2019年7月11日
高速ゴロンのネコさんぽ

昨日は快晴。

風も弱く「ネコ日和!」と思い、ネコさんぽにでかけたところ・・・。

3匹のネコちゃんに遭遇しました。

うち1匹は、昨日のブログに登場した「長野市街地でいちばんカワイイ(と私が勝手に思っている)チャトラさん」。

いつもの小道で出会ったので、ご挨拶してその場にしゃがむと・・・。

やってきました。

動きが早いので顔が入らない。

綺麗なチャトラ模様ですよね?

いままで「何度も遭遇している愛想の良いネコちゃんなのに、写真撮影できたことがなかった」というのには、大きく2つ、理由があります。

まず、青年のオスネコなので動きが俊敏というか、高速。

私の動作が追いつかず、カメラを構えたときにはもういない。

2つめとして、「相手の顔を正面から見ない」というネコ界のマナー?を忠実に守っているネコちゃんなので、向き合う瞬間がほとんどなく、正面から撮影することがかなわない。

この日は私の周りをぐるぐる&スリスリして猫毛だらけにしてくれた後、ゴロンゴロンと回転しながら日傘の下へ収まってきました。

前はゴロンするネコではなかったのですけれど、私に慣れてきたのか、日傘の魅力に勝てないのか。

夏場のネコちゃん、みんな私の日傘が好きだなあ・・・。

前足をたたみ、日傘の影にぴったりと。

金色の目をした綺麗なチャトラさんです。

向き合った瞬間、明るくて健康的な雰囲気を感じるネコちゃんで、後ろ暗い卑屈なところがないと言いますか、キラキラした王者の威厳を感じます(*日傘の下で転がっていますが・・・)。

このエリア、チャトラさんが判別不能なほどに複数存在しますが、お日様のような「圧倒的なキラキラ感」でこのネコちゃんだけは見分けがつきます。

モフりたい気持ちはありますが、私はモフらない。

後頭部。

日傘の下でリラックスしているとアシナガバチがやってきたので、その気配を嫌って立ち上がりました。

私も立ち上がって「またね。」とご挨拶すると、その場でゴロンして、おなかを完全に見せてくれます。

大人のオスネコにしては珍しいこと・・・。

「え?もしかして、ゴロンゴロンしてくれるの?」と尋ね、いそいそとカメラを取り出したところ、すでに2m先を歩いて退場中~。

からかわれている気もしますが、まあいいか・・・。

いつも遊んでくれてありがとう。

このあと、パン屋さんへ行く予定でしたが、洋服が毛だらけになってしまったことに気付き、パン屋は諦めて図書館だけにしました。

【追記:翌日、ツレがパンツを毛だらけにして帰宅しました。お相手は、いつもどおりにこのチャトラさん。『なんだかさ、なついているっていうのとも違う気がするんだよね。』と言う。愛想ではなく、ルーティーンだと思っている様子。毎日待ち伏せてお尻とシッポを離さないのに親愛を疑われるチャトラさん・・・。「飼い猫のために家賃払って、えさ代払って、医療費払って、ウンチ片付けている飼い主さん」だって、ここまで愛着されていない人もいるでしょう。ツレの疑いは「相手がオスネコだから」でしょうか?】

Posted in ネコさんぽ