2018年8月 のアーカイブ

2018年8月31日
探しましたよ

信州産の露地栽培のシャインマスカット、出回りが始まりました。

県外への出荷が始まったかどうかは分かりませんが。

長野はしばらく雨続きになるようなので、「走り」ではあるものの、さきほど買ってきました(*雨が続くと水ぶくれというか、味わいがぼんやりします)。

小布施産で1房600~700円くらいのもの。

見た目に対してお値段が妙~に安すぎるし(笑)、小布施のブドウは食べたことがないので美味しいのかどうかは分からないですが、台風が近づいていることもあって、「長雨が降る前」に欲しかったのです。

信州産のシャインマスカットを楽しみにしている方が首都圏にもたくさんいらっしゃるようで、このタイミングでの台風は微妙ですよねえ・・・。

農家さんも、高級フルーツを守るために必死じゃないでしょうか。

今年、ナガノパープルはとても美味しかったため、シャインマスカットも期待しているのですが・・・。

さて今日は雑貨の話。

ハマっているものがあります。

手ぬぐいの豆絞りです。

マメならなんでもいいわけではありません。

日本製がいいので、けっこう探しました。

意外と売っている店が限られます。

手ぬぐい専門店にでかけたところ、なぜか豆絞りが店頭にありませんでした。

豆絞りを探した経緯ですが、この夏、いろいろと新しい洗剤を試してみたところ、失敗して手ぬぐい4本をダメにしました。

豆絞りもダメにしたので、1~2本は買い直したかったわけです。

そもそも手ぬぐいは、キッチンの手拭タオルの代用として使い始めました。

最初は「代用」のつもりだったのですが、乾きが早くて臭うこともない手ぬぐいにすっかりハマり、タオルのほうを止めました。

「手ぬぐいなんて布が薄いから、びちゃびちゃになっちゃうんじゃない?」と思って手ぬぐい自体を敬遠していたのですが、びちゃびちゃになったとしても、タオルと違い、速攻で乾くので大丈夫です。

洗濯しても、曇りの日ですら乾きます。

我が家のキッチンは、茶、黒、白の色しか存在しないので、そこに白地に紺の豆絞りがぴったり。

シンプルシックな中にちょっとの可愛さがプラスされ・・・。

蛇足ですが、我が家のキッチンは冷蔵庫(*お花の保存庫も兼ねる)を入れて1坪です。

中央に立てば、不動のままですべてに手が届くと言う・・・。

「豆絞り=小学生の夏祭り」だと思っていたものの、クラシック感が突き抜けているので、1周まわって逆に良い?

日の丸もそうですが、豆絞りも究極のシンプルデザインですね。

いっそ無敵・・・。

手ぬぐいの柄は「色み」としては「かまわぬ」もアリですが、あっちにすると自分が「江戸時代、貧乏長屋に一人住まいしている浪人の気分」になるので、テンション下がるというか、ちょっとどうかなと・・・。

200円未満のものを見つけたので、おそるおそる1本だけ買ってみました。

使ってみてもいい感じでした。

日本製の手ぬぐいって1本800~1500円くらいして、なかなか高級品。

「手をぬぐうためのもの」ではなく、壁にかけて飾っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

何本も一度に買えるものじゃありません。

この豆絞り、「167円なんて、布の質が落ちすぎるのかな?」と心配だったのですが、使ってみても、洗濯機で洗ってみても問題なかったです。

しかも販売元は東京都墨田区両国。

設定に忠実・・・。

さらに買い足すつもり。

ちなみに100均もチェックしましたが、個人的に「100均の手ぬぐいはないわ~。硬すぎ。水分を吸わなそう・・・。」です。

ご自宅に「夏祭りで使った豆絞りがあって、タンスの中で眠ってる・・・」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、台所で使ってみてください。

一回台所に立って作業して、次に立ったときには乾いていますよ。

365日のうち、使用するのは1日だけの物なんてもったいない。

どんどん使って、どんどん循環させてしまいましょう。

【追記:シャインマスカットたべてみました。ジューシーで甘いです。ハーブのような独特の香りはありません。皮も少し渋みがあって口に残るので、やはり「走り」かと。でも、昨年のブドウよりは良さそうな気配。9月収穫のシャインマスカットに期待。】

2018年8月30日
長野でもサバ水煮缶は入手困難です

サバ缶が買いづらくなって、数ヶ月経過しました。

人気が出てしまったようで、お求め安い品はもちろんのこと、高額商品まで売ってない。

長野県民、たぶん困ってます(笑)。

長野では一時的な流行ではなくて、食文化と言えるほどに暮らしに浸透していますので。

長野県民がサバの水煮缶好きだということは、御存知の方も多いですよね?

