2017年10月 のアーカイブ

2017年10月23日
強風です

低気密&低断熱の家ですので、台風の強風により、隙間風がすごい。

一晩中、ふすまがガタガタ言ってうるさく、眠りが浅かったです。

午前6時を過ぎて雨は止んだようです。

風は変わらず強いので、今朝ほど、近所のヒマラヤスギ(もしくはサクラ)はおそらく枝が折れました。

軽い雷のような音がして、直後、ヒマラヤスギ方向から大量のカラスが飛び出してきましたので・・・。

街中の雑草は地面と水平になぎ倒されています。

みなさまの街は大事ないでしょうか。

河川の氾濫、高潮等。

川は危ないので、台風が通過した後も当分は近づけませんね。

選挙のおかげで情報がありませんが、昨日のブログどおり、個人的にはかなり憂えています。

さて、行楽シーズンが到来していますので、鬱々していても仕方ない。

気分を切り替えて、今日はその話(*行楽に適した天候かどうかは置いておいて)。

博物館や美術館好きな方にとっては、特別展が充実していて、お楽しみいっぱいな季節。

訪問先を絞る際、「休館日」、「展示替え」に警戒するのはもちろんのこと、「収蔵品の出張」にも気を配りますよね?

私、この秋に「見たいな~」と思いついた展示品がいくつかあるのです。

まずは興福寺の北円堂にて、仏像の高僧兄弟(←無著&世親像のこと)です。

「次に京都に行くことがあれば、奈良まで足を伸ばそう」と、前々から思っていました。

で、東京にて「運慶展」があるのでイヤな予感(笑)を覚えて調べてみたところ、想像どおりに運慶作・・・。

兄弟ともに、私が京都へ行く期間は東京出張でご不在でした。

ああ、すれ違い・・・。

奈良博と京博に行く予定があるので(←無事に行けるかどうかは知らない)、さすがに兄弟を追って東博までは行きません。

兄弟はご縁が薄いようで諦めた。

次に拝見したかったのが、茅野の土偶です。

有名どころでは、「仮面の女神」「縄文のビーナス」があります。

茅野市の博物館に出かけて、縄文時代の土ものに囲まれたくなったのです。

入館料と場所を調べて、「次の土日にでも行こう。」と思っていたのですが、「待てよ?土偶二体は茅野にいるのか?」

ちゃんと調べてみたところ、上記二体は京都出張中。

京都で国宝展が開催中です。

こちらは観覧予定にしていたので問題はないのですが、「縄文の手作り品に囲まれる」といったテーマは実現しないことになりました。

ホンモノを見る予定があるのに、わざわざレプリカ見るために茅野に行く必要もありませんので・・・。

ということで、「博物館や美術館でお目当ての美術品を鑑賞する」って、案外と落とし穴がありますよね?

人気がありすぎて、「美術館販売分以外の当日券が売り切れてしまった」とか、「自分が観覧したい日の前日に皇族の方が観覧して、瞬間風速的に大混雑~」とか、「3点見るだけで3時間かかった~」とか、読みきれない部分も多いです。

Posted in 雑記
2017年10月22日
家にこもる

私、すこぶる寝つきがよく、朝まで目が覚めないタイプなのですが、昨晩は何度も目が覚めて、一晩中、眠りが浅かったです。

夢を見ている最中に夢がとぎれる形で目が覚めたり。

ツレ 「眠れなかったの?」

私 「気圧の変化のせいかな。この台風、よくないものの気がする。」

ということで、我が家、本日は家にこもります。

周囲に海はありませんが、川沿いも危険ですので。

人知を超えているかもしれないので、軽く見るのはよろしくない。

今日はイベントをやっているところがあるようですが、さっさと撤収したほうがよくないかな?と心配。

皆様もお気をつけて。

 

Posted in 雑記
2017年10月20日
2017年 クリスマスレッスンのご案内【お申込み受付中】

1年に1回のお楽しみ、クリスマスレッスンを開催いたします。

今年は「クリスマスローズとユーカリのスワッグ」。

アーティフィシャルフラワー(特に上質で精巧な造花)のクリスマスローズ、シダー、ふようの実、アジサイなど、全7種類の花材で作ります。

土台となる部分に造花をテープで巻きつけていくだけのカンタンな作業になっています。

先行予約していただければ、「ほぼ材料費だけ」のお得レッスン。

キット数は限定につき、日時がお決まりの方はお早めのお申込みを!

