2016年4月 のアーカイブ

2016年4月29日
チケットをゲットできるか否か

本日、GW連休初日で教室も定休日ですが、ブログアップ。

4月もそろそろ終りです。

主婦の目線から言いますと、今月は本気で無駄出費が多かった(苦笑)。

引越しで新しく揃えるもの自体が増えますし、住む土地が新しくなると、そこで買えるモノやサービスの良し悪しも分からない。

底値で買い物する時間的余裕もないし、土地勘も足りないので、「あ~、失敗した~」ということの連続でした。

まあ、失敗が多いということは、それだけ経験を積んだと言えますので、5月からは気分もお財布もラクに過ごせることでしょう。

ツレは「かれこれ30分歩いているけど、家にたどり着けない。これが最後の電話になるかもしれない。ラーメン食べたかったけど、ひづき、やってなかった。お蕎麦食べたい。」などと、夜に電話してきます。

いわゆる迷子・・・。

ツレも経験を積んでいます。

さて、松本市内ではコレ↓が設置されはじめました。

「セイジ・オザワ マツモトフェスティバル」の宣伝用ビラです。

名称変更して間もないですので、「旧サイトウキネン」と言ったほうが、まだなじみがあるかもしれないですね。

松本に引っ越すと分かった時点で、今年は見に行こうと思っていました。

芸術館に歩いていける距離なので、「これは行くべき!」と思ったのです。

過去、見に行ったことがありましたが、その際は松本市外に住んでいたので、電車やタクシーを利用した記憶です。

今回は電車時間を気にすることもなく、夜道をプラプラと歩いて移動できます。

が・・・。

その後、ご存知のとおりグラミー賞を受賞してしまい、「え~~~、タイミングが微妙。チケット取れるのかなあ・・・」と不安に。

とは言え、近所に住まう松本市民がチケットを取れずに見られないなんて理不尽ですので(笑)、頑張ってみたいと思います。

まずは販売当日の朝、芸術館の窓口をのぞいて見ます。

「これは買えそう」と思ったら窓口に並んで、そこで買います(*芸術館で購入できるチケットは『芸術館公演分のみ』みたいです)。

「明らかにムリ」と判断したら踵を返して家に戻り、販売開始を待って、ネット購入しようと思っています。

松本のホールって、どこも駅からの距離が微妙なので、足が電車だと特急の終電に間に合うか気になってしまいます。

アンコールがなければ大丈夫なのですが、その昔、人の良いヨーヨーマさん(チェリスト)が松本市内の公演で何度もアンコールに応え続けてくれて、嬉しい反面、「コレ、特急に間に合うかなあ・・・」とドキドキしたことを覚えています。

そのときはタクシーの運転手さんが頑張ってくれて、電車には乗れました。

夜の公演を見る場合、松本市内で宿を取った方が安心ですね~。

ちなみに松本市内の「ホテル花月」ですが、4月にリニューアルオープンしました。

サイトウキネンにあわせて、過去、宿泊された方もいらっしゃることでしょう。

リニューアルにより、以前よりお値段が高くなっています。

前と同じ気分でリサーチなく予約してしまうと、びっくりするレベルです(笑)。

人によっては「違うホテルを予約しちゃった~?!」となるかも。

ツレは「仕事用としては、もう使えない。」と言い切っていますので、ご予約の際はしっかりお値段チェックされることをおすすめします。【秋に追記:お値段、リニューアル当初よりも落ち着いた気がします。もう、びっくりはしない。】

と言うか、すでにフェスティバルにあわせて予約済みの方もいらっしゃるのでしょうね。

「仕事用もしくは軽い観光用」でおすすめなホテルはいくつかありますが、それはまた別の機会に。

Posted in 旅行記, 長野県
2016年4月28日
ゴミ捨ての話

松本市、朝から雨です。

こんな日はゴミ捨てが非常~に面倒です。

「建物最上階の角部屋」と言えば聞こえはよく、ラグジュアリー感までそこはかとなく漂いますが、「階段で5階だよ?」と言えば、「買い物、大変ですね・・・」となります。

ただし、眺めはいいです。

北アルプスが丸見えです。

山好きではないので特段の感動はありませんが、なんでも「モノは言い様」&「捉え方次第」ってことですね。

ゴミ捨てから話を始めてしまったので、いっそ、ゴミ捨て話にします。

松本市、どうやらゴミ袋代だけを回収しているようで、長野市のように処理費用は加算していないのかも。

長野市の場合、1リットル1円の手数料が加算されます。

松本市では約20~30リットル相当(*30にしては小さい)と思われる袋30枚で390円(税抜き)なのですが、これ、長野市で換算すると、おそらく1000円を超えてきます・・・。

