2018年1月25日
掛け布団カバーの静電気をなんとかする

いま列島を覆っている寒気、油断ならないというか、生物にとってあまり良くないものだなと感じています。

昨日のお昼前から体調不良になったので・・・。

ニュースで最強の寒気とか銘打たれているようですが、そんなの言われなくても、襲来する前から体の変調で分かるってものです(←野生動物並み)。

昨年、秋に台風が2個連続で来たときも、1個目が来る前日にざわつく感じを覚えたのですが、それと似た感覚。

今後は最低気温が-10度になる日が数日続く予報なので、ベランダの鉢植えは昨日のうちに家の中に取り込みました。

まあ、今朝はそこまで冷え込んでいない気がしますけど・・・(*-10度に近づくと世界が神々しく見えるのに、今日は「普通」だったから)。

ちなみに-10度って「寝室の窓の内側(室内側)が冷凍庫っぽく凍る温度」で、今朝も窓枠&窓は凍っていましたが、ほとんどの長野県民は普通~に無暖房で、かつ、賃貸住まいは隙間風が吹き込む一重窓で寝ていると思います(笑)。

今週いっぱいは無駄な外出を避けようと思い、昨日のうちに食料品の買い物を済ませました。

ちなみに新潟の親戚は、昨日から籠城体勢にあるらしい。

風が強い日ですと、私の場合は万代橋(新潟市中心部にかかるメインの橋。)の上から信濃川に転げ落ちるんじゃないかと思うくらいに体があおられるので、新潟の方は外出しないのが一番だと思います・・・。

あとは前回の秋台風と一緒で、全国的に被害が大きくならないことを祈るのみ。

みなさまも油断なさらずお気をつけください。

慣れた一本道で猛吹雪にあって遭難しかける・・・なんて特定のエリア(北海道とか新潟とか長野とか・・・)での話でしょうが、今回はいろいろなところで起こりえるかも。

さて今日はインテリアの話。

昨年末、掛け布団カバーを新調したのです。

ずいぶん悩みました。

お値段が高いので・・・。

穴が開くわけでもありませんし、派手に破けるものでもないので、買い替え時期の判断が難しい。

ですが、古くなれば保温力も落ちます。

洗ってカバーが縮むので、布団の広がりも悪くなります。

「人生のおよそ3分の1は布団の中。健康的に春を迎えるため投資しよう!」と気合を入れて買いなおしました。

結果、静電気がパッチパチです・・・。

いままでこんな経験がなかったので、そうとうにがっかりしました。

布団を入れ込んでいる間、パチパチ言っています。

実際に使ってみると、やはり肌にまとわりつくような印象で、寝返りを打つのもためらわれ・・・。

カバーの中で布団がうまく広がらずに寄ってしまいますし、しかも重い・・・。

冬物って、なんだかんだで重いと使わなくなりますよね?

裏地がついている掛け布団カバーです。

どうやら裏地が静電気の原因っぽい。

「毎日、寝るのが楽しみになるお布団」を欲しているので、このままじゃいけません。

静電気と重さの両方を解決できるかわかりませんが、裏地1面を取り除いてみることにしました。

外側と肌側のどちらにしようか迷い、とりあえず肌側を取り除くことに。

花教室の机にカバーを広げ、はさみで裏地1面をチョキチョキっとカットしていきます。

いつも思うのですが、作業台は正方形がおすすめですよ!

教室では机2個をくっつけて、100×120cmの状態にして使っています。

これですと、横と奥行きが同時に確保されているので、どんな作業もラクラクです。

「ダイニングテーブルを新しくしよう。自分の家事台としても使いたい。」とご計画中の方には、正方形に近い形状を強くプッシュ。

切り取った裏地を計ってみたところ、1枚200gでした。

裏地だけで400gなんですね・・・。

裏地の端を手縫いします。

カバーを回すのでなく、私が机の周りを移動しながらひたすら手縫いします。

そうこうしているうちに雪が降ってきて外出の気分にもなりません。

ちょうど良い作業です。

完成~。

使ってみました。

心配した寒さを感じることもなく、静電気も感じることもなく、重さも気にならなくなりました。

快適です。

たった200gの減量ですが、おそらく「静電気で肌にまとわりつく感じ」がなくなったので、合わせワザのように体感で軽くなったのかと思います。

あとは「柔軟剤を使って洗えば、静電気はもっとマシになるかな?」と期待しています。

いまのところ、残した裏地を取り除く予定はありません。

それまで取ってしまうと寒くなりそう・・・。

裏地ありのカバーを探して購入したのですが、材質によっては裏地がうらめに出ることもあるんですね・・・。

静電気問題でお悩みの方、諦めないでください。

この世の中、完璧なものなんてありません。

せっせと改造して、自分好みに変身させてしまいましょう。