2018年2月13日
エアコンの処分費用

北陸では、道路が圧雪ででこぼこして危ないとかニュースになっていますが、新潟の親戚は駐車場から車すら出せないらしい。

雪の包囲網。

降雪が続きすぎて、どこも雪を置く場所がないんだそうです。

人の手に余っている状況ということですね。

究極、「これ以上降らないことを天に祈り、溶けるのを待つしかない」というパターンになるのでしょうか・・・。

松本では雪は降っておらず、風が強いです。

「風が強いくらいなに?」と思われるかもしれませんが、風速10メートル以上の風が吹き荒れると、さすがに色々と困ったことも起きて不都合。

オリンピックの外会場では強風が吹きまくっていて選手達が実力を発揮できていないようですが、標高が高いところで(*松本は600m前後)、日常的に風が強いのは当たり前なので、いろいろ会場の初期設定が不思議です。

松本市街地ですら空を飛ぶ鳥さんが風にあおられて、「おっとっと・・・」となっている姿を見かけますので。

さて、最近になってエアコンを処分しようかな~と考えて、見積もりを取ってみました。

備忘録ですが、ご参考になる方がいらっしゃるかもしれません。

まず、リサイクル券はご存知の方も多いように、郵便局で購入できます。

だいたいですが、エアコン1台972円らしい。

リサイクル券のゲット自体は大した労苦はありません。

シロウトができないのは、「エアコンのとりはずし」でしょう。

そして女性一人でできないのは、「エアコンの処分場までの運搬」かと。

私、家に関することはなんでも一人でできる自信があって、蜂の巣の駆除もネットの初期設定なんかも自分でやるのですが、エアコンの設置だけは白旗。

松本市の場合、市が指定した業者へ持ち込みすることも可能ですので、リサイクル券を添えてそちらにエアコンを持参すれば、別途の処分費用はかかりませんし、持込前の日時予約も不要です。

ただし、処分業者では「エアコンの取り外し&運搬」はやってくれないので、「取り外し」は別の業者に発注しないといけませんし、運搬は男性の力がないとムリですね。

蛇足ですが、松本市街地のリサイクルショップでエアコン買取をしている業者は見付かりませんでした(*窓設置のエアコンなら買取しているお店あり)。

「エアコンの出張取り外し&運搬&処分」まで見積もりを取ってみました。

まずは、私の中で本命となる会社に電話してみました。

A社:こみこみで、12000円(税別)。リサイクル券は業者で購入するので、あらかじめ購入しておく必要なし。当日現金払い。追加料金なし。

B社:推定13400円(税別)。リサイクル券は業者で購入するので、あらかじめ購入しておく必要なし。事前の来店払い。工事当日、追加料金の可能性あり。

引越し業者へ発注:私の経験上、どこも15000円(税別)。ただし、日通は取り外し手配はするけれど引取りはしないため、自分で日通=松本市のエアコン回収場所に持ち込む必要あり。

上記のB社、実は○マダ電機です。

こちらは当て馬っぽい感覚で見積もりを取ったので、お願いするつもりはゼロで試しに聞いただけです。

この感覚は正しかったです・・・。

まずもって、「営業時間開始後」に電話をかけたのに、「営業時間前の営業時間をお知らせする録音テープ」が流れました(笑)。

「終ってる」らしい・・・。

ようやく繋がった後、今度は電話番と思われる方が対応してくれたのですが、なにもご存知ないようで、話の途中で「お待ちください。」といって何度も周囲に確認しては応対してくれるものの、結局、「担当者から折り返しお電話いたします。」となってしまってがっくり(笑)。

それだったら、話を細切れにしたり、長々と待たせないで欲しいものです。

さらに、電話を切ろうとしたら「担当者が空きましたので、そのままお待ちください」と言われて追加で待たされ、ようやくたどり着いた担当者にエアコンの設置状況を聞かれてご説明すると、「取り外しがだいだい9000円くらいで、処分費用がだいたい○円くらいで、出張料が○円で、当日、状況によっては追加料金があります。」とおっしゃる。

取り付け工事ならともかく、ベランダじか置きの取り外し工事で、なんの追加料金が発生?

「処分費用にリサイクル券の代金も含まれているのか?それとも、こちらで当日までにリサイクル券を用意する必要はあるのか?」といった趣旨で重ねてお尋ねすると、焼けたんだか煮えたんだか分からないような返答をもらいつつも、リサイクル券の代金も処分費用に含まれているとのファイナルアンサー(笑)。

「最初の留守録がすべての状況を物語っているな・・・」と確認できました。

ファーストインプレッションってある種の経験則でもあるので、大きく裏切られるということは少ないですよね。

見積額が高かったし、追加料金の可能性が残るので、当初予定どおりで○マダ電機にエアコンの取り外しはお願いしませんが、怖くて他の製品についても「後配送の契約」は私にはできそうもない。