松本は安いです。

長野市でゴミ袋を複数購入すると、そのときのお会計が予想を超えてぐっと跳ね上がるので(笑)、「え?本気?」と思うときがけっこうありました。

引越しの際、ゴミ袋代が高くついて、正直なところ家計を圧迫しました。

といっても、詳しく比較すればいろいろと長短あるのですが(*松本では、なぜか長いものの処理費用が高かったり、粗大ゴミが自力のセンター持込)、とりあえずGWも松本市は可燃ごみを収集します。

長野市は基本的に祝日の回収はお休みで、年末とか、ゴミが特に多い祝日だけは回収していました。

環境負荷の話は別として、ゴミ捨ては松本市のほうがお財布に優しいですね。

ただし、ゴミ袋に入らない可燃ごみはセンター持込になってしまいますので、いらないお布団は引越し前の市町村で捨ててきたほうが良さそう。

教室からのお知らせ:教室の定休日は土日祝ですので、GWの祝日はお休みです。5月2日(月)はメール返信等を実施させていただきますが、かねてからのお知らせ通り、6日(金)は臨時休業となります。「GW前のお急ぎの件」は本日18時までにご連絡ください。即日返信させていただきます。】

Posted in 旅行記, 長野県
2016年4月27日
図鑑を探した話

親戚の小学校入学祝いとして、図鑑をプレゼントすることにしました。

本人、どちらかと言えばインドアでマニアック傾向がありそうだと思われたため、図鑑をチョイスしました。

ツレいわく、「オレがあれくらいの年頃には図鑑に囲まれていた。」と言います。

確かにツレ、テレビであっても、実物であっても、動物が目に映るだけで「○○だ」と名前を言い当てることができます。

車を運転しながらでも、道端のトカゲとか、山中のヒグマ・カモシカなどを認識できる目もあります。

ガイドさんと肩を並べるレベルで色々と知っていますので、「図鑑に囲まれる子供」というのもアリだなと思います。

ということで、図鑑を選びます。

まずはネットでリサーチして、その後、松本駅前のジュンクにでかけます。

子供用図鑑と大人向けの専門書コーナーの両方に足を向け、私がときめいた図鑑は1冊だけ。

分厚い図鑑で中身が満載。

カラフルでレイアウトが美しいです。

大人向けにすると、すぐには漢字を読めませんが、どうせ長いこと本棚に置くレベルの図鑑だろうと思ったので、大人向けでいいことにしました。

子供向けの図鑑を見ている際、お隣で老夫婦が図鑑を選んでいました。

自然、話が耳に入ってきますので、どうやら最初は図鑑をシリーズでがっつり送りたかったようですが、なんらかの事情で断念したようで、何冊かピックアップしていた様子。

おばあちゃん「虫が好きな子供になったら困る。」

おばあちゃん、虫が嫌いなんですね~。

昆虫図鑑は避けようってことか・・・。

様々なオトナの都合や思惑を背に子供は大きくなるのですね~(笑)。

街中で世のお母さんが「(自分の子供を)イチローか、さかなクンにしたい。」と言っているのを耳にしたことがあるのですが、「あまりにもスペシャルなところ、狙いすぎでしょ~」と思ったことがあります。

だって、トッププロか名誉博士ですよ・・・。

「悪の道を好まないように、足元を整地する必要はあると思いますが、道のチョイスは本人に任せ、背負う荷物は軽くしてあげてください・・・」などと思った今日この頃。

 

