴を銀座、有楽町、青山辺りで探し→時間があれば新宿で買い物し→東京から新幹線の自由席に乗る予定。

北陸新幹線になって本数が増えたので、「東京から乗る場合、ホームで自由席の列に並んで、空いている席に座ればいいや~」と案外気楽です。

東京はメンズファッションの開店時間が遅いから、こういったプランにならざるを得ないんですよね・・・。

教室からのお知らせ:4月は入会金が半額になるサービスを実施します。詳しくは、3月19日付けブログをご参照ください。

Posted in 旅行記,