 


◆使用花材

アーティフィシャルフラワーの中でも、ブライダルブーケなどで使う最上級のものをご用意しました。

造花ですので、枯れることなく長くお楽しみいただけますし、水遣り等のお手入れも不要です。

 

◆レッスン代(受講料、材料費、税別) 

  【先行予約・・・4,500円】

  【一般申し込み・・・6,000円】

*レッスン代には、花、ワイヤー、テープ、リボン等の資材費もすべて含まれています。

 

◆レッスン日時 

 ① 11月16日(木) 13:00~14:30 

 ② 11月21日(火) 13:00~14:30 

女性限定&完全予約制。早い方は1時間程度で完成する「初級~中級程度」です。

 

◆お申込みの締切

【先行予約】・・・11月1日(水)24:00のメール受信分 まで

【一般申し込み】・・・先行予約終了後~11月13日のメール受信分 まで

限定数に達した場合は、その時点で受付終了します。

 

◆レッスン場所

松本市のブランネージュ (所在地詳細は、お申込み後のお知らせです。)

 

◆お持ち物

持ち帰り用の袋(*リボン部分を除いたスワッグのサイズ:横33cm・縦25cm・厚み約9cm)

エプロン(*お洋服へのラメ付着が気になる方はお持ちください。気にならない方はご不要です。)

 

◆お申込み方法

当ホームページのContactページを下のほうにスクロールしていただき、「お問い合わせフォーム」から「ご希望日時」を明記の上でお申込みください。その際、ご住所は、建物・部屋番号等も省略せずにお知らせください。

電話受付はできません。

 

◆お支払い方法

当日の現金払い(ご通学中の生徒さん)

*上記以外の方は、お申込みいただいた際の返信メールにて、お支払い方法をご案内させていただきます。翌営業日(*定休日:土日祝)までには返信いたしますので、お支払い方法をご確認ください。「現金払い」もしくは「銀行振込」。

 

◆その他

・入会金はかかりません。

・初めての方も「先行予約」・「一般申し込み」ともにお申込みいただけます。

・ご予約(お申込み)のご連絡を頂戴した後、「取消し・見送り」・「レッスン代の返金」はできません。お申込み前に「レッスンQ&A」などに記載されている教室規約や教室のご利用方法を必ずご確認いただき、キャンセルに関するお問い合わせはご遠慮ください。

・お申込み後、「日時変更(1回)」ができます。

・一般予約の方は「別の開催日への日時変更」・「フリータイムへの変更(*貸切レッスン)」が可能です。先行予約の方は「フリータイムへの変更(*貸切レッスン)」のみ可能です。

・上記日程以外のお好きな日時で「貸切のフリータイムレッスン(1名様、もしくは1グループのみ)」をご希望の際は、ご希望日時(平日13~19時開始)を2~3つお書き添えの上でご相談ください(*貸切料は火、水、木のレッスンで1グループ1000円。月・金はお問い合わせください。)。貸切でお申込み後、お席に空きがあれば、上記日程の集団レッスンに変更は可能ですが、貸切料のご返金およびご請求の取消しはありません。

・日時変更せずに欠席される方へは、作り方のしおりをお作りしてキットに添付します。レッスン代でお買い上げください(*キットは教室でのお渡し・キャンセル不可)。

・遠方にお住まいの方で、「教室まで行けないけど、キットと作り方のしおりが欲しい。」という方は、宅急便でのお受取が可能です(上記レッスン代・宅急便代をご負担)。配送のお申込み期限は「11月1日の24時」。「ご希望の受取日時・配送場所・電話番号」をご明記の上でお申込みください。「11月17日以降のお受取」が可能です。