Posted in 雑記
2016年4月26日
2016年 春 美術館巡りの話 

母と東京の美術館巡りをします。

春は展覧会が多いので、春におでかけすることが多いです。

検討して、若冲展は外しました。

前売りで300円も安くなるので(笑)、行くなら買うべきだったため、母と相談して結果的に外しました。

現在は開催中です。

が・・・。

若冲展の人気ぶりが気になったらしく、母が「気になる・・・。混むかな・・・。」と連絡してきました。

私「若冲に行くのであれば、恐竜(科学博物館)は止めることになる可能性大だよ。どうする?」

母「興味ある。予定しておいてください。」

ということで、若冲展に突撃することになりました。

正直なところ、私の若冲熱はすでに冷めていて、人気があると言われても私は冷ややかです(笑)。

とは言え、母が儚くなった後、「若冲展に連れて行ってあげなかったな・・・。」などと後悔したくはない。

「どシニア」になっても、長蛇の列に並んで美術品を鑑賞しようとする母の意欲はアッパレです。

いつものように開館前から並びますが、どの程度の混雑なのか?

同じ都美でフェルメール展を見た際は、開館30分前に並び、最前列でじっくり観覧ができました。

今回は???

ちょっと前の東京で、ウサギとカエル(鳥獣戯画)をなめてエライ目に合いましたので(*3時間かけて3点しか見られなかった)、その経験を活かしたいものですが、こればっかりは読みきれない。

読み切れませんが、せっかく前泊しますので多少は研究します。

Posted in 旅行記,
2016年4月25日
松本周辺の直売所を巡った話

松本市、安曇野市、近隣の村周辺の直売所を巡りました。

事前リサーチして、5~6軒はでかけたはず。

結論から言いますと、ときめいたのは1軒だけ。

松本周辺って、もっと直売所が充実していると思い込んでいたのですが、でかけてみてもテンションが上がらない店が多く、多少、がっかりしていました。

最後の最後で、ようやくツレも私も気に入った1軒を発見。

松本1本ネギ5本で108円(税込)。

アスパラ14本で216円。

リーフレタス小ぶり3玉で120円。

野菜コーナーは採りたての山菜も多かった。

じゃがいもは30種類以上ありました(*おそらく種芋です)。

苗コーナーでは山野草も充実し、アヤメやフジ、はなみずきなど、花木系も充実。

「手に入らない植物はないんじゃないか?欲しい苗が見つけられるかは別として・・・。」と思われるほどでした。

切花は品揃えがよく、目を疑うほどに安いです。

お花は5~10本で組まれていますが、グリーン(レモンリーフ、クッカバラ、ドラセナ、レザーファン等)は1本から購入できます。

切花で梨の花は初めて見ました。

鉢植えコーナーではアジサイが1鉢500円とか。

切花や野菜の鮮度は実際に購入してきて、ただいまチェック中。

とは言え、巡った中では一番良さそうな気配です。

都会の方であれば、あまりの安さに「ここは異国か?」と思われるほどでしょう。

本来なら直売所の名前をブログアップするところですが、こちら、私のレッスン花材の仕入先にもなりましたので、場所は特定して書けません。

仕入先を選定するために、松本駅周辺の花屋さんは足を運びまくりましたし、スーパーのお花コーナーですら、何軒も曜日を変えて足を向けました。

デカが自らの足で捜査情報を得るのとまったく同じ行為です。

本気で靴底を減らしましたので(*先日、新しい靴を2足買いました)、安売りどころか、タダ売りできる情報ではありません・・・。

なお、教室で「自宅開業レッスン」を受講していただける方には、レッスンの一環で仕入先や仕入れのコツなども具体的にご紹介しています。

Posted in 旅行記, 長野県
2016年4月23日
朝のお散歩

8時台、あがたの森でお散歩と朝食をしてきました。

ツレの発案です。

お番茶とコーヒーをポットに入れてでかけます。

途中、近所のパン屋さんcielでパンを買いました。

二人で4個1100円(サンドイッチ2パック、甘いパン2個)でしたので、やっぱりこのパン屋さん、我が家の家計にはお高い・・・。

旧校舎そばのテーブルに座り、こんな景色を眺めつつ朝食してきました。

池に行くと、カモがまだ丸くなって寝ていました。

ツレが傍にいたせいか、朝だったせいかは知りませんが、鳩には追いかけられませんでした。

ツレ「(私に)迷惑ばっかりかけているからな。たまには連れ出してあげないと。・・・祟られてしまう。」

私「祟るんかい。」

Posted in 旅行記, 長野県
2016年4月22日
春のならいごと

春です。

新しく何かを始めたい気分になってきた方に。

「お花が気になるけど、向いているか分からないし・・・。」と迷われている方はいらっしゃいますか?

