2017年8月4日
眠い・・・

眠いです。

9月にイオンモール松本が近所にオープンする予定で、現在は周辺道路の一部で工事中。

昼間の渋滞を避けるためか、夜間工事を行っています。

大きな音が出る作業は22時~24時ころにやることがあって、これは就寝前で問題ないのですが、昨日は24~25時。

重機を使っているらしく、作業中は「ヘリが上空を飛ぶような動作音+4~10秒ごとにクラクションの合図」が続きます。

誰であっても、これで眠れるわけがない(笑)。

しかも、我が家の前は周辺道路にしては道路幅が広いため、大型トラックが待避所として利用していることが多く、工事中は不定期に大型車が家の前を通過する場所なので、その音もプラス。

昨夜は重機の後にドリルなどを使った作業に移行したようですが、騒音が小さくなればなんとかなるので、1時半くらいには寝付けました。

ついでに補足すると、数日前、近所の某公共施設の火災報知機が誤作動し、この地区の住民は真夜中に起こされました。

一般住宅のそれと違うので、音がでかいというか、警報具合がハンパないのです。

自治体から市民への警告と取れるような仕様です。

ツレは「地震?(←緊急速報のたぐいだと思った)」と言って、飛び起きたくらい。

私 「火災報知機の誤作動だと思う。去年も1回、この警告音で誤作動があったよ。誤作動が起きやすい環境に設置しているのかも・・・。」

普通に眠らせて欲しい(笑)。

イオンの工事、そもそも着工が遅れていたようです(*作業が始まってからは早かった)。

遅れていたのにはいくつか原因があって、私が「地区の回覧板」から読み解けた範囲だと、「市街地中心部の住宅街に大型の商業施設はいらない」・「渋滞がますますひどくなるから、渋滞回避の方策をとってほしい」・「日照や景観上の理由から、建物の高さを制限してほしい」・「敷地内に建っている、古いレンガ造りの建物を残して欲しい」というのが、市民側からの要望にあり、それらに対応するのに時間がかかったようです。

そのほか、業者間での問題もあったのでしょうが、それは関知できるはずもなく。

周辺住民にとって、なにかしらメリットってあるのかなあ・・・などと考えてしまいます。

「つぶらあげ(*ニジマスを開いて油で揚げたもの)を1個から買えるスーパーはイオンだけ。」とツレは言うので、我が家にとってのメリットはそこだけみたい(笑)。

敷地内に建造されたサーキットのような巨大立体駐車場を見るたびに、立派すぎて苦笑です。

イオンだけの話に留まらず、人間の欲の固まりに見えます。

土日、高原などに遠出したいとき、家からの出庫&入庫に困るほど周辺道路が渋滞しないことを祈るばかりです。

ツレ 「だって、ジャスコだよ?最初の1ヶ月だけだよ。時間が経てば、ジャスコはどこも一緒~ってみんな分かるよ。」と言いますが・・・。

どの施設にも当てはまる話ですが、少なからず、周辺住民の我慢の上に建っているといえるでしょう。

イオンのオープンを楽しみにされている方は、土日、車での来場をできるだけ控えるように配慮していただけるとありがたいです(←まったく期待薄だとわかっていて、あえて書く)。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、松本は城下町につき基本的に一車線で、イオンの周辺も狭い一車線道路です(*上記したように工事中ですが)。

どっぷり渋滞にはまってしまった場合、抜け出す方法はありません。

Posted in 旅行記, 長野県