2018年5月7日
そんなに必要なのかな・・・

6週間ほど張り込んで、ようやく遭遇したネコちゃん。

4回目の出会いも果たしました。

初対面した後は、ほぼ2日置きで会うように。

我が家の窓辺2箇所が気に入っているようで、ウンチの置き土産を発見することも・・・。

自分の張り込みはザルだったな・・・と実感しています。

それともご挨拶を済ませたので、気を許して「見られてもいい気分」でもってお散歩しているのかな。

さて今日は食パンの話。

とあるパン屋さんまで、食パンを買いにでかけました。

私的に「満点ではないけれど、及第点というか、お値段相当で助かる。」と思っている食パンです。

こちらより我が家の口にあって、お値段も安い食パンを知っているので(*長野市外)、正直なところ、店の存在自体はたいへんありがたいですが、さほど商品に熱は上げていないという、ゆる~い顧客です。

スーパーで買う食パンよりは美味しいので、でかけている感じ。

最近、長野市内に2店舗目をオープンさせました。

前のお客さん、5斤購入しています。

そういえば、前回、来店したときも、前のお客さんは5斤でした。

1日のお客さんが100人だと仮定した場合、「5斤以上購入するお客さん」がレア客だとすると、私の前に2回連続で現れるなんて、確率から言ってもありえない。

レアじゃないってことですよね???

私は1斤しか買わないのですが、お店の方がスタンプを間違って複数押してしまったことからして、このお店では「1斤の客」のほうがレアってことなんでしょう。

私の次のお客さんは「一つは6枚切りで、次は・・・」と口にされていたので、少なくても2斤以上はご注文されていました。

そもそも、何斤買おうが個人の自由です。

けれど、一度にそれほど買う必要があるのかな・・・。

5斤ってことは、6枚切りにしたら一人で一度に30枚購入です。

「観光先のパン屋さんだから、人生で1回しか買い物できない」とか、「季節商品だから、1年で1回だけ購入」とかだったら、まとめ買いも分かりますけど・・・。

それに、5斤まとめ買いする人が数人続いたら、あっという間にその時間帯の焼きあがり分が売り切れて、買えないまま帰宅する人が出てきますよね???

全体的なバランスというか、そういった部分は完全スルー???

もちろん、全部が自宅用ではなくて、誰かにプレゼントしたいのかも分かりません。

家に帰れば、お子さんが8人ほど待っているのかもしれない。

「忙しいから買いだめしたい」という気分も分かります。

ですが、このお店に来店できるということは、食パンを買うためだけにパン屋さんに足を向けることはできる人ってことですので、忙しさでそこまで切迫しているとは・・・。

私の場合、食パンを冷凍して当初の風味・食感・美味しさを味わえるのは、「冷凍した日を初日にして、5日目の朝まで」と勝手に思っていて(笑)、それ以上に冷凍品をストックすることは、「美味しくない(と思っている)食パンを食べる毎日」を招きよせる結果になります。

そのため、美味しく食べきれる量を意識して購入します。

価値観の違いだと分かるものの、周囲のまとめ買いっぷりに温度差を感じすぎて、「パン屋さんにでかけるのって、そもそも焼きたてのパンが食べたいからだよね???」と不思議に思ってしまいました・・・。

ということで、前々から「長野市へのパン屋さんの参入」を切にお願いするブログを書いていますが、状況に誇張がないことは分かって頂けますでしょうか?

美味しいパン屋さんがなかなかないので、「ちょっとでも、よろしそうなお店」が出店すると、このような事態になります。

ツレにお店の繁盛ぶりを話したところ、「ほんと?悪くはない食パンだけど、特別に美味しくはないよね???」と不思議がっていました。

ちなみに私がバケットを持って街中を歩いていると、「それ、どこで買いました?」と知らない方に尋ねられたりすることもあるくらいです。

腕に自信がある方であれば、2年以内に市内で3本の指に入る人気店になれるかもしれません(笑)。

勝手なことを言っていますが、長野市ならありえると思います。

長野市民の場合、どんなに美味しくても「高級品」に手を出すライフスタイルは選ばない傾向にあるので、ぜひとも「中庸・標準」を意識した価格帯で。

食べ物屋さんの場合、店の美醜やセンスはあまり関係なく(笑)、「盛りが良いもの(量が多くて、1回でおなかいっぱいになれるもの)」が定着して好まれる傾向にあると思います。

ちなみに松本はパン屋さんの層が厚いし、パンだけでなく食品全般にお客さんの舌が肥えているというか、美観や店のイメージ・素材・味へのこだわりなどが強めで、おしなべてハードル高め設定。

専門性が高いものを提供しないと、自分よりそのジャンルに詳しい客から返り討ちに遭う可能性が高く(笑)、加えて長野市街地よりも家賃がお高いです(*店は松本に構えて、自宅はやむなく隣の市町村に構えるオーナーも)。

ということで、長野市でぜひお願いします。

私的には、個人商店を熱烈歓迎。

教室からのお知らせ:母の日レッスン(11日開催)のお申込み受付中です。まだ間に合います。

Posted in 旅行記, 長野県