2018年3月12日
メダカのお引越し

教室は明日まで営業しています。

レッスンも明日まで実施。

移転前にネットでご返信できるのは、「3月13日(火)13時まで」となりますので、お急ぎの件がある方はお早めにご連絡をお願いいたします。

それ以降は「長野市へ移転完了後」のご返信となるため、数週間ほどお時間を頂戴することになりそうです。

教室HP上では、すでに教室の所在地やアクセスが長野市表記になっていますが、HPだけ先にお引越ししました。

実際の教室再開は4月上旬の見込み

教室の再開は、生徒さんへはメールで、そのほかの方へはブログでお知らせいたします。

さて、長野市への引越し直前ですので、昨日はメダカさんの引越しをしてみました。

ツレ 「当日の朝でいいか~、30分もあればできるよね。」

私 「は???当日の朝で間に合うわけがないでしょ。今日、やろうよ。」

ということで、用意しておいた梅酒ビンに水道水をため、数日前から放置していましたので、そこにメダカさんを移動させます。

引越し当日は梅酒ビンを私が足で押さえて、ときどき空気を入れ替えてあげたりして、車でお引越しします。

チューリップ、ローズマリーなどの鉢も車に積んで引越ししますので、車の中は森のような状態になります。

メダカさん達、ベランダの大鉢に放置されていましたが、氷の下で生きていました。

驚くべきことに全滅を想定していたミナミヌマエビも、それはそれは大量に生き残っており、すくうのが大変です・・・。

ミナミヌマエビって、氷点下のベランダで越冬できるんですね・・・。

メダカ&ミナミヌマエビすくいに約40分、睡蓮鉢のゴミ取りに10分、大鉢の掃除に20分、ベランダの掃除に15分。

合計で1時間半ほどかかった計算です。

ツレは「梅酒ビンにあまり長居させたくないんだよ。だから当日の朝がいいと思ったの・・・。」と言いますが、とうてい30分でなんてムリ。

ちなみに私は2時間を予想しましたので、ツレが楽観的で、私が悲観的なのがよく分かる。

Posted in 草花日記