2018年1月 のアーカイブ

2018年1月31日
hiyoriカフェ

今年の諏訪湖は御神渡りがあるのでしょうか。

私の勝手な予想ですと、1月31日か2月9日です。

昨年11月1日に諏訪へ出向いた際、大社や諏訪湖周辺をぷらぷら歩いてひとり予想してみただけの話というか、感じただけのことですので根拠は書きません。

さて今日は、長野市のカフェの話にします。

教室の用事があって、最近、長野市に行ってきました。

善光寺周辺でおなかが空いたので、通りかかったカフェに入ります。

このカフェの存在も名前も知っていましたが、入ったことはありませんでした。

善光寺近辺でお食事する際は、オープン当初からフジヤゴホンジンを利用していたので、よそでお茶する必要がありませんでした。

ですが、時が流れ、赤ちゃんがハイハイしたりお子さんがギャン泣きしたりするレストランになってしまったので(*数年前の話。現状は知りません)、お店の雰囲気と静寂好みの私とがマッチしなくなり、新しいお店を探したいと思っていました。

今回、はじめてお邪魔したのは「hiyoriカフェ(ひよりカフェ)」。

半分地下になっている構造です。

いい雰囲気でした。

特に冬がいいと思います。

奥で薪ストーブを焚いていました。

ソファー席が2席あって、そちらに座らせていただいたのですが(*一人でしたが、その時間帯、一番小さい空きテーブルがそこでした)、照明を落とした中、薪ストーブの灯かりがほっこりしていて、赤いやかんから湯気が上がっていました。

おこもり感のある、とても落ち着く空間。

ご年配のご夫婦も、お会計を終えた後ですら薪ストーブの前から離れません。

薪ストーブに憧れがある方は、薪ストーブにあたる体験をするのに良い場所だと思います。

店員さんはお忙しくてもほっこりを失わないお姉さんで、「いま、松本にお住まいなんですか。雪、どうです?全然?私、○村の出身なんです~。」などと配膳の際におしゃべりもしてくださいました。