そもそも、そこから火が点いたんですよね???

ここまで人気沸騰する以前の話ですが、とあるスーパーでサバの水煮缶の在庫を切らしてしまい、店員さんが「ダメじゃないの!」とお客さんからお叱りを受けているところを目撃したくらいです(笑)。

要は、長野県内のスーパーでは「在庫を切らしちゃいけない商品」なのです(*長野県はやけに広いので地域差はありますが)。

我が家もけっこう食べていたというか、日常的に2個ほどまとめ買いして家に常備していたので、入手困難は困ります。

ここ数ヶ月、長野市内の大きいスーパーでは買えないことがほとんどです。

ときどき高額商品を見かける程度。

ツレが「ダイエットを始める!」と言い出し、100円前後のサバ缶はちょうどよかったので、なおさら困る。

サバ缶の利点はメディアで語りつくされていると思うので、レシピも御存知の方が多いと思います。

我が家のレシピはだいたい4つ。

長野県民ぽいかどうかは知らない。

① サバ汁・・・豚汁から豚をぬいて、こんにゃくを足したもの。出汁はとる必要がないので、サバ缶の中身全部を投入すればいいだけ。我が家の場合、根曲がり竹は面倒なので入れない。

② サバオニオン・・・皿の上にサバの水煮缶をひっくりかえし、上にスライスオニオンをトッピングして、お好みで醤油とマヨネーズをかける。お酒を選ばないおつまみ。

③ サバ鍋・・・白菜や豆腐、長ねぎなどと一緒に鍋にする。ショウガをきかせた塩味がおすすめ。締めはうどんが良。

④ サバのトマト煮込み・・・オリーブオイルとにんにくで玉ねぎを炒め、サバの水煮缶とトマト缶と白ワイン適量を投入して煮る。塩コショウで味付ける。魚の臭みが気になる方は、家にあるドライハーブをなにか投入すべし(*我が家はドライのタイム)。ペペロンチーノとサラダを作れば、クイックなのに、ぱっと見は豪勢な夕食が完成。ワインが合います。

簡単なんですよね。

出汁をとる必要がないし、加熱の必要もないから。

「今日は忙しくて買い物にも行けなかった。あと30分後に夕ご飯が食べたい!」というときとか、「今日はメインがしょぼいから、おつまみで黙らせよう!」というときにお役立ち。

