2019年3月15日
教室の椅子

変化を楽しんでいたピラーキャンドル。

底のほうまで到達したので、直接に火を灯すのはやめました。

いまは空洞部分にティーキャンドルを仕込んで、キャンドルホルダーとして使っています。

昼間はこんな風。

夜はこんな感じ。

ピラーキャンドルを使いきり、花粉症の鼻水も止まらなくなり、「冬も終わりなんだな・・・」としみじみします。

今日は花教室の椅子をご紹介。

自分が生徒をやっていたときは、どこの教室もプラスチックの椅子かスタッキングできる会議用の椅子だったので、それは避けました。

椅子はぜんぶで4つ。

少人数制で、1回の定員は4名様までです。

そもそもフリータイム制で、お好きな日時で予約していただけるため、4名がお揃いになることはまずありません。

レッスンは毎週火、水、木からその都度に選べて、13時~21時閉校の範囲で日時指定していただけるので、「自分の予定と完全一致する人」はあまりいないということで。

ブーケのレッスンがいちばん長時間になります。

ブーケレッスンの方にはこちらの椅子がおすすめ。

ベルギー製。

30年以上使っていますが、座り心地は良いですよ。

クッションがふかふか。

お次はこの椅子 ↓

1つめの椅子よりクッション性が低いということと、座高の位置が低くなるので、「背が高い方」であったり、「さっとレッスンを受講して、早めに帰宅したい方」に向いていそうです。

教室を開くときに新品購入して10年経ったので、一番若い椅子。

この手の椅子は傷が味になるので、遠慮なく、がんがん使ってください。

同じデザインで2脚あります。

最後はこちら ↓

スツールですが、クッションと生地は張り替えたばかりなので、現状で一番座り心地が良い気がします。

正方形ではなく長方形になっていて、「座り心地が良い椅子」を純粋に選びたい場合、これがおすすめです。

背もたれがないので、リラックスしすぎて油断しないようお願いします。

「一人がけソファーに座っている~」と錯覚をお越しかねない座り心地・・・。

椅子の足から40年は経過していそうな雰囲気を感じるので、見た目が若くても、優しくしてあげてください。

私なら「ちょっとの緊張感」を求めて、このスツールを選んで受講します。

上達には「スピード感」であったり「緊張感」も大事なので。

その日、一番最初にご入室いただいた方には赤いクッションの椅子を勧めていますが、お好みで椅子チェンジしてもらって大丈夫です。

座り心地は人それぞれなので。

場所が空いていれば、椅子だけではなく、座る位置自体を変えてもらってもOK。

いろいろと座ってみて、お好みの1脚&場所を見つけてレッスンを楽しんでください!