2015年12月 のアーカイブ

2015年12月31日
ローストビーフの作り方

30日にローストビーブを作りました。

完成品を発見したツレ、リビングでラップにくるまれたローストビーフ1本を掴んで離しません。

私「今日は30日だから。食べるのは大晦日と元旦だからね。」

ツレ「今日、食べる。」

ビーフで綱引きする夫婦・・・。

ということで、レシピを覚書です。

材料:黒毛和牛モモ400g(宮崎県産)、ピンクソルト小さじ3分の2、黒コショウ

肉ですが、当初予算は900円でした。

豪のお肉を予定していたものの、スーパーで実物を目にした際、真っ赤な筋の塊と網目のように霜降り状態の和牛。

予想通りに豪は900円。

和牛は2400円。

それでも「私が妄想するローストビーフ」には、和牛しか選択の余地はありませんでした。

開店1時間以内の10時にでかけたものの、和牛モモのブロックは残り1パックだったので危なかった・・・。

ちなみにその日、お肉屋さんでは和牛モモが100g980円でしたが、スーパーで見つけたほうがおいしそうに見えていましたので、買い物は成功したようです。

どんな肉をゲットできるかは重要。

さてレシピです。

①肉を常温に戻す

②塩を全面にまぶして、黒コショウを振る

③フォークでざくざくと穴をあけて、さらにすり込む

④紐2本どりで、お肉の横と縦方向に巻いていく(*この作業の間、塩がなじむ)

⑤大きい鍋にお湯を沸かす

⑥鉄フライパンから煙が出るまで温め、油(我が家はグレープシードオイル)をしいて、お肉の表面に強火で焦げ目をつける

⑦お肉をラップで二重に包み、ジップロックで二重につつんで完全密封状態に

⑧沸騰した鍋にお肉を入れて、重石になるお皿などを載せて、ぐつぐつと沸騰状態で煮る。3分ほど。

⑨火をとめて、重石をしたまま20分放置(室温低めの日。ここは冬季の長野です)。

⑩鍋から出して、お肉のジップロックを濡れていない袋に交換して、その上からタオルなどで包んで、優しく常温まで戻す

⑪ジップロックに入れたまま、冷蔵庫で冷やす

完成です。

レアすぎるのはイヤなので、周囲はしっかり火が通り、中はピンクが理想だったのですが、初めて作ったので出来具合は食べてみないと分からない。

そして、31日に実食。

キンキンに冷えたお肉を夜の室内灯で撮影したので、全然おいしそうに写っていませんが、火の通り具合や肉のチョイスの参考になるので、来年の調理のために写真アップ。

ツレ「いままで食べた、どのローストビーフよりもウマイ。うまい。」

私「(内心:来年も作ってもらおうと思って必死だな。)そう・・・・。」

話半分でツレの感想を聞いていたものの、私の味覚をもってしても、今まで食べたどのローストビーフよりもおいしかったです(笑)。

おいしさにおいてぶっちぎりなので、比較の余地はない。

ソースなしで食べられる塩味にしましたが、お好みで安曇野産のわさびをのせてみたり、赤ワイン+バルサミコ+はちみつ+醤油を鉄フライパンで煮立てたものをつけてもおいしいです。