あ~、普通に買えるようにならないかなあ・・・。

ちなみに長野でも、みそ煮缶はノーマークというか、はっきりいって人気ではありません。

Posted in 旅行記, 長野県
2018年8月29日
イヤリングを探した話

今日は家事話を離れまして、珍しくファッションのこと。

夏が暑すぎて、髪はカットすることもなく、100均で購入した黒ゴムで1本縛りしています。

手抜きのテッパン、王道。

薄化粧ですし、我ながら、色気も素っ気もありません。

年を重ねると、「輪郭がゆるくふっくらしてくる方」と「エッジが効いてくるタイプ」があると思うのです。

私、確実にエッジが効いてくるタイプなので、鋭さを感じさせる人間が髪を一本縛りにしてるとよけいに老けて見え、印象がきついわけです。

「ぎぼむす」の義母みたいになっています。

「横幅を意図的に増やさないといけない年齢になりました・・・」と感じ、「横幅を増やして、全体的に丸みを足す方向」にファッションを工夫することにしました。

一番簡単なのは、髪にパーマをかけてしまうことです。

却下。

美容室、嫌いですし、美容にお金はかけたくない。

倹約のため、毎月の固定費も増やしたくない。

顔の下半分~首にボリュームが必要な体型であることはわかっているので、毎日、イヤリングかネックレスのどっちかをつけるように決めました。

夏はイヤリング一択で。

イヤリングは、結婚するときに贈ってもらったパールがあります。

年齢を重ねると全体的に乾燥してマットになってくるので、「顔周辺に、なにかしらの輝き」が必要になりますね。

パールはぴったり。

夏場に毎日同じものを使い続けてしまうとパールの寿命が短くなるので、もう1セット、イヤリングが必要だなと思ったわけです。

探したいのは、「いまの私に似合って必要なもの」。

横に丸みを足す必要があるので、縦に長かったり、スイングするデザインはNG。

チャリチャリ音がするのはイヤです。

重心を上に上げつつ、輝きを足したいので、「丸くて輝くもの」狙いです。

そして「軽いもの」。

年齢次第で使わなくなる可能性もあるので、お高いものはいりません。

フォーマル向けはパールだけで十分なので、カジュアル方向で探します。

長野駅の駅ビル内で買い物したあと、MIDORIの中にイヤリングをたくさん置いてある店を見つけました。

お客さんがほとんどいなかったので入ってみました(←混雑が嫌い)。

アクセサリー作家さんの作品を展示販売しているお店?のようです。

価格帯は2000~5000円。

途中、お店が混雑してきてしまって、ちょっとゲンナリしつつも、「必要なもの」のイメージは固まっていたので、スピーディーに商品を見ていきます。

サクラの才能?があるので、どこにいっても店が混雑してきます。

このときも、私が手にしていたイヤリングの色違いを、横からぱっと手にとった女性がいらっしゃいました。

その後、購入されたかは知りませんけれど、似合う似合わないって人それぞれなので、「他人が熱心に何を見ているか、何を選んだか」なんて、さほど自分には大切でない情報ですよね・・・。

店員さんにお願いしてコレを試着させてもらい、購入しました。

金メッキなので耐久性は期待していませんし、そもそも1800円です。

このお店の最安値かもしれない。

一本縛りしたヘアスタイルに似合っていました。

商品単価の低い若い方向けの店だったので、店員さんのセンスや商品知識にはまったく期待していなかったのですが、「お顔が丸い方が丸いものをつけると、まるまるってしてしまうんですけれど、お客様は細いから、よくお似合いです。」とおっしゃっていて、ちょっとびっくりしました。

顔や体型、髪型次第で似合う似合わないは確実にあるでしょうが、そういった機微をわかって販売している人がいるとは思わなかったので・・・。

ある程度、年を重ねてくると、客層が合っていない店で買い物すると、「自分的にはOK」でも端から見るとバランスが悪くてNGってこともありえますよね?

例えば、40~50代の方が10~20代向けのお店で買い物した場合、アイテムは若く軽くて、人はヴィンテージで重くなっているので、釣り合いが難しく、失敗の可能性が高まる気がします。

私の場合、自分の身の回り品の出費を減らしたいので、「必要なもの」をしっかりイメージしてから、お安いものを売っていそうなお店に出かけますので、自然、お若い方向けのお店にもお邪魔します。

合致するものがあれば買うし、合うモノがなければ安かろうが高かろうが何も買わない。

つけて歩いてみると、揺れて頬に軽く当たるので、「うん、落ちてない。失くしてない。」といつでも安心できます。

パールイヤリングはフィットしすぎて、つけているのかいないのか分からないので、ついつい気になって、何回も触ってしまうわけです。

この丸いイヤリングは「おしゃれ」というよりも、「全体的なバランスの補正・調整」のために買ったものなので、使い倒したいと思います。

ということで、イヤリング探しはこれにて終了。

3個目はいりません。

先日、健康診断を病院に受けに行く際、ツレに「健康診断ファッション、完成!」と言って披露したら、「それ、桃を買いに行くときと、どう違うの?」と突っ込まれました。

ええ、毎日、「ほぼおなじ格好」をしています。

夏のリネン、洗濯すれば数時間で乾きますので。

これからは、良~く見ると、イヤリングだけ入れ替わっていることでしょう。

最近、とくに思うのですが、所有物を減らすと「1点1点を使い倒す→経年で再生が不可能なほど傷む→迷いなく心置きなく処分できる→周期長めで確実に物が循環して、点数が増えない→倹約になって用事も増えず、生活がすっきり~」という良いループを実感しています。

