2019年8月29日
最近、やめたこと ~トイレブラシよ、さようなら~

一人暮らしを始めて以降、ず~っとトイレブラシを使ってきました。

最近、やめました。

後悔してません。

それどころか、長年の悩みが解消されてすっきりです。

なにを悩んでいたかというと、私、鼻が良いのです。

「毎日掃除してるのに、なんとなく臭いが・・・。」ということがありませんか?

自宅で花教室をしていることもあり、トイレは清潔にしていたい。

トイレは玄関近くに配置されていることが多いので、コンディションの悪いトイレに出会うと、生徒さんに不快な思いをさせないよう、掃除に必死でした。

松本に住んでいたときはコンディション最悪のトイレだったので(*経年の汚れで壁すら黄色い)、毎日、便器を磨いて、壁や床も拭いていたくらいです。

掃除は習慣になっていましたが、「掃除しているのに、なんでそこはかとなく臭うの?構造部分にしみこんでいるの?」と思っていたのです・・・。

原因、気付きました。

トイレブラシでした。

やめたらまったく臭いが気にならなくなりました。

それどころか、トイレ掃除の頻度を下げても大丈夫になりました。

トイレブラシは使用後、エタノールのスプレーをシュッシュとしていましたので、除菌らしきことはしていました。

実際のところ、ブラシの見た目は綺麗でした。

ですが、ブラシを使い続けることで菌をトイレになすりつけることになっていたようで、トイレブラシの使用を止めた後のほうが、便器の汚れが目立たなくなったことにも気付き・・・。

私と同様に、「鼻がすこぶる良い」という方や、「掃除しているのに、なんとなく臭いが気になる・・・」という方は、ブラシの撤去をお考えになってみてはいかがでしょうか。

「じゃ、なにで掃除しているの?どうやるの?やめたくても、やめる方法がないんだけど???」ということになると思うので、その話はまた後日。

ちなみに使い捨てのブラシに乗り換えたわけではありません(*使い捨て品はエコじゃないので避けています)。

便器に洗浄剤をしこんで、掃除すること自体を止めたわけでもありません。

便器の外側だけでなく、内部の水が溜まるところも掃除しています。