基本的に「やってみてから判断すべし。」と私は思うのですが、事を起こす際、「無駄出費になる可能性」をひたすら恐れる方もいらっしゃいますので、ちょっと書いてみます。

「何かの形を自分の手で生み出したい」「表現したい」という方は向いていると思います。

レッスン花材や器を見て、「今日はこんな風なデザインにしてみよう。」「この花がかわいい。これが一番好きだな。どうやって生かそうか。」と妄想できる方は向いているはず。

お花が家に飾ってある状態に慰めや喜びを感じるならば、完璧かと思います。

逆に「その日の気分を表現したい気分すらない」場合は、花を憎からず思っていても、あまり向きはないと思います。

レッスン花材や器を見ても、「先生がアドバイスしてくれるから、それに従って作れば今日もOK。」と思う方、もしくは「完成までの道筋を自発的に考えることをしない方」は向いていない。

「他人からの指示待ち状態」ではいつまで経っても作品は完成しませんし、何年継続しても進歩はありえないので・・・。

もちろん、「話のネタ」や「花嫁修業の一環・名目」でお稽古されるのもアリかとは思いますが、それだけでは惰性が先に来てしまい、上達はしづらいかもしれません。

ということで結論ですが、やる気が起こったら試してみるしかないです。

迷っていても何も変わりませんし、時を逃します。

結婚をしたり、仕事で責任者になって忙しさが増した○年後に「あのときにやっておけばよかった・・・。もう時間が取れない。」と思っても遅いかと。

春の気分でぜひ始めてみてください。

2016年4月21日
松本民芸館へ行く

本日はレッスンがあるので、レッスン準備を優先させて、ブログアップが午後になりました。

さて松本ネタです。

徒歩で行ける距離に松本民芸館があります。

でかけてみました。

松本民芸館と言えば、松本市内にある「ちきりや」の初代店主さんである丸山さんが作られた館です。

丸山さんチョイスの民芸品が展示されているとか。

松本民芸館

この門をくぐる際、足元にお気をつけください。

キョロキョロしながら進むと「うぇ!」っと思うくらい、門とお庭に段差があります(笑)。

腰が弱い方は腰を傷めてしまうかもしれませんので、くれぐれもお気をつけて。

アプローチ。

入場料300円らしいですが、私は松本市民のパスポートを使ったので無料でした(*新規転入者は無料です)。

平日の12時台で貸切状態でした。

「お写真OKです」と受付の方から率先して言われたので、携帯で写真を撮りまくりました(*受付の方からは言われませんでしたが、バーナード・リーチの作品で個人蔵のものは撮影禁止になってました)。

誰もいなかったので、遠慮する相手がいないもので・・・。

松本民芸館と言うと、この部屋が紹介されることが多いですよね?