Posted in 雑貨の話
2018年8月28日
家事の悩みを解決したい! ~使い古しのフキンを復活~

昨日、近所の図書館へでかけました。

開館直後から駐車場がいっぱいで、付近に車が溢れていました。

図書館の玄関前でこんな方と出会いました。

おばさま 「(時間外の返却ポスト口の前にて)なによ!ここに返せないの?!(駐車場係の男性を振り返りつつ)それなら駐車場にもっと停められるようにしてよね!!!」

解説します。

見たところ、このおばさま、お車で図書館にやってきて、駐車場が満車だったのです。

仕方なく、そのへんに路駐しているのでしょう。

満車であることを駐車場係の男性から告げられて、とりあえず返却だけで済ませようと思い、車を降りて建物外の返却口に本を投げ込み、終らせようとしたのかもしれません。

そうしたところ、「開館時間中は返却ポストを利用できないこと」を知り、イラっと来て、わざわざ駐車場係の方を振り返って悪態をついてみせたのだと想像されます。

その風景を見て、「こういう人がいるから、地球はどんどん温暖化するんだよな。短期的に見れば、こういう人が憎まれっ子世に憚るなのかもしれないけれど、長期的に見れば、この人の血族はノアの箱舟には乗せて貰えないだろう・・・。」などと思いました(笑)。

二本の健康な足があれば、図書館だって、コンビニだって、槍ヶ岳の頂上だって(*聞くところによると、最後はハシゴがかかっているらしい)、歩いていけますよ~。

自分がいつでも停められるように駐車場を増やせ!という考え方って、スゴイですよね~。

さて、お掃除話。

黄ばんだフキン、白くなります。

「ちょっと黄色くなり始め」でしたら、新品同様に白くなります。

「もう、雑巾に格下げしよう」と思うレベルでも、生成り程度にはなります(笑)。

煮洗いで期待したほどの効果が出ないことがありますよね?

重曹とか、粉石鹸とか、いろいろ使ってもイマイチだったり。

ご紹介する方法なら目に見えて効果がありますので、「やるだけ無駄だった・・・。光熱費の無駄をして、部屋を暑くしただけだった。」というがっかり感はありません。

以下は私のやり方です。

ライフスタイルに合わせて、アレンジしてくださいね。

① 寝る前に、一番大きな鍋に4リットルの水をいれる

② オキシクリーン1杯を投入

③ 点火

④ 綺麗にしたいフキンを投入。我が家の鍋なら5~6枚いけます。

⑤ 弱めに沸騰(静かにクツクツ言うくらい)させて、10分くらいそのままの状態を維持

⑥ 火を止めて、翌朝まで放置。

⑦ 朝ごはんを作る前にフキンを水洗いして、ベランダに干す

⑧ 鍋の中の残り湯を温め直して、茶渋を取りたいアイテムを投入して放置し、ついでに道具も綺麗にする

⑨ 鍋の内側もぴっかぴか

となります。

コツですが、オキシクリーンは見た感じ「60度くらいの水温」でないと、やる気が起きないようです。

「効果が薄くてもいいから、温めずに水道水のままで。」とかはダメです。

オキシクリーンは高価な洗剤なので(*500gで500~600円です)、「最大限の効果を発揮するように使う」という気持ちがない場合、手を出さないほうがいいと思います。

時間が経過しても、60度くらいに温め直せば道具の茶渋くらいなら取れます。

鍋のお湯を2~3回は繰り返し利用できます。

私の場合、フキン→茶器→茶こし→ヤカンの順番で綺麗にしました。

蛇足ですが、道具を綺麗にしたいだけだったら、オキシクリーンよりお安い重曹がいいです。

ということで、「オキシクリーンを60度のお湯に溶かして、一晩つけおき」さえすれば、フキンの黄ばみも白くなります。

洗ったのに臭う・・・ということもありません。

ベランダに干したあとは新品みたいな匂いがしたので、汚れも色もリセットできたはずです。

そして【注意点】です。

この方法、有効なのは「白いフキン」だけです。

色物は止めましょう。

色がすっごく落ちます。

青系のてぬぐいを集めて試してみたところ、1時間くらのつけおきで色素がどんどん抜けて、お湯が青くなりました。

いままで使用した洗剤の中で、一番、色が抜けました。

特に豆絞りは水色のまだらになってしまい(笑)、「これは、模様としてもさすがにないなあ・・・」と思ったので雑巾に降格せざるを得ず、手ぬぐい4本中2本は雑巾にしました。

私の場合は色物には使えないと判断しましたので、繰り返しますが、上記の方法は「白いフキンだけ」に言えることです。

ご注意ください。

正直なところ、毎日煮洗いしているようなマメで真面目な主婦の方には、必要のない洗剤だという気もします。

だって、そういう方のフキンなら、いつでも綺麗ですよね?