いろんな意味で、冬はほっこりしていて暖かい場所です。

ランチは1080円からあります。

パスタと前菜とコーヒー(紅茶)です。

もうちょっと奮発すれば、デザート付もあります。

パスタの塩っけが強いのでのどが渇きますが、それを計算してか、お水は瓶1本で提供していただけます。

栓がしてある瓶なので、一瞬だけ開け方が分からなくて、栓の構造について考えされられました(笑)。

忙しかったので1時間ちょうどで出ました。

本当はあと30分くらいはゆっくりしていたかったです。

「カフェって、空間を一時的に買いあげる場所でもあるよね。もっと早く知っておけば良かった・・・。」と思ったお店です。

そして全然関係ない話ですが、長野市内の住宅街で道に迷って困っていたら、対向してきた茶トラのオスネコさんが踵を返し、目的地まで道案内してくれました。

モフモフした冬毛っぽくて、尻尾の先だけ白なのが印象的。

とても好みのネコちゃんだったので、踵を返されてしまった瞬間に、「ああ、お友達になりたいだけなのです!」とついつい声に出して引きとめようと・・・(笑)。

その後、意を汲んでくれたのか分かりませんが隣を歩いてくれて、曲がるべき小路まで案内してくれました。

用事が終り、もう1回、お礼を伝えたいと思ってキョロキョロしていると、建物の陰からこちらを見守っている姿を発見。

ひとこと「ニャア」と言って立ち去っていきました。

メルヘンですが、本当の話です。

松本さえ出れば、ネコウケは飛躍的に良いです。

月とすっぽんとか言う言葉があって、どっちか良いのかわかりませんが、例えるならば、そんなレベル。

Posted in 旅行記, 長野県
2018年1月30日
1月ももうじき終り・・・。

そろそろ2月。

年度末に突入しますね。

例年、この時期は駆け込み受講が増える傾向にありますので、ご予約はお早めに。

ご入会はいつでもOKの教室ですが、やはり年度末に1コースが終るようにお申込みされる方が多いので、この時期に受講期限を迎える方が多いです。

お席が混み合いますので、ご予約はお早めにしていただくとともに、「最終週」は避けていただくことがおすすめです。

年度末&最終週は予約が非常にとれづらいです。

過去、「通学中の生徒さん全員が2~3月の最終週にお越しになった。多い人で1日2レッスン受講。」ということもありました。

「新規でご入会を検討中の方」はいまが異動期直前であることを頭の片隅に置いていただいた上で、各種お申込みをお願いします。

ご契約後、お申込者様や教室都合で双方に転勤に伴うお引越しや、ライフスタイルの大きな変化などが起きた場合、それを理由にしたご契約の取消しは承っておりません。

教室が県内移転する場合は、ご希望者様に「受講期限の特別延長」をご案内していますので、ご安心ください。

その場合、延長を希望される方もいらっしゃいますし、余裕で受講期限内に通えるので延長は不要、ということで申請しない方もいらっしゃいます。

「季節のアレンジメントコース」でしたら、そもそも6回の受講期限が12ヶ月なので、延長されない方のほうが多かったと思います。

フリータイム制教室につき、教室からはレッスン日時を指定しておりませんので、受講される方が「ご都合のよいタイミング」にご予約いただいてお越しいただくことになります。

ということで、「距離が近いこと」が教室選びの第一条件になる方ですと、異動期直前のタイミングでお申込みされるのはおすすめしておりません。

ちなみに教室では、長野市、軽井沢、一番遠くてアメリカからお越しの方がいらっしゃいます。

2018年1月29日
冷え込みました

寒波でここ数日は冷え込みました。

松本も例外ではありません。

最低気温が-10~-12度くらいの日が4日ほど続きました。

人生で初めて、「浴槽に浸かっている間に凍結防止の機能が働く」という経験に遭いました。

浸かっているときに「ボコボコ・・・ボコッ」という大きな音がしたので、一瞬、なにごとかと思いました。

寒冷地仕様なのか標準装備なのか知らないので一応説明しておきますと、温水器の電源を切っていても、一定の温度に達すると栓から自動的に水が浴槽内に排出され、水道の凍結を防止する機能です。

「温度低い!風呂の水道管やばい!」と機械が察知した瞬間に勝手に作動してくれますので、たいていは厳冬期の夜中~明け方に作動し、排出音が大きいので、いつも「この音、なんだっけ?」と思うわけです。

出てくるのは冷水というか氷水レベル。

当然のことながらお風呂の温度も下がってしまいます。

「凍結防止が作動するほどの温度の中で、じぶんがお風呂に入っていること」に興ざめ?湯冷め?してしまったこともあり、「もう上がろう・・・」という気になりました。

朝方は、部屋の隅というか窓枠~外のへんから、「ボォン・・・」というような低い音がしていました。

家鳴りの冷凍バージョンだと思います。

ベランダ手すり、窓枠と窓はすべて凍り付いていますので。

強烈な寒波の中、水道管を守ることができました。

自信がつきました。

 