言い方を変えれば、「この部屋しか紹介されない」ので規模が分からなかったのです。

松本駅から離れていますし、「行く価値があるのかどうか」がまったく判断できず、いままではでかけたことがありませんでした。

結論から言いましょう。

ぜひとも行きましょう。

私の場合、40~50分かけて観覧しました。

展示室はいろいろありました。

上の写真は2階です。

日本の民芸以外に世界各国の丸山さんが気に入ったものが展示されているのですが、どうやら韓国の民芸がお気に入りだったようです。

これは1階↓。

あとは日本の江戸時代の陶芸とか。

私が気に入ったのはこのコーナー。

「どれにしようかな~」などと、しゃがみ込んで見て来ました(*もちろん購入できません)。

勝手に「コレ、江戸時代でしょ。この豆皿、欠けが気に入ったんでしょ~。江戸好きだね?」などと心の中で丸山さんと対話してみたり。

人っ子一人いなかったので、しゃがみこんだり、逆流してみたりと、好き勝手に観覧させていただきました。

いまはバーナード・リーチの展覧会を2階で開催中です。

松本市美術館でリーチの展覧会をご覧になる方は、こちらにも足を伸ばされたほうがいいと思いますよ。

私にとっての民芸ですが、「ちきりや」は何度もでかけていますが、品揃えはストライクではないのです。

一度も自分の物を購入したことがありません。

「嫌いじゃないけど、欲しいところまでは確実に行かないな~」という印象だったのですが、この松本民芸館には欲しいものがいっぱいありました。

ちきりやはある意味で「お土産品屋さん」的なポジションかもしれませんので、民芸館は丸山さんの収集癖の真髄を披露しているのでしょう。

ということで、松本で「ちきりや」に行って松本民芸館に足を向けずに帰るのは、○ィズニーランドでお土産品だけ購入して、遊ばないで帰るようなものかと(笑)。

入館料300円なんて安すぎです。

しかも自然と貸切・・・。

ちなみに私が退館しようとしたとき、ちょうど入れ替わりで旅のご夫婦が入ってきました。

民芸館ではお手洗いにさりげなく飾ってある枝物も気取らない美しい風情がありましたし、手ぬぐいを購入した際、入れてくれた袋がコレです。

昨年の展覧会のペーパーを袋にしてあるのです。

裏も綺麗に始末してありますよ。

「こんなところまで手仕事重視?」と設定に忠実な民芸館に感銘を受けました・・・。

自分の印象では「民芸は嫌いじゃないけど、どこが良いのかイマイチ理解しづらい」と思っていましたが、どうやら「民芸」の定義そのものが、現代においては多少ブレてきている可能性がありそうです。

創始者達の収集品は確かに良いな~と感じるので、「民芸」から「民芸っぽい」に変わってきているのかも・・・。

月曜休館です。

開館は朝9時。

Posted in 旅行記, 長野県
2016年4月20日
土鍋ごはんデビューした話

松本、風が強いです。

どのくらい強いのかと言えば、開けたはずのカーテンが風で勝手に閉まっています。

網戸が勝手に開きます。

部屋に置いてある洋服掛け(キャスター付)が、いつの間にか移動しています。

家の外で言えば、工事のお知らせ看板が重石3個とともに倒れていました。

朝方、風がうるさくて目が覚めることがあります。

激しく雨が降っていても、お昼を境に青空になったりします。

要は山の気候ってことですね・・・。

さて、本日は台所の話にしましょう。

引越しに合わせて、炊飯器を買い替えようと思いました。

マイコン、IH、圧力IH、違いがわかりません。

ツレに相談してみました。

ツレ「違いなんて、炊かないと分からないんじゃないの?好きなものを買えばいいよ。お値段では選ばないでね。好きなものにしてね。(超小声で)本当はガスで炊いてもらったのがいいけど・・・。おひつとか使ったりして。」

私「・・・・・・・・・・・。」

ということで、土鍋も検討してみました。

土鍋と言ってもいろいろありますが、5年ほど前から使用している伊賀の土鍋が調子が良くお気に入りなので、同じメーカーの土鍋だったら信頼できるかなと思い、ご飯炊き用の追加購入を検討してみます。

調べてみたところ、長谷園の「かまどさん」になります。

これ、有名ですよね?

私、ミーハーではないので、人気が高ければ飛びつくというタチではありません。

ですが、長谷園の土鍋を愛用している実績があるので、「かまどさん」に手を出してもいいか~という気分になりました。

ほかのメーカーの土鍋に比べかなり重量がありましたが、美味しく炊くには必要な厚さなんだろうな・・・と想像がついたので、まあいいか~です。

ちなみに「長谷園の土鍋のどこがいいの?」と突っ込みが入るかもしれないので書きますが、おでんを煮た場合、ステンレス鍋で調理すると煮崩れますし、全部の具が同じ味になって渾然一体になります。