・料金は税抜き表示。お支払い時に消費税を頂戴いたします。

 

【注:10月30日~11月2日は臨時休業の予定です。10月28日~11月5日の間に頂戴したお申込み・お問い合わせに対する返信は11月6日になります。】

2017年10月19日
オーダーのクラッチブーケ

「現在受講中の生徒さん」には、本日、クリスマスレッスンのご案内メールをお送りする予定です。

ブログアップは明日の20時ですが、それに先駆けてのご案内になります。

教室では、クリスマスレッスンの見本を展示し始めました。

それに伴いまして、今週、レッスンにお越しいただいた方からはすでにお申込みを頂戴したので(←定期的にお越しの方にはこのくらいの融通は効きます・笑)、キットはいくつか減りましたが、すべてフリータイム受講のご予定。

現時点でお席はひとつも埋まっていませんので、お申込み予定の方は焦らなくても大丈夫です。

が、ブログアップ後は「お申込みの早い順」で受付させていただいて、キットがなくなれば予告なく受付終了します。

ご興味おありの方は、「明日の10月20日(金)20時」にブログチェックをお願いいたします。

さて今日は、ご注文を受けてお作りしたブーケのご紹介です。

アーティフィシャルフラワー(特に上質・精巧な造花)で作った花束です。

今回はブライダルブーケとしてのご利用ではなくて、贈答品でした。

とは言え、花材はブライダルブーケでも使用している最上級のものを使っています。

プレゼント用ラッピングご希望のお品でしたので、ラッピングして完成~。

オーダーも承っております。

オーダー品の場合、「ご注文後のキャンセル」はお受けできませんので、その点をご了承いただける方は、まずは訪問予約からお願いいたします。

ご注文は教室内で承っています。

ときどき、「遠方なのでネット注文できませんか?」とお尋ねいただくのですが、細かな色の指定やサイズ感など、ネットでは意思疎通が難しい部分がたくさんあります。

フルオーダーご希望の際は、教室でお待ちしております。

「既存のレンタルブーケに似せた、おまかせブーケ」でしたら、ネット注文もお受けしておりますので、その場合は「ご希望のお届け日」をご明記の上でお見積もりをご依頼ください(*お届け日の記載がありませんと、こちらで納期を仮設定したお見積もりになります。後日、ご希望のお届け日がそれより早まった場合は代金が変わります)。

ご不明な点がございましたら、ブログの「レンタルブーケQ&A」をご覧いただき、その後にお問い合わせフォームからお問い合わせお待ちしております。

ということで、明日のブログアップは遅めです。

20時アップになります。

土日祝は定休日につき、明日の20時以降にお申込みいただきますと、教室からの返信は「早くても週明けの月曜日」になります。

お席が埋まってしまった場合、もれてしまった方には「日にちを変えていただくか、お好きな日時にフリータイム受講はいかがですか?」といった内容でメールを差し上げますので、その場合、お手数でもお早目の返信をお願いします。

【席が取れなかった方にキットは確保しません】ので、返信までに日数がかかってしまうと、他の方に追い越されて今度はキットがなくなる可能性があります。

「第一希望が通らなくても、フリータイムでかならず受講する!」という方は、「席が取れなくてもキットだけは確保してください」などと、お申し込み時に付記してください。

2017年10月18日
トラベルシューズ

靴の悩みはつきない・・・。

私、イタリアやスペインといった地方の靴が足に合うタイプなので、日本国内でなかなか履ける靴にめぐり合いません。

とあるシューフィッターさんからは、「国内ではなかなか見つからないと思いますから、足に合って、嫌いじゃない靴を見つけたら、欲しい時期ではなくても買っておいたほうがいいですよ。」とアドバイスいただいたこともあります・・・。

そんな私が先日、「履いた瞬間に空気が抜ける音がする革靴」を発見したのです!