今回ご紹介した洗い方は、私のように「不定期に、一気に綺麗にしたい」というずぼらタイプには向いているかもしれません。

そんな私であっても、オキシクリーンを日常的に使おうとは思いません。

単価が高いので、我が家の家計にはバランスが悪いですし、かなり成分が強いことから慣れるまでの間、上記のような失敗をする可能性があります。

あくまでも「ひどい汚れのレスキュー」のための洗剤かと思われます。

そもそも過炭素ナトリウム100%のほうが、2分の1程度のお値段で入手できますし・・・。

ポジションとしては、「白物が黄ばんで捨てるかどうか迷ったときに、『最終手段』として購入して洗ってみようかな。クリーニング店に特別料金でまかせるより安くすむし、自分でやっても白くなる可能性があるし・・・。」といった感じです。

結局のところ、「自分のライフスタイルに合う洗剤かどうか」は、自分で使ってみないと分からないですよね。

2018年8月27日
家事の悩みを解決したい!

家事疲れ、していませんか?

この夏、冷やしながら大事に買って来た食材は流通時点で傷みが始まっていることもあるようで、冷蔵庫の中でいつもより早くダメになっていてがっかりしたり・・・。

食中毒にも気を使わないといけません。

夏場ですので、毎日の洗濯物もたっぷりです。

あとは、麦茶の管理・製造に疲れました(笑)。

1日一人、1リットル消費。

長野市は、7月第一週から猛暑日の連続だったのです。

7月は豪雨と台風の瞬間を除いて、1ヶ月間、ず~~~っとそんな状態でした。

8月に入り、多少は気温が下がる日も出てきて、朝方に気温が落ちる日も出始めたのですが、最高気温が体温を越えた日もありました。

エアコンはあまり使わなかったので、7月以降、体を動かす家事を避けるようになりました。

2ヶ月経過して、家の端々に汚れが目に付きます・・・。

鏡の後ろのホコリ、ベランダの汚れ、部屋の隅がもや~っとしています。

特に我慢できなかったのが、

① 洗ったばかりのタオル類が臭い

② フキンや白物衣料が汚れや汗で黄ばんでしまった

この2点。

ついでに、

③ 風呂場の鏡の曇り

も我慢できなくなりました。

お洗濯ですが、漂白剤を入れて、毎日、お日様に当てて乾燥させています。

長野は晴天率が高いので、5時間以内にだいだい乾きます。

それでも臭う、ということは・・・。

そうです。

タオル自体が経年で寿命オーバーしているか、もしくは洗濯機の汚れ・・・。

タオルの買い替えはしたくなかったので、面倒ですが、洗濯機の掃除をしないといけません。

引越しで掃除のサイクルが狂い、環境も変わったので、汚れが進んでしまったようです。

そして、白物の黄ばみって諦めていませんか?

諦めて雑巾に格下げしたりして。

つけおき漂白したり、煮洗いしても、「軽度な汚れ」ならとにかく、「捨てる一歩手前の頑固な黄ばみというか、黄色に染まった白物」はリセットできませんよね?

