2019年7月8日
あんずジャムを作る 「平和」

お友達から手作りの杏ジャム1瓶をいただきました。

バラっぽい香りが高く、酸っぱくておいしい・・・。

自分でも作ってみようと思い立ち、杏を入手するため、長野市のお隣、千曲市にあるあんずの里へ。

杏の出回り時期はかなり限定的で、いまは最盛期の後期です。

ジャム作りを思い立った人は、すぐに(*本気でいますぐに!)行動してくださいね~。

ちなみに今年、実つきがあまりよろしくないようで・・・。

果実の場合、「夜中~朝方に雨が降った日」は収穫しないことが多いので、雨の日に買えるとしたら、それは前日までの売れ残り品です。

お天気を考慮してお買い物におでかけください。

さて、私はあんずの「平和1キロ」、「昭和1キロ」を各400円(税込)で購入。

あんずのジャム作りは初めてにつき、どの品種がジャムに適しているのかは知りませんが、自分の舌でいろいろな品種を試してみないと納得できないタイプ・・・。

その結果、桃のように「どの品種を選ぼうが、シングルNG」と判断して、次の年から二種類の品種をブレンドすることもあります。

まずは熟れている「平和」をジャムに。

「昭和」はまだ青い部分があるため、しばらく追熟させる作戦で後日。

「平和」はクンクンしてもなんの香りもありません(*強いて言えば、植物っぽい香り)。

「昭和」はバラの香りがしていて、目をつぶってみると、バラの花束を抱いているような・・・。

ジャムになるまでの間は、カゴに入れてリビングで芳香剤代わりに。

「平和」を丁寧に水洗いして、皮はそのままにして、包丁で2つに割ります。

中の種を取り除き、傷んだ場所も取り除きます。

1キロから、正味940gになりました。

種は簡単に取れます。

下ごしらえは、りんごよりず~っとラクですね。

我が家のジャムは正味に対し、30%の砂糖を標準仕様にしているので、とりあえず30で試し、徐々に増やしていく作戦。

砂糖を降りかけて、1時間ほど放置します。

水分がどんどん出てきます。

火を入れます。

水分が出てきて、鍋の中はバシャバシャ。

桃とか洋ナシ並み・・・。

煮る前に、もっと放置しておけばよかったかな~とも思う。

ということで、1時間ほど煮て完成~。

綺麗なオレンジ色で、目に美しい・・・。

当初、「香りが足りないかな?」と心配していたものの、煮はじめると香りが立ってきて、完成しても薫り高い。

ジャムは「平和」でもOKと判断。

私の作り方としては、途中経過は泡をすくうだけでいじらず、最後の仕上げの時だけスプーンでグルグル混ぜる感じ。

余計な手を出さず、ひたすら見守る方法で作ります。

我が家の瓶で2本分になりました(*市販のジャムなら4瓶相当)。

市販のジャムで計算した場合、1瓶の材料費が100円なので、コスパ的にも合格。

「平和」の特徴かもしれない?と思ったことが一つあり、足が速いかもしれません。

「ジャム作りをしたい当日、もしくはその前日」に購入したほうがいいかも。

「買ってきたから、あとは時間ができたら~。」なんてのんきなことを言っていると、加工のベストタイミングを逃すと思います。

さて最後になりましたが、私の場合、ジャム作りは趣味ではなく、「目的」があるというか実用です。

「パン食なんて、この世からなくなればいいのに・・・。3食、和食がいい。」と主張するツレに、毎朝トーストを食べさせるための手段であり、味はもちろんコスパが大事。

さほど料理熱心ではないので3食和食のご提供はムリです。

スーパーで買ってきた食パンにスプーン山盛りの紅玉ジャムを乗せることで、不承不承、食べてくれます(*非常に残念なことですが、長野市内のパン屋さんで『パン屋クオリティーの美味しい食パン』をゲットするのは至難の業)。

長野市で果実は安く豊富に手に入るため、地の利を活かし、ジャムを作ってパン食のレベルを底上げしています。

りんご、いちご、ブルーベリー、洋ナシ、プラム、杏、桃、プルーンなどなど。

旬で安く手に入った果実はなんでもジャムに加工して保存していますが、ルバーブだけは「ありえない・・・」と思い、1回で永遠に止めました・・・。

 

今回の材料

*杏「平和」・・・正味940g

*砂糖・・・280g

*酸味が強そうだったし、ペクチンもありそうだなと思ったので、レモン汁は使用していません。