イタリア製のレザー・内羽のレースアップシューズでした。

空気が抜ける音がした靴なんて、人生で初の出会いです。

ですが、お値段が8万円越え(←ツレに話したところ、「長野で8万円の靴?どこで見つけたの?!」と驚かれた)。

オーダーすれば20万円は行くだろうと想像していますので、比較すれば安いですが、オーダーと比較しなければとてつもなく高い(笑)。

底がレザーだったので、「レザー底の靴を、主婦がどれだけの回数、履くってものだろう?ツレですら、大事大事であまり履かないのに・・・。」と考えたとき、私のライフスタイルでは活躍の場が少なすぎると思い、最終的に購入は諦めました。

諦めたものの、普段履きのニューバランスがご臨終加減だったので、なにかしら新調はしようと思いました。

前々から黒のトラベルシューズが欲しかったので、トラベルシューズとしても履ける靴を狙います。

条件を考えましょう。

「黒、レースアップ、本革、ソールは雨対応、お値段は2万円くらいまで。」

捜索は難航します。

まずもって、黒のレースアップって、けっこう野暮ったい・・・。

勝手な想像ですが、研ぎ澄まさないと美しくないアイテムなのかも?と思います。

スニーカーも候補に入れていましたが、どれもこれもとてつもなく野暮った~い、というか、これを履いてスタンダード以上のホテルには入れない・・・。

「足元を見られるような場所」にも、ギリギリ履いていけるものが欲しいわけです。

稀に本革を見つけても、2万円以上したり、黒本革の印象が強すぎて足元が浮き、私の個性と馴染みません。

いろいろと履いてみた結果、私の場合はソールを白にしたほうが抜けが出てバランスが良さそう。

1日連続5時間とか日常的に歩きますので、歩きやすさや耐久性も重要。

経験を積んでくると「買う」といった行動のハードルが上がるため(←あらかじめNGをいくつも知っているから)、「なんかもう、ムリ・・・。靴探しで靴底が減ってしまう・・・。」と諦めかけていたところ、1足の靴に出会いました。

アキレス ソルボという国産ブランドです。

ぱっと見、いわゆるシニア向けのウォーキングシューズのメーカーに見えましたが、とにかくなんでも履いてみないことには履ける靴は見つからない。

スリッポンとレースアップの各1種類ずつだけは、シニアっぽく見えなかったので、試しに履いてみました。

ホールド感がスゴイです。

「これはアリだな・・・。」と思ってサイズを見たところ、普段よりワンサイズ違えたものが足に合い、しかもラスト1個。

ラス1処分で箱なしのため、13000円が9000円(税別)まで値引きされていました。

神様ありがとう・・・ということでお買い上げ。

翌日、靴紐をシングルかパラレルで迷い、パラレルに直しました(*元はオーバーラップだった)。

多少はスポーツシューズの雰囲気から脱却できた気がします。

ツレに披露したところ、「ほ~、いいじゃない。シニア靴?この茶色のラベルはなんともダッサいね~。」と突っ込まれます。

見たところ、ブランド名のラベルは輪の部分が浮き上がらないように靴本体にしっかりと縫い止められており(←芸が細かい)、「イヤ~、切り取らないで~~~。お願い~。」と言ったラベルの悲鳴が聞こえます(笑)。

武士の情けでこのまま履くことにしました。

このブランド、スリッポン(白・黒/甲の部分が細かいメッシュになっているタイプ)とレースアップ(白・黒/上記画像のデザイン)の4種類に限り、若い方もアリだと思いますよ(*それ以外は完全にシニア向けかと。ジッパーが付いていたし・・・)。

本革のトラベルシューズとして使用する場合、13000円くらいだったら許容範囲ですよね?

ブランド品や輸入品で探すと、同じ条件で3~4万ほどになりますし。

きちんと感のあるトラベルシューズをお探しの方がいらっしゃいましたら、チェックなさってみたらいかがでしょう?