私がなんとかしようとしているのは、「もう、雑巾に格下げすべきなんじゃない?」と思うほどに黄色くなったり、匂いが気になってきたフキンのことです。

軽度な汚れの話ではなく、重度です。

ですが、上記3点、すべて解決できました。

家事をあまりやらない方には「ふ~~~ん」といったレベルの話だと思うのですけれど、この3点って、主婦の家事悩みの上位かと。

ちなみに風呂場の鏡を綺麗にしてツレに披露したところ、「すごいね~、これ、みんな困ってるよね~。」と感心してくれました。

今週はそんな「お掃除話」を書いていきたいと思います。

2018年8月26日
シナノリップを食べてみた ②

この夏、長野県から夏りんご「シナノリップ」がデビューしています。

10個ほど食べたので、多少はシナノリップを語る資格?ができたような気もするので、今日はその感想を。

「りんごは甘いだけではイヤです。」という方に向いていると思います。

酸味、香り、甘さのトライアングルがきっちり成立。

味わいにおいて隙がないです。

歯ざわりですが、ぼけるのが早い印象。

ぼけるというのは長野県独特の表現かもしれないので補足しますが、りんごが古くなって、歯ざわりがもっさりすることを言います。

りんごを毎日1個食べる習慣があっても、シナノリップの場合、一度に購入するのは2~3個に留めておくほうが良さそう。

長野市内の直売所で調達した場合、「購入日を入れて3日以内」であれば美味しかったのですが、4日目以降は確実にぼけました。

もぎたてが美味しいのは当たり前ですけれど、長期の冷蔵保存がきく「シナノゴールド」のつもりで買いだめすると失敗します。

我が家、サンフジが美味しいのは「購入当日」というか、究極、「もいだ当日」だと思っているのですが(笑)、それに匹敵するほど、シナノリップはぼけやすいと思います。

本日現在の価格は長野市内のデパートで1個250円~。

長野市内のスーパーでも1個250円。

直売所やJAのスーパーでしたら、1個160円くらい。

長野市内でもこの価格帯ですから、高級りんごですね。

県外だといくらになるのか・・・。

以前、直売所で1個120円で購入したと書きましたが、それははね出しのシナノリップの話です。

ということで結論ですが、長野県外にお住まいでシナノリップ狙いの場合、「購入当日に食べきれる分だけ買う」のがおすすめです。

「高級りんごを1個だけ選んで買う」ってハードルが高いですよねえ・・・。

りんごをたくさん食べたシロウトの意見ですが、「均等なもの」を選べば失敗しないです。

色は「全体的に同じカラーリングに染まっているもの」が良。

おしりだけ青いとか、右半分だけ赤いとか、そうなると上(右)は美味しいけど、下(左)がまずいとか、味のバランスが悪いです。

形に関しても、バランスがよく、均等なものが良。

わかりやすく言えば、「うわ~、コレ、かわいい~。部屋に飾っておきたい~。美味しそう~~~。」なものを選んで大丈夫ってことです。

手のひらの上に乗せたとき、「ときめきを感じる果物」が美味しい果物です。

自分で選ぶことを回避したい方は、「高値の果物」を買えば失敗なし。

プロが「これは美味しい!極上品。」と太鼓判を押しているわけですから。

日中は部屋で飾っておいてインテリアとして楽しみ、冷たくして食べたい場合、食べる1時間くらい前に冷蔵庫で冷やせばよろしいかと。

今日はナガノパープルと川中島白桃も購入したので(←ツレの好物)、おやつが豪勢です。

長野市の白桃は「流通している限り」だと思います。

川中島の桃の木、葉っぱだけになりました。

Posted in 旅行記, 長野県
2018年8月24日
もう暑くない・・・

我が家のマンションをナワバリにしているネコちゃんがいました。

花教室の生徒さんもご存知の、あのまるまるっとしたネコちゃんです。

22日に亡くなりました。

たぶん、深夜~明け方のことです。

当日はゴミの収集日だったので、7時過ぎにゴミを持って出たところ、ゴミステーションのドア横で亡くなっていました。

このネコちゃん、餌付けはしていませんでしたが、我が家の換気扇の下などをリラックススペースにしていたため、遭遇することが多いネコちゃんでした。

我が家の外壁の向こう側で寝起きしているらしく、「飼っていないけど、ほとんど一緒に生活している気分」になっていました。

