2018年10月12日
レッスン花材のご紹介

昨日のブログに書いたレインコート、すでに活躍しています。

図書館帰りの午後、瞬間的などしゃぶりに遭いました。

そのときに気付いたのですが、防水スプレーって「フードの内側」と「袖の裏側」にもかけるべきですね。

袖をまくっていたので、そこだけ撥水せずにびっしょり・・・でした。

レインコートを風になびかせて歩いている人なんて「ほぼいない」ので(*長野市は車社会で、かつ晴天率が高い)、まったく自由気ままです。

いつも濁っている川が昨日は澄んでいて、鴨さんがいっぱい逗留していました。

今朝からは、風の匂いや湿り気が変わりました。

山の季節がまた一歩、冬に近づいたようです。

それにあわせて今日からはトレンチコートを着始めます(*地元民はまだコートを着ていない人が大多数ですが、観光に来る方は腰丈の上着かスプリングコートを持ってきたほうが良いですよ。)。

さて今日は、アレンジメントレッスンで実際に使用しているお花のご紹介。

写真は、「季節のアレンジメントコース」のお一人様1回分のお花です。

*カーネーション

*スプレーカーネーション

*ひめひまわり

*菊

*ユリ

*ワックスフラワー

*リンドウ2種類

*ドラセナ

*アスター

*フジバカマ

今回は10種類ですが、通常は1回のレッスンで8~10種類くらい。

その日に美しいお花を仕入れていますので、この組み合わせは1回限り。

ご予約の都度で種類や量は変わります。

秋なので、あえてベーシックな花材を集めました。

そのほうが秋らしい風情が表現しやすいので。

器はカゴ。

写真には写っていませんが、ここにセロファン、オイル加工されたペーパー、吸水性スポンジ1個がつきます。

ちなみにユリは早めに購入しておいて、教室内で開花調整しています。

レッスン当日に咲いていると、お持ち帰りする道中で花びらをいためてしまいますし、硬いつぼみのままですとデザインのイメージがしにくく、お持ち帰り後のメンテナンス次第では咲かないからです。

「季節のアレンジメントコース」を受講していただく場合、上記の中から好きな花を選んで製作していただくので、レッスン後にお花はかならず余り、お持ち帰りしていただいています。

「プライマリーコース(お試しコース)」の場合、お花はレッスンにぴったりの量をご用意しています。

アレンジメントの二つのコースでは、お花の量のほか、レッスン内容や受講方法が異なります。

レッスンの違いが知りたいという方は、ブログの「コースのご案内」をご一読ください。

「季節のアレンジメントコース」を受講されている方で、完成した作品を前にして、「これ、お花屋さんでアレンジメントをお願いしたら、6000円はしますよ~。(*材料費は器や資材込みで4500円)」とおっしゃっていましたので、ご満足いただけているようです。