参考までに付記しますが、私の場合、「0.5下のサイズ」がピッタリでした。

例えば、普段が24cmの場合、あえて23.5cmにしたらぴったり、ということです。

Posted in 雑貨の話
2017年10月17日
暖房はいつから使うべきか

最初に教室からのお知らせ。

11月のレッスンスケジュールがまだアップされていませんが、少しだけアップをお待ちください(*いつもは16日前後をめどに次月のレッスンスケジュールを公開しています)。

11月はクリスマスレッスンを2回開催するため、現在、日程調整しています。

明日の朝までにはアップしたいと思っています。

「今年はクリスマスレッスンの席をなんとしても確保したい!」という方に裏ワザ的な情報提供ですが、明日以降、スケジュールページの11月カレンダーをご覧いただければ、開催日と開始時間だけは確認していただけます。

募集開始前にご自身のスケジュールを調整していただいて、「受講する日」を決めてしまい、ブログアップ&募集開始の「10月20日(金)の20時ぴったり」にお申込みいただくのがおすすめ。

開催日時に予定が合わない方もフリータイム(貸切レッスン)でお好きな日時に受講していただけますので、「私は○月○日の○時がいいな~」などと考えておいてくださいね。(*料金は異なります)

フリータイムでお申込みいただく場合も、受付開始は「10月20日の20時」です。

毎年、生徒さんの動向?を拝見していて気付いたことなのですが、「フリータイムだから、キットだけ確保してもらって、日時予約を後回し~」にしていると、師走は余裕をもって受講できる日がなくなります(笑)。

クリスマスレッスンはほぼ材料費しか頂戴していないサービスレッスンなので、フリータイムにして追加料金を払っても、「通常のアレンジメントレッスンよりも安いお支払額」で収まるため、あえてフリータイム受講される方も多いのです。

ただし、日時予約を後回しにしていると、年末は家にお花を飾りたい方が増えることからレッスン予約が混むということもありますし、生徒さんご自身の予定が詰まってきて、「クリスマス数日前にクリスマス飾りを作る」といった駆け込みレッスンになりかねません。

クリスマス飾りは11月中に作って、速攻で飾り始めるのがおすすめです。

ちなみに教室では「パリのクリスマスイルミネーションが点滅し始める頃」にクリスマスレッスンを毎年開催していますので、準備の時期として早すぎることはないですよ。

さて、寒い日が続き、長野県外から転勤してきた方は、すでにエアコンを使用しているらしい。

わかります。

私も長野県に引っ越してきた一年目、暖房はケチったりしませんでした。

触るものすべてが冷たくて、いてもたってもいられないので(笑)、暖房を入れるしか方法がないのです。

電気代の請求額を見てびっくり。

それまでの4~5倍でした(笑)。

3000円だったら、冬は12000~15000円請求ってことです。

冬はだいたい6ヶ月間(11~4月)です。

「長野では、暖房費をけちらないと経済的に冬を越せない・・・。体を適応させないと生きていけない。」と実感しました。

それから15年ほど経過して、とある冬の日、コタツのみで過ごしていました。

「お昼にむかって、順調に気温は上がる日だろう。」と思って、起床時にエアコンやストーブはスイッチオンせず、朝の気温は-10度でした。

一重窓の内側(部屋側)は当然のごとく凍り付いていましたが、「ようやく長野県民の体になったらしい・・・。」としみじみ(←不健康というか苦行めいてるので、まったくおすすめしない)。