土鍋で作ると、それぞれの具の味が混ざり合わず、ちゃんと個性をキープして独立しています。

大根もほっこりと炊けますので、少なくともステンレス鍋で作ったものとは雲泥の差です。

要は「土鍋にまかせておけば、勝手に美味しくしてくれる」のです。

わざわざメーカーを変える必要も感じなかったので、今回も長谷園にします。

お値段はちょっとお高いですが、炊飯器よりは安いので。

「かまどさん」を取り寄せてみたところ、重いだけあって底が厚いです。

以下、我が家のレシピです。

材料:白米2合、押し麦1合、水600cc、キッチンタイマー

①米を研ぎ、押し麦と水を足して、土鍋で30分浸水。

②強めの中火にして、14分30秒加熱。

③そこから20分以上蒸す。

完成です。

火の調整はなにもやっていません。

加熱時間は14分30秒にしていますが、どれくらいの火の強さにするかで時間は変わってくるはずですし、炊き上がりのお好みもありますので、そこは適宜調整。

要は、「白い湯気が立ち始めてから1分30秒後に火を止める」とおこげ無しで炊き上がります。

浸水時間は麦に合わせています。

白米オンリーなら、浸水20分でも良さそうです。

炊いたご飯を冷凍してチンして食べていますが、どういうことかチンしても美味しいです。

このたび、炊飯器を処分しましたが、まったく後悔していません。

炊きたての土鍋と屋久杉のしゃもじを食卓にセットすると、ツレがいそいそとご飯をよそってくれます。

日常的に炊飯器使用の場合、非常時に電気が使えないときに「では、火で米を炊きましょう」となっても、やり方がわからなかったり、失敗する可能性があるはず。

そんなこともあって、土鍋ライフも悪くないなと思っています。

Posted in 料理レシピ
2016年4月19日
引越し話 ~障子を張り替える~

引越しでDIYばっかりやりました。

経験が一気に増えたため、「年寄りになったら、○ルバー人材の売れっ子ナンバー1になれるんじゃなかろうか・・・。」などと野望を抱き始めました。

さて、そんなことで、本日のネタは「障子の張替え」です。

奥様一人でもできますよ。

以前の住宅で原状回復の点検時、管理人さんが「住んでいる年数に限らず、障子の張替えはみなさんにやっていただいています。」とおっしゃるので、業者に頼まず、即日、自分でやることにしました。

まず道具類です。

一番最初に用意したのは、障子紙のほかに

*のりはけ

*でんぷんのり

だったのですが、これ、結果的には失敗しました。

でんぷんのりは水で薄めて使うタイプのものを購入したものの、適切な濃度が分からなかったのです。

隣に経験者の方がいて、「それじゃ固い」とか「それじゃ薄すぎ」とかアドバイスをもらえるならばいいものの、今回は自力です。

引越し前の手入れですので、「1ヶ月後に剥がれてきた・・・」となってはいけません。

「刷毛の作業に憧れたけど、経過が見届けられないんだし、今回に限ってはこの方法はダメだな。」とすぐに切り替えて、ボトルに入っていて、刷毛が必要ないタイプのノリに買い替えました。