バルサミコソースは甘めにしたほうが合います。

私「これってお肉の実力だよね。お店とかホテルで出すものだと、材料費とか仕入先とかいろいろ制限があるから・・・。これ、お店で出したら、1切500円越えだし。」

ツレ「まだ(冷蔵庫に)あるんだよね?うまい・・・。」

ということで、せっかく作るなら和牛で作りましょう。

今回、学習したこと。

ローストビーフ、すべては肉次第です。

Posted in 料理レシピ
2015年12月30日
お正月食材を買いまわってみた

主婦らしく、お正月食材のお買い物ネタです。

長野市内の某スーパーにて。

私の前のお客さん、14000円ほどお支払いしたようです。

私の次のお客さん、20000円を越えたそうです。

どうして金額を知っているのかと言えば、お客さん「はぁ~、2万円、行っちゃったよ~~~。しょうがないねえ、お正月だし。」とご主人らしき方にこぼしていたからです。

みなさん、同行したご家族に出費額を打ち明け、年末の痛みを分かち合っているご様子。

ほかのスーパーでも、「うわ~、たっかい。いるものだし、仕方ないよね。」とおばちゃん達がブツブツ。

ちなみに30日に3箇所を買いまわりました。

長野市内の○ルヤ、全般的に高いです。

お正月のご祝儀値段って感じです。

お魚やお肉など生もののパックは、1パック1000円からって感じ。

長野市内の○○市場、どういう事情か知りませんが、野菜類が通常運転です(笑)。

いつもとお値段がほぼ一緒です。

鮮魚類は○ルヤとほぼ同額。

肉類は○ルヤより少し安い印象。

長野市内の○急、いつもどおりに通常運転+@でお高いです。

佐渡産の寒ブリが1切れ3500円でびっくり。

今年、佐渡の寒ブリは豊漁だとか聞いたような気もしますが、山を越えて長野に入ってくると、1切3500円なんですね(笑)。

鮮魚のコーナーで若い女性店員さんが「お安くなっております。」を連発して呼び込みしていましたが、「買いまわり術に長けた主婦達の耳」には空々しく響くでしょうねぇ・・・。

まあ、値段なりに、おいしいんですけどね。

そのほかにもう1箇所にも行きましたが、だいたいにおいて、各店は足並みを揃えている印象でした。

ということで、年末は諭吉先生が飛躍するときです。

私も30日の買い物だけで、諭吉先生一人をやむなく差し出しました。

これは予算どおりのお買い物。

「30日のスーパーでは、諭吉一人はやむを得まい。」と前から覚悟を決めていて、諭吉先生に100円足してお支払いしてきました。

主婦って、暗算していなくても、30品越えの点数をカゴに投入しようとも、お会計額が「会計前」に分かるものなのですよ。

消費税が8パーセントに値上がりした際に、この感覚、一度は完全に狂いましたが・・・。

料理に慣れてくると、「バター20g」が計りを使わなくてもピッタリ切れるようになるのと一緒です。

ツレが言います。

「買い物するときは、スリに気をつけて。○光寺にも来てるからね。」だそうです。

私「それは、『寒いから、もうムリ~。入れて~。』って言う、刑務所志願なの?」

ツレ「いや、あの人達はどうやら違うみたいだ。」

私「稼ぎどきってことか。」

みなさま、外出時は油断なく、お財布にはお気をつけくださいね。

Posted in 雑記
2015年12月29日
おせち計画 2016年

本日から教室はお正月休みです。

主婦らしく、おせち料理について計画します。

好きなメニューしか作りません。

*紅白なます

*新潟の雑煮

*田作り

*えびのうま煮

*煮豆(黒豆は全員が嫌いなので青豆)

*ローストビーフ

*煮しめ

*ぶりの照り焼き

こんなところでしょうか。

ローストビーフは長年にわたるツレのリクエスト。

今回が初調理ですので、「お肉の値段がいくらであろうが失敗は許されない。火を通しすぎずにアルミホイルとか、土鍋とか、発砲スチロールかなんかで蒸すんだよ。分かっているね?研究しておいてね。」と気合を入れられています。

買出しが面倒ですが、上記リストを見つつ、メモを作りたいと思います。

ちなみに田作り、カンタンでおいしい方法があります。

材料:ごまめ、干しえび少量、白ゴマ、砂糖大さじ1、はちみつ大さじ1、醤油大さじ1。

①電子レンジ500Wで1分30秒、ごまめをチンする。

②鍋で干しエビを軽く炒って(*こげないように)、ごまめ、白ゴマとあわせ、調味料を絡める。

完成です。

作業が「朝飯前」って感じです。

そして、長野に来てまで新潟の雑煮を作っていますが、これがおいしい。

どんなにおいしかろうが、かたくなに1年に1回しか作りません。

1年に2回以上作ったことは、これまでの人生で皆無です。

1日で完食しますので、365日で1日だけのメニュー。

元旦の朝に作り、雑煮が新年1回目の食事になります。

「雑煮を食べられる」ということは、1年を無事に生き延びた証です。

スペシャル感は大切。

Posted in 料理レシピ
2015年12月28日
2016年レッスン初めのご案内

今朝の長野市、今季一番の冷え込みだったかもしれません。

すべてが凍りつくレベルです。

冷え込み厳しい中、本日が仕事納めの方も多いはずで、1年お疲れさまでした。

教室も一緒です。

明日29日よりお正月休みに入らせていただきます。

本日が今年最後の営業日ですので、氷点下であっても、着膨れしてレンタルブーケの発送にでかけます。

今年1年、ブログをご愛読いただきありがとうございました。

休業期間中はときどきブログアップするかもしれません。

オーダーいただいた花冠のご紹介もする予定ですが、パソコンの電源を入れない日もあるはずですので、毎日の更新はないです。

2016年の開校は1月15日から。

レッスン初めは1月19日です。

例年、1月上旬~中旬も開講していたのですが、ご予約が入るのは1月最終週のレッスンからになると経験で分かったので、2016年の1月上旬~中旬は冬季休業させていただきます。