ちなみに長野県、賃貸住宅や社宅だと一重窓&薪ストーブなしが標準装備です。

要は関東と一緒です。

違うのは「耐性」もしくは「マインド」だけです。

Posted in 雑記
2017年10月16日
寒い

東京と札幌の最高気温が同じ13度になるなどと、ニュースで見ました。

本日の松本、最高気温10度、最低気温10度の予報らしい。

ニュースにはならないけど・・・。

先週末からキャンドルを使い始めました。

寒いです。

火が欲しい。

キッチンでは、ほぼ毎日、土鍋でおでんや鍋料理を作っています。

夕暮れどき、寒くなってくればカーテンを閉め切って、襖も閉めます。

あとは天然の暖房が入れば完璧(←ツレのこと。帰宅すると室温が上がる。ちなみにつぼみの花も咲く)。

昨年の経験で学んだのですが、ヒマラヤスギの花粉が飛散を終えるまでは、冬支度はできないのです。

いまのところ暖房ナシで堪えています。

本当はコタツを出してしまいたいのですが、昨年は花粉によって室内を黄色く染められてしまい、大掃除が大変でした。

今年は飛散終了を待って、インテリアの冬支度を開始します。

ちなみにピーク時、ヒマラヤスギ並木の風下エリアは道路も黄色く染まります。

うっかり洗濯物を干してしまうと、取り込む際に花粉が舞います・・・。

ヒマラヤスギの上空は風が吹くと黄色く霞みます。

私の場合、秋の花粉症は9月初旬から症状が出始めていて、ヒマラヤスギの花粉がピークを迎える頃には松本から避難予定。

ヒマラヤスギは1900年ころの官製による公園に多く植わっているので、「ヒマラヤスギが入る余地のない場所」に転地します。

東京は新しい都で1900年ころの御苑・公園がいっぱいあるため、東京はNG。

海沿いか古都が適していますが、アレルギーが出ている時期に湿気の強い海沿いには行きたくないので、内陸の京都か奈良。

ツレは仕事が休めないし、そもそも花粉症ではないので、避難するのは私だけです。

教室もその間はお休みさせていただきますが、クリスマスレッスンのご案内などはちゃんと手配してから避難しますので、どうぞお許しください。

帰ってきたら、ブログの旅行記として情報提供させていただきますので。

ちなみに馴染みの歯科衛生士さんに、「去年はヒマラヤスギの花粉症でひどい目にあったので、今年は京都辺りに避難することにしました。飛散ピーク時、松本を脱出します。」とお話したら、「本気ですか~。」となぜか爆笑されました。

Posted in 旅行記, 長野県
2017年10月13日
シナモンロールを食べてみた

今朝の松本市は朝から雨です。

雨予報で北風が吹く日らしく、今日は冷え込みそう。

最高気温は14度予想みたいですが、お昼になるほど気温が下がるとか。

さてブログは食べ物の話にします。

近所にあるイオンでは、輸入食品を扱うカルディがテナントとして入っています。

オープン直後のことですが、シナモンロールを買って食べてみました。

冷凍食品として1個パックで販売されている菓子パンで、ご存知の方も多いでしょう。

1個259円?くらいだった記憶ですので、我が家の場合、値段からしてリピートはないのですが(←食パン1斤分のお値段だから)、人気があるようなので秘密を探りたいと思ったのです。

帰宅してレンジで温めます。

シナモンの香りが立ちます。

私 「食べる?」

ツレ 「シナモンの香りがすごいね。俺、ダメかも。」

私 「一口だけ食べてみたら?」

ツレ 「あま!(渋い顔をする)なにこれ?ニッポンの食べ物なの?」

私 「甘いねえ・・・、油たっぷりだし、シナモンも入りすぎているくらい入っているし・・・。これって日常食じゃなくて、災害用の保存食として売れているのかなあ?冷凍しておけるから。震災とか、山登りするときの遭難対策とか?」

ツレ 「そんなカテゴリーじゃないでしょ。それにしたって、他に食べるものはいっぱいあるでしょ?」

私 「これとかこってり系ラーメンを日常的に食べている人って・・・(ロールを食べ続ける)。」

ツレ 「全部食べたの?すごいね。」

私 「だって買っちゃったんだもん・・・。食パン1斤分のお値段だし、責任とらないと。」

ということで、これ以上は言うまい。

ちなみに先日、カルディにでかけた際、シナモンロールは売り切れていました(笑)。

リピーターはおそらく存在しているのです。

我が家の場合、ツレが飲み屋で知り合った女医さんから、「ショートニングって裏に書いてある食べ物は(日常的に)食べちゃダメだよ。あれは本当にダメだから。」などと忠告されたこともあって、それ以降、このロールに限らず、ショートニングとマーガリンをたっぷり使った製品は避けています。

