2018年3月23日
パンを探しています ~食パンは難しいか~

鋭意、食パンを捜索中。

4軒目は290円だったので、予算オーバー。

5軒目は260円(税込)だったので、予算ぴったりで買ってみました。

このお店、以前、長野市に住んでいたときは存在しませんでした。

フランチャイズの店で食パン専門店らしい。

長野市内には2016年の年末?にオープンしたのかな。

1本ではなくて、1斤で焼いています。

スライスしてもらうと端っこが2枚に。

9時が焼きあがり時間だと知っていたので、9:50ころでかけました。

焼き上がりぴったりだとスライスができません。

30分くらい経過だと、ぎりぎり6枚にできません。

6枚切りにしてもらいたいときは「焼き上がり時間の40~50分経過後」にでかけています。

私がお会計を終えると、後ろに3人ほど並んでいました。

それなりに人気店らしいですね。

フランチャイズということで、正直、あまり期待していなかったものの(笑)、「税込260円」というお値段設定には感じるものがありました。

食べ比べてみると分かるのですが、260円ってボーダーラインというか、川を渡るか渡らないかぐらいの確かな違いがあるのです。

食パン専門店だけに、食パンを十分に研究しているのね・・・って感じ。

食べた感想ですが、名前どおりに「プレーン」です。

食事を邪魔しない。

バターが合わないこともありませんでした。

よくも悪くも食パンが主張しない。

松本市で食べていた食パンのほうが味わいと香りが深くて格上な感じがしますが(*259円)、このお店の食パンも悪くはないです。

具体的にどう違うかと言うと、松本市で通っていたお店の食パンは「午後にハニバタにしておやつするのが楽しみ~」でした。

こちらのパンは、そんなウキウキ感は感じません。

ということで、食パンは探し続けますが、それまでの「つなぎ」にはなりえます。

ただし、探してみたところでこれが精一杯かな・・・とも思います。

松本で食べていた食パンは340円くらいのお値段が相当・・・とかねてから思っていたので、あまりにもお値打ちすぎました。

このフランチャイズ店、4月には長野市内に2店舗目がオープンするらしいのです。

私、ブログにて「パン屋さんの長野市への新規参入」をかねてから訴えていましたが(笑)、どんどん参入してください。

この食パンのクオリティーで同市内に拡張できることからも分かるように、長野市内にすき間はいくらでもあります。

個人商店好きなので、個人商店大歓迎です。

市街地に空き店舗はいくらでもありますよ。

数年ぶりに長野市に戻ってきて気付いたのですが、長野駅付近に車が乗り入れすぎて、格段に駅前の空気が悪くなっていました。

夜の交差点は空気がざらついていて、多少、咳き込みました(*標高600mから下りてきたばっかりなので)。

そして、駅から離れていて無料駐車場を持たない商店街が寂れていました。

車社会の弊害と言いますか、街のあり方、暮らし方など考えたほうがいいような気がします。

Posted in 旅行記, 長野県