1月レッスンにお越しいただいた方には、「昨年中はありがとうございました。また新しい1年をどうぞよろしくお願いします。」の感謝の気持ちを込めて、お年賀風?にプチギフトをご用意しております。

お越しいただいた方全員分のご用意がすでにありますので、先着順とかは関係ないです。

冬に役立つようなオーガニックコスメとか紅茶缶。

なし崩し的に新年のレッスンを始められるよりも(笑)、きっちりと1月受講されたほうが「お稽古始め」の気持ちが整いますので、1月にお越しいただけるスケジュールの方はお待ちしておりますね。

休業中、ご予約はいつでもネットから行っていただけます。(*教室からの返信は営業日のみ)

本日の夜以降に頂戴したメールへの返信は1月6日。

それ以降に頂戴したメールへの返信は1月15日以降に順次です。

冬季休業中は返信までに時間がかかります。

お急ぎの方は本日中のご連絡をお願いするとともに、あらかじめ教室の休業日をご承知の上で送信なさってください。

お問い合わせ希望の方や、新規のご入会を検討中の方は、ブログに各種Q&Aも詳しく掲載していますので、そちらをご参考になさってください。

2015年12月25日
ニット帽を編んだ

編み続けていたツレのニット帽、完成しました。

途中、気に入らなくて、最初からやり直したりしました。

オーダー内容は「紺色。ゆるすぎない帽子。てっぺんがとんがりすぎるデザインはNG。」

完成したのは23日の夜。

試しにツレにかぶせてみます。

頭が大きいのでドキドキです。

私「入った!入った~。どう、きつくない?孫悟空の輪っか並にキツイ?」

ツレ「ぴったり~。あったかい。」

と言って、そのままコタツに入って、寝転がってしまう。

髪を切ったばかりで頭が寒かったらしい。

いまさら、「クリスマスプレゼントですから、脱いでください。」とも言えず、クリスマスには間に合いましたが、クリスマスプレゼントにはなりませんでした・・・。

私「『私がお経を唱えるとニット帽がキツくなる』とかいう特殊機能はついてないので、安心してかぶってください。」

ツレ「・・・・・・。」

ということで、今日はニット帽の話。

流行は抜きにして、ニット帽は必ず冬季に愛用します。

寒がりだというほか、健康上の理由からです。

ニット帽って、似合う形と似合わない形が確実にありますよね。

お顔に一番近い色になるので、色選びも重要。

頭の形次第では、模様やゴム編みの間隔も気になります。

私の場合は顔周りに濃い色が似合わないので、ベージュや白のみです。

ベレー帽など、横方向か縦方向にたるみがあるデザインが似合い、丸くぴったり頭部に沿うタイプは似合わないと知っている。

今回、自分で編んでみて思ったのですが、果たして既製品の中で「自分に似合うニット帽」というのは見つけられるのだろうか・・・などと疑問に思ってしまいました。

私の帽子はすべて母の手作り品で、オーダーメイドみたいなものです。

正直なところ、編み物本のとおりに編んだニット帽よりも、母の手作り品のほうがバランス良くかぶることができて、格好いい(*母は自らデザインして図面を起こせます)。

私の頭のサイズに合うように目の数を微調整してくれているはず。

ツレが私の帽子をいたずらにかぶったら、ゆるくなってしまって私は二度とかぶれなくなったことも・・・。

母親というのは「子どもの頭の形」を知り尽くしているのでしょう。

そのように考えると、自分に似合うニット帽を探すのって、案外と難しいのではないでしょうか?