我が家で気に入っているカルディ商品は、ブラックペッパー(ミル付)、粉チーズ、カレー粉です。

ブラックペッパーをコリコリしていると、音を聞きつけたツレがキッチンに駆けて来て、「やる~!」と言ってフライパンに好きなだけペッパーをコリコリと落とし、炒め系の料理をすべて「濃厚なブラックペッパー味」にしてしまいます。

瓶の包装がポップなデザインで我が家のキッチンに合わないため、包装は剥がして、ただの透明瓶にして使っています。

粉チーズは、国産メーカーのさっぱりした味わいとは違い、イタリアンの店で出されるような、クセのある香りと濃い味です。

一人でお昼ご飯する際、「今日は手抜きランチで、パスタソースを使ったパスタにしてしまおう・・・」という時、この粉チーズをかけると、市販の安いソースであっても風味がアップ。

カレー粉はカレーライスなどを作るときの下味に使っていて、かなり黄色く色がつき、香りも良いです。

ちなみに近所のカルディでは、ブラックペッパーも売り切れていました。

粉チーズとカレー粉は見ていないのでわかりません。

最後に教室からのお知らせですが、来週末にクリスマスレッスンのご案内をブログにて公開します。

アップと同時に受付開始です。

【10月20日(金)の20時~】に記事を掲載する予定です。

「今年はクリスマス飾りを手作りしてみようかな~」という方は、来週金曜日の夜にブログをご覧くださいね~。

材料は限定数で、「お問い合わせフォームからのお申込み先着順」で材料とお席を確保していきますので、気になる方はお早めの記事チェックをお願いします。

クリスマスレッスンは11月に2回開催しますが、詳細は20日のブログアップをお待ちください。

生徒さんにはブログアップに先駆けて、来週に入ってからメールでお知らせします。

Posted in 雑記
2017年10月12日
2017年 りんごジャムの作り直し

松本市内、先週の最低気温は一桁台で、目覚めると窓は結露していて、冬の始まりを感じていました。

昨日までの3日間ほどは最高気温が25~29度くらい。

夏に戻ったようでした。

ちなみに明日の最高気温は14度くらいだそうです。

高地の気温すら安定しない・・・というのは、かなり危機的状況だと思うのですが、危機感を持ってライフスタイルを見直しされている方はどれだけいらっしゃるのか気がかり・・・。

もう崖っぷちどころか、落ち始めているのに・・・。

さて、そんな気候のせいもあって、今年、我が家周辺の果物は出来がイマイチ。

実は9月上旬ころから、そのように思っていました。

私が可愛がっていた鉢植えの木も、この夏の終わりに立ち枯れました。

植物の不安定な状況には気付いていましたが、シロウト判断を披露するのも時期尚早と思い、確信を得るまでは控えていました。

具体的にはブドウがダメ。

昨年は良かったので、昨年と比べると「比較しようもないくらいにダメ」です。

全般的に出回り開始が遅かったので、「春先の気温か、夏の日照量でも足りなかったかな?」と思っていたのですが、品種によっては贈答用をまったく用意できないくらいにダメダメだったようです。

今年は残念ながらハズレ年・・・。

シャインマスカットもハーブのような香りが足りなくて、今年は普通~のマスカットです。

「感動を覚えるレベル」には至らず。

ほぼ毎週末、ぶどうの直売所に通ったのですが、私が勝手に「ブドウ作りの名人」だと思っている○○○さんのシャインマスカット1房をゲットして、母に送るのが精一杯でした(←母は「シャインマスカットは信州産!」と心に決めている)。