これ、とても具合が良かったです。

ということで最終的な材料。

*障子紙・・・500~1000円くらい。

*障子のり・・・ボトル入りのもの。刷毛が不要。200円くらい。

*捨ててもいいタオル

*ハサミ

*カッター・・・必ず刃を折って、刃先を新しくすること。和紙は切れにくいので。

*ブルーシートもしくは厚紙・・・障子を置いて作業するため。床が汚れるし濡れる。

*霧吹き

*定規・・・透明で方眼が印刷されているタイプが使いやすい

*マスキングテープを短く切ったもの3本

となります。

事前準備として、作業できるスペースを作り、その場所を綺麗にしましょう。

障子紙を汚さないためです。

障子張りは仕上がりが美しくないと意味がない。

さて、実行。

以下は私独自のやり方につき、根拠はありません。

① 霧吹きで豪快に紙をぬらし、3分おいて、既存の障子紙をはがす。

② ツメの先で残っている障子紙をとりのぞき、タオルで桟を掃除する。このとき、「水分をしっかり取り除くこと。」

③ ちょっと乾かす。濡れていると、このあと、新しい障子紙を汚す原因になるので注意。木の茶色い色素が紙に移って紙を汚します。

④ 障子紙を取り出し、桟に当ててみる。桟と並行になるようにセットして、マスキングテープ3本で上部を留める。紙は障子の上部に丸めておいて放置。

⑤ 桟に障子のりを手早く塗っていく。のりの量は多すぎるとはみ出すので、手加減しつつ、明らかに多すぎた部分は指で取り除く。四方は最後にしっかりと塗る。

⑥ 障子紙を開きつつ、反対の手の指で軽く押さえていく

⑦ 下まで到達したら障子紙をカットして、指で桟をなぞるようにして優しく接着させる

⑧ 乾きすぎない程度まで乾燥させて、はみ出している余計な障子紙をカッターと定規で切り取っていく

⑨ 張りがゆるすぎたら、霧吹きで仕上げる

となります。

霧吹き仕上げが不要なほどに、美しく仕上がりました。

作業のコツですが、障子紙さえ汚さなければなんとかなります。

うっかり汚してしまうことも想定するのならば、必要ぴったりの長さを購入するのではなくて、「1回くらいは失敗してもいい長さ」の障子紙を買うといいかもしれません。

もしくは追加購入できるように、在庫が豊富そうに見えた紙を購入するとか。

そして、「業者に頼むか、自力でやるか」の判断材料ですが、膝が弱い方は自力はやめておいたほうがいいと思う。

作業中、膝をついたり、立ったりしゃがんだりを繰り返しますので、膝に負担がかかります。

私の場合、初めての経験で2時間近くかかりましたので、膝や腰を痛めている方にはリスクが高いです。

障子の張替え時に気付いたこととして、障子紙を切る際、桟にカッターのあとが残ります。

その建具で何回くらい張り替えられたのかはカッターのライン具合で想像がつきますが、今回、ラインの数が想像よりも少なかった。

右側の障子が1本で、左が2本でした。

歴代の住民が張り替えたにしては、張り替えた形跡数が少なすぎるのです。

「まさか、1998年の長野オリンピック当初から、ほぼ張替えなしで使い続けていたわけじゃないよね~。」と思うくらいです(←ここはオリンピックの旧選手村)。

想像ですが、原状回復の点検時、口では「わかりました、張り替えておきます」と言いつつも、やらないで退去した人が相当数いるのではないでしょうか?

「今まで汚しもせず、破りもせず、せっかく注意して綺麗に使ってきたのに、張替えの必要なんてないじゃない・・・。」ということで。

引越ししてきた際に「退去時、障子の状態に関わらず、張り替えてもらいます」と言われていれば、退去時の張替えも納得できると思うのです。

障子の張替えについて前振りが皆無だった場合は、大抵の方が「張替えが面倒だから、住んでいる間は気をつけて綺麗に使って、そのまま引っ越すようにしよう。」と思われるはずで、最後の最後で「状態に関わらず張り替えなさい」と言われてしまったら、「それなら最初に言ってよ~」ってなりますよね?

私は管理人さんのご指示通りにバカ正直に張替えましたが、この作業で得たことがあります。

「世間様は見えないところでごまかしている人がけっこういるようだ」という事実確認と(笑)、障子張りのテクニックを得ました。

この作業をやっている途中、偶然ではありますが、ポスティングされたチラシに障子の張替え値段が書いてありました。

それによりますと、1枚2000円~となっていました。

普通は2枚セットでしょうから、この労働対価は4000円~ってことになりますね。

将来、私が○ルバー人材センターに登録しても、「庭の剪定」、「障子の張替え」、「網戸の張替え」、「キッチンのクリーニング」、「パイプの詰まり解消」など、いろいろなオーダーを一人で受けることができるでしょう。

早い話、家に関することであれば、害虫退治とエアコン取り付け取り外し以外だったら、だいだいはできるようです。

あ・・・、害虫退治やりました、思い出しました。

イヤイヤながら、蜂の巣を駆除しました。

そのほか、住宅が古くなってくると、キッチンや靴箱の扉が干渉しあってうまく閉まらないし開かない、開閉時にぶつかって音がうるさいというお悩みを持つ方がいらっしゃるかも・・・。

普段、あまり開閉しない扉なら放置もアリですが、ぱっと見で斜めにゆがんでいるほうの扉を開けて、蝶番の部分のねじをドライバーで2~3回ほど回すだけで正しい位置に扉が戻ります。

ひと手間でぶつかることがなくなりますので、ストレスをストレスのまま放置せず、ぜひとも調整してみてくださいね。