8月20日、午前中の短時間のうちに3回も換気扇の下にやってきたので、「おかしいな。具合が悪いのかな?」と心配になり始め・・・。

キッチンでは桃ジャムを煮ていたのですが、その香りが気持ちよかったのか、換気扇の下で横たわって眠り始めました。

いままで寝姿を見たことのないネコちゃんです。

「もしかして、このまま死んじゃうの?」と不安に・・・。

物置と建物の隙間に入り込んでいるので、家の中の窓越しで見ることしかできません。

何回か窓越しに見に行ってみると、ちょうど起き上がって伸びをしていました。

死んでなかったと安心しつつも、不安は消えませんでした。

この手の予感って、はずれないので・・・。

そして、22日の朝に死んでいるのを見つけました。

この前日、長野市の気温は37度台まで上がりました。

暑すぎて、今年の夏を越せなかったのだと思います。

我が家の周囲でリラックスする動物がいろいろといるので、エアコンは使わないようにしていました。

室外機から熱風が出ますので。

夕方、ベランダには打ち水していました。

そんなことをしたって焼け石に水と分かっていますが、自分は楽をしてエアコンで涼み、そのツケを他者に押し付ける・・・というのは違うと思ったので、できるだけエアコンは使わずに、家の周囲も冷やしたいわけです。

このネコちゃん、暑い日の午後は物置の陰で腹ばいになって、体を冷やしているのも目撃していました。

今年の夏がこれほど暑くなければ、越冬は無理だったとしても、冬の入り口くらいまでは生きられたかもしれません。

人間のエゴがどんどん動物や植物を殺していますね・・・。

ベランダと玄関先に避暑に来ていたアマガエルさんも、8月に入ってからは見かけなくなりました。

この夏、「鳴き始める前のセミの死骸」が道端にごろごろ落ちていたのは、気付いた方もいらっしゃったはず。

ネコちゃんが亡くなった日の午後、長野市の気温は38.5度まで上がりました。

「もう暑くないから良かったね・・・・・・。」と思いつつ、馴染みのネコちゃんを見送りました。

ご縁があったネコちゃんなので、昨日は善光寺で手を合わせてきました。

警戒心が強めで、前のほうから撮影できた写真はこれ1枚きりです。

Posted in 雑記
2018年8月23日
工夫すれば、エアコンなくても・・・

先月はエアコンの出荷量が過去最大だったとか。

昨日の長野市、最高気温が38.5度。

時流に逆らってなんですが、私、エアコン、使いませんでした。

耐えていたのではなく、いたって普通に過ごしていました。

エアコンを入れたいという気分にはならず、日中はリビングの床掃除をして、雑巾がけもしてました。

「鈍いんじゃない?大丈夫???」と突っ込みを入れられそうですが(笑)、私、おそらく逆だと思います。

体感で気温の数字もだいたい分かるので、人より敏感すぎて「室温を上げないための対策」が早く打てているはず。

風向きにも敏感なので、「あ、これは気温が上がってくる・・・」と予感した瞬間に、その方角の窓を閉めます。

空の具合も確認して、カーテンを締め切ったり、その方角のドアを締め切ることもあります。

再び窓・カーテン・ドアを開けるのは、室温より外気温が下がったことを確認してからです。

日中は締め切っていますが、朝の涼しい室温がちょっとずつ上がってくる程度ですし、玄関先で木の香りの精油を香らせて扇風機を回しているので、家の中はけっこう快適です。

誰だって、室温が上がってしまったら、エアコンを入れたくなってしまって当然。

上げないために、朝から色々やっています。

まあ、年を重ねれば感覚もだんだん鈍るわけで過信はしませんし、ヒト様に気安くおすすめできる方法ではありませんけれど・・・。

Posted in 雑記
2018年8月22日
ソーラーライトを買ってみた

昨日、長野市の最高気温は37.7度でした。

冬季オリンピック開催地でこの気温って、「危機感を覚えるべき現象」だと思うのですが、もちろん話題にはなっていません。

裏を返せば、それが地方のいいところ・・・。

室内の風のコントロールも板についてきたので、扇風機はノンストップですが、エアコンは使わずに快適に過ごしました(注:風のコントロールをしない場合、エアコン無しは無謀です)。