まあ、かぶり方でごまかせる場合もありますが・・・。

お買い物に行くとさまざまなニット帽を目にする季節ですので、ふと、このように思われました。

Posted in 手作りの話
2015年12月24日
今年のファッション総括

数日前の電車内での話。

お嬢さん達が各自の手帳を開きつつ、おしゃべりしています。

服装や行動している時間帯からして、おそらく女子大生。

年末に遊ぶ予定を話し合っているようです。

お嬢さん① 「結局さあ、24日ってみんな空いてるの?」

お嬢さん達 「・・・・・・・・・・・・・・・。」

このなんとも言えない絶妙の間!(笑)

『結局さあ』の一言に、彼女達の間に「心理戦という名の攻防が存在したこと」が表されています。

誰も「私、空いてるよ~」って、特攻精神は発揮しないんですね(笑)。

私だったら空気を読んで、「朝の5時集合でもいいし、夕方の5時集合でもいいよ。」って言いますけど。

さて、今日のブログは主婦らしく、2015年のお買い物を総括いたします。

洋服について。

個人的な感想ですが、今年のお洋服業界、○ニクロと○Uのメンズが善戦したと思っているのです。

お洋服を買うときは○Uのメンズばっかりでした。

理由は安いから。

そして、着てみると形が悪くなかったから。

学生の頃からサイズが変わらないので、メンズのSがちょうどゆるくていい感じに着られるのです。

メンズのSサイズって売れ残ることが多いため、見切りのセール購入が日常的にできるので、いつも1枚990円でゲットしています。

お洋服にお金をかける方だと、「○U?生地がペナペナ・・・。」などと思われるかもしれない。

確かにペナペナも存在しますし、店頭で現物を見ると「モデルさんって本気でスゴイな。これを普通に見せかけるとは手足の長さがモノを言うのか・・・。」などと感心する場合も多々ありますが、それは買うわけがありません。

一見してチープに見えないものを選択し、必ず試着して購入しています。

チープに見えるかどうかというのは、生地のほかに「色次第」なことが多い。

「このセーターは青系はダメだけど、ベージュなら光の反射具合からしてアリ。」とか、そんな感じ。

厳選が面倒な方は、「○Uでは綿100パーセントの服しか買わない」などとルール決めしてしまうといいかもしれないです。

メンズが善戦した反面、今年の○ニクロレディースは欲しいものが皆無。

「メンズだったら着たいものがあるのになあ・・・。」と年初めから思っていて、そのまま1年が終わりました。

具体的な話に移りますが、○Uで購入したメンズはチェックシャツとトレーナー、Vネックセーター。

すべてSサイズでセール品。

メンズを利用する際、ネックになるのが「肩の落ち具合」。

自然に体にそって落ちてくれるならいいですが、いかり肩みたいになったら使えない。

トレーナーは着用してみると適度に体のラインを拾いつつ、肩も落ちてくれます。

生地が薄いので(笑)、それがうまい方向に作用した好例かと。

メンズって、お尻がすっぽり隠れるので、冷え性の方には向いている。

襟の開きも広すぎない。

パールをつけて、白ジーンズを履いても「王道」って感じで良かったです。

シャツ類の場合、「メンズを購入して襟を抜いて着る」という方法もあるようですが、あだっぽくなるので、作為的すぎて嫌味だなあ・・・などと私は思ってしまう。

一見しておじさん風のチェックのフランネルシャツも購入しました。

着用してみると意外におしゃれ。

試着してみて、「え?なんで?なにが理由で良い感じに見えるの?」と不思議に思ったくらい。

このグレー、おそらく純色の黒に白を足したものではなくて、赤みのある色に黒と白を足してグレー風に近づけた色だと思うのです。

色みが赤っぽいので、女性にも似合うはず。

インにして小面積でのぞかせるだけでもいいし、羽織って腕をまくり、中央部分だけボタンを留めてラインを細くしても良かった。

上のトレーナーとセット着用してもいい感じでした。

チェックシャツって野暮ったいと思っていたので、実際に試着してみないと分からないものですね~。

最後にVネックニットですが、○ニクロのレディースニットも購入したもののVネックの開きが思いのほかに深かったため、私のように肉付きが薄い人だと貧相に見えてしまって、1枚で着ても残念ながら似合いませんでした。

チクチクはしないので、ヒートテック代わりみたいになりました。

○Uのメンズニットが見切りでセールになっていたので、こちらを試着して購入。

暗すぎず、明るすぎずの絶妙なベージュ。

全体的なラインが細くて洋服のサイズ選びに困っているような華奢体型の方は、いっそのこと普段着はジャストサイズを狙うことを諦めて、メンズSにするといいかもしれません。