Posted in 雑記
2018年1月26日
水道管の話

昨夜~今朝はさすがに寒かったです。

一晩中、-10度以下だったと思います。

午前3~4時にかけて、野良猫が派手に騒いでいました。

生命の危機を感じたのかも。

布団の中で、ツレが「いこだね~(←岩○さん風のいい子だね)。」と呟いている声が聞こえました。

通学出勤の時間帯になっても-10度・・・。

思わぬ冷え込みに遭い、「我が家の水道管、なにもしなくて大丈夫なんだろうか・・・。」と不安にかられている方がいらっしゃるかもしれません。

水道管がご心配な方は、

① 庭に水道をお持ちの方は今すぐ元栓を閉めて水を抜き、家族全員に使用禁止を伝える

元栓を閉めるだけじゃダメですよ。水抜き作業してください。

「やり方知らない~」という方は説明書を探しましょう。

閉めた後に外遊びから帰ってきたお子さんが使用して結局凍結した、というありがちなパターンにお気をつけて。

② 夜のうちに入浴し、浴槽のお湯は捨てずにそのままキープ

浴槽の循環用に水量はしっかり残しておく。水道がうっかり凍結してしまったときの保険の水にもなる。

③ 家の中は、エアコンなどで「家全体」をしっかり温めてから眠る

温めるべき場所にはトイレも含まれます。

最低でも、この3点をおすすめします。

すべての蛇口につき、1日1回は使用するようにしています(*洗濯が必要ないと感じる日でも洗濯機は使うとか)。

事前にできることをやって、運を天にまかせるほかないかと。

あと、「メーターボックス内の給水管も心配・・・」と言う方は、捨ててもいい毛布とか、発泡スチロールの箱や緩衝材、段ボールなどを一時的に投げ込んでおけば良いかと。

「守るべきポイント」を考えるくらいだったら、全体的に冷気をシャットダウンできるように投げ込んでしまったほうがラク。

それと大前提なのですが、「やむなく留守をする場合、ブレーカーは落とさない。冷蔵庫など、なにかしら家電を通電させておく」。

これ、寒冷地に住む人には思いもよらないことなのですが、冬季に家を留守にする際、ブレーカーを落として不在になる方がいるらしい・・・。

冬にブレーカー落としたら、冷え込んだ日は凍結しますよ~と言うか、積極的に凍結させに行く行為・・・。

我が家の場合、冬旅行などで家を留守にしなければいけないときは、気休めではありますが、全部の水道管部分をタオルやプチプチでぐるぐる巻きにして、普段はオフしている温水器のスイッチを入れてからでかけています。

あとは祈るのみ。

Posted in 旅行記, 長野県
2018年1月25日
掛け布団カバーの静電気をなんとかする

いま列島を覆っている寒気、油断ならないというか、生物にとってあまり良くないものだなと感じています。

昨日のお昼前から体調不良になったので・・・。

ニュースで最強の寒気とか銘打たれているようですが、そんなの言われなくても、襲来する前から体の変調で分かるってものです(←野生動物並み)。

昨年、秋に台風が2個連続で来たときも、1個目が来る前日にざわつく感じを覚えたのですが、それと似た感覚。

今後は最低気温が-10度になる日が数日続く予報なので、ベランダの鉢植えは昨日のうちに家の中に取り込みました。

まあ、今朝はそこまで冷え込んでいない気がしますけど・・・(*-10度に近づくと世界が神々しく見えるのに、今日は「普通」だったから)。

ちなみに-10度って「寝室の窓の内側(室内側)が冷凍庫っぽく凍る温度」で、今朝も窓枠&窓は凍っていましたが、ほとんどの長野県民は普通~に無暖房で、かつ、賃貸住まいは隙間風が吹き込む一重窓で寝ていると思います(笑)。

今週いっぱいは無駄な外出を避けようと思い、昨日のうちに食料品の買い物を済ませました。

ちなみに新潟の親戚は、昨日から籠城体勢にあるらしい。

風が強い日ですと、私の場合は万代橋(新潟市中心部にかかるメインの橋。)の上から信濃川に転げ落ちるんじゃないかと思うくらいに体があおられるので、新潟の方は外出しないのが一番だと思います・・・。

あとは前回の秋台風と一緒で、全国的に被害が大きくならないことを祈るのみ。

みなさまも油断なさらずお気をつけください。

慣れた一本道で猛吹雪にあって遭難しかける・・・なんて特定のエリア(北海道とか新潟とか長野とか・・・)での話でしょうが、今回はいろいろなところで起こりえるかも。

さて今日はインテリアの話。

昨年末、掛け布団カバーを新調したのです。

ずいぶん悩みました。

お値段が高いので・・・。

穴が開くわけでもありませんし、派手に破けるものでもないので、買い替え時期の判断が難しい。

ですが、古くなれば保温力も落ちます。

洗ってカバーが縮むので、布団の広がりも悪くなります。

「人生のおよそ3分の1は布団の中。健康的に春を迎えるため投資しよう!」と気合を入れて買いなおしました。

結果、静電気がパッチパチです・・・。

いままでこんな経験がなかったので、そうとうにがっかりしました。

布団を入れ込んでいる間、パチパチ言っています。

実際に使ってみると、やはり肌にまとわりつくような印象で、寝返りを打つのもためらわれ・・・。

カバーの中で布団がうまく広がらずに寄ってしまいますし、しかも重い・・・。

冬物って、なんだかんだで重いと使わなくなりますよね?

