2018年5月12日
あんバタに夢中でした・・・

長野県北部で地震があり、公式発表は震度5とか。

長野市街地、いたって普通というか、通常運転なのですが・・・。

我が家は車で買い物に出ていました。

ふと10:30頃になって、「そういえば、このへんにあるパン屋さん、10時半にあんバタが焼きあがるよな・・・。」と思い出し・・・。

大きいパンの中にあんこがぎっしり詰まっていて、バターがじゅわ~っと溶けていて210円(税込)。

好きなパンですが、松本市から買いにくるほどではなかったし、3年くらいは口にしていませんでした。

ツレが連れて行ってあげるというので、パン屋さんに向います。

駐車場に入ったところで携帯電話がけたたましく鳴り始め、「なんだこれ?」「地震か?」ということで、車の中でゆれを体感。

車って「ゆれて当然」の空間なので、地震の程度がさっぱりわからない。

そもそも走行の振動で揺れている最中に地震が起こったタイミングでしたので・・・。

電線を見上げると、ゆっくりと揺れています。

地震が起こっていることはわかりますが、危機感ゼロです。

ということで、電線のゆれが穏やかになったところを見計らい、焼きたてのあんバタめざし、パン屋さんへGO。

数年ぶりに、しかも熱々をゲットできたので、大満足です。

車に戻るとツレの携帯が鳴りはじめ、私の携帯が鳴り、メールもどんどん入ってきます。

親戚からの安否確認です。

まさか、「アンパンに夢中で、地震の程度もよく分かりませんでした。そんなに揺れたの?」とも言えない・・・。

帰宅してみたところ、我が家の家財、何一つ落下してません。

ツレの通勤パンツが絶妙なバランスを保って鴨居にひっかけてあったのですが、それですら落ちていない。

ということで、前震だと悪いので油断はしていませんが、「すべて通常どおり」です。

ちかく善光寺参りを計画している方は「善光寺、大丈夫かな?」と気にかかっていらっしゃるかもしれませんが、地震直後に善光寺の裏手を通ったところ、灯篭も倒壊しておらず、まったくいつもどおりに見えました。

あのへんは断層が走っているので、大きい地震だと灯篭は倒れてしまうことがあるのですが、今回は大丈夫そうに見えましたよ。

まあ、長野市街地はいつも通りってことです。

Posted in 旅行記, 長野県