さて今日はインテリアの話です。

最近、自宅の照明にこっています。

高級な照明器具を買い集めるわけではありません。

自慢になりませんが、お高い照明はそもそも持っていません。

手持ちの安価なライトをフル活用して、足りない分はキャンドルでまかないます。

色気ゼロの読書灯だって、テレビの裏などに設置して壁や角を照らせば立派な間接照明に。

アロマの道具も照明になりえるので、しまいこまず、全部使います。

非常用に買っておいたランタンも、毎晩使っています。

いまは1階に住んでいて、「一日中、部屋がうす暗い感じ」です。

防犯を意識する面もあり、明かりを充実させることにしました。

明かりに求めるのは「機能」と「風情」の半々です。

いろいろ手持ちのもので工夫してみた結果、「このポイントが足りないなあ・・・」と気付きました。

・ 興が乗ったときに、ベランダをほのかに照らすことができる光

・ 窓辺(部屋の角)を下から照らす光

・ コードレスで移動が簡単、かつ、電池式ではない照明

ということで、カーテンのそばやベランダにキャンドルは危ないので、消去法でソーラーライトに決定。

災害のときも想定すれば、電池式ではないライトや電気不要のライトがあれば、気持ち的にも安心かなと・・・。

電池も電気も有限なわけで、「持続可能」と言い切れるのは地球上ではお日様くらいかも。

ということで、購入したのはコレ。

漬物石じゃありません。

昼間、ベランダで気持ちよく日光浴させてあげれば、夜になると光り始めます。

黄色っぽく光るので、ホタルの光に似ています。

うっかり蹴るといけないので、お皿に載せた状態で充電しています(*内部に充電池1本が必要)。

こういうアイテムが普通に使えるので、「日照の良い長野っていいよな~」と思います。

初日はお昼から夕方までの6時間充電でしたが、だいたい18時~翌朝6時まで点灯してくれました。

「モノを減らし続けている人間が、最近、買い足したアイテム」ということで、今日はご紹介させていただきました。

私の中では、「風の通り道研究」と「明かりの工夫」がマイブーム。

この夏は風の通り道を研究しましたが(*過去ブログに記載あり)、効果が出すぎて、先週の朝は起床時に寒さで腕がしびれていたくらい・・・。

やり過ぎはいけない。

さて、今日のブログはこのへんで。

今朝ほど、かなり落ち込むことがありまして、今日はテンションがどん底。

おとといに予感があったので、「やっぱりな・・・。こういう予感というか、気配ってはずれない。それが自然の摂理だから。」と思っていてショックはないのですが。

この話はまた後日。

2018年8月21日
【10月挙式の花嫁様】 レンタルブーケ2個目半額!

毎年恒例の【10月の花嫁様、ブーケ半額サービス】をご案内します。

10月1日~31日の間に挙式される花嫁様は、「ブーケ2点目につき、半額レンタル」になります。

ブライダルのトップシーズンに挙式される花嫁様への応援企画!

生花ブーケ2個を購入される場合に比べ、4分の1程度の予算で「アーティフィシャルフラワーのブーケ2個」をレンタルしていただけますので、とてもお得なサービスです。

10月挙式の方は、ぜひブーケ2個以上を同時にお申込みください。

■■ お申込み期限 ■■ 

「本日~9月7日」のご成約分まで

■■ お申込み方法 ■■

*上記期限までにお申込みと、その後のお支払い手続きを完了なさってください。10月挙式であっても「9月8日以降のご成約・お支払い」は定価でのレンタルになります。

*ブーケはすべて「1点もの」につき、お申込みの先着順で確保いたします。

*「ブーケ2個を同時にレンタル注文いただいたお申込み」が半額サービス対象です。お申込みを2回以上されて、最終的に2個以上のレンタル契約になった方(教室からの受注メールを2通以上受け取った方)は対象外です。

*延長料金・キャンセル料はすべて定額を元に計算されます。

*ブーケ2個は自由に組み合わせ可能。ブログ上に色別で商品ページが掲載されています。ブーケ2個のレンタル料が異なる場合、より高額なブーケを1個目としてお見積もりいたします。

*3個レンタルいただいた場合、3個目を半額にさせていただきます。1つの段ボールに納まらず送料が2個口かかる可能性があります。

*レンタル花冠は半額サービスの対象外です。

*このサービスをご利用いただく場合、レンタル期間は「すべてのブーケにつき同じ期間」でお申込みください。異なる期間でお申込みいただいた場合は1契約ではなく別々のご契約になるため、本サービスは適応されません。

*お申込み前にブログ掲載の「レンタルブーケQ&A」をご一読ください。キャンセル料等、大事なお知らせがあります。

Contactページ下欄の「問い合わせフォーム」より、お問い合わせ・お申込みください。なお、臨時休業日・定休日(土日祝)の返信はお休みさせていただきます。