裏地がついている掛け布団カバーです。

どうやら裏地が静電気の原因っぽい。

「毎日、寝るのが楽しみになるお布団」を欲しているので、このままじゃいけません。

静電気と重さの両方を解決できるかわかりませんが、裏地1面を取り除いてみることにしました。

外側と肌側のどちらにしようか迷い、とりあえず肌側を取り除くことに。

花教室の机にカバーを広げ、はさみで裏地1面をチョキチョキっとカットしていきます。

いつも思うのですが、作業台は正方形がおすすめですよ!

教室では机2個をくっつけて、100×120cmの状態にして使っています。

これですと、横と奥行きが同時に確保されているので、どんな作業もラクラクです。

「ダイニングテーブルを新しくしよう。自分の家事台としても使いたい。」とご計画中の方には、正方形に近い形状を強くプッシュ。

切り取った裏地を計ってみたところ、1枚200gでした。

裏地だけで400gなんですね・・・。

裏地の端を手縫いします。

カバーを回すのでなく、私が机の周りを移動しながらひたすら手縫いします。

そうこうしているうちに雪が降ってきて外出の気分にもなりません。

ちょうど良い作業です。

完成~。

使ってみました。

心配した寒さを感じることもなく、静電気も感じることもなく、重さも気にならなくなりました。

快適です。

たった200gの減量ですが、おそらく「静電気で肌にまとわりつく感じ」がなくなったので、合わせワザのように体感で軽くなったのかと思います。

あとは「柔軟剤を使って洗えば、静電気はもっとマシになるかな?」と期待しています。

いまのところ、残した裏地を取り除く予定はありません。

それまで取ってしまうと寒くなりそう・・・。

裏地ありのカバーを探して購入したのですが、材質によっては裏地がうらめに出ることもあるんですね・・・。

静電気問題でお悩みの方、諦めないでください。

この世の中、完璧なものなんてありません。

せっせと改造して、自分好みに変身させてしまいましょう。

 

2018年1月24日
new レンタルブーケ(芍薬・バラのピンクラウンドブーケ)

【商品番号】 NO.020

【ブーケ写真】

芍薬とバラのピンクブーケ

【別の角度】

芍薬とバラのピンクブーケ

 

芍薬とバラのピンクブーケ

 

【アップ写真】

芍薬とバラのピンクブーケ

 

【持ち手】

 

 

【ブートニア写真】

【レンタル料金】 9,500円/1週間・税別

【レンタル送料】 レンタルブーケQ&A(ブログ)を参照してください。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです(器はレンタルに含まれません)。

■ 素材はアートフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、精巧な造花)

■ 花材は、芍薬、バラ1種、スプレーバラ2種、アジサイ2種、グリーンネックレス。

■ ブーケの持ち手は茶のペーパーラフィア、リボンはゴールド。

■ サイズ: 直径 約20cm

■ 芍薬とバラが主役のピンクブーケ。シンプルに丸く束ねました。ごく薄いピンクの芍薬を使用しています。芍薬は生花ですと開花調整が非常に難しいお花です。ご予算や出回り季節の都合上、生花の芍薬ブーケを諦めようとしている方はぜひご利用なさってください。「かわいすぎない、大人のピンクブーケ」をお探しの方におすすめ。全体を薄いピンクでまとめたブーケですので、白、グリーン、ピンク、赤などいろいろなドレスとマッチします。芍薬が入っていますので、芍薬の面を正面にお持ちいただけば和装にも。どの角度から見ても正面になるように作られています。お好きな角度を正面にしてお持ちください。