今年は量も少ないし、お値段も高かったので、○○○さんのブドウは自分の口には入りませんでした。

ぶどうは他の果実よりも単価が高いので、例年より値上がってしまうと「親戚に贈答した分だけで、今月の生活費がもうムリ~。」になります。

松本市内の某飲食店の方も仕入れに絡む話なので、「今年のブドウは病気が流行ったみたいですね。」とおっしゃっていて、不作は知っていたようです。

りんごもイマイチ。

昨年よりも遅いタイミングで流通し始めた紅玉を、10月初旬に安曇野で買いました。

いつもどおり、その日のうちに調理します。

ジャムにしようとカットしてみたところ、刃ざわりがもっさりしていて、紅玉なのに蜜が入っているものもありました。

生で食べるとモサっとしていて、微妙に甘い。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」と思ったのですが、もったいないのでジャムにしました。

煮ていると、泡ばっかり出ます。

取っても取ってもキリがない。

もさっとした紅玉なので、煮崩れてしまいました(*例年は歯ごたえが残ります)。

今年、出来上がったものは「いたって普通のりんごジャム」で、市販のものと変わらないレベルです。

いつものキラキラ感がない・・・。

私のジャム作り史上、今年の紅玉ジャムは最悪の出来でした。

「安曇野のりんごですら、このパフォーマンスか・・・」と思ったらモヤモヤしたので、後日、別のエリアで育った紅玉5個でジャムを作り直してみました。

「今年、りんご自体の力量は低いだろう・・・」と見て、白い精製された砂糖は止めて、きび砂糖に変更しました。

きび砂糖で作ると色が悪くなるので、ごまかすために紅玉の皮も煮て、色づけします。

シナモンも入れました。

食べてみると美味しい。

なんとか平年レベルのジャムまで引き上げることができましたが、たった2瓶です。

今年、農家さんはご苦労されていると思います。

病気が発生したり、やっと取れても小ぶりだったり、いつもより美味しくないはずですので・・・。

農業って本当に天次第で、難しいお仕事だと思います。

不安定な状況は加速して、ますます難しくなっていくのでしょうね・・・。

Posted in 旅行記, 長野県
2017年10月11日
クリスマスレッスンの見本が完成しました

11月開催予定のクリスマスレッスン、見本が完成しました。

今年のメイン花材は、白いクリスマスローズにしました。

アーティフィシャルフラワーですので枯れませんし、特段のお手入れもご不要です。

可愛い感じは押し出していない、「クールでさっぱりとしたスワッグ」になりましたので、「インテリアは真っ白」とか、「どっちかと言えばモダンというか、無機質っぽいインテリアです」といったお宅にも違和感なく馴染むスワッグだと思います。

今年は材料がリッチな年で、ブライダルブーケに使うような高級花材を使用していますので、「チープな飾りはちょっと・・・」という方にも向いています。

既製品を購入してしまうとお高くなってしまう材料なので、「手作りの利点」が発揮される年?です。

これから撮影して、開催日時などをお知らせするブログ記事を用意させていただきます。

ブログのアップは「10月20日(金)ころ」を予定しています。

アップと同時に受付開始します。

お申込みの先着順でキットとお席をご用意します。

先行予約でお申込みされると、レッスン代は「ほぼ材料費のお支払いのみ」で受講していただける、1年に1回のお得なレッスンです。

早い者勝ちになってしまいますので、生徒さんには事前に「アップ時間」をメールにてお知らせいたします。

初めての方も歓迎です。

クリスマスレッスンは「入会金不要」ですので、お気軽にご参加ください。

クリスマスレッスンのみ、4名様までの集団レッスンでフリータイム制ではありません(*フリータイム受講も可能ですが、貸切料は別途かかります)。

定刻にレッスンは開始しますので、「初めてのご来訪で、地理が不案内の方」は事前に教室の所在地を確認していただくようお願いしています。

まあ、遅刻されたとしても受講はしていただけます(笑)。

遅刻した分だけレッスン時間を延長される場合、延長の受講料は発生しますが。

ということで、アップまで、いましばらくお待ちください。