2018年4月6日
一部屋減らして正解でした

明日か明後日に花見にでかける予定なのですが、場所を決めていません。

もう日が近いので、今日は真剣に悩もうと思います。

ちなみに、本日の夜から明日の朝にかけて、長野市は雨の予報です。

今日の長野市は松本並みに朝から風も強く、ゴミや葉っぱ、花びらが舞っています。

外国人観光客の方は、「満開の桜の下で花びらが風に舞う様子」を目にされると、歓声をあげて感動されているようにお見受けしますが、今日の長野市であれば、空を舞うティッシュ、マスク、白いビニール袋とともに、桜吹雪が堪能できるでしょう。

とにかく風が強いので、日曜日まで桜が持つことを祈っています。

「え?来週末の予定なんだけど?」と言う方は、標高の高い場所におでかけすれば桜は咲いているはず。

南信、長野、上田、松本などの市街地は来週末までは持たないと思います。

慌てさせるつもりはありませんが、「どうしよう!場所を検討する時間がない!」という方は、私の過去ブログの「長野県」のカテゴリーをご覧いただいて、各年の4月頃のブログをチェックしていただければ、桜の観光情報を掲載してあります。

そちらをご参考になさってください。

有名な桜スポットの特徴であったり、駐車場の情報、混雑状況などについて書いてあります。

人気のスポットは朝から大渋滞が発生しますので、その回避方法など、読んでおいて損はないと思います。

特に高遠ですが、「思いつきの花見(対策なしのおでかけ)」はありえないスポットです。

「研究の時間がなかったけれど、高遠の桜を見てみたい。」という方は、「前日のお仕事が終ったらシャワーを浴びて夜の高速に乗り、途中のSAで仮眠を取りつつ、一晩かけて高遠を目指す方法」しかありません。

「お花見当日」に始動して渋滞を回避できるのは、地元民をのぞき、せいぜいで長野県松本市近郊に住んでいる人々だけではないでしょうか?

ドライブの休憩時間に駐車場の情報などを仕入れ、高遠入りしてくださいね。

さて、お引越しを機会にして、部屋数を一つ減らしました。

まだ暮らし始めて1ヶ月経っていませんが、その感想。

前に住んでいた家はファミリー向けの社宅。

クローゼット部屋、寝室、教室部屋、リビングという形で、一部屋ごとに使い分けていました。

「寝室だけで、それ以外の機能はゼロの部屋」が存在していたので、「一部屋、なくてもいいなあ・・・。」と思っていました。

長野駅近くにマンションを借りて引っ越すことになり、地価が高くなることや、ライフスタイルが固定してきたこと等も考え、一部屋減らしてみる決心をしました。

1ヶ月経っていませんが、後悔はありません。

これでよかったと感じている理由ですが、

*掃除を頑張る必要がなくなった

*一部屋減らすため物を整理したので、不用品・死蔵品が家の中から消えた

*押入れの扉を開けっ放しにしても、目に美しい

といった感じです。

部屋数が減ったので、「思いついたとき」とか、「その部屋に用事があって行ったとき」にだけ掃除すれば、ことが足りるようになりました。

わざわざ「今日は掃除しよう!」とか、気合を入れて掃除することがなくなりました。

たとえば、「午後にお茶一杯飲み終わった後に→カップをキッチンに持っていて→そのままキッチン掃除して→ダイニングのテーブルを拭いて→ついでにダイニングに掃除機をかけて→掃除機をしまう道中だけ掃除して終了」といった具合です。

一度にいろいろと頑張らなくても、このやり方で掃除すれば、2日もあれば全体の掃除が終わります。

部屋数が少ないメリットだと思います。

そして、最大のメリットは家の中がすっきりしました。

部屋の中にごちゃごちゃと物が目に付く状態が嬉しくないので、ほとんど押し入れの中にしまい込みました。

と言っても、パズルのようにしまいこむと出し入れが大変になります。

収納の量も以前より格段に減りましたので、物の量を全体的に減らして、押入れの中ですらスカスカの状態にしました。

ちなみにお布団類はベッドで出しっぱなしのライフスタイルではなく、朝晩で押入れから出し入れしています。

川沿いの1階なので、長野にしてはしっとりした立地です。

湿気対策として、収納の扉は常に開けっ放しにしておくことを想定していたので、押入れの中が目に入っても美しくなるよう、配置というか、押入れの中の見た目も整えました。

気になっていた死蔵品は完全に撲滅し、目に入るものは「使っていて、気に入っているもの」だけです。

結果、雑多なものが目に写らなくなり、本当にすっきりしました。

そしてその副作用?とでも言いますか、リビングの掛け時計を外しました。

教室部屋に時計は必要で、いままでは掛け時計をかけていました。

引越したことによって壁の造りが変わってしまい、掛け時計の秒針音のカチカチがボードに反響してうるさいと感じるようになりました。

隣の部屋を寝室に使っているので、夜になるとやけに気になって・・・。

ということで、掛け時計はツレの書斎部屋に設置換えして、教室部屋にはカチカチ言わない置時計を置いてみました。

ツレに「新しい掛け時計を買ったら?安く買えるでしょ?」と言われましたが、「引越しを契機にした買い物は必要最小限」と決めているので、レースカーテンしか買いませんでした。

引っ越すたびに買い換えていたら、転勤貧乏になってしまう。

インテリアコーディネーターの私が言うのも変な話ですが、暮らしの中では「健康を害するような不満は速攻で解消し、それ以上の完璧は求めない」ことも大事かと思います。

なんであっても、「余白」がいい仕事をします。

理想にはキリがありませんし、引越しはお財布に痛手すぎるので、出費はできるだけ抑えたほうがいい。

そもそも「日常」は移ろうものですので・・・。