■ 【ご注意ください!】 持ち手をリボンで完全に巻き上げることなく、茎の先端が残されているタイプのブーケです。芍薬の茎の直径は5ミリほど。内部ワイヤーの露出はありませんが、ドレスへのひっかけがないようお気をつけください。お腹まわりにレースが使用されているドレスへのご使用はおすすめしません。不注意によりドレス等に破損が生じた場合、当教室ではその損害について一切の責任が負えません。ご心配な方は、リボンで持ち手が完全に包まれているブーケをおすすめします。

■ 芍薬の開花シーズンは主に5~7月上旬。それ以外の月も、通常どおり、レンタルのお申込みをお受けしております。開花時期外にお申込み頂戴した場合、一部シーズンオフ花材の使用があることはその都度の説明・確認はいたしませんので、開花シーズンを気にされる方はご留意ください。シーズンオフは大輪バラブーケのイメージでご利用いただけます。

■ 最新作

■ レンタルお申込みは、事前にブログの「レンタルQ&A」をご一読いただき、コンタクトページ下欄の「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

 

2018年1月23日
new レンタルブーケ(ネリネのグリーンブーケ)

【商品番号】 NO.019

【ブーケ写真】

レンタルブーケ(ネリネのグリーンブーケ)

【両サイド】

レンタル ブライダルブーケ グリーン

レンタル ブライダルブーケ グリーン

【アップ写真】

レンタルブーケ

レンタルブーケ

 

【リボン】

レースリボン

 

【ブートニア写真】

付属するブートニア

【レンタル料金】 9,500円/1週間・税別

【レンタル送料】 レンタルブーケQ&A(ブログ)を参照してください。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです(器はレンタルに含まれません)。

■ 素材はアートフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、精巧な造花)

■ 花材は、ネリネ、クリーム色のバラ、アジサイ、ビバーナム、マム、実もの。

■ ブーケの持ち手リボンはホワイト。

■ サイズ: 横 約28cm。縦 約19cm。垂れ下がっているグリーン部分も入れれば縦約30cm。(先端部分をそれぞれ計測)

■ 画像をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます。

■ ネリネが主役の明るいグリーンのブーケ。スタンダードな形にこだわらず、左右非対称に束ねました。正面から見ると三角形や楕円のように見えますが、両サイドからは小さめのラウンドブーケに見える不思議なブーケです。人とは違う、個性的な白系ブーケをお探しの方に。グリーンはいろいろなドレスとマッチしますので、挙式・披露宴ともにブーケ1個で過ごされたい方にもおすすめです。白ドレスについても純白のドレス~ベージュ系のドレスに幅広くお似合いです。

■ メンテナンス後の再アップ。

■ 持ち手部分のリボンはレンタルごとに交換しますので、毎回新品です。

■ レンタルお申込みは、事前にブログの「レンタルQ&A」をご一読いただき、コンタクトページ下欄の「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

 

2018年1月23日
ときどきはやりませんと・・・

昨日、ツレは帰宅するのに1時間半ほどかかりました。

通常の4倍ほどかかった計算です。

雨や雪が降ると、松本市街地の道路は詰まりまくって大渋滞に。

昨日もそうでした。

松本はさほど降雪も積雪もしませんので、それほど雪に慣れているわけでもなく、城下町で車道も歩道も狭い。

その上、「天候が悪くなると、歩く人が目に見えて激減する。みんな車で移動する。」のが長野県民の特徴。

大渋滞になる条件が揃っています。

「車やバスを使わず歩いて帰ってくればいいんじゃない?」というのはごもっともですが、上記したように道がとても狭いので、晴天の日中ですら歩くのにリスクを感じる道は多いですし、雪が降った夜間となればいろいろ危険も増し、大人しく車内にいたほうが賢いことも多いのです。

東京に住む友人は帰宅困難になっていないだろうか・・・と心配になって連絡したら、14:30には帰路についていた、ということで、さすが雪国出身の大都会住まい。

経験値が高いです。

私が経験から言えるのは、「雪の日、いつもより早く家を出て、それでも遅刻しそうになったら、堂々と潔く遅刻しよう。安全のため、それ以上、急いではいけない。」。

さて、今年に入り、教室の備品を一つ、更新しました。

無線LANルーターです。

10年近く?10年以上?使っている古いものでした。

松本に引っ越してくる際、NTTの方に「いまはもっと早いんですよ。アレが速度を遅くしている原因です。いまは速さも『光』なんです!」と指を指されて力説された古い代物です・・・。

