2017年12月1日
ただいま制服を捜索中 ②

数日前のブログで、「レッスン着を制服化すべく、スーツを探している」といった趣旨の話を書きました。

2本目のパンツ、無事、サイズが合って形も合格し、お買い上げすることに。

1本目に取り寄せたパンツだけ返品しました。

そして新たな悩みが・・・。

「パンツの丈を3cm詰めるか、4cm詰めるか」です。

いつものことですが、服を購入すると、必ずなにかしら手を入れています。

コートであれば、「ウエストの飾りはいらないなあ。バッグがひっかかりそうだし、なにかにひっかけて転んだりしたらシャレにならない・・・。」と思い、余計な飾りやベルトを取り外したり。

シャツやカーディガンはボタンをつけ替えます。

バッグであれば装飾部分を自分好みに引き算し、シンプルなものに改造。

チャームなどの不要な付属品は、購入時にきっぱり処分。

パンツはすべて丈を直します。

足が短いので(←自虐)、詰めることが多いですが、まれに長くすることもあります。

だいたいは「そのままでも履ける程度=問題なし」ですが、いまの自分にぴったりでないと気になって・・・。

ということで、今回は自分の体型のほか、靴との相性&全体のシルエットも見て、アンクル丈の「-3cmか4cm」になるわけです。

「3も4も一緒でしょ?」という突っ込みはごもっともなのですが、直立した場合、3だと靴下が見えず、4だと靴下の色がチラ見する状態。

まあ、歩けば一緒(笑)。

すぐには解決しない・・・と思ったので、その日のレッスンが終った後、時間をかけて悩むことにしました。

ちょうどツレの帰宅が遅い日で、「夕ご飯はいらない。外で食べてくる。」と言われていた日でした。

レッスン日でメイク&ネイルの武装もしていたので(*いつもはかんぺきな非武装)、スーツチェックには好都合。

レッスン終了後、パンツを履いてすべての靴を持ち出し、順番に試してみます。

コンバースのハイカットもショートカットも履いてみます。

スーツ上下は昔からスニーカーで通勤し、現場で革靴に履き替えるタイプなので、スニーカーとの相性は大事です。

上着を着てみたり、上着なしでカジュアルなコーディネートにしてみたり。

インナーを白シャツにしたり、Vネックニットにしたり。

「我ながら、スーツの着崩しがうまいなあ・・・。男前だなあ~。」と変なところに感心しきり。

道を歩いてみたところで、私のパンツの丈なんて誰も見ていないことは知っていますが(笑)、「私」が見ているので仕方ない。

気がついたら、1時間が経過していました。

迷いに迷ったときは、最終的に「直感」が納得いく答えを与えてくれる・・・とわかっているので、ファーストインプレッションの4cmに決定し、教室の事務仕事に戻ってその日は終了。

裾上げは昨日やりました。

「何をやっても失敗するダメダメ日」だったので、本気で時間がかかりました(←前夜、ツレの遅い帰宅を待っていたので、おそらく睡眠不足のせいかと)。

手縫いで、かがってまつって、そして表から見た針目の陰影が気に入らずにやり直し・・・。

ダメな日はなにをやってもダメと分かっていますが、師走に裾上げなんてやっている時間がないし、さっさと完成させないと「12月の制服」にならないので、無理やり昨日のうちに完成させました。

フルタイムの仕事をやめてから、スーツのような高級服(*諭吉先生にお出ましいただく服)は一切買わなくなったので、私にとってスーツ購入は一大事です。

ちなみに「パンツの丈に悩む方」がけっこう多いことは知っていますよ?

このブログで、過去にバギーパンツの丈に悩む話を書いたことがあるのですが、私の想定外にアクセス数が多いので。

悩み始めると難しい問題ですよね。

正解がないから。