2019年10月18日
ここ数日で読んだ防災本

台風が通り過ぎ、いろいろと検証が始まっていますね。

それが未来に生かせるのであれば、とても良いことだと感じています。

ただ、台風の直撃は免れそうなものの、強風域には入りそう・・・という場合、「大きな台風が来ると分かっていたんだから、さっさと関東から脱出して避難していればよかったのに。」とか、「前もって、親戚の家にでも避難していればよかったのに。」といったご意見に関しては、当事者としては、あまりにも結果論に過ぎると感じます。

「台風が接近する可能性が高い」というだけで、台風前後の会社を休み→数日間の予定をすべてキャンセルし→西日本や九州にホテルを予約し→高い交通費をかけてまで家族総出で避難する世帯は、どれだけいらっしゃるのでしょう?

実行、なさいますか?

知り合いや親戚のウチへ避難しておけばよかったのに・・・というご意見もなにかで目にしましたが、災害の規模が大きすぎて効果が薄い気がします。

私の友は多摩川沿いにいて住んでいない地区で水が溢れましたし、義理の父母は千曲川沿いにいて、対岸は一部が崩れたそうです。

実家では信濃川が満タンになりました。

みんなギリギリのところでした。

仮に「遠くの親戚」がいたとしても、距離次第で付き合いが薄れるのは当然。

日頃から縁の薄い親戚に電話して「台風が来るらしいから、○日からしばらく泊めてください。」と交渉し→学校も会社も数日前から休んで→飛行機に乗って家族総出で避難するというのは、あまり現実的ではないように思えますが・・・。

杓子定規じゃなくて、それぞれのライフスタイルにあった「実行可能な対策」をひねり出さないといけませんよね。

私と言えば、まだ土砂災害に用心していて、昼間は付近に山や川のない図書館などにでかけています。

夜は運を天に任せ、自宅で寝ています。

最近の長野市は寒いので、夜間は窓を閉めきっています。

その状態で山の気配は察知できません・・・。

図書館では机につっぷしたり、椅子に座ったまま寝ている方をお見かけします。

眠くて寝ているというよりも、疲れきってぐったりしている風情。

家が無事な方であっても、まだまだ心は避難中。

個人的には「転んでもただじゃ起きない」を信条にしていますので、せっかくだから、この機会に防災を勉強しようと思い、とりあえず何冊か乱読。

その中で、お役立ちだと思った本2冊をご紹介。

① 『新・人は皆 「自分だけは死なない」と思っている』 著:山村武彦

② 『決定版 猫と一緒に生き残る 防災BOOK』

①を手に取った理由ですが、災害発生時に生死を分けるのは、日頃からの個人の備えや防災意識はもちろんのこと、『逃げるべき瞬間、自発的に積極的に動けるかどうか?』にかかってるんじゃないのかな?とか、国土管理とか予算の問題ではなくて、究極、それがすべてなんじゃないのかな?と思ったからです。

生死に関わるような重大事なのに、動きを阻む「なにか」がその瞬間には存在しているのです、きっと。

それを破ることができた人だけが、生き残りの可能性を得る。

行政頼りではなくて、自分の命は自分で守る時代が到来。

そういう時代にしてしまったのは、過去に生きていた人や、今まさに生きている私達ということで・・・。

いっそのこと、「あ~、今回も生き残ったね!頑張った自分。」くらいの勢いまで気持ちやスキルを高めていかないと、心身ともに生き残れない?

この「行動を阻む何か」について知りたくて、①の本を読んでみました。

自分が避難を経験してみて、正常性バイアスだけの話ではないような気がしたので。

そんな単純な話じゃないよね?と。

そして、今回の避難を通して我が家の「重大な問題点」にも気付き(笑)、その点についても解決の糸口を得たかった。

その糸口は、この本のいちばん最後のページに書いてありました。

防災のプロが結びに書くんだから、やっぱりキモだったらしい・・・。

そうだよね、そういうことだよね。

ご興味がある方はお手にとってみてください。

②を手に取った理由は単純で、猫を飼いたくなってきたからです。

長野市街地のネコちゃん達は友好的ですが、「いつでも一緒にいられる猫ちゃん」がいてくれたらもっと嬉しい。

後頭部を眺めたくなったときに、眺められる対象がそこにいてくれたら嬉しい。

ネコちゃんがそばにいてくれるとホカホカと温かいので、そういった機能?も求めていますが(笑)。

いまのうちにいっぱい勉強しておこうと思いました。

今回の浸水で逃げ遅れ、救助された方のうちに「猫を飼っていたから、やむなく家に残った」とおっしゃる人もいるとか。

なんらかのエラーには原因が潜んでいて、学ぶところがとても多いようで。

ただ、これまでの功績や日々の努力は無視されて、「人生で数えるほどしかないエラーに、煌々とスポットが当てられるような世の中」はイヤですね。

 

【追記】

子猫4兄弟、今日も引き続き日向ぼっこ中。

長女(サビ)の首に次女(黒)が首を載せて、2匹で一体になっています。

その上に長男(隻眼のチャトラ)がアゴをそっと載せて、3匹でネコ団子。

「あれ?次男(チャトラ)はどこに行ったの?」と3匹に尋ねてみましたが、まだ心が通っていないので反応してくれませんでした。

そのうちにネコ語が通じるようになればいいけれど。

まあ、近づいても逃げないようになったので、今はその点を良しとしよう。

この兄弟には日々癒されるなあ、ふ~~~うう。

 

Posted in 雑記