別に「すっごく速くなくていい」のでそのまま使っていましたが、ツレが「買いなおして!これがいい。」と言い出し・・・。

我が家、物持ちがいいので(*唯一の例外はキャノンの1台目プリンター。基盤が壊れて、基盤の入れ替え修理しても数年しか持たなかったので、総合して欠陥商品と判断した。)、家電も同様、処分する機会がなかなかありません。

一昨年は引越しの機会にプリンターが壊れたので、プリンターを更新。

今年はそんなことでルーター。

来年はパソコン?かもしれません。

2018年1月23日
new レンタルブーケ(クリーム色のバララウンドブーケ)

【商品番号】 NO.007

【ブーケ写真】

【アップ写真】

 

【リボン】

 

【ブートニア写真】

 

【レンタル料金】 9,500円/1週間・税別

【レンタル送料】 レンタルブーケQ&A(ブログ)を参照してください。

【商品詳細】

■ ブーケとブートニアのセットレンタルです。

■ 花材は、アーティフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した、特に上質な造花)を使用しています。

■ 花材は、白バラ数種、白ピンクのスプレーバラ、ラナンキュラス、アジサイ、ベリー、グリーン(ラムズイヤー)、デコレーションはパールビーズ。

■ ブーケの直径 約18センチ

■ 持ち手リボンは白、飾りのループリボンは透ける素材です。

■ スモーキーな優しい色合いの白い小花を束ね、人気のラウンドでお作りしました。クリーム色のラナンキュラスをメインに、アジサイやスプレーバラなどの多種類の小花を束ねています。ブーケサイズ・使用花材が「小さめ」ですので、オーガンジーのフワフワドレスなど「生地の張りが弱いドレス」、「ボリューム控えめなドレス」、小柄な方にお似合いです。(*ボリュームのある白ドレスには別のブーケをおすすめします。)ピンクドレスにアクセントブーケとして合わせても、かわいらしい印象になります。

■ こちらは「かわいい系・ウォーム」な印象の控えめサイズのブーケですが、「きれい系・クール」な白系のブーケをお探しの方は、「白グリーンのティアドロップブーケ」がおすすめ。ボリュームがあるドレス用にお探しの花嫁様は、これより大きめサイズのブーケ(白ユリバラのブーケ、白と薄いピンクバラのキャスケードブーケ)があり、その2種類はハイクラスラインとして「サイズ大きめ・花材はゴージャス」にお作りしてありますので、それぞれの商品ブログをご参照ください。

■ 持ち手部分のリボンはレンタルごとに交換しますので、毎回新品です。

■ メンテナンス後(組みなおし)の再アップ。

■ レンタルお申込みは、Contactページ下欄の「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

■ お申込み時、ブログの「レンタルブーケQ&A」をご一読ください。

2018年1月22日
松本ですら降っています

14時くらいから雪が降り始めました。

ちょっと前、列島が雪模様だった日に、そ知らぬ顔で快晴だった松本市。

今日は降っています。

結晶の大きな雪がボタボタと降ってきます。

空は圧縮されたような深い白ですし、山も見えません。

松本にしては珍しく、しっかり積もりそうです。

まさかとは思いますが、バックカントリーとか山で救助を依頼する人が出ないといいのですが。

見通しがかなり悪いので、助けに行く人が遭難しかねない。

「危険を押してまで新雪好きな人」は、いっそ新雪と同化するのが本望じゃないかと想像されるので、その気持ちを最大限に尊重して、心ゆくまで、思う存分に雪を満喫していただくのが最良のサービスかと・・・。

日暮れ前、雪かきをしに外に出ようと思います。

ボランティア精神ではありません。

帰宅時、ツレが転ぶと困りますし、出入口に根雪を残したくないだけです。

【追記:午後の雪は軽いです。海沿いの人が掻いたら、力が余って雪が宙に舞うと思います。】

Posted in 旅行記, 長野県