たぷっと生地が余るので、ラインに肉感を足す結果になり、バランスが良くなりました。

来年も洋服にお金をかける意思はないので、これからもトップスはファストファッションのメンズにしようと思います。

日常的にファストファッションのメンズ使い(しかも見切り品)する女性って、洋服に興味がなさそうな印象を醸しますね。

私の場合、事実ですけど(笑)。

お洋服にお金をかけた過去もありますが、いまの私、ファッションは良くも悪くも消耗品だと割り切っています。

Posted in 雑記
2015年12月22日
本日、今年の最終レッスンです

本日は今年の最終レッスン日です。

明日~28日までレッスンはありませんが、電話受付・メール返信は実施しています。

29日からお正月休み。

1月上旬~中旬は臨時休業です。

例年、お正月から1月中旬までは開講していてもご予約が入りませんので、今年は最初から臨時休業させていただきます。

1月6日は開校するため、この日にメール返信等は実施させていただきますが、その後に頂戴したメール返信は休業明け対応(1月15日~)になります。

レッスン始めは1月19日。

ちなみに今日のレッスンは「花束レッスン」。

多種類のお花の中から、ご自身で好きな組み合わせを考えていただき、花束を作る人気のレッスンです。

レッスンでは、カラーコーディネートのお話もしています。

今後、クリスマスやお正月が控えていますので、アレンジメントの完成品1個を持ち帰るよりも、花束で持ち帰っていただき、お部屋中に分散させて飾る作業も楽しいかと思いましたので、今年の最終レッスンは全員が花束です。

本当はカリキュラムで言えば「プリザアレンジメントの回」だった方もいらっしゃいます。

年末はやはり生花が好まれるのではないか・・・と勝手に思い、臨機応変に順番入れ替え。

スキップしたプリザの回は、年明け1回目のレッスンにさせていただきますね。

2015年12月21日
サンデーリサイクルに行ってみた

「サンデーリサイクル」というのをご存知でしょうか。

長野市内でやっています。

市内のスーパー何箇所かで、月1回の日曜日にゴミが捨てられます。

場所と日にちは専用のカレンダーが存在しますので、そちらをチェックなさってみてください。

10~13時とか、そんな感じです。

何を捨てられるのかと言えば、缶や瓶、ペットボトルなどの集積所で捨てることができる一般的な小型の資源ゴミのほかに、古い食用オイル、蛍光灯です。

場所によっては小型家電も捨てられるらしい。

サンデーリサイクルが存在していることは前々から知っていましたが、生真面目にコツコツ収集日に捨てるタイプなので、利用したことはありませんでした。

蛍光灯は市役所や支所に持ち込んでいました。

今回、廃棄したい食用オイルがあったので、古いオイルと蛍光灯持参で初めてでかけてみました。

日曜朝のお散歩気分で近所のスーパー駐車場へ向います。

詳細な場所は分かりませんでしたが、行ってみれば分かるだろう・・・という感じ。

すぐ分かりました。

ごみ収集車や大きなトラックが来ています。

職員のお兄さん達がゴミの積み込み作業をやっていますので、「顔が見える農業」ならぬ「顔が見えるゴミ収集」。

一般市民といえば、軽トラックやワンボックスカーでゴミを持ち込んでいますので、捨てる気まんまんです。

正直、「あんなに溜めるんだ・・・」という印象(笑)。

便利ですね。

大きな駐車場で休日開催しているというのがポイントでしょう。

車で乗りつけ、ゴミ捨てが一気に終了しますので。

引越し前など便利でしょう。

以前、仕事で単身赴任していたときは自宅のゴミが捨てられないことがストレスだったので、「ゴミ捨てできる人が日常的に家にいない・・・」といった特殊な状況であっても、これだったら一気に処理できますね。

まあ、ゴミを溜める生活は送りたくないので、私の場合はあくまでも非日常的な利用。

ご利用されたことがない方は、一度、足を運んでみられたらいかがでしょう。

調べてみれば、お住まいの自治体でも実施しているかもしれません。

Posted in 長野県, 雑記
2015年12月18日
編み物を頑張る

ツレのニット帽を編んでいます。

頭が大きいので、市販品だとキツかったり、かぶれなかったりするため、「手作りのメリット」が最大に生かされます。

できればクリスマスプレゼントにしたいのですが、日程的に厳しい気がする・・・。

かぎ編みのほうが性格的に得意なのですが(←ざっくざっくと編めるので)、今回は棒針4本です。

英語のヒアリングもかねて英語ドラマを視聴しつつ、画面を見ることなく手を動かしています。

シーズン真っ只中ですので、同じように「編み物が現在進行中の方」も多いですよね、きっと。

長野は寒い地域ですし、編み物ができてよかったなと思います。

「冬小物の充実」は、健康に冬を乗り越えて、障りのない春を迎えるために必須。

ツレも私も安い化繊の糸が苦手なので、それなりに良い素材のものを身につけたい。

手作りで費用の節約になります。

1回編んでしまえば数年は使い続けるので、当分の間は更新の必要がなくなりますし、暖かいし、素材は上質だし、色もデザインもサイズも自分に合っているし~で、言うことない。

