2017年12月6日
ただいま制服を捜索中 ③

今朝の松本市は雪です(*昼にはだいたい溶ける。1シーズンに1~2回しか積もらない。日常的に積もるのは長野市のほう)。

午前零時過ぎには地震があり、起こされてしまいました。

「運動をして、ぐっすり眠ろう!」と企画して5時間連続で歩き回り(笑)、いつもより2時間ほど早く床についた日でした。

地震で起こされるなんて想定外。

がっかり・・・。

震度4でしたが、携帯が鳴る前に揺れ始めたので、ほぼ震源地です。

「・・・コレはやばいか?」と思う程度には揺れました。

朝起きたら写真立て1個が倒れ、香水瓶1個も斜めに倒れかかっていたので、個人的には東日本大震災より上。

我が家、家財道具は理にかなった配置をしているようで、東日本大震災のときですら何も倒れませんでしたので・・・。

近所のカラス達もびっくりしたらしくカ~カ~言っていましたが、我が家は地震5分後には寝なおすことに。

念のため、リビングのドアを開放してストッパーをし、ランタンを点けておいて布団に入りました。

マグニチュード5.2で震源地であろうが、眠いものは眠いのです。

さて、今日のブログはお洋服ネタ。

レッスン着を制服化しようと考えて、スーツ1着を購入した話を書いてきました。

今回は3話目。

スーツに合わせてインナーを揃えました。

当初、家にあるもので済ませようと思ったのですが、どれもこれも古びています。

そもそも冬用のニットは、ジャケットの下に着られるものは持っていない・・・。

仕事で着用する服は、「自分の愛着」とか「好き嫌い」は関係なし。

高価である必要はなく、職種にふさわしく、場によっては清潔感が大事かと。

「インナーは、新品もしくはそれに近い状態」がベストだと思うので、制服として揃えることにしました。

いつもどおり、最初に条件を考えます。

① 制服なので、インナーの色は白か水色。

② 水色のシャツが着古しすぎているので、良いものが見つかれば古くなった2着を処分して、1着だけ新調する。

③ 白トップスは冬用を購入。Vネックのニットか、昨年の冬に処分した白のタートルネックを更新する。

④ 合計3着になっても良し。いいものがなければ、1着でも可。

⑤ 購入する白トップスは制服・よそゆき着としてしか着用しない。トマトソースを飛ばすといけないので、普段着にしない。

ということで、歩いてユニクロへGO(←終始早足でも片道1時間の距離)。

昔から、仕事着のトップスはユニクロ。

作業中になんだかんだで汚れるし、くたびれ始めたら潔く更新すべきと考えるので、「仕事着のトップスは、投資しすぎる必要なし」と思うわけです。

試着しまくって、体型とデザインに相応しいサイズを厳選すれば、ユニクロのトップスはなかなか重宝かと(*ただし、洗うと縮む生地なのか、伸びる生地なのかを知らない場合はリスク高)。

1時間30分ほどかけて、体に合うデザインの水色シャツ、白のVネックニット、白のタートルネックを発見にいたって購入。

ご存知のとおり、「白のタートルネック」と一言にいっても、ユニクロには何パターンも存在しますので、気になったものは片っ端から試着しました。

帰宅して、まずは古いシャツからボタンを取り外し、新しい水色シャツに付け替えます。

トップス3着すべてをスーツとあわせ、それぞれネックレスを決めてしまいます。

点数自体が少ないので、作業はカンタンです。

スーツ1着。

トップス3着。

ネックレスは5つです。

その日に着るトップスは天候次第で決まるので、「私の思考」が入る余地はありません。

「すっごく寒い日」→白のタートルネック

「そこそこ寒い日」→白のVネックニット

「異常気象で暖かい日・雪解けの春を感じる日」→水色シャツ

12月~4月までは、これで決まりです。

コーディネート中にしみじみ思ったのですが、通勤着や仕事着の制服化はかなりおすすめです。

「通勤着の定番は決めていなくて、その日の気分でクローゼットの中から選んでいる。」という方で、「選ぶ作業が楽しいとは思わない・・・。正直、コーディネートは面倒。」という方には、とても良い効果がありそう。

時短というメリットもありますが、「考えなくても良し!」といった状況は、生活がすっきりするというか、ストレスからの解放~。

蛇足ですが、「仕事着の制服化」を思いついたのは、寒冷地に住んでいるせいもあります。

みなさんのご自宅は全室暖房ですか?

「電気代がもったいない。違うに決まってるでしょ~。」という方が多いですよね?

我が家も花教室のレッスン部屋以外は無暖房。

外気が氷点下になれば、無暖房&一重窓のクローゼット部屋はしんしんと冷え込んでいて、その中で脱いだり着たりしてコーディネートを考える作業は「苦行」でしかありません。

10分も作業すれば、指も足先も冷え切って感覚がなくなります(←大げさじゃないですよ)。

頑張ったところで、「寒いから、もういいや~」と妥協しがち。

冬はコーディネートに時間をかけていたら体調を崩してしまいますし、着膨れている以上、あ~でもない、こ~でもないと着脱するのは時間がかかりすぎ。

そんなことで、仕事着&通勤着を制服化するならば、冬こそ!

今回、トップスも制服化してアクセサリーも組み合わせてしまったので、「あとはラクラク。制服化のメリットが最大限になった~。」と満足しています。

初期投資は安くありませんが、対外的なお洋服をアップデートできて、「心の軽さ」も手に入れられるのならば、出費も生きると思います。

Posted in 雑記