2018年2月1日
諏訪さんぽ ~諏訪湖で筋を楽しむ~

昨日31日は、私の予想では御神渡り(おみわたり)が現れる日だったので、諏訪湖まででかけて確認してきました。

31日に諏訪湖まで往復できるよう、前々から日程調整してありました。

ちなみに「なんで1月31日か2月9日の予想だったの?」という突っ込みがあるかもしれませんが、こういったことは精神的に過ぎて説明が難しいので省略させてください(笑)。

結論から言いますと、予想はハズレでした。

昨日は、御神渡りの兆候となる筋3本の確認にとどまって、出現までは行きませんでした。

1月31日は兆候が現れた日、ということのようです。

諏訪湖は凍結しており、ちょこちょこと筋はできていて、その中でも立派な長~い筋1本が確認できました。

その筋はルートがおもしろい(笑)。

始点は岡谷市方面に見えました。

岡谷まで歩いて確認はしていませんが、感覚として岡谷(*後日追記:岡谷まで筋は到達せず、途中で曲がっていたようです)。

長野県民の方であれば、「あ~、岡谷ね~。」ということで、これ以上の説明は不要だと思います。

どういうことかと言うと、諏訪湖は諏訪市、下諏訪町などと隣接しており、大社は諏訪市、下諏訪町、茅野市に存在しています。

岡谷は諏訪湖に接していますが、大社は存在しないのです。

そして、肝心の終点は諏訪市内の天丼屋・ラーメン屋・セブンが横並びに立地している湖岸です。

これ、「おやじさんが夕飯を食べに行くルート」みたい・・・。

軌道を見ると、岡谷から左にふら~っと寄って「下社にチェックイン!」と見せかけつつ、キュっと右に鋭く方向転換し、結果、諏訪湖畔のラーメン屋方向に足が向いています。

まさに「サラリーマンが飲み会帰りにラーメンで締めたくなり、奥さんが待つ家に直帰しないでラーメン屋に向ってしまった典型的パターン」です。

筋が三本揃うことで「合わせワザ1本」のように認定されるルールがある?みたいで、もしかして、候補の1筋に含まれるのかなあ?

しっかり走っている1本なので、含まれるのかも・・・。(*後日追記:これが一之御神渡に認定されたらしい)

御神渡りは判断を担当している神社が存在していて、各種条件を満たした筋が神事で認定されて「御神渡り」となります。

ということで、「1月31日出現」という私の予想はハズレ。

でも、昨日の諏訪湖を見ていて思ったのですが、なかなかいい線を突いていたかと自画自賛。

11月1日時点で予想していたことなので、精度の高いニアピンというか。

ちなみに過去の出現日は知らなかったですし、いまも知りません。

昨日の朝は諏訪湖から富士山も綺麗に見えましたし、長~い筋を拝見して楽しかったです。

それにしても、「下社に行く~」と見せかけてからの鋭い方向転換が面白い。

ラーメンや天丼、コンビニを好むわりに、動きにキレがありました。

この1本、消える前に見る価値ありだと思います。

諏訪湖の形状から考えるに最長のラインだと思います。

筋の氷も立っていて、太陽の光を反射してキラキラと輝いていました。

これだけの立派な筋が出ているならば、今年、御神渡り出現の下地はすでに出来上がっている、と考えていいんじゃないでしょうか。

御神渡りを拝見したい方は、今週末を狙って松本~諏訪方面への冬旅行を計画なさってみたらいかがでしょう?

出現すれば、2013年1月以来ですよ。

電車で松本~下諏訪・上諏訪へ移動される場合、だいたい40~50分くらいかかります(*実際のところ、それほど距離はないのですが、塩尻辺りで15分ほど停車することがあるので、乗車時間としてはけっこうかかります)。

松本からの運賃は片道500円(下諏訪)、580円(上諏訪)です。

諏訪大社の中で、私が一番お気に入りなのは下社春宮。

昨日は諏訪湖へ行く前に春宮と石仏、秋宮にお参りしました。

筒粥殿の周辺から、お社を拝見するのが好きです。

個人的にかなりお気に入りの筒粥殿というか、どうにも気になって仕方ない。 ↓

私が春宮を撮影すると、いつもボヤボヤした写真しか撮れないのが不思議です。

これ、手ぶれじゃないんですよ。

何回撮影しても同じですし、光が入りすぎたか~と思って角度を変えてもボヤボヤになります。

レンズ汚れてる?と思って拭いたのですが、拭いても同じようにしか撮影できませんでした。

昨日は今までになく最高にぼやけてしまいました。

秋宮は逆で、やけにクリアーに写るのですが・・・。

この日の春宮、諏訪湖からいい風が吹き上がってきていて、とても冷えていましたが、寒さの中に一筋だけ春の気配を感じさせるような。

上昇や芽生えというか、「ただいま車のエンジン暖機中~。出発まで今しばらくお待ちください。」といった印象を持ちました。

秋宮はお日様サンサンでぽっかぽか。

ダウンを着ていると暑いくらいで、参拝客は中国語を話す方が多かったです。

歴史の深い神社仏閣に行くといつも思うのですが、場所の選定が絶妙ですよね。

まさに夏用のお宅と、冬用のお宅だと思います。

諏訪湖を散歩する際、「くらすわ」のベーカリーでイートインするのが好きです。

コーヒー260円で、パンは200~300円くらいです。

イートインは10テーブルくらいあって(*屋上や野外にもあります。)、トイレも綺麗。

ちなみに上諏訪駅の足湯は冬季閉鎖中でしたので、足湯を楽しみたい方は間欠泉センター付近の足湯(無料)をおすすめします。

諏訪湖を眺めつつ浸かる足湯で、かなりあっついです。

タオル1本を持ち歩きましょう。

あと、水曜日は、下諏訪の観光案内所と有名な塩ようかんのお店は定休日。

昨年、下諏訪に行ったときは水曜日で、観光案内所で地図がもらえなかったのですが、昨日の水曜日には「お休みでごめんなさい」的なコメントとともにドアの前に地図が置いてありました(笑)。

私が昨年にブログで突っ込んだせいではありませんよね?

ということで、個人的には2月9日もまだ気になります。

新しい筋の行き先は日帰り温泉だったりして・・・。

【追記:2月1日、私がブログをアップしていたころに、諏訪で御神渡りが出現の模様(*神事による認定はおって)。昨日の諏訪湖を見て感触は得ていたのですが、これで名実ともにニアピン(笑)。】

Posted in 旅行記, 長野県