いままで編んだ中で「これはヒットだな。」と思ったのは、ボレロとレッグウォーマー。

麻のボレロは意外と暖かいので、秋冬であっても寒い日にはボタンをかけてマント状態にして、スポッとかぶっています。

旅行の際に持ち歩くことも考えて軽量に仕上げたので、いつでも一緒な感じです。

リビングの床にぐちゃぐちゃ丸めたまま放置しても、柄が綺麗なので見た目に麗しい・・・というのもポイント高し(笑)。

かぎ編みって、案外とカンタン。

このボレロは最新作ですが、「編んだときの記憶」がすでにない。

レッグウォーマーは4年ほど前に編みました。

おでかけ用として綺麗にキープしておきたいので、家では使っていません。

片方ができあがった際に「あともう1個、同じものを編むのか・・・」とげんなりした記憶が今も残っていますので、やはり棒針のほうが苦手みたいです。

レッグウォーマー、足元の冷えを防止できるので、ひとたび履き始めると止められません。

編み物は趣味ではありません。

私の場合、必要を感じて手作りしているだけであって、作業していても別に楽しくはない。

「手を動かせばそのうちに完成する。時間が解決する。」という単純作業なので、「やったことない。」という方であっても、冬支度の一環としておすすめです。

 

Posted in 手作りの話
2015年12月17日
お正月アレンジメントのレッスン

この時期になると、生徒さんから「通常のレッスンの中で、お正月のアレンジメントって作れますか?」とか、「花材、お正月っぽくしてもらうことはできますか?」などとお問い合わせいただいたりします。

ちなみに、教室の最終レッスン日は12月22日です。

22日にお正月は早すぎです・・・。

しかも、お正月の花材って通常レッスンのご予算内では収まらないですし、レッスンカリキュラムからも外れるので、「通常レッスンではお正月アレンジメントのご提供は不可」となります。

姿が美しい松とか、葉っぱが綺麗な千両はお高いのです(*B級以下はお安いですが・・・)。

そこで「お正月アレンジメントを作りたい!」という方は、【12月25日(金)13時開始のレッスン】に限り、開催させていただきます。

ご予約締切は12月21日(月)朝9時まで。

レッスン代は、花材費・資材費・消費税込みで7560円です。

フリータイム制にはせず1回限りのレッスンにしますので、その分だけ受講料をお値引きさせていただき、花材を立派なものにします。

ご希望の方は、お問い合わせフォームから「お正月アレンジメント希望」とお申込みください。

時間は13時開始のみ。

ご注意いただきたい点ですが、【お正月アレンジメントはフリータイム制ではないため、お申込み後は日時変更も遅刻もダメ】です(笑)。

お申込み後、開始時間にこられなくなってしまった場合はやむなく欠席が確定しますので、年末年始休業に入る前まで(28日の20時まで)に花材受取と代金のお支払いにお越しくださいね。

金曜日の特別レッスンになりますが貸切料はかかりません、相席の可能性もありますので。

ということで地味~に募集。

ブログを読まれた方か、お問い合わせいただいた方しか知りえないレア情報です。

「うっかりブログ読んじゃった。締切も間に合う。お正月アレンジ作りたい・・・。」という方は、ご縁を感じつつ、21日の朝9時までにお申込みくださいませ。

お正月のお花って、目にするたびに気分が整うというか、すっきりしますので、ご自宅に飾ると年末年始がよりいっそう楽しくなりますよ。

お花を飾るとなれば、必要に迫られてお部屋も掃除しますしね・・・。

なお、「初回の方」も受講していただくことは可能です。

初回の場合、レッスン代と入会金は予約締切日の夜までに銀行振込をお願いしますので、前払いの点をご了承の上で、お早めにお申込みをお願いします。

ご入会済みの生徒さんは「当日の現金払い」でOKです。